人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お直し3

くたびれてきたトートバッグを解体して、ぺたんこトートにリメイクしました。

d0224762_14384068.jpg

ちょうど3年前、「駅ビルの3Fあたりの若いお嬢さん向け(byウテオンマさん)」のお店で買ったラメラメシルバー×キンキラゴールドのリバーシブルトートバッグは、大容量なうえ意外と何にでも合わせやすく、春夏秋冬ヘビロテしてきた。
しかしゴールド側は早くから傷みが目立ち、途中で持ち手を付け直したほど。
その後も表面の剥がれは進み、ついには持ち手のまわりまで破れてきた。

d0224762_14401251.jpg

内側とはいえ目につくところで、「もう十分使ったことだし処分しちゃおうか」とも思ったが、表のシルバー側は特に問題なく、何よりラメラメ具合が好み。
ネットで探すとシルバートートは他にもあるが、ギラギラしていたりツルッとしていたりで、なかなかこれといったものは見当たらない。
「どうせ捨てるならその前に」と、シルバー側だけ再利用して作り直すことにしたのだった。

d0224762_14403622.jpg

解体したところ。

d0224762_14405190.jpg

シルバー生地は裏がネルみたいな布になっていて、ゴールド生地はもう少し厚いフェルトのような布とネット地の二重構造になっていた。

d0224762_14455220.jpg

それぞれ袋状に縫ってから合体させて、上をぐるり一周縫い合わせてあるだけかと思いきや、底板部分もバイアス(じゃないと思うけど)テープでくるみ、表裏がっちり縫い合わせてあった。

d0224762_144188.jpg

さらに底板の生地をベリベリ剥がすと、中から芯地とクッションボードがコンニチハ。
お安いバッグの割に、結構まともな造りでびっくりである。

オリジナルと同じ底板付きトートを作ることも一瞬考えたが、いろいろ面倒くさそうなので速攻却下、本体をそのまま利用したペタンコトートにした。
これぐらいの大きさのペタンコトートは2年前に買って、結構重宝している。
マチも仕切りもないので普段使いには向かないが、意外とモノが入る(A4書類含む)うえ軽くてたためてかさばらず、腐っても革なのできちんと感もあり、旅行&出張先で大活躍。
職場にも1個「置きトート」が欲しいと思っていたので、ちょうどいい機会だった。

d0224762_19491922.jpg
裏地はリバティの残り布を使用、持ち手は以前直したものを再利用した。
今思えば、リバティ側に小さいポケットでも付ければよかったなあ。
持ち手は表裏を縫い合わせる際一緒にはさみ込み、後からステッチを入れた。
ステッチは別にいらないのだが、オリジナルで持ち手を縫い留めてあった部分で、何もしないと針跡が目立つのだ。
ちなみに、うっすら見える丸い針跡はマグネットが入っていた部分。
気が向いたら色糸でハンドステッチ入れようかな。たぶん入れないけど。

d0224762_1442142.jpg

シルバーの裏布はちょっとぬめりがあって滑りが悪く、最初は縫うのに難儀したが、ふと思い出したのが「そういえばスムース送りがあったじゃん」。
ふくろうボタンさんにミシンをいただいた時に同梱されていたもので、今まで一度も使ったことがなかったが、早速付け替えてみたらこれがスイスイのスーイと縫えるではないか。
なるほど便利なものだな~と、改めて感心した次第である。

d0224762_14424655.jpg

底板部分の生地は半分に折るとポケットみたいな形になるので、裏地をつけてポケットを作った。
持ち手に回して使えるようはさみ込んだ共布の紐は、底板をくるんであったバイアステープを再利用したもの。
ほどいた時はヨレヨレでそのまま捨てるつもりでいたのが、思わぬところで役に立った。
これでシルバー側はすべてのパーツを余さず使い切ったことになり、嗚呼達成感❤

d0224762_144357.jpg

さらに、紐付きポケットをつらつら眺めていたら、「これって収納袋にもなるんじゃね?」と思いつき、テケトーにたたんだトートを入れてみると・・・・・・ぴったりじゃーん!

d0224762_1443172.jpg

収納時は紐をフックにかけて、使用時は紐を持ち手に回して、2ウェイで使えるポーチの完成である。
・・・・・・って、もしや自分天才じゃなかろうか(違)

構想30分&制作3時間、私にしてはめずらしく思った通りの、いや思った以上のブツが出来上がり、大変気分がよい(御満悦)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪

by kuroyagie | 2019-05-30 14:48 | ソーイング(小物) | Comments(8)

洋服カバー

久しぶりに縫いものをしました。

d0224762_1247178.jpg

パターン: Rick Rack 洋服カバー
布: C&S リバティタナローン 名称忘れました

このパターンはたしか、発売されて割とすぐに購入した記憶がある。
これまでは衣替えのたびに使い捨ての洋服カバーを購入していたが、一度作ればほぼ一生使えるしエコである。
当初は安価なシーチングで作るつもりでいたが、久々のソーイングで頭に血が上ったか(笑)、豪勢にリバティで作ることにしたのだった。

リバティはもうずいぶん前、税込み2940円/mだった頃に、ワンピースでも作ろうと購入したもの。
当時は気に入って買ったものの、好みも自分に似合うものも変わり、結局そのまま塩漬けになっていた。
さすがにハサミを入れる時はドキドキしたが、在庫になるより布も本望であろう(と思うことにする)

d0224762_12484756.jpg

オリジナルにあった左右の前身頃を留めるリボンや名札ケースは省略、その代わり防虫剤を入れておくための小さなポケットを内側につけた。

d0224762_12495922.jpg

前後身頃の縫い代を袋縫いにしたため、首から肩にかけてのカーブが縫いにくかったが、全体的には難しいところもなく、私にしてはサクッと縫えた。
小人さんが夜中に布を裁断しておいてくれたら、コート用とジャケット用と、数枚いっぺんに縫えたんだけどな~。

d0224762_12494757.jpg

ネットで見ると「ム〇ューダ防虫カバー1年間有効コート・ワンピース用」が1枚あたり約180円。
今回は約2.2m使ったので、ざっと35年は使わないと既製品に追いつかない計算になる。
自分が35年後も生きているか微妙なところだが(笑)、何にしてもえらい豪勢な洋服カバーだな!
まあでも、毎年衣替えをするたびに生存確認(自分の)に使えそうで、これはこれでいいかもしれない。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2019-05-17 13:00 | ソーイング(小物) | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie