人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

8周年とお知らせ

すっかり忘れていましたが(え?)、拙ブログも3月9日で8年目を迎えました。

d0224762_12135775.jpg

「3と9をサイコロで表現!」と思いついたものの、よく考えたらサイコロは6面までしかなかったという(笑)。

実は一昨年から、副業で通訳ガイドのお仕事を始めました。
資格は取ったもののガイドとして働くつもりはまったくなかったのですが、いろいろ(?)あって、気がつけばこんなことに(笑)

d0224762_1312854.jpg

今となっては貴重な(?)、舛添要一氏時代の登録証(笑)。

基本週末だけなので稼働日数は少ないですが、都内主要観光地の下見(実はほとんど行ったことない)とガイド原稿作り(原稿ないと話せない)、それに英語の勉強(今頃!?)に追われ、何だか落ち着かない毎日です。
それでも顔面蒼白だったデビュー当時に比べれば、多少はゆとりが出来た・・・かなあ?
とりあえず東京五輪までは、いろいろ経験を積もうと思っています。
当面の目標は「めざせ外人怖い病克服!」です(はい?)

そんなわけで、ソーイングもやりたい気もちはあるものの手が回らない状態です。
このブログもどうしようかなと思いましたが、ソーイングをやめたわけではないので、しばらくは続けるつもりでいます。
これまで以上に更新頻度が落ちるかもしれませんが、それでもいいよという方がいましたら、どうぞ時々のぞいてやってください。

とりあえず明日からは5日間、御宅活動(世界フィギュア@埼玉)に励んできます(をい)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2019-03-19 13:03 | いろいろ | Comments(14)

タックギャザースカート

撥水加工の生地でスカートを作りました。

d0224762_133584.jpg

パターン: filer タックギャザースカート
布: 表地 TOMATO オックスシワ撥水 アクリルコーティング ナイロン100%Z
   裏地 要藤商店

これの原型は、とあるスポーツウエアのお店で見かけたスカート。
撥水機能のあるナイロン生地で作られたそれは、前に4つ・後ろに8つタックが入ったギャザースカートで、見た目はおされなロングスカート、実は高機能素材というところがツボだった。

試着した感じもよかったので、よっぽど買おうかと思ったのだが、そこでふと「これ作れるんじゃね?」と考えてしまうのが、ソーイング愛好者の哀しい(?)性である。
裏地がついておらず、試着した時点ですでに静電気が起きていたのも、購入をためらった理由の1つだった。

その後、タックギャザースカートのパターンをいろいろ探し、前後8つタックの入ったfilerのパターンに決定。
布は日暮里繊維街で撥水生地を探し、オックスシワ加工のナイロン生地を購入した。
オリジナルの生地は薄手で落ち感(出たよ「落ち感」!)があり、特に8つタックの側はギャザーがかなり細かく寄っている印象を与える。
しかし、これは普通の厚さでむしろ張りがあり、タック&ギャザー効果がどれぐらい出るものか未知数。
というか、たぶん(いや絶対)出なさそう(ならなぜ買った)
まあでもいっぺん作ってみるかーというわけで、透け&静電気防止に肉色の裏地も購入、制作に臨んだ次第である。

d0224762_1345539.jpg

ちなみに、当初は共布で両脇にポケットをつける予定だったが、本体&ベルトでほぼ使い切ってしまったため、普通の布でつけることに。
しかしポケット口から違う布が見えると目立ちそうなので、袋布のポケット側だけハギレを使った。

d0224762_1313141.jpg

ポケット布は生成のシーチングが家になかったため、洋服を買った時にもらった布バッグを解体して利用。
したのはいいが、2枚しか裁断せず残りはとっととウェス用に切り刻んでしまったため、結局もう2枚は白い布で取り直すはめになった。
あーあ、またやってもうた。
「ポケットは2枚あって初めて1つの袋になる」ということを、一体いつになったら覚えるのだろうか。
これだから2次元頭は困るわー。

このパターンはタックの数こそそれなりにあるものの、ほぼ直線縫いなので、本体を縫うのは特に難しくはない。
けれど妙に凝ったポケットをつけたり(←自業自得)、裏地をつけたりしたので、完成までやたらと時間がかかってしまった。
お陰で、年明けのバーゲンでは当のスカートがセールになっているのを発見(笑)、思わず買いかけたりもした。

d0224762_135225.jpg

特に大変だったのは裏地である。
ランダムスカートと同じお店で買ったニット用裏地は、布端の始末が不要でその点は楽だったが、ニット用の柔らかい生地だからか針目は跳びまくるわ、本体と縫い合わせる際に裏地をよぶんに縫い込んでしまうわで、何度もほどいてやり直すはめになった。
ランダムスカートの時は特に往生した記憶はないのだが、違う種類の裏地なのかなあ?

d0224762_1365477.jpg

さらに、なぜかベルト布とスカート本体の寸法が合わず(また!?)、あまりに合わなさすぎてどうしようもないので、途中でベルト布を2cm(!)つまんで何とか着地。
その結果、ベルト布に2つはぎ合わせ箇所ができてしまった(トホホ)
それにしても、どうやったら2cmも食い違って裁断できるのか。
マリンワイドパンツの時もベルト布が余ったし、自分で自分を小一時間問い詰めたい。

そんなこんなでやっと完成したスカートは、張りがあるぶんオリジナルほどのタック&ギャザー感はなし。
やっぱりね・・・・・・(だからあれほど)
しかし完成した翌日雨が降り、早速履いて出かけたら、濡れてもドンマ~イな撥水効果でなかなか便利だった。
そもそもこの布は小物かアウター用と思われ、スカートにしたらめっちゃ不自然かも?と心配したが、知らなきゃわかんない気もする(たぶん)
歩くとシャカシャカ音がするけど。

というわけで、雨の日専用のスカートとして活用したいと思います。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2019-03-06 13:15 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie