人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2018年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年最後の御宅活動として、全日本フィギュア女子フリー@大阪を観てきました。

d0224762_12364430.jpg

あらためて調べたら、前回全日本を観戦したのはなんと2013年(驚)
あの時はソチオリンピック代表選考会を兼ねていて、会場全体が異様な雰囲気だったっけ。
応援していた殿こと織田信成選手は4位でオリンピック出場はかなわず翌日には現役引退を発(以下略)

今回は残念ながら男子フリーは取れず、女子フリーのみの観戦だったが、これが予想通りの激戦というか、最後の最後に大どんでん返しが待っていた。
まずは第3グループ、23歳の細田采花選手が3アクセルを2本着氷。冒頭の1本はコンビネーションである(うぉー)
ご本家(?)紀平梨花選手も、負けじと2本の3アクセルに成功。こちらはコンビネーションに3Tをつけてきた(ひょぇー)
その後、SPトップだった宮原知子選手に後半ミスが出て、紀平選手が僅差で首位に立ち、てっきりこのまま優勝かと思っていたら、最終滑走の坂本花織選手が勢いのある演技そのままに逆転し、初の全日本優勝を決めたのだった(呆然)

全日本に出てくるような選手はそもそも気もちが強いのだろうが、それにしても彼女たちの男前っぷりには惚れ惚れする。
対して、男子は宇野選手を除くと全体的にパッとしなかったなぁ。
その宇野選手は今季何だか元気がなくて、「どこか悪いのかな?」と思うほどだったが、今回の演技はテレビの画面越しですら気迫がビンビン伝わってきて、しばし見入ってしまった。

一方、高橋大輔選手は高っかーい3Aや濃ゆ~いステップはさておき、まだ復帰途上という印象。
今回の宇野選手がまさにそうだったように、スイッチが入った時の高橋選手は演技に凄みが出て、文字通りキレキレになる。
現役は続けるらしいので、今後そんな場面が見られるだろうか。楽しみである。

前回観た全日本から早5年、あの時涙涙だった殿はコーチとしてKiss&Cryに座り、振付までこなしていた。
試合によって選手だったり解説者だったりコーチだったり、殿もたいがい忙しいお人である。
しかしこの先、教え子がGPシリーズに出場するようなことがあったら、解説のお仕事はどうするのかしらん(笑)

d0224762_12385583.jpg

というわけで、今年は御宅活動に始まり(くまモン)、御宅活動に終わった(スケート)1年でした。
来年も引き続き御宅道に邁進し(え)、合間にソーイングにも励みたいと思います。

それでは皆様、よいお年をお迎えください!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2018-12-26 12:44 | 御宅 | Comments(4)

雪平鍋

京都は有次の(←ここ重要)雪平鍋を買いました。

d0224762_12351597.jpg

これはお湯を沸かしたり、少量の食材をさっとゆでたりする用。

d0224762_12353058.jpg

長年使ってきたエバーウェアの片手鍋は、機能的にはまったく問題ないものの、注ぎ口がちっこくて液だれが甚だしいのがストレスだった。

d0224762_13583358.jpg

片手鍋はほかに柳宗理のミルクパンももっていて、こちらは注ぎ口が大きいうえに両口という点はよいのだが、材質がステンレス、それもたぶん一重構造なので、お湯を注ぐ際にシュンシュンすごい音がするわビチビチ湯が跳ねるわで、やっぱりストレスに感じていた。

汎用性が高いのはステンレス製だし、多重構造にすればお湯も跳ねにくそうだけど、何しろ非力なヲトメなので(え)、アルミの軽さに慣れてしまうと店頭で手に取っただけで「重っ!」と感じてしまう。
材質とかサイズとか形状とか、あーだこーだ禿げるほど悩んだ末(誇張)、「毎日使うならアルミ製の雪平鍋がよかろう」という結論に達し、さらに「どうせ買うなら有次よくね?」と形から入る大王っぷりが発動、ついに購入に至った次第である。

実は有次には数年前から目をつけていたのだが、ネックだったのが片口という点。
左手で持って右側から汁物を注ぐことも多いので、「左右に注ぎ口がついてたらな~」とずっと思っていた。
有次はホームページがなく、購入者のブログなどを検索してみると、特注で両口もあるようなないような、詳しいことがまったくわからない。
いい加減埒があかないので、「これはもう直接聞くしかない!」と思い切ってお店に電話したところ、「片口も両口もありますよ~」とのお答え(はい?)
通常品の片口と、プラス¥500で両口もあり、まずは全商品が載っているカタログを送ってくれることになった。
・・・・・・こんなことならさっさと電話すればよかったよ(ぼそ)

d0224762_13592720.jpg

商品情報はカタログ、注文は電話かファックス、支払いは銀行振込と、さすが京都というか何ちゅうか(←半分褒めてる)、ザ・昭和なやり取りを経て、ようやく目的のブツが送られてきた。
早速手に取ってみると・・・・・・軽っ!
似たような容量のエバーウェアや柳宗理に比べても軽く、お湯が沸くのも早い。
ちなみに、サイズはこれまた禿げるほど悩んだ末に直径15cmにしたのだが、底面ではなく上面の直径が15cmという意味だったらしく、想像していたより一回り小さかった。
これなら16.5cmでよかったかもだが、まあいいか~。

d0224762_13594042.jpg

こちらは昔々、丸元淑生先生にハマっていた頃に合羽橋道具街まで出向いて買った、アルミ製の丸底鍋。
この形状が煮物調理に最適という話だったが、ふだんはもっぱらラーメンを作るのに愛用している(笑)

「鍋問題」はここウン十年にわたる自分的一大テーマである。
つまり、いつも&いつまでも悩んでいるネタである。
どの材質にするか。大きさはどうするか。どんな形状にするか。セットで買うか単品で買うか。
毎回大いに悩むものの、一気にセット買いする勇気もなく、その時々で欲しいと思ったものを単品で買ってきた結果、家にある鍋はてんでバラバラなものになってしまった。
しかもそのほとんどがアルミ製。
そういえば一時期アルミの害が喧伝されていたけれど、実際のところどうだったんだろう。
ま、今さら心配しても手遅れだけど。

「今ある鍋は処分して、クリステルの鍋をセットで買う」が長年の夢だったが、「重い鍋は持ちたくない」気もちがますます強くなっている今日この頃。
最近では「もうこのままバラバラでいいや~」と、あきらめモードである。

***************

「今年もあと1カ月たらずかぁ」と、くまモンカレンダーを眺めていたら。

d0224762_140245.jpg

・・・・・・12月31日がない!?

d0224762_1401788.jpg

今までカレンダーを細かくチェックしたことはないが、大みそかが載っていないのは初めて見た。
いやでも、くまモンは年中働きづめなので、大みそかくらいお休みしたっていいよね❤

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2018-12-12 14:07 | 雑貨 | Comments(2)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie