人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お直し

重~い腰を上げて、以前作ったものをいくつかお直ししました。

d0224762_1230749.jpg

1点目はリネンバード「エプロンのようなロングスカート」。
スカート丈を短くし、首紐(?)仕様を肩紐仕様に修正した。

このパターンは、胸当ての紐をその名の通りエプロンみたいに首にひっかける仕様になっている。
デザイン的にはおされでいいのだが、もともとスカートのウエストが緩めなのもあって、着ると首の紐1本にスカートの全重量がかかり、めっちゃ肩が凝る。
またデフォルトよりスカート丈を伸ばしたのだが、シンプルな台形スカートで裾回りにゆとりがないので、長くしたぶん足さばきが悪くなった。
つい大股で歩いては自分で自分のスカートにけつまずき、すっ転びそうになったことも一度や二度ではない。

そこで、まずはスカート丈を10cmほどカット。
その際出たハギレで肩紐を作り、2本の肩紐を背中で交差させる仕様に修正した。

d0224762_1231868.jpg

当初は新しく太めの紐を2本作って付け直すつもりでいたが、カーブしているスカートの裾で紐を作ると、当然というかねじれがひどい。
しかし他にハギレも残っていないので、結局1本だけ何とかかんとか細い紐を作り(1箇所接いだ)、元からの紐と合わせて2本組にしたのだった。ふぅ。

d0224762_12313313.jpg

2点目はトートバッグの持ち手。

d0224762_12321730.jpg

「試作品」の割にヘビロテで使っていたら、持ち手の肩に当たるところだけ布が擦り切れてきた。
そもそも持ち手に使った迷彩柄リネンはストールになりそうな薄い布なので、無理もないか。
また実際使ってみて、持ち手が若干長いのも気になっていた。
そこで持ち手を10cmカット、その上から別布でくるんで補強することにした。

d0224762_12323554.jpg

青い布はC&S Holidayのハギレ。
裏にキルト芯を貼って持ち手をくるみ、テケトーにステッチをかけた。
元の持ち手にもキルト芯が貼ってあったので結構なぶ厚さになったが、そこはSpur号、ドスドス言いながらもちゃんと縫ってくれた。

同じ縫うのでも、新しく縫うより一度完成したものを縫い直す方が、自分的には何十倍も面倒くさい。
スカートもバッグも以前から直さねば~と思いつつなかなか着手できずにいたので、ようやく宿題が片づいてホッとしている。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2018-11-28 12:35 | ソーイング(服) | Comments(8)
広島で開催されたNHK杯フィギュアを観戦してきました。

d0224762_13415748.jpg

ジャンプ御宅が今回最も楽しみにしていたのは、女帝リーザ様ことエリザベータ・トクタミシェワ選手と紀平梨花選手の3アクセル対決。
SPでリーザ様が軽~く一発決めてみせると、フリーでは紀平選手が2本成功、しかもうち1本は3A-3Tのコンビネーションである。
結果、今季シニア初参戦の紀平選手がSP5位から逆転優勝を飾った。

d0224762_13365978.jpg

紀平選手のすごいところは、3Aだけでなく他の5種類のトリプルも加点がつく質のいいジャンプを跳べること。
3-3も跳べるしクワドも練習中らしいし、ジャンプに関しては穴が見当たらない。
さらに演技は手足の隅々まで神経が行き届き、振付の細部に至るまできっちり練習を重ねてきたことが伝わってくる。
今大会は宮原選手も三原選手もほぼノーミスだったし、日本女子は北京五輪まで毎年激戦必至だな~。

d0224762_13364528.jpg

一方、その妖艶さと貫録で若干21歳にして「マダム」とか「女帝」とか呼ばれるトクタミシェワ選手も、ジャンプの質の高さでは紀平選手に負けていない。
彼女の3A(の入り方)は何とも独特で、スピードを上げるでもなく深く踏み込むでもなく、むしろゆ~っくり滑ってきてそのままヒョイと跳び上がり、3回半回ってハイ着氷♪みたいな脱力系ジャンプ。
無駄な力が入っていないのは他のジャンプも同様で、ロシア女子によく見られるジャンプ前の溜めや癖がまったくなく、それでいて高さが半端ない。
特に3ルッツの高さ・軽さは、思わずひれ伏したくなるほどすばらしい(萌え~❤)
スピードにめちゃ乗ってる風でもないし、あれはタイミングで跳んでいるのだろうか。

リーザ様は誇り高き女帝なので、プログラムに要素をぎゅうぎゅう詰め込むようなはしたない(?)マネはしない。
余裕を感じさせる演技はいかにもリーザ様らしいけれど、トランジション(つなぎ)が少なければ点数は出にくいだろう。
ジャンプの余力をつなぎに回したらもっと高い点数が出るのにな~と一介の庶民は思ったりするわけだが、リーザ様本人は表彰台のてっぺんをどれぐらい本気で狙っていらっしゃるのだろうか。
女帝のど根性を見せつける鬼構成のプログラムを、いっぺん観てみたい気がする。

その他印象に残ったのは男子のデニス・ヴァシリエフス選手とマッテオ・リッツォ選手、ペアのケイン・オシェア組。
いずれも今回は今ひとつの出来だったが、ジャンプがハマり出したら相当いいプログラムになるのでは。
あとアイスダンスのフィア・ギブソン組、女子のマライア・ベル選手のフリーがよかった!

d0224762_13374954.jpg

NHK杯は今年で40周年を迎え(つか第1回から見てるし;ぼそ)、記念に歴代の日本人優勝者が出演するアイスショー「レジェンドオンアイス」も開催された。
その中には2005年大会に出場、優勝が決まった瞬間号泣した(笑)、殿こと織田信成選手も含まれる。
嬉しいことにショーで滑ったのは、数あるプログラムの中でも私が最も好きな2005年シーズンのSP「セビリアの理髪師」。
18歳当時の衣装を着てまったく違和感ない31歳って、何気にすごい(笑)
今回はジャンプがちょい不調だったけれど、考えてみたらつい1週間前はヘルシンキでGPシリーズの解説者を務めていたわけで、いやもうお疲れ様でしたと言うしかない。

d0224762_1338364.jpg

今大会の会場は広島市の中心部にあってアクセスがよく、食事こそパン→お菓子→おにぎり→お菓子→パ(以下略)の繰り返しだったものの、開場までの時間にお店や蚤の市をのぞいたり、NHK広島放送局や「NHK杯フィギュア銀盤の軌跡展」に行くこともできた。

d0224762_13384514.jpg

銀盤の軌跡展では選手の衣装も多数展示されていたので、布端をガン見(そこ!?)
チュールレースは切りっぱなしか巻きロックでかがってあったが、エフゲニア・メドベジェワ選手の衣装だけはジグザグミシンで始末してあった。
工業用や職業用のジグザグミシンもなくはないらしいが、こんな繊細なチュールレースによくこんなキレイにジグザクミシンかけられるな~。
さすが恐ロシア!(違)

d0224762_1339732.jpg

初日に食べたお好み焼き(←お約束)と、おみやげに買った「養々麺」(広島と全然関係なし)
養々麺は以前から新聞広告で見ては「んまそうだな」と思いつつ、送料がネックで購入に至らなかったのだが、ご当地ラーメンでも買うか~と入ったスーパーで偶然発見。
これでおいしかったらお取り寄せしようかしらん。

今季は高橋大輔選手が現役復帰、西日本選手権で優勝したので、年末の全日本選手権は羽生選手・宇野選手・高橋選手という歴代覇者が一堂に会することになる。
高橋選手がSPで健闘すれば、この3人が最終グループでフリーを滑ることも十分ありうる。
いやーーー、ワクワクするのう!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪

by kuroyagie | 2018-11-14 13:49 | 御宅 | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie