人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Sally

ニットでスカートを作りました。

d0224762_12203568.jpg

パターン: ソレイユ Sally
布: ソレイユ コットンレーヨン天竺NEO インクネイビー

このスカートは、対象商品を用尺分購入するともらえるフリーパターン。
前に大きなタックが1つ、後ろに小さなタックが3つ入るデザインで、個人的には「ランダムスカートのニット版」というイメージがある。
きれいに写真が撮れなかったので、興味のある方はサイトの作例(同じ布で制作)をご覧ください。

d0224762_1221465.jpg

工程はシンプルで、最初に前後のタックをたたんだら「両脇→ベルト→裾」の順に縫うだけ。
ただ、後ろ3つのタックは部分的に重なっており、ベルトも含めると最大8枚重ねを縫う箇所がある。
薄手の天竺なのでゆっくり縫えば問題なかったが、布によっては往生するかもしれない。
あと、久々に縫った天竺は端がくるくる丸まって、やっぱり縫いにくかった!
特にタック部分の仮止め(5mm)はズレやすいので、注意が必要である。

レーヨンが入っているからか肌触りがトロトロ柔らかく、履いていて気持ちいい~♪
いわゆる「落ち感」のある布で、このパターンにはぴったりだと思う。
コットン100%の天竺に比べ、ちょっと改まった感じになるところも気に入った。
ワイドキュロットなんかもよさそうだな~。

***************

先日、人生で初めて(え?)大相撲を観戦しました。

d0224762_12272564.jpg

当日は相撲ファンの友人にくっついて午前中から入場、名物の焼鳥を食べたりちゃんこを食べたりあんぱんを食べたりあんみつを食(以下略)
相撲についてはうすらぼんやりとした知識しかなかったが、会場の盛り上がりもあって予想以上に楽しめた。
また行きたいなあ。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2018-09-26 12:31 | ソーイング(服) | Comments(8)

富士山&富士吉田

日帰りで富士山に行ってきました(登山にあらず)

d0224762_1504448.jpg

最近知ったのだが、新宿から富士山五合目まで直通で行くバスがあるという。
念のため(?)バス会社のサイトを見たら始発便に空席発見、思わずポチってしまった。
当日はバスタ新宿から6:45発のバスに乗り、道中グースカ爆睡して、9時半には五合目に到着。
ここまで片道2700円だった(河口湖までなら1900円)。安っ!

d0224762_14413057.jpg

富士山エリアは2年前に河口湖と富士吉田に行ったが、五合目は初めて。
物見遊山で行ったらば、周囲は「これから登りまーす!」風な人でごった返していた。
聞けば登山客の7割は外国人だそうで、はるばる日本まで来てわざわざ富士山に登ろうなんて、大した根性だよなぁ。
水平移動(ハイキング)はともかく、垂直移動(登山)にはまったく興味がない自分は感心するばかりである。

そんな日和見人間は、観光案内所で教えてもらった「御中道コース」を歩くことにした。
御中道は五合目を横に水平移動するルートで、途中まで行って戻って所要2時間くらい。
お願いすれば無料でガイドしてくれるというので、私もおじさまスタッフにいろいろ教えてもらいながら歩いた。

d0224762_14434877.jpg

この日はあいにく小雨まじりのお天気で、五合目もガスがすごく上も下も何も見えない状態だったが、歩いているうちに晴れ間がのぞき、時折山頂付近が見えることも。
五合目はちょうど森林限界にあたり、御中道も針葉樹林あり陰樹帯あり火山荒原ありと変化に富んでいて楽しめた。
しかし歩き方が悪かったのか、戻ってくる頃には太ももの内側が結構な筋肉痛に。疲れるの早っ!

d0224762_144454.jpg

ちなみに御中道の反対側にある登山道(富士吉田ルート)は、地図を見ただけで戦意(?)が萎えるつづら折りの連続で、「なんか山崎号のボタンホールみたい」。
初心者向きの上りやすいルートだそうだが、ほんとかいな。

d0224762_14443037.jpg

その後、冨士山小御嶽神社で御朱印をもらい、ランチに富士山カレーを食べてから、バスで富士吉田に移動。
富士急行線下吉田駅近くにある新倉山浅間公園は、展望台から五重塔越しに富士山を一望できる絶景スポットとして、外国人に大人気らしい。
残念ながらこの日の下界は終日天気が悪く、富士山はまったく見えなかった。

d0224762_14445174.jpg

心の眼で見た図。

d0224762_152429.jpg

お次はレンタル自転車をキコキコ漕いで、オールドマンズテーラー(R&D.M.Co-)の路面店The Dearground(1階は別のお店)へ。
2階がカフェ&雑貨、奥にアンティークジュエリーのお店、3階が洋服という構成で、洋服は今季のコレクションが中心の「コンセプトショップ」らしい。
色違いや定番は、月光寺にあるLongtempsという雑貨&洋服&家具のお店の方がむしろ揃っていたので、両方行くとちょうどいいかもしれない。

d0224762_1533533.jpg

富士吉田は観光地といっても河口湖ほどの賑わいはなく、それでいてR&Dのようなお店がポツリとあったりして、何だか不思議な街である。
前回来た時ふらっと入ったお店は、1階がおされなアジアン民族衣装&雑貨、2階がコムデギャルソンになっていて、「なぜここにコムデギャルソンが???」と頭の中がはてなマークでいっぱいになった。

d0224762_14455497.jpg

今回は観光案内所横に、新しく「ハタオリマチ案内所」ができていた。
富士吉田は昔から織物産業が盛んで、R&Dのデザイナーご夫婦も最初は家業の絹織物店でネクタイを作っていたと、何かで読んだ記憶がある。
以前はOEM(受託生産)が中心で、富士吉田の名前が表に出ることはなく、織物の産地としてより認知度を上げるべく始まったのがハタオリマチのプロジェクト、ということらしい。

d0224762_154644.jpg

案内所内には市内にある各工場の生地が反物で並び、購入もできる。
生地の種類は絹織物、傘地、裏地、ネクタイ地、リネン、オーガニックコットンなど、工場によっていろいろ。

d0224762_14464286.jpg

そのうちの1つTENJINは、ALDINというブランド名でリネンを作っている会社で、私も昔ここのバスタオルやクロスを使ってたっけ。
MPLの店主さんが以前、富士吉田の織物工場についてブログで紹介されていて、それによるとTENJINはR&Dのデザイナーご夫婦(奥さんの方)のお兄さんの会社らしい。
えーとつまり、家業の元・絹織物店ってこと?
ということは、もしかしてR&Dの生地はTENJINで作ってるとか??
R&Dのお店で見たリネンジャケットのリネンは、目の粗い織りとカサカサ乾いた質感がいかにも凝っていて目を惹かれたが、あれはTENJIN社製なのだろうか。

d0224762_14471537.jpg

ほかにも「この色合い、どこかで見たような・・・」と思ったら、愛用の御朱印帳を作っている会社だったのでびっくり。
毎月第3土曜日には各工場併設のショップがオープンし、工場見学もできるらしい。
機会があったらのぞいてみたいなあ。

d0224762_14475574.jpg

とりあえず今回は、2冊目の御朱印帳(鳥柄♪)とTENJINの綿麻ハンカチを購入した。

d0224762_15223247.jpg

富士吉田はこのほかにも北口本宮冨士浅間神社や御師町など、ちょこちょこ見所があるのだが、歩いて回るには距離があり、電車やバスの本数も少ないのがネックだった。
今回は富士山駅近くのホステルで自転車を借りることができ、また下吉田駅前には自転車シェアサービス「Mobike」のスタンドもできていた。
ただし、実際に自転車をこいでみるとよくわかるのだが、富士吉田はまだ富士山の一部というか、街全体が富士山に向かって斜めに傾いていて、下りはひたすら下りが、上りはひたすら上りが続く。
ハタオリマチ案内所で窓口のおじさまに自転車で回ると話したら、「行きはよいよいだけどね~」と言われ、その時は意味がよくわからなかったが、後から身をもって知った次第である。

午前のハイキングと午後のサイクリングで太ももはパンパンになり、疲れすぎて帰りのバスではほとんど気を失っていた。
・・・・・・あーあ、またヘロヘロ旅行になってしもうた(←お約束)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
by kuroyagie | 2018-09-12 15:25 | | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie