Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2018年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

亀山宿&関宿

「GW中に1枚縫おう!」計画は絶賛頓挫中(もう6月目前)
先日お仕事ついでに亀山と関に行ったので、その模様をご紹介します。

d0224762_12253966.jpg

三重県にある亀山と関は、かつて東海道五十三次の宿場町だったところで、街道沿いには古い町家が数多く残り、当時の雰囲気が伝わってくる。
何年か前、出張ついでに行こうと情報収集したものの仕事自体がキャンセルになり、今回2度目の正直で行くことができた。

d0224762_12271910.jpg

JR関駅ホームからの眺め。
列車は2両編成のワンマンで、お座敷列車みたいに端から端まで座席になっていた。
亀山も関も伊勢のような一大観光地ではなく、半日あれば歩いて回れるの~んびりした場所だった。

d0224762_12291026.jpg

そのの~んびりした関にあるのが、昔から雑誌などでよく見かけたうつわとオリジナル服の店「而今禾(じこんか)」。
世田谷にある東京店は一足先に偵察(?)に行き、あまりのオサレさに腰が引けていたが、ここ関の本店は一人でも入れる雰囲気だった。

もう1つ、是非行ってみたかったのが紅茶の店「オレンジペコー」。
亀山はかつて国産紅茶の生産が盛んだったところで、最近では「べにほまれ」という品種を中心に、再び紅茶栽培に力を入れているらしい。
オレンジペコーではこのべにほまれを濃ゆ~く煎れた「モーレツ紅茶」なるものが飲めるとかで、以前から興味津々だったのである。
・・・・・・が。
ネットで調べたところ、なんと4月末に閉店していた(泣)
もうあとちょっと早く行っていたら飲めたのにィ。

d0224762_1230332.jpg

代わりに、亀山紅茶が飲めるお店をはしごして、ガブガブ飲みまくった。

d0224762_12301464.jpg

食事はB級グルメ中心。
亀山焼きそばと亀山ラーメンは、どちらもこってりした味噌味(写真左)
ラーメン横のおにぎりは、天かすと青ねぎの入った関宿名物「たぬき俵にぎり」。
JR関駅前にある鈴鹿亭の巻き寿司(写真右上)は、大きな卵焼きが入った素朴な味で、かなり気に入った❤
右下の写真は、お茶をしに入ったレストランの看板。
いろいろある定食はメイン1品なら¥400以下という、サ〇ゼリヤも真っ青のお安さだった。
の割に食材や料理は真っ当なようで、亀山に住んでたら通い詰めそう。

d0224762_12311979.jpg

いろいろ買ったもの。
まずは亀山紅茶2種。
左は第5回国産紅茶グランプリで新人賞を獲った、伊達製茶のリーフ。
べにほまれ・・・かな? パッケージにべにふうきと書いてありました。
右は関宿のティールーム「アールグレイ」の店主さんお勧めのべにふうき。

d0224762_12305868.jpg

茨の葉っぱで包まれた「いばら餅」(左上写真)
三重の名物らしいが、初めて見た&食べた。

これまた三重の名物らしい「ごぼうあられ」(左下写真)
同じスーパーには「はさめず醤油」というご当地醤油も売っていたが、重くて持って帰れないのであきらめた。

一方、「別にここでなくても」と思いつつ、落花生とゆかりも購入(右上写真)
どうも自分は「生産者 山田太郎」とか書いてあるブツに弱いらしい。JA(農協)&道の駅危険。
ちなみに、落花生は食べてみたらかなり生っぽく、ひょっとしてこれは自分で炒って食べるものなのだろうか???

今回一番の収穫は、朝市で買った山椒の木のすりこぎ(右下写真)である。
といってもすりこぎとして使うのではなく、たたききゅうりなどを作るため。
木の形をそのまま生かした造りで、節の部分が手にフィットしていて握りやすい。
今までしゃもじや包丁の腹で代用していたが、これからはこれで叩きまくるぞー!

d0224762_12322212.jpg

帰路立ち寄った名古屋で、えびせんべい&いかせんべいを調達。
お米系のせんべいも好きだけど、子どもの頃おやつに食べていた馬鈴薯澱粉系のせんべいは、最もなじみがあって懐かしい味。
東京ではほとんど見かけないが、普通に売っていたらバリバリ食べてしまいそうなので、たまに買うぐらいでちょうどいいのかもしれない。

いつもみたいに「あれもこれも見なくてわ!」とヨレヨレになるまで駆けずり回ることもなく、ゆっくりのんびり楽しんだ旅でした(やればできるじゃないか)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
え、キッチン??? ど、どの写真のことだろ・・・ごめん、わかんない!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2018-05-25 13:14 | | Comments(4)

マスク

GWを利用して1枚縫い上げる予定が、ポケットを片方つけたところで時間切れ(←想定内)
代わりに、2時間コースで作ったマスクをご紹介します。

d0224762_12272821.jpg

パターン: Craft楽園 親子の手づくりマスク マスクA・中
布: 手持ちのハギレ(オーガニックコットンダブルガーゼ、リネン)

d0224762_1248612.jpg

「Craft学園」は小物関係のシリーズらしく、発売元はあの(?)サン・プラニング。
ユザワヤで見つけたのだが、立体型と平面型2種類のパターンがサイズ違いで載っていて、付録としてマスク用ゴムも入っている。
特に目を引いたのが、「アイロン転写型紙」というところ。
なんと、パターンを布に置いてアイロンをかけると、輪郭線や出来上がり線、合印などが布に転写されるというではないか。
おまけに、1枚のパターンで4回程度は転写できるらしい。
へーーーーー、そんなのあるんだ!? 奥様(誰)ご存知でした???

マスクのパターンは探せばネットで無料のものも公開されているが、アイロン転写というのが気になって気になって、思わず486円も(え?)払って買ってしまった。

d0224762_12465511.jpg

早速転写(←こういうのはすぐやる)
マスクはたったの2パターンなので、普通に裁断しても手間は同じな気がするが、立体型の場合、出来上がり線が入っているとカーブを縫うのが楽でいい。
パターン数や合印の多いポーチなどは特に、こういう転写パターンは便利ではなかろうか。

注意点としては、アイロンをかけてもパターンが布に接着されるわけではないので、アイロンを移動する時はパターンが動かないよう押さえておかないと、途中で線がズレます(←ズレた人)
あと、仕様書に「アイロン転写したしるしは消えないのでご注意ください」と書かれていて、「そうは言っても消えるやろ」と軽く読み流していたのだが、実際水洗いした程度では全然消えず、石けんでゴシゴシ洗ってもうっすら線が残ってしまった。
まあでも、何回か洗えばそのうち消えるよねきっと。ハハハ。

d0224762_1228914.jpg

布はオーガニックコットンのダブルガーゼで作るつもりが用尺が足りず、顔に直接触れる裏側をダブルガーゼにして、表側は薄手リネンのハギレを使った。

d0224762_1228305.jpg

鼻側と口側で微妙に形が違うので、オマケでもらったイニシャル刺繍のアップリケを目印につけた。
しかし「このへんかな~」とテケトーに接着したため、後からゴム紐通し口を縫おうとしたら、もろ縫い目にかかることが判明。
まあでも、これで洗濯してもはがれにくくなったし結果オーライだよね。ハハハ。
つか、イニシャルの向きこれで合ってんのかな(ぼそ)。

d0224762_12475114.jpg

もともと家にあったマスクは、「ザ・質実剛健」な厚手ガーゼのマスクと、昔ベトナムで買ったマスクの2つ。
何となく質実剛健は冬に、ベトナム製は春先から、と使い分けていたが、ベトナム製は目の詰まった普通地のコットンなため、気温が高い日は息が詰まるというか、暑いッ!
以前、フレーニさんがマスクを量産しておられるのをブログで拝見して、「そういや自分で作れるじゃん」と気がつき(遅っ)、そのうちパターンを探そうと思っていたので、いいタイミングだった。

d0224762_1229956.jpg

ベトナム製との比較。
サンプラ製の方が全体のサイズは大きめで、顔の下半分ががっつり覆われる。

d0224762_12292053.jpg

ベトナム製は横に長く、ゴム紐がマスク本体に縫いつけてある。
ゴム紐に関しては、10年以上使ってきて一度も交換したことがないし、結び目がないぶんすっきりしているので、ベトナム方式の方がよさそう。

通気性はもちろん今回の方が断然よく、鼻の下に適度な空間ができるせいか、つけていて息苦しさもない。
そもそもベトナム製は排気ガス対策のためのマスクなので、通気性がよかったら却って用をなさないのだろうけど。
あと、布のお陰かパターンのお陰か、サンプラ製はマスクをしたまま眼鏡をかけてもレンズが曇りにくい点もよかった。

ふだんマスクは薬箱に入れてあるので、いざつける段になるとほのかに(いやプンプンと)正露丸のかほりがする(笑)
ベトナム製はすっかり匂いがしみついて、洗濯しても取れないぐらいだ。
今回のマスクもいずれ正露丸臭を漂わせるようになるのであろう。
まあでも、それはそれでプロっぽくて(意味不明)いいかもしれない。ハハハ。

というわけで、早速愛用しております。

***************

<御宅のつぶやき>

ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手がカナダのクリケットクラブに拠点を移し、ブライアン・オーサーに師事することが正式に発表された。
ロシアのフィギュアスケート選手が、海外のコーチについたケースって今まであったっけ???
移籍の件は先週あたりから騒ぎになっていたが、ロシア国内で変わるんだろうぐらいに思っていたのでびっくりだ。
いや~~~思い切ったことしたなあ。

少なくともプログラムはこれまでとはまったく違うものになりそうだし、それを彼女がどんなふうに滑りこなすのか、非常に興味がある。
中国のボーヤン・ジン選手も短期か長期か知らないがクリケットクラブで練習するみたいだし、シーズンオフになってもスケオタ界はネタが尽きないのであった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
はじめまして、コメントありがとうございます♪ はいそうです、写真変えました(前に変えたのいつだっけ!?というぐらい久しぶりに)。写真のストックはまだあるので(笑)、よかったらこれからも遊びに来てくださいね❤
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2018-05-09 12:49 | ソーイング(小物) | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie