Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:御宅( 21 )

平昌五輪

平昌五輪に行ってきました。

d0224762_16483491.jpg

ちなみに、どうも多方面で誤解されてるぽいですが、私が観たのはペアフリーのみです。
男子シングルSPに向け羽生ファンが続々と韓国に集結する中、16日には帰国の途についてました(笑)

d0224762_1649422.jpg

幸い滞在中はソウルも江陵もいいお天気で、昼間の気温は5~10℃、日が暮れても0℃くらい。
いつもより3割増しに着込んでいたので寒さはまったく感じず、ホッカイロや手袋の出番もなかった。
しかし気温の割に外気は冷たくて、風が吹くとほっぺや耳がしんしん冷えてくる。
ソウルではなにげに池が凍っていて、なんちゃってスケートをしている人も。
きっとソウルや江陵が本気出したら、こんなもんじゃ済まないんだろうなあ。

d0224762_16492776.jpg

試合当日はソウル市内のホテルに朝5時集合、ミニバン2台に分乗して出発。
途中、山間部の平昌あたりは雪に覆われ、いかにも寒そうだった。
江陵の手前で事故渋滞にハマりかけ冷や冷やしたが、4時間ちょいで無事到着。
江陵駅からオリンピックパークまでのシャトルバスにも普通に乗れた。

d0224762_12125144.jpg

入口でチケットチェックと手荷物検査があったものの、ペットボトルのラベルを剥がされただけで、これも特に問題なくパス。
アイスアリーナはオリンピックパークの一番奥にあり、入口からてくてく歩くこと約10分、ようやく会場が見えてきた。

d0224762_16501120.jpg

をを、あれかーーー!!!(手を振る)
ここまでかなりスムーズに辿り着けた方だと思うが、何だかんだで10時は過ぎていたので(試合開始は10:30)、やっぱり結構ギリギリだよなぁ。

d0224762_12131247.jpg

「お値段からしてきっと後ろの方だよね」と思っていた私の席は、やはりというか最後尾から4列目だった(デイパックが置いてあるところ)
しかしさいたまスーパーアリーナのB席に比べたら、これでもかなりよく見える方である。

d0224762_1651439.jpg

試合はドイツのサフチェンコ・マッソー組が金、中国のスイ・ハン組が銀、そしてカナダのデュハメル・ラドフォード組が銅メダルを獲得した。
サフチェンコ選手は5回目の五輪(汗)にして悲願の金メダル。
SP4位で臨んだフリーは最終グループの一番滑走で、会場中がスタオベする素晴しい演技だった。
特に冒頭のトリプルツイストの高さといったら!(萌~❤)

この日、私のお隣は左がカナダからのグループ、右が中国人女子(=日本語ペラペラ)で、ひそかにドイツペアを応援していた私を真ん中に、ちょうどメダリストと同じ配置だった(笑)
カナダペアは4回転スローを決めたけれど単独ジャンプでミスが出て、カナダ人軍団も「ドイツペアがよすぎたわー」と潔く負けを認めていた。
一方、中国ペアは4回転ツイストを決めたもののやっぱりミスが出て、わずか0.43点差で銀メダルに。
中国人女子に「銀メダルおめでとう~」と声をかけようとしたら、涙をぽろぽろ流しながら泣いていて、何も言えなくなってしまった。
まあね、中国ペアはドイツペアと並んで金メダル筆頭候補だったもんね・・・・・・

d0224762_1213484.jpg

※左上写真、赤い塊が例の美女軍団でございます

ちなみに、彼女は羽生結弦選手の大ファンで、旧正月の7連休を利用して北京から応援に駆けつけたそう。
男子シングルでは中国のボーヤン・ジン選手もメダル候補だったが、「ファンじゃないけど中国の選手だから応援はします」と言ってました(笑)

d0224762_16543120.jpg

試合終了後はオリンピックパーク内を散策。
平昌オリンピックのマスコットキャラクター・スホランは、改めて見ると思いのほか可愛くて、たまたま着ぐるみにも遭遇したので一緒に写真を撮ってもらった(←ミーハー)

d0224762_12142835.jpg

パラリンピックのマスコットキャラクター・バンダビもよく出来ているが、イラストによってはL●NEのブラ●ンに似・・・・・・いえ、何でもありません。

d0224762_16562269.jpg

「お天気もいいことだし」と帰りは駅まで歩いた(所要約20分)のだが、これが「アルペンスキーか!」と突っ込みたくなるよな坂道だった。
それでも、帰りは最初の坂を上りきればあとは転がり落ちるだけなのでまだよかったが、駅から来る場合は急坂を延々上がらねばならず、皆さんゼーハー言っていた。
行きにシャトルバスに乗れてよかったよ・・・・・・

d0224762_1229184.jpg

江陵駅で記念撮影。

d0224762_1717535.jpg

帰りは高速鉄道KTXでソウルまで2時間弱。
試合観戦も含めると、何時間座ってたことになるんだろ。
あーーー疲れた。

d0224762_12154986.jpg

翌16日は仁寺洞のスタバに3時間居座り(←迷惑)、スマホを充電しながら男子SPをライスト観戦した。
動画はバッテリー消費が激しいので、WiFiが飛んでいてもコンセントがなかったらテキスト観戦するしかないと思っていたが、ダメ元でテーブルの下を探ったら・・・・・・コンセントあったーーー!
こんなこともあろうかと充電ケーブルに変換プラグ、それにイヤホンを用意しておいてよかったよ・・・・・・偉いぞ自分!(ハァ!?)

帰国翌日は、男子フリーをお茶の間観戦。
羽生選手はビールマンスピンをしなかった時点で「相当状態が悪いんだな」と思ったが、最後までど根性で踏んばって、五輪2連覇を達成した。
羽生選手といえば、昨年の四大陸選手権でネイサン・チェン選手に負けた時、「金がほしい! 金が!! 金くれ!!!」と半分冗談半分本気(いや全部本気か)でつぶやいていたのを思い出す。
いろいろ規格外な羽生選手だが、あの勝利への執着というか執念はちょっと常人離れしている。
普通なら持て余しそうなものだけど、彼の場合はそれが燃料になって自家発電できるのかもしれない。
足の状態についてはこれから明らかになっていくのだろうが、「4回転アクセルに挑戦したい」と言っているところをみると、治療すれば回復が見込めるぐらいの状況ではあるらしい。

それにしても、羽生選手もたいがい変人だと思うけど、宇野選手もベクトルは違えど相当変わってるよなぁ(←褒め言葉)
彼も内側ではふつふつと自家発電してるぽいが、羽生選手とは燃料の種類がまったく異なっていて、しかも石炭→石油→バイオ燃料(いや太陽光か)みたく進化してる風なのがおもしろい。
年齢的には北京五輪まで現役を続けていそうだし、いずれトップの立場になった時にはどんな選手になっているのだろうか。
言動も含めて非常に楽しみである。

d0224762_16581340.jpg

韓国で買ったもの。
スホランとバンダビのピンバッチ。
あやうく(?)スホランのぬいぐるみも買いそうになったけど、何とか思いとどまりました(笑)

d0224762_16583044.jpg

刺繍のブローチ。
かごいっぱいにいろんな柄のブローチが入っていて、1個1個チェックしていたら熱中しすぎ、気がつけば空港に行くギリギリの時間になっていた。
あぶねー(←宇野選手風)

d0224762_16584717.jpg

韓国で食べたもの。
さすが本場、どこで食べてもキムチがおいしかった。
韓国でいつもいいなあと思うのは、何か一品頼むとキムチやナムルなどパンチャン(前菜←ウテオンマさん情報)が自動的についてくること。
物価全般は日本とあまり変わらなくなってしまったが、こと外食に関しては今でもお財布にやさしい国だと思う。

d0224762_17202899.jpg

韓国から戻った翌週、お待ちかねアイスクリスタルの会員証が到着した。
これで来シーズンは、今までより現地観戦できそうだ。
平昌五輪で引退する選手も多いけど、今後が楽しみな若手選手もたくさんいる。
よーし、がんばるぞー!(何を)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2018-02-26 17:21 | 御宅 | Comments(12)

Road to Pyeongchang

いよいよ今年最初の一大御宅イベント、平昌五輪観戦の日が近づいてまいりました。

d0224762_9422168.jpg

途中で渋滞にハマったり列車が脱線したりしない限り、会場の江陵へは無事行って帰ってこられるはず(たぶん)
あとは寒さ対策だけだ!というわけで、防寒具をいくつか買い足した。

d0224762_9425236.jpg

裏地がフリースの耳あて付きニット帽。
これで頭と耳を冷気から守り、さらに前から持ってるウールのネックウォーマーで鼻から下を覆い、それでも寒い場合はC&Sのウールガーゼジャージをぐるぐる巻きにして、顔を防御するつもり(念のためマスクも持参)

d0224762_9435974.jpg

手元は新しく買ったもふもふフリース手袋と、手持ちのカシミアロング手袋のダブル使い。

d0224762_9433657.jpg

足元は靴下重ね履き+厚手の防寒靴下に、トレッキングシューズを履く。
スキーショップで買ったウールの防寒靴下は、丈が長いのでレッグウォーマーも兼用。
試しに先日これを履いて1日歩き回ってみたところ、足元がぬくぬく暖かかった。

トップスは●ニクロのヒートテック+アウトドアブランドのウールのベースレイヤー+ウールのタートルネックセーター+ウールのカーディガンを重ね着。
その上に友人に借りたダウンコートをはおる。

ボトムスは10年前から履いている(=ボロボロ)アウトドアブランドのあったか裏地付き冬用パンツの下に、シルク+ウール+ウールリブのスパッツを重ね履き。
その下にはヘソまであるパンツ(グンゼにあらず)を履き、さらにその下に腹巻を装着。

d0224762_9444071.jpg

さらに当日は、ミニカイロをベタベタ貼りまくる予定。

今回のミッション(?)のコンセプトは、「できるだけありもので間に合わせる」かつ「極厚のものを1枚着るより、普通地のものを重ね着して暖をとる」こと。
名づけて「玉ねぎ大作戦」。
マリネラ王国の兵士になったつもりで、寒さに対抗する所存である(何の話)

d0224762_945822.jpg

「防寒と関係ないじゃん」とおのれに突っ込みながら、サコッシュも買った。
サコッシュはアウトドア用の貴重品袋で、これは非常に軽いうえ張りがあるので物の出し入れがしやすく、かつ入れ口が2カ所あるところが気に入った。

d0224762_949042.jpg

貴重品一式はこれに入れて首から下げ、ついでにカイロをしのばせておけば、スマホも何とか作動してくれるであろう。

d0224762_9452854.jpg

会場でひざ掛けに使うダウンケットなど、他の荷物はリュックに入れて、道中ずっとしょってるつもり(=背中が暖かい&置き忘れない)

d0224762_9455356.jpg

旅行中いつも持ち歩く水筒も新調した(ただし会場持ち込みは不可→その後、空容器ならOKになった模様)
新しい水筒は本体120gで、10年前に買った初代水筒の半分の重さ。
文明の進歩はすごいのぅ~(バアさんか)

d0224762_9581620.jpg

ちなみに、スナック菓子は未開封に限り1リットルまで持ち込み可らしいので(果物は不可)、いろいろ詰め合わせたものを日本から持って行くことにした。

メイン会場となる平昌では会期中の夜、メダルセレモニー(屋外)が行われ、そちらを観に行く人はそれこそワカサギを釣り上げるぐらいの覚悟で臨む必要があるらしい。
しかし私は江陵に辿り着けさえすればあとは室内なので(つっても凍ってるけど)、きっと何とかなるであろう。
ネットで「平昌は冷凍庫、江陵は冷蔵庫」というコメントも見かけたし(どっちもどっち?)

d0224762_9583398.jpg

こちらは昔、立山黒部アルペンルートに行った時に買った温度計。
マイナス30℃まで測れるので、当日現地の気温をチェックしてこようと思う(←怖いもの見たさ)

ネット情報によれば、この期に及んでソウルと各会場を結ぶ無料シャトルバスが運行されることになったとか、一般客は駅から会場まで延々歩かされるらしいとか、いろいろ「ハァ!?」な話も耳にするが、障害が多いほど萌える燃えるのが御宅という生き物である(ホントか!?)
ここまで来たら意地でも辿り着いてやる。待ってろよ平昌!

d0224762_9585097.jpg

それでは、ちょっくら行ってきまーす♪(空元気)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2018-02-12 10:00 | 御宅 | Comments(8)

聖地巡礼

年明け早々、熊本に行ってきました。

d0224762_12285634.jpg

旅の目的はもちろん(?)くまモン
くまモンスクエアでくまモンに会うためである。
期限切れ間近のマイレージがあったからとはいえ、着ぐるみを追いかけてついにここまで来たかと思うと、いろいろ感慨深い(遠い目)

d0224762_123065.jpg

ブログやツイッターで何度も見ていたくまモンスクエアは、思ったよりこじんまりした空間だった。
この日はちょうど来場180万人突破の記念式典が行われ、いつもより多いという130人の観客で埋まった。
くまモンはアジアでも人気らしく、中国語とおぼしき会話があちこちで聞こえる。
日本人も全国から来ていて、なかにはニュージーランドから来た(一時帰国中?)というちびっこも。

d0224762_12483244.jpg

くまモン登場❤
言葉を発しないくまモンは、身ぶり手ぶりで芸(?)を披露するわけだが、茨城から来たという観客には「納豆まぜまぜ糸ビロ~ン」なジェスチャーをしたり、札幌からの観客には「少年よ大志を抱けbyクラーク博士」のポーズをとったり、なかなか一般常識のレベルが高い。
公式設定は6歳らしいが、とっさにクラーク博士が出てくるあたり、26歳はゆうに超えてるんじゃなかろうか。
この日もくまモン体操をキレキレに踊っていたが、単に身体能力が高いだけの熊じゃないことを改めて感じさせたのだった(マジに語るな)

d0224762_12313855.jpg

くまモンスクエアで買ったもの。
くまモンチョコレートにくまモンノート、くまモン卓上カレンダー。
カレンダーは銀座の熊本館でも見かけたが、後で中身をあらためたら写真が違っていて、どうやらくまモンスクエア限定商品らしい(嬉❤)
ほかにもくまモン洗面器とかくまモンマグネットとかくまモン定規とか、心惹かれる商品があったが、これ以上買うといろいろヤバい気がして自粛しました(笑)
つか、このノートに一体何を書けと!?(答:御宅日記)

d0224762_1249849.jpg

はるばる熊本までやって来てくまモンスクエアだけというのもアレ(何)なので、高千穂峡(宮崎だけど)や山鹿温泉にも行きました。

d0224762_12322011.jpg

最終日は熊本城を見学。
天守閣は3年後をめざして修復中とのことだが、崩落したまま手つかずの場所もあり、完全に復旧するまでに20年はかかるらしい。
城内は東京ドーム20個分という広さだそうで、いつかゆっくり歩いて回りたいなあ。

d0224762_12323885.jpg

熊本はさすが聖地だけあって、あちこちにくまモンがいた。
くまモングッズもたくさん売っていたけれど、どうも自分の萌えスイッチはイラストやぬいぐるみにはONにならないらしい。
推しはあくまで着ぐるみであることを、今回改めて確認したのだった(どうでもいい)

d0224762_12325251.jpg

現地で食べたもの。
名物を食べるのは観光客の務め、熊本ラーメンに辛子れんこん、一文字ぐるぐる、だご汁、きびなご、いきなり団子などなど、いろいろ食べた。
心残りは太平燕(タイピーエン)を食べそびれたことである。

d0224762_1233848.jpg

馬重と馬肉まん。
熊本は思った以上に馬肉文化が根づいていて、居酒屋には必ず馬肉メニューがあるし、馬肉専門レストランや馬肉専門の肉屋さんもちょこちょこ見かけた。

d0224762_12332137.jpg

そのほかに買ったもの。
割干し大根と馬油石けん、山鹿温泉「さくら湯」源泉配合の入浴剤。

d0224762_12333239.jpg

オリジナルのくまモン手作りキットを売っていた布屋さんでは、暮れに切らしたまま買いそびれていたシャッペスパンを購入した。

d0224762_12403683.jpg

西日本にはまだカールがあった!(喜)

d0224762_12475250.jpg

d0224762_1234132.jpg

阿蘇も行ってみたかったけど、火山活動のため火口見学はお休み中(3月から再開予定)
お城と阿蘇は次回のお楽しみということにしておこう。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2018-01-17 12:49 | 御宅 | Comments(8)

御宅活動2017冬

ソーイング絶賛頓挫中につき、この冬の御宅活動をご紹介します(え、いらない?;汗)

d0224762_1313081.jpg

まずは12月7~9日に名古屋で開催された、フィギュアスケートGPファイナル。

平昌五輪を控えた今シーズンは、何しろチケットが取れなくて取れなくて取れな(以下略)
11月のNHK杯も初日しか取れなかったし、GPファイナルは自力では全敗で、公式トレードサイトの抽選でやっと最終日のエキシビションだけ当たったのだった。
しかし試合あってこそのエキシビション、これだけ観ても不完全燃焼というのが正直なところ。
あーあ、試合が観たかったよぅ(泣)

2週間後の全日本選手権もやっぱり全敗で、羽生結弦選手の欠場が決まったとたんどっと出品されたものの、1枚も当たらなかった(涙)
活動する気は満々なれど、チケットが当たらないんじゃどうしようもない(しょぼん)

d0224762_1255814.jpg

御宅活動といえば、モン活もしています。
松屋銀座で開催された「大くまモン展」は、くまモンのこれまでの活動を衣装や写真、コラボグッズなどとともにふり返るもの。

d0224762_12551891.jpg

とってもビミョ~なコラボ商品(笑)。顔怖っ! ジャミラ(誰)か!!

d0224762_12553823.jpg

グッズ売場でウェットシートのフタを買いました。

d0224762_12555237.jpg

細々と御宅活動に励む中、平昌五輪ペアフリーのチケットが届きました。
全種目に応募して、唯一当たったチケットである。
男女シングルももちろん観たかったけど、ペアも元々好きなので、これはこれで嬉しい。
特に今回は中国ペアとドイツペアのメダル争い、それに個人的に注目しているフランスペアの演技が生で観られると思うと、楽しみでしょうがない。

すでに飛行機は予約済みで、ソウル市内の宿も押さえた。
がしかし、ソウルから会場の江陵までの移動手段がまだ確保できてない!(うぇーん)
今回は試合開始が午前10:30と変則的なうえ、現地の宿泊施設はどこも一杯なため、試合当日ソウルから日帰りで観に行く予定なのだが、ペアフリーの日は韓国の旧正月ソルラルの真っ最中。
そのせいか、一番確実な移動手段である高速鉄道KTXが、今の時点でまだ予約開始になっていないのだった(たぶん)
だいたいKTXのこの路線自体、今月下旬に開通するらしく(ってもう下旬じゃん)、まだ走っていないのである。
だ、大丈夫か!? ※今日(22日)から運行が始まったそうで。・・・ふぅ。

はたして私は江陵に無事辿り着けるんでしょーか(誰かおせーて)
そして現地の天候やいかに!?(●ニクロのウルトラライトダウンで行ったら死ぬよね・・・ぼそっ)

その顛末は当日インスタでお知らせする予定なので(Wi-Fiが飛んでたら)、「江陵なう」の投稿があったら、「ああ、無事着いたのね」と生温かく笑ってやってください。

*********************

というわけで、ちょっと早いですが今年の更新はこれで終わりです。
嗚呼またソーイングネタで終われなんだ・・・(←もはやお約束)

それでは皆様、どうぞよい新年をお迎えください!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-12-22 16:54 | 御宅 | Comments(10)
大阪で開催されたNHK杯フィギュアを観戦してきました。

d0224762_1385961.jpg

・・・・・・といっても、残念ながら初日しかチケットが取れず(哀)

で、せっかく大阪まで行くなら観光でもするか~と調べてみたら、以前からいっぺん行ってみたかったクラフトフェア「灯しびとの集い」が、ちょうど週末に開催されるというではないか。
場所が堺市なのでなかなか東京からは行きづらく、しかし今回はNHK杯の関係でホテルもアクセスしやすい場所に取っていた。
おまけに会場の最寄り駅である百舌鳥には、あの(?)仁徳天皇陵もある。

さらに、ふと気になってくまモンの関西方面出動スケジュールを確認したところ、なんと土曜日に堺市にやって来るというではないか。

ついでに、昔雑誌の関西特集で見て切り抜きをとってあった「枚方宿くらわんか五六市」も、同じ週の日曜に開催されることが判明。

というわけで、スケートを見に行ったんだかクラフトフェアに行ったんだかくまモンに会いに行ったんだかよくわかんないけど(全部だろ)、とりあえず(?)新幹線で大阪へ。

d0224762_12421137.jpg

NHK杯は羽生結弦選手がまさかの負傷欠場で、30歳のセルゲイ・ヴォロノフ選手が初優勝した。
ヴォロノフ選手はノーミスの演技でSP1位に立つと、その集中力をフリーでも保ち、ほぼ完璧に滑ってみせた。
終わってみれば、男子シングルは28歳のアダム・リッポン選手が2位、29歳のアレクセイ・ビチェンコ選手が3位と、熟年(?)スケーターが表彰台を占める予想外の結果に。
「自分のベストを尽くしたら結果がついてきちゃったよおい」みたいな展開に、テレビ@ホテルで見ていてほのぼのしてしまった。

女子シングルで印象に残ったのはポリーナ・ツルスカヤ選手。
ロシア女子は「よっこらしょー!」と前のめりに踏んばってジャンプを跳ぶ選手が割と多く、あの踏み切りで回りきれるのが逆に不思議なくらいなのだが、ツルスカヤ選手はジャンプの入りこそ若干ふんばり気味なものの、そこから思いのほかポーンと高く跳び上がり、上がりきってから回転する「ディレイドジャンプ」の持ち主。
生で見るのは今回が初めてで、171cmの長身から繰り出されるジャンプの軽さと高さにジャンプ御宅大興奮!(萌~❤)
先天性の骨の病気を抱えているらしく、ここのところ不調だっただけに、今回の復活は嬉しい限り。
これからも応援していきたい選手の1人である。

d0224762_12584942.jpg

土曜日の午前中はクラフトフェア「灯しびとの集い」へ。
クラフトフェアにもいろいろあるけれど、ここはプロの作家さんが集まる洗練されたフェアという印象。
松本のクラフトフェアに雰囲気が似ていて、個人的には大変気に入った。

d0224762_12424953.jpg

フェアで買ったもの。
六寸(約18cm)ぐらいのお皿と、ひょうたんみたいな小皿。

d0224762_12432613.jpg

午後は電車で2駅移動して、くまモンのステージへ。
場所は大阪刑務所。
全国の受刑者が制作した品々を展示販売する「関西矯正展」が開催され、くまモンも毎年イベントに出演しているんだそう。
なんせ初めて行く場所なので、塀の外側とか内側とかいっぱい写真を撮ったのだが、なぜかSDカードがうまくセットされておらず、全然記録されていなかった・・・・・・

d0224762_1392074.jpg

飲食コーナーではカレーやお弁当も売られていたが、フツーにうどんを食べました。

d0224762_139313.jpg

くまモン登場。
ステージはちびっこ限定のじゃんけん大会&ハイタッチ会だったが、終了後はお待ちかね、大きいお友だち(笑)のための写真撮影会が行われ、慣れた様子で三方向にまんべんなくポーズをとってくれた。
手足を組んでニヒルに決めてみたものの(右写真)、地毛に同化してよくわかんない(笑)

d0224762_1395041.jpg

ステージから退場した後も、あちこち寄り道しては茶々を入れる。
JR西日本のマスコットキャラクター、カモノハシのイコちゃんに齧られて喜ぶくまモン(左写真)
自衛隊のジープを見るや、かなりの高さを自力でよじ上り(中央写真)、降りる時もあのデカい図体で軽々とジャンプして、華麗にフィニッシュ(右写真)
中の人(中の人言うな)、めっちゃ身体能力高いな!

d0224762_1246330.jpg

会場では監獄巻きロックで縫ったと思われるふきんを買いました。

d0224762_12461723.jpg

この日は仁徳天皇陵にも行った。
といっても中には入れないので、正門からその一部を拝んだだけだが、やっぱりいっぱい写真を撮って、結局全然撮れていなかった・・・・・・

d0224762_12463283.jpg

ギフトショップで買った古墳こんにゃく。
こんにゃくが前方後円墳型にカットされていて、こういうのを見ると買わずにいられないのだった。

d0224762_13101476.jpg

3日目は京阪電車に乗って枚方へ。
枚方宿くらわんか五六市は、枚方公園駅~枚方市駅の旧東海道(京街道)沿いで開催される手づくり市である。
街道沿いにはかつての宿場町らしく古い町家がぽつぽつ残り、その中をのんびり歩きながら公園や駐車場、民家の軒下などに設けられたお店を見て回る。
どちらかというと素朴な感じの作品が多かったが、お客さんの年齢層が幅広く活気があって、街中に溶け込んだ感じがなかなかよかった。

d0224762_12471013.jpg

街道沿いにあるおされな雑貨屋さんで、手づくり石けんを購入。
この雑貨屋さんと近くにあったアンティークショップは、枚方に住んでいたら定期的にパトロールしたいぐらい好みのお店だった。

d0224762_12472751.jpg

3日もいた割にゆっくり食事する時間があまりなく、しかしたこ焼きだけは毎日食べた。
大阪らしく、ホテルの朝食にもたこ焼きが(クルクルクル~♪)

あちこち駆けずり回って疲れたけど(←お約束)、楽しい3日間でした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
私もまだ見てないんですけど、かなりディープで御宅な解説だったらしいです。やっぱりね!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-11-20 13:11 | 御宅 | Comments(8)
秋の御宅活動の一環で、今年もフィギュアスケート3地域対抗戦、Japan Openに行ってきました(←去年のコピペ)

d0224762_13133724.jpg

Japan Openはフリー演技のみの団体競技、得点は非公認で、プロ選手の参加もOKという、半分、いや8割方お祭りみたいな試合である。
しかしシーズンイン直前に開催され、新しいプログラムのお披露目も兼ねていたりするので、これがなかなか見応えがあるのだった。
今回は平昌五輪を4カ月後に控えた時期にも関わらず、五輪本番で最終滑走グループに残りそうな選手がわんさか出場。
個人的には、今年も殿こと織田信成選手が出場していたのが嬉しかった。

織田選手は現役引退後4年にして、4T-3Tのコンビネーションに4Tと、4回転2本を見事に成功させ、今年も会場のどよめきと爆笑を誘った(←褒め言葉)
特に4T-3Tの高さ、流れのスムーズさ、着氷の柔らかさはため息もの。
現役選手でもあんな美しい4Tを跳ぶ選手はいないんじゃなかろうか。
残念ながら、プロとして競技会に出場するのは今回が最後とのこと。
これからもずっと殿の挑戦を見ていたかったけれど、引退後もここまで笑わせ泣かせハラハラさせて、現役時代以上に楽しませてくれた殿に感謝感謝である。

d0224762_13134843.jpg

今季は五輪に向けてどの選手も勝負曲を選びました!という印象だが、個人的にはハビエル・フェルナンデス選手、三原舞衣選手、ネイサン・チェン選手のプログラムが気に入った。
特にチェン選手のプログラムはスタイリッシュでかっこよく、本人のシャープなイメージに合っている。
これでジャンプが決まり出したら相当いいものになるのでは。
ジャンプや表現はもちろん大事だけど、本人の魅力を引き立てるプログラム選びや、聞いていて違和感のない曲の編集(不自然な繰り返しとか唐突なブツ切りとかやめてー)なども、結構得点に影響するんじゃないかな~と、改めて感じた次第である。

最近のフィギュアスケート人気を反映して、現役12選手のスケートガチャポン(キーホルダー、缶バッジ、ピンバッジ)が発売された。
会場でも販売されると聞いたので、ものは試しと1回ガチャってみたところ・・・・・・

d0224762_1384166.jpg

おおっ、羽生選手出たーーーッ!(笑)

・・・・・・しかしこれ、一体いつ何につけりゃいいのかすら(ぼそ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-10-11 13:19 | 御宅 | Comments(10)
札幌で開催されたGPシリーズ最終戦、NHK杯フィギュアを観てきました。

d0224762_12264247.jpg

前回NHK杯を観戦したのは2012年、あれからもう4年かあ~。
あの時イケイケだった羽生結弦選手は、その後金メダルを獲りますますイケイケになって、100点だの200点だの300点だの世界最高記録を更新中。
お陰でチケット争奪戦がますますエライこっちゃになり、今大会も全3日間のうち2日目(ペア、男女フリー)だけはどうしても取れなかった。

そんな私が今回最も印象に残ったのは、男子SPの6分間練習、羽生選手の新しいお衣装がお披露目された瞬間である(そこ!?)

d0224762_1229582.jpg

これまで着ていたまっ白な衣装は、「バーテンダーみたい」「氷に同化してよく見えない」など評判が今ひとつで、巷では「どうやら衣装を変えてくるらしい」という噂もちらほら。
果たして羽生選手がリンクサイドに現れると、場内にどよめきが。

・・・・・・え、白じゃない!?

白衣装の時にはおっていた白いダウンベストが、黒いジャパンジャージに変わっている。
しかしゲートが閉まっていて下半身は見えず、一体どんな衣装なのか全然わからない。
「パンツ(←注:ズボンのことです)、パンツは何色だ!?」と皆が固唾を飲んで見守る中、ゲートが開き、リンクに飛び出す羽生選手。

・・・・・・え、ねずみ色!?

照明の関係か、会場で見た羽生選手のパンツは、何だかとっても地味~なグレー。
おまけにバレエダンサーのタイツみたいにぴっちぴちで、ボディラインを拾いまくっているのが遠目でもわかる。

・・・・・・・・・・・・。

絶句する者、うなだれる者、爆笑する者、取り乱す者、双眼鏡で凝視する者と、反応は人それぞれだったが、かつてこれほどまでに会場中の視線が羽生選手のパンツに集中したことがあっただろうか。
そんな観客の「早く、早く上も脱げって!」という思いを知ってか知らずか(いや知ってるだろ)、悠然とリンクを周回する羽生選手。
散々じらしたところで、おもむろに黒ジャージを脱ぐと。

・・・・・・え、パーポー!?

上は薄~い紫のシャツにベスト、デザインは白衣装をほぼ踏襲していて、全身で見るとパンツも紫らしいことがわかる。

・・・・・・・・・・・・。

d0224762_1230133.jpg

後で録画を見たらパンツはもっと紫がかっており、会場で見たような地味さはなかったが、玉虫色に妖しく光るムーディな生地が使われていて、それはそれで「ビミョ~」。
それにしても、実際脱いだのはジャージだけだというのに阿鼻叫喚の大騒ぎ。
あれは6分間練習という名の羽生結弦ワンマンショー(予告編)だったんだな。

肝心の本編試合はというと、冒頭の4Loこそ体勢を崩したものの、4S-3Tは見事に着氷。
覚えている限り、試合で決めたのは初めてじゃなかろうか。
最後の3Aもギュルギュル回ってビシッと着氷、そのままフリーレッグを頭上高く上げてドヤ。
パンツといい演技といい、ほんと見ていて飽きない選手だな~と、改めて感心したのだった。

d0224762_12321393.jpg

ちなみに、2日目の男女フリーはNHK札幌放送局のパブリックビューイングで観戦した。
ロシア女子は、ジャンプはトゥクタミシェワ選手やジュニアのツルスカヤ選手が好みだけど、プログラム全体では今回優勝したポゴリラヤ選手が見ごたえあって好きだなあ。

d0224762_12322751.jpg

今回は空き時間が結構あったので、北海道神宮に御朱印をもらいにお参りに行ったり、回転スッシーを食べたり、たらばがに&フルーツサンドを食べたり、点と線模様製作所でカットクロスを買ったり、以前行ってお気に入りの雑貨屋さんにまた行ってお気に入りの作家さんのうつわを買ったりした。満足。

d0224762_12352637.jpg

札幌は11月はじめに行った時は雪が積もっていたが、今回は寒いながらも雪はなし。
とはいえ、行ってみないと様子がわからないので、雪前提で履いていった靴がこれ↓(また買ったんかい)

d0224762_1236302.jpg

Blundstoneのワークブーツは、革靴だけど防水仕様。
エーグルの長靴ほど履くシチュエーションを選ばず、インソールはNAOTより硬めだけど私の足には合ってるらしく、ガンガン歩いても疲れにくい。
買おうかどうしようかずいぶん迷ったけど、これはいいお買い物だったわ♪

というわけで、もう靴は買いません(ホントか)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
・・・誰!?(笑) 拍手たくさんあんがとー❤
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る

Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-12-01 12:47 | 御宅 | Comments(10)
秋の御宅活動の一環で、今年もフィギュアスケート3地域対抗戦、Japan Openに行ってきました。

d0224762_15585472.jpg

結構前にチケットを取ったうえ、開催要綱もよく見ていなかったため、試合直前まで「真央ちゃんの新プロどんなかな~」と大ボケかましていた(←出場してない)自分。
いざ始まってみたら、女子は世界選手権の上位5名が勢ぞろい、ゲストにはパパダキス・シゼロン組やあの(?)町田樹選手などが出演、そして男子は宇野昌磨選手やハビエル・フェルナンデス選手とともに織田信成選手がエントリー、という豪華な顔ぶれだった。

その中で特に印象に残ったのは、「殿」こと織田選手の演技である。
昨年膝の手術を受けた後、リハビリしながらアイスショーや競技会に出て、ジャンプの調子も徐々に戻ってきた様子。
今回はどうかな~と思っていたら。


4T-3T、キターーーッ!

3A-2Tも決まったぁあああ!!

後半3A、猫足着氷~~~!!!
(ニャー!)

ぬぉおおお、3連は3Lz-1Lo-3Sだーーー!!!!


現役引退後3年も経ってるのにパーソナルベスト更新という結果に、どよめきと笑い(?)に包まれる会場。
後で録画を見たら、「愛の夢」というしっとり系プログラムを満面の笑みで滑る殿がいた(笑)

織田選手に注目するようになったのは、シニア1年目の2006年から。
技術面はもちろん、感情豊かで陽性なキャラは日本人選手にはいなかったタイプで、それがいい方に転んだ時の演技は非常に見ごたえがあった。
特に世界選手権のSP「セビリアの理髪師」はよかったなぁ。
ぴょーんと跳び上がってニャ~と降りてくる柔らかなジャンプ、次々とポジションが変わる多彩なスピン、コミカルで軽快な表情など、あのプログラムには彼の魅力がたくさん詰まっていた。

d0224762_1601126.jpg

そういや3年前は、同じこの会場でソチ五輪代表選考を兼ねた全日本選手権が開催され、結果的に現役最後となった織田選手の演技を、同じような席から見てたっけ。
あの時は緊張のあまり顔面蒼白になっていたけれど(私が)、今回指先まで丁寧に、それでいてのびのびと滑る織田選手を見ていたら、デビュー当時の明るくて屈託のない姿が思い出されて、何だか泣けてきた。

ハーーー、殿はやっぱりいいスケーターだなー。

この日は宇野選手が4回転フリップを、またカナダで行われた試合では羽生結弦選手が4回転ループを決めてみせた。
宇野選手は謙虚なんだか強気なんだか天然なんだかよくわからないキャラだけど(全部?)、難度的にも表現的にも羽生選手とガチンコ勝負なプログラムに挑戦していて、これを完璧に滑りこなしたら一体どんなことになるのか、怖いような楽しみなような。

女子は昨シーズンの覇者エフゲニア・メドベジェワが、安定の仕上がりっぷりを見せた。
今のところ彼女は、ロシア女子の伝統「10代半ばで鮮烈デビュー→ロシアンタイマー発動→こぐまのミーシャ化思春期体型に成長→戦線離脱」は踏襲していない模様。
今シーズンも好調ならこのまま平昌五輪まで突っ走りそうだが、ジャンプ御宅としてはエリザベータ・トゥクタミシェワ選手あたりに意地を見せてほしい気もする。

というわけで、今シーズンもフィギュアスケートから目が離せません。

********************

d0224762_1625966.jpg

この秋最大の御宅イベント(違います)、リオ五輪メダリストパレードに行ってきました。

d0224762_1612692.jpg

先導するのは女子白バイ隊の皆さん。かわぃ・・・かっこいいー❤

d0224762_1614874.jpg

残念ながら、体操男子団体チームで確認できたのは白井選手のみ(←絶叫してる間に通過)
どうやら内村選手はバスの反対側に陣取っていたらしい(エーン)
その代わり、バドミントンの高橋礼華選手を捕獲しときました。かわいいのぅ~❤

前回に引き続き写真では涙を飲んだが、秋晴れの下みんなニコニコ、大変おめでたいパレードでした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
このスワンボート、フランケンシュタインみたいでちょっと(いやかなり)シュールですよね!?(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-10-07 16:18 | 御宅 | Comments(4)
リオ五輪が終わりました(終わってません)

d0224762_1225531.jpg

連日眠い目をこすりながら観戦してきた体操も、昨日のGALAですべて終了。
始まる前は(始まった後も)どうなるかとハラハラしたが、男子は団体で金、個人総合でも内村航平選手が金と、盆と正月がいっぺんに来たような(盆は来た)おめでたい結果となった。
これまで何度も痛い目に遭ってきたせいか、最近は「最終順位が電光掲示板に表示されるその瞬間まで、安心するのはまだ早い」とおのれに言い聞かせながら観戦するのが常になっていたが、今回はまさかの「悲観するのはまだ早い」展開に。
オリンピックには魔物がいるというけれど、リオにいたのは女神だったらしい。

それにしても、LIVE観戦はまさに寿命と引き換え、「こんなつらい思いをしてまで観ることに、一体どんな意味があるのだろうか」と、哲学的思考に走るぐらい心臓に悪かった。
しかしあんなすごい試合をリアルタイムで見られる機会なんて、この先何度あるだろう。
寿命は確実に縮んだが、おかげで冥土の土産コレクションにまた1つ新作が加わった。

男子の陰で目立たなかったが、女子も団体で4位、個人総合は寺本明日香選手が8位に入った。
かつての「団体決勝進出? ないない~┐(´-`)┌」「個人総合残ったって!? マジか!(゚Д゚;)」だった時代を思うと、最近の躍進ぶりは夢のよう。
そのうえオリンピックで4位と8位に入るとは。
これがいかにスゴいことか、私は声を大にして言いたいッ!(はいはい)

d0224762_1227988.jpg

競技中は怖くて画面を正視できず、かといって何かしていないと身の置き所がないので、はるか昔ホビーラホビーレで買った刺し子のふきんをせっせと縫っていた。
2011年に1枚目が完成した後、2枚目のこれに取りかかったもののすぐ頓挫したので、実に5年ぶりの再開である。
幸い(?)、今回は時間はたっぷりあるわ、恐怖のあまり作業がどんどこ進むわで、体操競技期間中に無事完成した。

d0224762_12364977.jpg

このキットは水溶性インクでステッチのガイドラインが印刷されており、その通りに刺していけばいいわけだが、ガイドラインは単に刺すラインのガイドだと思い込んでいた私は、途中まで野放図にザクザク刺しまくっていた。
しかし、ある時ふと「ひょっとして、ガイドラインはステッチ幅のガイドでもあるのでは?」ということに気がついた(遅っ)

d0224762_12282615.jpg

刺し始めた頃のステッチ(外枠)と、軌道修正後のステッチ(内側)。
・・・・・・縫い目でかっ!
刺した自分もびっくりのでかさである。
どうりで1枚目が完成した時「お店のサンプルに比べて、何だか大味な仕上がりだな~」と思ったわけだ。

この先3枚目を刺すことがあったら、次こそは最初からガイドライン通りに刺すつもりだが、もしもそんな機会が来るとしたら、2年後の平昌五輪だろうか。
それまでに、このチキンなハートを少しでも鍛えておきたいものである(無理)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
予選の時は血が凍ったけど、何もかも金メダルへの伏線だったのねん♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-08-19 12:29 | 御宅 | Comments(2)
6月の御宅活動で全日本体操種目別選手権大会に行ってきました。

d0224762_1273675.jpg

種目別選手権は「この1種目に賭けてきました(メラメラ~)」みたいな選手もいて、個人総合とはまた違った雰囲気がある。
それだけ気合いが入っているのだろう、着地が決まった瞬間の「おっしゃー!」「うりゃー!!」「見たかぁあー!!!」なリアクションは、まさにザ・男子@体育会系。

大変笑えます胸打たれます。

しかし今回はリオ五輪の出場選手選考を兼ねていたせいか、皆さん動きが硬かったような???
思わぬところでミスをする選手も多く、見ているこちらも「おおーっ(←成功した)」「あ~(←失敗した)」「ああっ(←落ちた)」といちいち反応してしまい、どっと疲れた。
「安心して見られる種目は1つもない」ということを改めて思い知ったわけだが、はたして本番のリオ五輪ではどんな展開が待っているのだろうか。
想像しただけで酸っぱいものがこみ上げる私であった。

d0224762_1274982.jpg

最後の鉄棒はとりわけ落下が相次ぎ、場内もザワザワと落ち着かない雰囲気になっている。
そこに登場したのが、今大会唯一この種目にエントリーしてきた内村航平選手。
なんとこれまでより構成を上げ、しかし実施は相変わらず美しく、途中小さなミスは出たものの、着地もほぼ決めてきた!

・・・・・・シビれるわぁ❤(惚)

「やっぱ最後はメンタルだね」と、観客席でお気楽につぶやく体操ファン(私ですが)
何はともあれ、団体に選ばれた5人の皆さん、リオではどうぞがんばってください。
つか頼むから落ちないでッ!(切望)

*****************

junkoさんにもらっちゃった♪

d0224762_1283210.jpg

個人的に、このサイズのタオルハンカチは一番使い勝手がいいと思う。
ミナリバティのバイアスも可愛いな~❤

「うきはの山茶」シリーズは、以前から紅茶が好きでよく飲んでいる。
香ばしい系の紅茶同様、ほうじ茶もかなり香ばしく、しかしそれだけではない謎の旨味成分(って何)が含まれているらしく、大変おいしかった。
junkoさん、いつもありがとう~♪

紅茶といえば、「日東紅茶 Daily Club 4 Selection Pack」のウバがすばらしい。

d0224762_1291356.jpg

ティーバッグのセットにはアールグレイが入っていることが多いが、これはダージリン、ウバ、アッサム、ディンブラの詰め合わせ。
お値段はティーバッグが各5個、合計20個入って¥350ちょい。安っ。
で、早速ウバを飲んでみたところ・・・・・・うまいじゃん!
ウバ特有のメントールの香りが効いていて、ティーバッグとは思えないおいしさ。
以前から抱いていた「日東紅茶はウバが得意」疑惑(疑惑?)が、これでますます深まった。

惜しむらくは、ダージリン以外はセット販売のみなので、5個のウバ飲みたさに1箱買っては残り15個をせっせと消費しなければならないこと(注:ほかがイケてないわけではありません)
ウバ単独で売ってくれたら、在庫が尽きるまで買う気満々なのにぃ。
何とかご検討いただけないものだろうか(誰に言ってる)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-06-08 12:29 | 御宅 | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie