Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

スリットプルオーバー

夏のカットソーを縫いました。
※追記しました
d0224762_1494325.jpg


パターン: 中野ユカリ「ちょっとよそ行き」 スリットプルオーバー
布: Wildberry シルケットハイゲージスムース 白

このカットソーの特徴は、脇線ではなく肩線の途中から袖口(=スリット)になっているところ。
初めて本を見た時は、「イカのカットソーにそっくりじゃん!」と驚いた。
もちろん細部のデザインは違うのだが、袖口が肩線上にあるのはどちらも同じ。
自分の知る限りソーイング本で見るのは初めてで、イカとの違いを検証するべく縫ってみることにした。

イカのカットソーは既製品をテケトーに写してテケトーに縫ったもの。
前後身頃1枚のワンパターンで、衿ぐりだけあきを変えてある。
今回は前後2枚のパターンが載っていたが、写したものを重ねてみたら衿ぐりの形が違うだけで(前:ラウンドネック、後ろ:浅いVネック)、身頃は同じ形だった。

d0224762_149534.jpg


衿ぐりは布帛バイアスで処理する仕様になっていたが、リバティのバイアステープだと表側に透けるし白いバイアステープも持ってないので、共布でテケトーにパイピング処理した(Vネックが歪んでもうた・・・)
裾はゴムではなく共布リブ。
カジュアルなイカのカットソーに比べ、キレイめな印象である。

d0224762_14103494.jpg


パターンを比較したところ。
イカの方が着丈は長めで、肩も含めて全体が直線的。
またリブがないぶん、脇線の傾斜はなだらか。
「イカのカットソー」と名付けたのは見た目がカクカクしてイカのエンペラみたいだったからだが、丸みがあって裾がキュッとすぼまった今回のパターンは、さしずめタコといったところか。

d0224762_14101315.jpg


というわけで、「タコのカットソー」と命名しました(おい)

*****************

<その後のタコ>

「肩線の一部が袖口」という点は共通のイカ&タコだが、大きく異なるのが袖口のスリットの広さ。
タコはスリットが広いので、出来上がって着てみたら脇下から中身が丸見えだった(汗)
一方、イカはスリットが狭いので、着ると中はほとんど見えない。
考えてみれば当たり前の話で、パターン(袖の合印)見た時点で気がつけよ、てなもんだが、そこで気がつくぐらいなら苦労はしない(開き直り)

d0224762_14104266.jpg


ともかく、このクソ暑い中1枚で着られないのでは意味がない。
最初は広く開いたスリットを一部ちくちく縫い閉じてみたが(左写真)、平置きならともかく着るとものすごく不自然。
そこで肩~脇線をテケトーに削ってみたところ(右写真)、削ったぶんだけスリットも狭くなり、めでたく中も見えなくなった。
着た感じも悪くない。

というわけで、タコからイカに若干改造することで無事着られるようになったのだった。
ニットはこういう時ちゃちゃっと修正できるから便利だな~。

両方作ってみて思った、それぞれのいいところ。
・イカ:スリットの幅と身頃のライン
・タコ:丸みのある肩線と裾のリブ

今回使ったスムースは滑らかで光沢があり、それでいてスムースにありがちな「ボテッと」感はなく、パターンとも相まってなかなか品のいい1枚に仕上がった。
何だかんだで気に入ったので、次はイカとタコを合体させた新種(珍種?)で作ってみようかと考えている。

<追記>
スリットプルオーバーを作った某様によると、着用時は「腕を水平にするとチラリと見える程度」だそうです。
というわけで、ノーマル体型の皆様はどうぞ安心して(?)お作りください。
以前から薄い薄いと言ってきたけれど、ほんと薄~い平目体型なんだなぁと、改めて自覚しました。
ハハ・・・ハ・・・(うつろ)


*******************

以前旅行で行った関市に、西日本豪雨の義援金としてふるさと納税したところ、お礼にミニミニはさみが送られてきた。

d0224762_14105135.jpg


返礼品不要設定のはずだが、「日本一の刃物のまち」からのお礼だそうで、ありがたく頂戴することに。
めっちゃ小さいのにちゃんと切れるので、旅行の時に持って行こうっと♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-08-15 14:33 | ソーイング(服) | Comments(2)

森と湖の国4

ヘルシンキでは普通に観光したりデザインディストリクト(北欧デザインの旬なお店が集中しているエリア)を歩き回ったりもしたが、個人的にツボだったのは蚤の市とセカンドハンドショップである。

d0224762_14365178.jpg

ヒエタラハティの蚤の市は、日本人観光客にも人気のマーケット。
旅行中日本人とすれ違うことはほとんどなかったが、こことマリメッコ本社だけは例外で、買い付けと思われるトランク持参の人もいた。
デザイナーやプロダクト名にはとんと疎い自分も、「あ、あれ見たことある!」「む、これカワイ~❤」の連続で、テンション上がりっぱなしだった。

d0224762_14371082.jpg

よさげな店はいろいろあったが、なかでも直球ど真ん中だったのがこのお店(花瓶とグラスを購入)
旦那さん(店主)と奥さん(お手伝い)の2人で夏場だけ趣味でやっているお店だそうだが、商品のセレクトがすばらしい。
当日は頭に血がのぼりすぎていたらしく、いろいろ見たはずが断片的な記憶しかない。
次に行く機会があったらどっしり腰を据えて(迷惑)、1個1個じっくり吟味したい。

ちなみに蚤の市はもう1つ、Valtteriという室内マーケットもあると聞いていたが、行ってみたけどどこにもそんな気配はなく、数年前に再開発のため閉鎖されたことが後からわかった。しょぼん。

蚤の市も楽しいが、セカンドハンドショップも楽水~♪
古い品を扱うお店はちょこちょこあるものの、「アンティーク」「ヴィンテージ」「コレクター」的な品揃えのお店になると、お値段もそれなり。
しかし同じ(ように見える)商品でも、もう少し気安いセコハン的なお店だと、これがずいぶんお安かったりする。

d0224762_14381191.jpg

マグカップを買ったのもそんなお店の1つで、近所の人が不用品を委託販売しているためお値段も抑えめらしい。
相場のことはさっぱりな自分でも、ヒエタラハティの蚤の市の後でここに来るとその差は明らか。
思わず店内にいた2人組の日本人旅行者に「ここ安いですよねー! びっくりですよねー!!」と、馴れ馴れしく話しかけてしまった(笑)

「近所の人が不用品を持ち寄った」的なお店はハメーンリンナにもあって、こちらはより玉石混交というか、リサイクルショップに近い感じだった。
しかしフィンランド人にはガラクタでも日本人にはお宝かもしれず、「掘り出し物はいねが~」とあれこれ物色するのはめっちゃ楽しそう。
次にフィンランドに行った時は観光は最低限で済ませて(え?)、こういうお店ばかり見て回りたい!と思う私であった。

d0224762_1439619.jpg

ヘルシンキから高速バスで1時間のポルヴォーは、中世の面影を残す旧市街が人気の古都。
「旧市街にはアンティークショップも多い」とガイドブックに書いてあったものの、特に期待もせず観光目的で行ったら、これが予想外の充実っぷりだった。
小さなエリア内にぽつぽつあるお店はどこも驚くほど品揃えが豊富で、しかもヘルシンキに比べて全体的にお安め(たぶん)
ポルヴォー自体いいところだったけど、お店巡りをするためだけにまた来たい!と思うほどだった。

d0224762_14393126.jpg

特に、川沿いの赤レンガ倉庫群でおじいさんが1人でやっていたお店(ティーカップを購入)はあまりにもツボすぎて、今思い出しても胸が苦しくなる(何のこっちゃ)
英語が堪能なフィンランド人が多い中、おじいさんはそうでもないらしく、花瓶のようなうつわのような気になる陶器があったので、「これは何に使うものですか?」と聞いたところ、百科事典ぐらいブ厚くて年季の入った芬英辞典を取り出し、指差した先には「Sugar pot」の文字が。
「オーーー、シュガーポット!」「イエス、シュガーポット!」と、アナログな日芬間コミュニケーションが成立した瞬間であった(笑)

d0224762_14395776.jpg

帰国前、現地で買った割れものを梱包したところ。
今回はスーツケースをレンタルしたのだが、「大は小を兼ねるはず」とLサイズにしたらデカすぎて、片面はガラ空き、もう片面も2/3ぐらいまでしか埋まらない。

d0224762_14401135.jpg

苦肉の策で昔VHSテープを収納するのに使っていた組み立て式プラスチックケースを入れてみたら、空きスペースにうまいこと収まるではないか。
そこで、行きはこの中にガムテープやプチプチ、新聞紙を詰め、帰りはこれらで梱包した割れ物を入れて、無事無傷で持って帰ってくることができた(結局スーツケースの片面はガラ空きのまま)
単にプチプチで包むより安心だし、使わない時はたためるし、我ながらいいこと思いついたな~と自画自賛。
次回(っていつよ)もこの方法にしようっと。

d0224762_14403368.jpg

ちなみに、街歩きがてらソーイング関係のお店も探したが、手芸店はいくつかあったものの、縫い物より編み物が人気らしく、ボタンなどの副資材はあっても布はなし。
ミシン屋さんらしきお店(定休日だった)はあったし、マリメッコのようなテキスタイル店はあるのだが、無地のリネンとかコットンとか、ごく普通の服地用生地はまったく見かけなかった。
本屋さんでは少ないながらソーイング本も置いてあり、その中には月居良子さんの本@フィンランド語版もあったので、それなりにソーイング愛好者はいると思うのだが、皆さんどこで布を買っているのでせう?

d0224762_14411073.jpg

フィンランドの人は総じてあたりが柔らかく親切で、私もずいぶん助けてもらった。
治安もいいので気が緩みまくって、最後の方は「もっと緊張感をもたねば!」と己を戒めたほど。
次に行く機会があったら、セコハン&リサイクルショップ巡りして、森と湖の本場(?)カレリア地方を旅してみたいなあ。

というわけで、フィンランド旅行記はこれで終わりです。
長々とおつきあいいただき、ありがとうございました!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-08-02 14:56 | | Comments(2)

森と湖の国3

d0224762_1230448.jpg

一部の皆様(笑)お待たせしました、現地で買ったものいろいろです。

d0224762_12215778.jpg

ヒエタラハティの蚤の市で買った花瓶(アラビア)。
カイ・フランクのデザインで、1949~64年に製造販売されたものらしい(たぶん)
昔の食器や雑貨の中にはこういう日本の民藝を思わせるものがぽつぽつあって、目を惹かれた。

d0224762_12223628.jpg

同じく蚤の市で買ったグラス(イッタラ?)。
麦茶や梅ジュースをこれで飲んだらおいしそうだな~、と一目惚れ。
デザイナーはヘイッキ・オルヴォラ(Heikki Orvola)という人で、後で調べたらガラスのキャンドルホルダーとか細密画みたいな絵柄の食器とか、あとティーマ(TEEMA)の四角いお皿もこの人のデザイン???、見たことあるプロダクトが結構あって驚いた。
ネットで見ると1970年代の製品らしいが、この色は市場にはもうほとんど出回っていない希少品である(と店主のおじさんが言っていた)

d0224762_12434674.jpg

ヘルシンキのセカンドハンド店で買ったマグカップ(アラビア)。
青地に取っ手周りだけ白く抜いてあり、フィンランドの国旗を思わせるところが気に入った。
Academy of Finlandという教育財団(かな?)のロゴ入りで、何かのノベルティとして作ったものだろうか。

d0224762_12234249.jpg

アラビア社の製品は底の刻印(バックスタンプ)を見れば大体の製造年がわかるそうで、これは1981~2014年のどこかで製造されたものらしい。

d0224762_12302865.jpg

ヘルシンキからバスで1時間、古都ポルヴォーのセカンドハンド店で買ったティーカップ(アラビア)。
刻印などから判断するに、カイ・フランクがデザインし1953~74年に製造販売された、キルタ(KILTA)シリーズと思われる。

d0224762_12242924.jpg

ちなみに、刻印のかまぼこみたいな枠にキャセロールが入っている絵柄は、「オーブン可」という意味らしい。オーブンに入れる予定ないけど。
キルタは現在のティーマの前身となったシリーズで、シャープなティーマに比べどこかぼってりと素朴な印象がある。
本来はソーサーとセットなのかもしれず、カップだけだからか1つ8€というお安さで、これを見つけた時はこみ上げる喜びが顔に出ないよう、平静を装うのに苦労した(笑)

d0224762_12244819.jpg

フィンレイソンのムーミンシリーズのタオル。
こうして見ると、リトルミイって元祖「不機嫌顔の女の子」だなぁ。

d0224762_12465665.jpg

ムーミンショップで買ったチャームいろいろ。
ちっこいのはファスナーのスライダーに付ける予定。

d0224762_1247482.jpg

ムーミンのお菓子詰め合わせセット。
さすが本場、ムーミン関連商品はいろんなお店で売っていて、特にムーミンファンというわけではない自分でも、見ているとあれこれ欲しくなってくるから不思議である。
ムーミン・・・・・・恐ろしいカバ!

d0224762_12254076.jpg

マリメッコ本社訪問記念(?)に買ったハギレ。
ハギレは量り売りで、これはランチョンマットが2枚作れるぐらいの大きさで1€ちょいだった(安っ)
ハギレコーナーは思ったより量が少なく、開店直後に直行したらもっとあったのかもしれない(日本人プロ?旅行者はいち早く駆けつけ物色していた模様)

d0224762_12471551.jpg

日本にもお店があるせいか、マリメッコは布も服も現行品にはあまり物欲がわかず、むしろ社員食堂で食欲がわきました(笑)

d0224762_12264979.jpg

ライ麦パンがおいしかったので、ライ麦スナックを買ってみた。

d0224762_12272594.jpg

丸い方はくぼみにチーズやポテトを入れてカナッペとして食べる用らしいが(リッツみたいなもん?)、これだけでもおいしい。

d0224762_12333523.jpg

※蚤の市で買い物した際、オマケにくれました

パリ旅行時のメモを今見ると、毎日ばかすか買い物していて我ながらびっくりだが、最近じゃ物欲もすっかり落ち着いたせいか、デザイン王国フィンランドに行ったというのに財布の紐の固いこと、逆の意味でびっくりだ。
しかし、ティーカップと花瓶は長年「欲しいものリスト」に載っていながら気に入ったものがなく買わずじまいだったので、今回好みのものが見つかって大喜び。
カップやグラスはすでに毎日使っていて、見るたびにニンマリしている。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-07-25 12:50 | | Comments(2)

森と湖の国2

今回の旅では、シベリウスゆかりの場所も2カ所訪れた。

d0224762_12553364.jpg

1つは生家、もう1つは人生の大半を過ごした自邸で、生家はヘルシンキからインターシティで約1時間のハメーンリンナ、自邸はヘルシンキ近郊のアイノラにある。

d0224762_13271588.jpg

フレーニさんいわく「シベリウス=マフィア顔」(笑)
若い時はそうでもないような。

d0224762_1454819.jpg

といっても最初から予定していたわけではなく、別の目的で行ったハメーンリンナに生家もあったので、ついでに見とくか~ぐらいの軽い気もちだった。
日本語のパンフレットがあったので購入、帰りの列車でつらつら眺めていたら、作曲家となってから亡くなるまでの50年間はアイノラに住んでいたとある。
「ふーん、そうなんだ。アイノラってどこにあるんだろ。遠いのかな」と思っていたら、まさにそのアイノラに列車(ローカル線)が停車(笑)
後でいろいろ調べたところ、シベリウス邸は今は記念館になっていて、夏期のみ一般公開されていることがわかった。

d0224762_1451961.jpg

そこまで言うなら(言われてないけど)行ってみるか~というわけで、日を改めてまたローカル線に乗りアイノラへ。

d0224762_12594043.jpg

d0224762_1314235.jpg

アイノラは無人駅で、記念館は駅からとことこ歩いて20分ののどかな田園地帯にある。

d0224762_1443121.jpg

ほとんど森みたいな広~い敷地内には、母屋のほかにサウナ小屋、シベリウスと妻アイノが眠るお墓などがあり、森の中をしばらく歩くと敷地の端っこ、少し視界が開けた場所に出る。

d0224762_13121912.jpg

パンフレットがフィンランド語のためさっぱりわからないが(Temppeliは「寺」「神殿」などの意味らしい)、写真から想像するに、シベリウスは日々ここから森や湖を眺めては作品の構想を練ったのではないだろうか(ホントかいな)

・・・・・・などと妄想しながら「悲しきワルツ」を口ずさむ(うろ覚え)、絶対音感ゼロの女。
ズンチャッチャ、ズンチャッチャ~♪(全然違)

d0224762_13132474.jpg

写真は併設のカフェで食べた激甘ケーキ、ヤンネ(シベリウスの幼少時代の愛称)。
外側の白い皮は砂糖の塊で、歯が溶けるんじゃ!?というぐらい甘かった。

d0224762_13134974.jpg

さて、もともとハメーンリンナに行ったのは、郊外にあるアウランコ自然公園を歩きたかったから。
フィンランドに行ったからには森と湖っぽい風景を見てみたいと思い、ヘルシンキから日帰りで行ける場所のうち、いちばんよさそうなのがここだった。

d0224762_1461328.jpg

19世紀にとある実業家が個人で造営した人工の公園だそうだが、言われなければわからないぐらい鬱蒼とした森が広がっている。
1周3kmの車道のほか、自然遊歩道や馬道なども整備され、あちこち歩き回ったら1日楽しめそうだ。

d0224762_1485456.jpg

入口から30分ほど歩いたところに高さ33メートルの展望タワーがあり、「絶景が臨める」とガイドブックに書いてあったので、がんばってらせん階段を上がっていくと・・・・・・

d0224762_1424588.jpg

森と湖、キターーーッ!(喜)

d0224762_13145013.jpg

音楽の教科書に載っていた写真はもはやよく覚えていないけど、自分の中の「森と湖」はまさにこんなイメージ。
公園の造成が始まったのが1883年、シベリウスは65年生まれで85年にはヘルシンキに引っ越しているので、果たしてこの展望タワーに上る機会があったかどうか。
しかし眼下に広がる森と湖を眺めていると、この風景を見て「フィンランディア」を作曲したんじゃなかろうかと思えてくる。

チャララ チャ~ララ チャ~ララチャラララ チャッララ~♪(音痴)

d0224762_1339457.jpg

アウランコや生家のほかにも、ハメーンリンナには見どころが多い。
町中にはWetterhoffという手工芸の専門学校があり、手工芸材料や卒業生の作品を販売する売店、ギャラリー、カフェなどは、一般の人も利用することができる。
また町の外れに建つハメ城(ハメーンリンナは「ハメ族の城」という意味)は、フィンランド3大古城の1つ。
「ちょっと見るだけ」のつもりで行ったら姫路城レベルのガチなお城で、すでに夕方近くヘロヘロだったおのれの体に鞭打って、必死で見て回りました(笑)

午前中割と早い時間に着いたものの、森を歩いて売店見てカフェで食事して生家を見学した後は城に行き教会も見て、とやっていたら、あっという間に夕方(ヨロ・・・)
ハメーンリンナの少し先にはガラス製品で有名なイッタラ村があり、行けたら行こうかな~と思っていたが、列車が2時間に1本しかなく、日帰りで両方行くのは到底無理なことがわかった。

d0224762_13175747.jpg

それでなくても列車やバスの発車時刻、お店や施設の開館時間を常に気にしながらの町歩きで、せわしないったらない(全部見たい日本人)
機会があったら今度はハメーンリンナに泊まって、ゆっくり回ってみたいものだ。

・・・・・・さくっとまとめるつもりがどんどこ長くなってきたので、次回に続きます(え?)


拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-07-18 13:42 | | Comments(6)

森と湖の国1

フィンランドに行ってきました。
d0224762_12465559.jpg


フィンランドに興味をもったのははるか昔、高校生の時@20世紀。
音楽の授業でシベリウスの「フィンランディア」を聴き、衝撃を受けたのが最初である。
教科書には彼の地の風景写真が載っていて、「森と湖の国フィンランド」というキャプションがついていた。
当時絶賛ひねくれJKだった自分(笑)もフィンランディアは素直にいいなあと感じ、森と湖が広がる様を妄想しながら、「いつか行ってみたい」と思ったのだった。

d0224762_1247726.jpg

あれからウン十年、行こうと思えばいつでも行けたのに、「北欧は物価が高いから老後にまとめてツアーで行けばよい」という謎の理屈で行かずじまいになっていた。
しかしよく考えたら、これから先物価が上がることはあっても下がることはないわけで、とっとと行った方がむしろいいんじゃね?ということに今さら気づき(遅っ)、重い腰を上げた次第である。

d0224762_12482398.jpg

飛行機はお約束のフィンエアー❤・・・のつもりが、JALで予約したら行きは共同就航便でフィンエアーだったものの、帰りはフツーのJALだった(当り前?)
まあでも、フィンエアーは備品こそマリメッコ柄(Iso Kivet)で旅気分がアガったが、食事はかなり質素シンプルだったので、行きだけでちょうどよかったかも。

d0224762_1249063.jpg

今回は全日程(7日間)ヘルシンキに滞在。
ネットを見てよさそうなアパートメントホテルを予約したのだが、これが大当たりだった。
中庭に面したアパートの一部がホテルとして使われていて、ドアを開けると正面にバスルームがあり、右側がキッチン、左側がベッドルームという構成。

d0224762_12544613.jpg

以前パリで滞在した短期アパートはいろんな意味でレトロで、今回も大して期待していなかったのだが、これが広いわ明るいわ静かだわ、おまけに備品全般揃ってて快適だわで、予想をはるかに上回るすばらしさ。
ヘルハウスからパラドールまで今までいろんなホテルに泊まったが、お気楽かつ快適という点で今回のホテルはトップ3に入るぐらい気に入った。

d0224762_1250213.jpg

フル装備のキッチンもあることだし、ランチ以外は部屋でテケトーに食べていた。
近くにストックマンという日本の高島屋みたいなデパートがあり、地下が巨大スーパー&デリになっていて、パン1個、ハム1枚からグラム単位で買うことができる。
量り売りはどのスーパーにもあったが、ストックマンはさすがの品質と品揃えで、その割にお値段はあまり変わらないので、ほぼ毎日おかずを買いに通い詰めていた。

d0224762_12503480.jpg

毎日食べてた朝&晩ごはん。
この中で自分で調理したのは、ゆで卵とほうれん草のソテーのみ。
旅行程度なら日本食が恋しくなることもなく、ゆで卵さえあればご機嫌なので(子どもか)、日本からおいしい塩と、あとはサラダ用に個包装のオリーブ油を持参した。
フィンランドは乳製品がおいしいと聞いたので、ふだんはあまり食べないチーズ・ヨーグルト・バターも毎食がっつり摂取。

d0224762_12505255.jpg

デリで「なんか海藻みたいなの売ってるな」と思ったら、まさに茎わかめだった件(左写真)
試しに買ってみたら、茎わかめとにんじんを炒めて甘じょっぱく味つけしたもので、このままごはんのおかずになりそうなお惣菜だった。
商品として売っているということは、それだけ需要があるのだろうか。
隣がキムチだったので、韓国発のお惣菜なのかもしれない。
また「わかさぎの唐揚げみたいだな」と買ってみた小魚のフリット(右写真)は、実際わかさぎの唐揚げみたいな味だった。これおいしー!

d0224762_12512397.jpg

自分的ヒットだったのが、ヒゲのお兄さんが目印のライ麦パン。
どこにでも売っている(しかも安い)袋入りのパンなのだが、軽くトーストしてバターを塗って食べると、これがうまい!
ほのかな酸味と塩気、香ばしさが三位一体となって、いつまでもはむはむと噛みしめていたくなるよな味わいがある。
薄くて真ん中から2つに分かれるところを見ると、オープンサンド用のパンなのかも。

d0224762_12513748.jpg

パンといえば、フィンランドのパンは全般的に生地がもっちりしていて噛みごたえがあるのだが、カフェの定番メニュー、シナモンロールも例外ではない。
軽い菓子パンを想像していたら噛みごたえありまくりで、サイズも大きいので、これだけで結構お腹いっぱいになる。
お店によってはソフトタイプもあるようだが、自分が食べた限りでは、日本のシナモンロールが博多うどんならフィンランドのそれは讃岐うどん、というぐらいずっしりハードなパンだった。

d0224762_12522096.jpg

渡航前は何しろ物価が高い、特に外食代が高いと聞いていたフィンランドだが、ちゃんとしたレストランはいざ知らず、カフェのランチは10~15€ぐらいで、サラダビュッフェやスープブッフェなどブッフェ形式のところも多く、むしろリーズナブルな値段でお腹いっぱい食べられる印象を受けた。

d0224762_12523463.jpg

写真はマリメッコ本社の社員食堂で食べたランチ。
ビュッフェ形式でサラダと温かいお惣菜、スープ(この日は具だくさんのホワイトシチュー)、パンいろいろ(バター、アボカドのディップつき)、飲み物、それにデザートまでついて11€というのは、かなりお得ではないだろうか。
ちなみに、真上からの写真しかないのでわかりにくいが、食器もナプキンもマリメッコ柄。
11時を過ぎると社員の皆さんが続々とやって来て(早くね?)、なかにはマリメッコファッションをおされに着こなしたお姉さんもおり、ちらちら見学しながらの食事はなかなか楽しい時間であった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-07-11 13:03 | | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie