人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

うずしお

徳島に行ってきました。

d0224762_1405791.jpg

今回の旅のミッションは「鳴門の渦潮を見る」。
これまで渦潮というのは1日24時間&1年365日ぐるぐる渦巻いてるもんだと思っていたが、どうやら違うらしい。
見頃は「満月or新月の前後数日」かつ「干潮or満潮の時間帯」で、特に春の大潮の時期がベストシーズンなんだそう。知らなんだー。
そこでまずは満月当日&干潮時の観測船を予約し、それに合わせて航空券とホテルを手配、満を持して(?)徳島へ乗り込んだのだった。

d0224762_1411942.jpg

予約したアクアエディは定員46名の小型水中観測船で、船室のガラス窓越しに水中の様子を観察できるのが売り。
「おもしろそー」と軽いノリで乗船したまではよかったが、小型なだけにどんぶらこ揺れまくり、みるみる顔面蒼白に(私が)
おまけに船内はUボート並みに暗くて狭く、至近距離でぐるぐる渦巻きノースキャロライナ(意味不明)を見ていたら、気分はすっかりなると巻き(=目が回って吐きそう)
そういう客は少なくないのだろう、窓の脇には黒いゲロゲロ袋がどっさりぶら下げてあった(写真撮る余裕なし)
幸い使う羽目にはならなかったものの、一瞬朝ごはん@ホテルで食べた塩シャケが頭をよぎり、冷汗をかいたのだった。あぶねー。

d0224762_1423460.jpg

下船後は鳴門公園にある「渦の道」へ。
渦の道は大鳴門橋の車道下に設置された全長450mの海上遊歩道で、床にはめ込まれたガラスから渦潮を見下ろすことができる。

d0224762_1425679.jpg

眼下では観光船が入れ代わり立ち代わりやって来て、その中には自分が乗ったアクアエディも。
デッキにまだ誰も出ていないところを見ると、今頃皆さん船内でこみ上げている最中に違いない(邪笑)

d0224762_1132243.jpg

ランチは公園内の千畳敷展望台にあるお店で、鯛の洗い定食with鯛めしを食べた。
お土産屋さんや食堂が集まるいかにも観光地的なエリアゆえ、あまり期待していなかったのだが、洗いがコリッコリで「何これおいしーい!」(はむはむ)

d0224762_1435358.jpg

すっかり機嫌がよくなったところで、お約束(?)の鳴門わかめも購入した。
ちなみに、右の昆布は徳島市内のスーパーで買ったもの。
鳴門といえばわかめだし、別に昆布はいらないのだが、「激流」まで言われて買わずにいられようか。

この日は夕方徳島市に戻ってきて、夕食までまだ時間があったので駅前で自転車をレンタルし、繁華街と称される一帯をキコキコ走り回っていたら・・・・・・む、こ、これは・・・・・・!

d0224762_1411579.jpg

たまたま入り込んだ細い道沿いに、布屋さんが数軒並んでいるではないか。
あいにく日曜日でどこも閉まっていたが、近くにはリフォームやテイラーのお店もあり、もしやここは徳島の日暮里繊維街!?
また反対側の少し広い通りには、「〇△繊維」的社名のビルが立ち並び、呉服店もちらほら。
こちらは既製服やタオルなどの卸が集まるエリアらしく、さしずめ徳島の馬喰町問屋街!?

d0224762_14445459.jpg

翌日の昼間はうだつの町並みで有名な美馬市脇町に行き、徳島市に戻ってきたのは3時すぎ。
そこから再び自転車をレンタルして、今回は一路布屋さんめざしてレッツラゴー!

d0224762_14325473.jpg

※撮影許可はいただいています

営業していた布屋さんは3軒あって、いずれも個人経営のお店ぽい。
お店ごとに品揃えが違うので見て回るだけで楽しく、また反物はもちろん着分のカットクロスもあって、これがまた宝探しみたいで楽しい♪

d0224762_1454023.jpg

お店の人の話では、昔は道沿いに10数軒の布屋さんが並び、まさに日暮里繊維街のようだったらしい。
それでも街中に一般向けの布屋さんが3軒、それもチェーン店ではなく個人商店が固まってあるところなんて、なかなかないんじゃなかろうか。

d0224762_14125468.jpg

このほか馬喰町(違)にも1軒、品揃え豊富な布屋さんがあり、もしも徳島に住むことになっても、このエリアに来れば布の調達には困らなさそうだ。

d0224762_14131436.jpg

興奮してつい買ってしまった布たち。
ブルーがワッシャー加工のブロードで(どどーんと3.5m!)、赤はサラサラの綿ニット。
こないだ日暮里繊維街で布を買ったばかりなのに、また買っちゃったよ・・・・・・今年中に縫えるのか!?

d0224762_14141513.jpg

そのほかお土産に買ったもの。
脇町は藍の集散地として栄えた町で、藍染製品もいろいろ売られていたが、このハンカチは模様も何もなく、深~い藍一色のみというシンプルさが気に入った。
インディゴと違って、きちんと染めた藍は洗濯しても色落ちしないんだそう。

d0224762_14143247.jpg

d0224762_14553321.jpg

旅行中に食べたものいろいろ。
のどぐろとトビウオの刺身もおいしかったけど、いっちゃんおいしかったのはやっぱり鯛の洗いかな。

d0224762_14363264.jpg

徳島は仕事で2回来たが、いずれも駅前をうろちょろしたのみ、今回やっとまともに観光できた。
機会があったら、次は春の大潮の時期に渦潮を見たいなあ。
その時は酔い止めに、chocottoさん推奨の梅干しを持参しようっと。
あと次回は是非とも秘境・祖谷で、グラグラ揺れるかずら橋をキャーキャー言いながら渡ってみたい❤

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こちらこそ黒山羊通信(違)をいつも読んでいただき、ありがとうございます❤
ワハハ、わかっていただけましたか。結構前から懸案事項だったのでとっても満足です~
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
Commented by chocotto-san at 2019-06-27 09:24
黒やぎさーん!今回も、めっちゃ、ニヤニヤしながら楽しく読ませていただきました!羽鳥くんのモーニングバードもそっちのけ、です。(その比較、嬉しいのか?)
まず、驚いたのが、鳴門の渦巻きちゃんって、そんなにレアなものなんですね!1度だけ、徳島に渡ったことがありますが、渦巻きちゃん見ることができました!(車で橋を渡ったので、どんぶらこ、はしてない)そっかー、そうだよねー、月の満ち欠けと地球ってやっぱり関係あるんですねー。ふむふむ。 それから、それから、うふふ。「激流と言われて買わずにいられようか」、で笑っちゃったよー。揉まれたコは、強くていいコが多そうだよね!!
徳島に、日暮里繊維街と馬喰町問屋街があるんだねー(^一^)
梅干しの件!!あのあと、間違ったこと言ってないか、ふと不安になって、食養の先生に確認しちゃった。大丈夫!先生のお墨付きです!(笑)。梅干し、持参してね!
Commented by chocotto-san at 2019-06-27 20:40
追伸です* 船酔いの後に、食欲戻ってよかった、よかった(笑)。今回もたくさんの美味しい写真♬
Commented by kuroyagie at 2019-06-28 10:55
chocottoさん、こんにちは~

満月・新月以外でも渦は巻いてると思うけど(たぶん)、干潮・満潮以外の時間帯は凪いでるみたいだよ。私が行った時も、干潮終わって満潮までの時間帯は渦がすっかりなくなって、その間は観光船もお休みでした。知らずに来たらガーン!だよね。chocottoさんたちはちょうどいいタイミングで通りかかったのでは?

渦潮にもまれて船が揺れる、という発想が全然なくて、乗船してから真っ青だったよ・・・デッキから見るだけならそうでもないと思うんだけど。しばらく「オエー」だったのが、鯛の洗いで復活しました(←わかりやすいな)。梅エキスもそうだけど、梅のパワーってすごいね。次は忘れずに持って行く!

徳島の日暮里繊維街は手芸屋さんじゃなくて布屋さん、それも個人商店というところがめっちゃ気に入りました。カットクロスとか、探すと結構よさげな布があるの。ネットでお買い物も楽しいけど、実店舗でつらつら見て回るのも楽しいよね~❤
Commented by まるちゃん at 2019-07-01 08:18 x
わーーーーー♪ 大好きな徳島ネタだ♪
渦潮側から入られたんですね^^
私は兵庫県内からなので、いつも瀬戸大橋から入りますが、過去2度ほど渦潮を見に行ったことがありますよ。

うだつの脇町は去年だったかな?行きましたよ。
あそこは藍染めですね。見ましたとも。
私も模様になった藍染め製品はどうも選びきれないんですが、無地はいいですね。

祖谷も大好きで、少し前にも寄りました。祖谷温泉にも泊まったことがあります。かずら橋も勿論渡りました。私は次回祖谷に行く時には奥祖谷に行こうと思っています。

生地屋さんがいくつもあるのは知りませんでしたが、そういえば徳島市内は全然知らないのでした。なかなか渋そうですね^^ 行ったらテンション上がってわちゃわちゃしそうです(笑)
Commented by kuroyagie at 2019-07-01 15:52
まるちゃんさん、こんにちは~

徳島お好きなんですね。たまたまなのか実際そうなのか、私が接した人は皆当たりが柔らかで、今回の旅で徳島に対する好感度が急上昇。徳島弁(?)もちゃんと聞き取れました(笑)。
そうそう、インスタで祖谷の投稿見ましたよ。脇町方面の列車は、終点が祖谷の入り口なんですよね。駅で切符買う時発見して、一瞬「このまま乗ってっちゃおうか」と思いました(笑)。最近は人気観光地みたいですが、私も数日滞在して奥地の秘境(と勝手に想像)に行ってみたいです。

というように行ってみたいところは数あれど、徳島市内ですらバスや電車の本数が少なく、いわんや地方をや。常に帰りの時間を意識しながらの行動で、完全に車社会なんだなあと実感しました。まるちゃんさんのように、車で自由気ままに移動するのが一番ですね。

私も3回目にして市内の概要がやっと掴めたという。生地屋さんは服地が中心で楽しかったですよ~。ああいう街中の個人商店って東京じゃもうほとんど見かけないので、なおさら楽しかったです。機会があったら是非!(住所でいうと徳島市南佐古一番町の界隈です)
Commented by まいちん at 2019-07-01 20:00 x
あーお腹減った。今娘のピアノレッスン中に黒い御殿遊びに来たら、んまそうな写真がたくさん(泣)
今日はカレー作ってきたのに、お口は刺身を要求しておる!うえ〜んうえ〜ん!
たいちょ、お仕事じゃなくて旅行で行ったのけ。布屋さんまで行って楽しそうでいいね!渦潮ぐるぐるは、高所恐怖症だから写真だけでコワイ。
Commented by kuroyagie at 2019-07-02 14:00
まいちん、乙カレー。この調子だと娘ちゃん本選まで進みそうだね!

うんうん、鰈もおいしいよね❤(違) つか、帰りにちょいと例のお魚市場に寄って、お刺身盛り合わせパック買えばいいじゃん! 今の時期だと何がおいしんだろうねぇ(妄想)。

そうそう、今回は旅行で行ったずらよ。期限切れ間近のマイレージがあったので。布屋さんは思わぬ収穫だったわ~。手芸屋さんはあっても、服地屋さんってあまり見かけないし。郊外に徳島繊維卸団地っていうのがあるらしく、そこも気になったな~。

あれまいちん、高所恐怖症だったっけ? 私も普通に高いとこ怖いけど、崖は好きなんだよね~❤ 今まで行った中でいっちゃん好きな崖はアイルランドのモハーの断崖で(以下略)
Commented by まいちん at 2019-07-03 15:27 x
たいちょ!インスタのピアノの方にのせたけど、予選通過したよ。本選さいたまなんだよね、いっそ帝都ならいーのにー。
Commented by kuroyagie at 2019-07-04 12:04
まいちん、そっかそっか2回目の予選通過で本選決定なのね。失礼しました~。娘ちゃんすごいね、おめでとう!

群馬(だったよね?)とかさいたまとか、なかなか帝都にかすらんねえ。こうなったら大宮盆栽園に行くしかない!(笑)
by kuroyagie | 2019-06-26 14:48 | | Comments(9)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie