人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

お直し4

アウトドア用パンツのベルト布を付け替えました。

d0224762_15461646.jpg

このパンツは、南町田にあったグランベリーモールに出店していた、REIというアメリカのアウトドアショップで買ったもの。
薄くてシャカシャカしたナイロン製で、軽くて撥水性があり洗濯してもすぐ乾くので、春~秋の旅行を中心にヘビロテしてきた。

d0224762_15462797.jpg

購入したのはたぶん2000年で、さすがに19年も履いていたらウエスト周りがボロボロになってきた。
そろそろ処分するかと思ったが、改めて見たら本体は特に問題なかったため、ウエストだけ付け替えることにしたのだった。

d0224762_15464098.jpg

布はタックギャザースカートを作った残り。
同じナイロン素材なうえ、たまたま色もぴったりだった。

しかしこの布、アイロンがかけられないうえ折り目もほとんどつかない。
縫う前から「大惨事の悪寒」満々だったのだが、意外や大きくズッコケることもなく、都合4時間ほどで完成した。

d0224762_15472988.jpg

せっかくなので、ラベルもまた付けておいた。
確かにズッコケはしなかったが、裏側は縫い目がヨレヨレだ、ワハハ。

このパンツは自分にはめずらしく若干テーパードなのだが、なぜか似合うので長年愛用してきた。
いくらで買ったかもはや記憶にないが、四半世紀も履けば十分元はとったといえよう。
今回のお直しでさらにあと5年ぐらいは履けそうなので(え)、大変気分がよい。

**************

ちょっと縫い餅が揚がってきたところで、久々に日暮里繊維街に行きました。

d0224762_15475335.jpg

買ったのは手ぬぐい地にナイロン地、ニットのカットクロス、ボタン。
は~~~、やっぱり日暮里は楽しいな!

<御宅のつぶやき>

ロシアのフィギュアスケート選手、ポリーナ・ツルスカヤが引退を発表した。
まだ17歳か~~~若いなぁ。
怪我のこともあっての決断だろうけど、彼女の雄大なディレイドジャンプが大好物だっただけに残念だ。

また、宇野昌磨選手は長年師事したコーチの元を離れ、新たな拠点を探すという。
何となくコーチ変更はしないのかと思っていたので驚いた。よく決断したなぁ。
一体誰のところに行くのだろう。
誰についたとしても新しい宇野選手が見られそうで、来シーズンが楽しみである。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こちらこそいつも読んでくださってありがとうございます❤ のんびり更新ですが、また遊びにきてくださいね~
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
Commented by まいちん at 2019-06-13 16:31 x
たいちょ♥️
ちょっと前の記事のリバティカバー、あたしも同じ生地持ってる!そして罪庫になってる!めちゃ豪華なカバーだな。
お直しの達人のたいちょ、日暮里で買ってきた生地で何作るのかすら。楽しみに期待してる。
Commented by uteomma at 2019-06-14 10:08
あはは、「大惨事の悪寒」わっかるなぁ。ワタスの場合、ほぼその通りになってしまうけど、大丈夫の場合もあるんだね~。このナイロン地、写真だと、C&Sホリディあたりに見える、シャカシャカ感。19年かぁ。先日7、8年着てるリバティ製のオブロングネックプルオーバー(mplパターン)、プリントが色褪せたなぁとしみじみしてたけど、次のステージは、ハンドメイド服のヴィンテージ化!?なんて思ってしまったのであった。私も黒やぎ先生のお直しスピリッツ、感化されよう!まぁ、ハンドメイド物はなかなか捨てられないしね。
やっぱり日暮里でナイロン地!シルバー?何作るのか全然想像つかないところがいいねー(笑)ボタンしゅてき。
Commented by kuroyagie at 2019-06-14 14:34
まいちん、こんにちくわぶ~

そうそう、まいちんも同じリバチー持ってたよね。改めて見るとなかなかいい柄で、一瞬「やっぱ洋服にする?」と思ったけど、んじゃ何作るかと言われると思い浮かばないんだよね~。罪庫にするより豪華なカバーにしちゃる!とハサミを入れましたとさ。

手ぬぐいは端っこ縫って、洗ったお皿を伏せておく用に使ってるよ。1m300円前後で、同じ柄を普通のお店で買うより安いずら!
Commented by kuroyagie at 2019-06-14 14:52
ウテオンマさん、こんにちは~

アイロンで折り目つけて縫っても裏がズッコケること多々なので、一体どんな大惨事になることやら・・・ガクブルと震えてたけど、一応(?)ちゃんと縫えてました、よかった~~~。

このナイロン地、ホリディより若干薄手かな。アウトドア用で通気性があるのか、真夏でも蒸れないし(冬はさぶい)、ヘビロテしてきた割にくたびれ感もなく(たぶん)、こういう生地売ってたらホイホイ買っちゃうのになあ。
ワハハ、ハンドメイド服のヴィンテージ化! プリントが色褪せって、相当着たのねん。天然素材は色褪せしやすそうだけど、質のいいリネンなんかだと結構いい味わいになったりして。

そうそう、シルバー。桃やぎピンクとシルバーでしばし迷って、シルバーを買ってしまった。ムーディなラメラメネイビーとかもあって、危うく手を出しそうになってました(笑)。あぶねー。
Commented by chocotto-san at 2019-06-14 21:00
黒やぎさん、こんばんは! もー、またまた、四半世紀とか言ってるし、泣きそうになった・・・(お腹抱えて・・?違う違う。ものすごーく、大事にものを扱われてるからよ!特に、タグまで縫い合わせていて・・・涙、涙やん・・・)黒やぎさんからは見習うことがいっぱい!最近、涙もろいから、ホント、この精神、見習わねば・・・って思ったよ!
ところで。ところで。 シャカシャカ布、前にも作られてたなぁと思いながら、読み進めてたら、やはりあの布を使われたのね! もしかして、最近、この撥水性の生地のスカートとか流行ってますか?どこか街で見たような・・・。(←「まち」と買いちゃうあたり、田舎者で恥ずかしい・・・)
街で見たとき「あ!黒やぎさんが作ってたのだ!最先端だったんだ!」って思ったところだったの。

ところで!uteさんも書かれてるけど、「大惨事の悪寒」って、すっごく、わかるー(笑)。洋裁あるあるなのかな!!?あちゃーって思いつつも、最終印籠を渡されるまでは、その悪寒を感じつつ、縫い進める感じとか、ものすごく心当たりがあって、笑っちゃった。
でも、今回は、うまくできてよかったですね♬♬

思わず、自分服で、「お直し」ないか〜と思ったんだけど、実は、めっちゃ、見せられないものを、せっせとお直ししていたのだった。 それは・・・(次回に続く)(ウソ。)

冷えとりの靴下、せっせと、ツギハギしてまーす!! ブログに載せたら、クレームわんさか来そうで怖くて載せられない・・・(笑)
Commented by kuroyagie at 2019-06-18 16:30
chocottoさん、こんにちは~

このパンツ、大のお気に入りなの。買えるものなら新しく購入したいんだけど、何しろ四半世紀前のブツだからねえ。しかしあれだけヘビロテして本体は無傷って、すごくない!? 改めて「いい買い物したぜ!自分グッジョブ!!」と自画自賛したよ(そこか)。

最近、アウトドアブランドでおされな日常着を出してるところが増えてきたような(たぶん)。機能性素材を使ってるから雨風に強そうだし、旅行にもよさそう、というわけで、ついフラフラとお店に入ってしまいます。

「最終印籠を渡されるまでは、その悪寒を感じつつ、縫い進める」って、そうそうまさにそれ! 「もしかしたらうまいこと着地できるかもしれない」と一縷の望みを抱きつつ縫い進め、大抵はすっ転んで終わるという(笑)。今回は奇跡的に1回で縫えた~~~るん♪

見せられないものをお直しって何だろ。あ、次回に続くのね。うんうん、いつまでも待ってます(←プレッシャー)。冷えとり靴下、私なんて破れたとこつまんで波縫いして終わりだよー。なので、繕うたびにだんだん小さくなっていく(笑)。
by kuroyagie | 2019-06-13 15:50 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie