Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

スリットプルオーバー

夏のカットソーを縫いました。
※追記しました
d0224762_1494325.jpg


パターン: 中野ユカリ「ちょっとよそ行き」 スリットプルオーバー
布: Wildberry シルケットハイゲージスムース 白

このカットソーの特徴は、脇線ではなく肩線の途中から袖口(=スリット)になっているところ。
初めて本を見た時は、「イカのカットソーにそっくりじゃん!」と驚いた。
もちろん細部のデザインは違うのだが、袖口が肩線上にあるのはどちらも同じ。
自分の知る限りソーイング本で見るのは初めてで、イカとの違いを検証するべく縫ってみることにした。

イカのカットソーは既製品をテケトーに写してテケトーに縫ったもの。
前後身頃1枚のワンパターンで、衿ぐりだけあきを変えてある。
今回は前後2枚のパターンが載っていたが、写したものを重ねてみたら衿ぐりの形が違うだけで(前:ラウンドネック、後ろ:浅いVネック)、身頃は同じ形だった。

d0224762_149534.jpg


衿ぐりは布帛バイアスで処理する仕様になっていたが、リバティのバイアステープだと表側に透けるし白いバイアステープも持ってないので、共布でテケトーにパイピング処理した(Vネックが歪んでもうた・・・)
裾はゴムではなく共布リブ。
カジュアルなイカのカットソーに比べ、キレイめな印象である。

d0224762_14103494.jpg


パターンを比較したところ。
イカの方が着丈は長めで、肩も含めて全体が直線的。
またリブがないぶん、脇線の傾斜はなだらか。
「イカのカットソー」と名付けたのは見た目がカクカクしてイカのエンペラみたいだったからだが、丸みがあって裾がキュッとすぼまった今回のパターンは、さしずめタコといったところか。

d0224762_14101315.jpg


というわけで、「タコのカットソー」と命名しました(おい)

*****************

<その後のタコ>

「肩線の一部が袖口」という点は共通のイカ&タコだが、大きく異なるのが袖口のスリットの広さ。
タコはスリットが広いので、出来上がって着てみたら脇下から中身が丸見えだった(汗)
一方、イカはスリットが狭いので、着ると中はほとんど見えない。
考えてみれば当たり前の話で、パターン(袖の合印)見た時点で気がつけよ、てなもんだが、そこで気がつくぐらいなら苦労はしない(開き直り)

d0224762_14104266.jpg


ともかく、このクソ暑い中1枚で着られないのでは意味がない。
最初は広く開いたスリットを一部ちくちく縫い閉じてみたが(左写真)、平置きならともかく着るとものすごく不自然。
そこで肩~脇線をテケトーに削ってみたところ(右写真)、削ったぶんだけスリットも狭くなり、めでたく中も見えなくなった。
着た感じも悪くない。

というわけで、タコからイカに若干改造することで無事着られるようになったのだった。
ニットはこういう時ちゃちゃっと修正できるから便利だな~。

両方作ってみて思った、それぞれのいいところ。
・イカ:スリットの幅と身頃のライン
・タコ:丸みのある肩線と裾のリブ

今回使ったスムースは滑らかで光沢があり、それでいてスムースにありがちな「ボテッと」感はなく、パターンとも相まってなかなか品のいい1枚に仕上がった。
何だかんだで気に入ったので、次はイカとタコを合体させた新種(珍種?)で作ってみようかと考えている。

<追記>
スリットプルオーバーを作った某様によると、着用時は「腕を水平にするとチラリと見える程度」だそうです。
というわけで、ノーマル体型の皆様はどうぞ安心して(?)お作りください。
以前から薄い薄いと言ってきたけれど、ほんと薄~い平目体型なんだなぁと、改めて自覚しました。
ハハ・・・ハ・・・(うつろ)


*******************

以前旅行で行った関市に、西日本豪雨の義援金としてふるさと納税したところ、お礼にミニミニはさみが送られてきた。

d0224762_14105135.jpg


返礼品不要設定のはずだが、「日本一の刃物のまち」からのお礼だそうで、ありがたく頂戴することに。
めっちゃ小さいのにちゃんと切れるので、旅行の時に持って行こうっと♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
Commented by chocotto-san at 2018-08-15 21:30
いやぁー、恐れ入りました!!黒やぎさんのイカ作品の方が中野ユカリさんのタコより「使えるコ」ってことじゃないですかーーーー!!!! タコ作品、作って、なんじゃ、こりゃあ・・・って思ってる人、多いかもですよね。 是非とも、黒やぎさんブログを読んでほしい(笑)直し方、載ってるから!って(笑)

あと、布帛バイヤスの方が、絶対、絶対、楽そうな気がして、私なら、易きに流れて、意地でも白いバイヤス探しに行くと思うんですけど、共布でやられたんですね!すごーい!
綺麗に出来てルー!!

今回、姪っ子服でトドメを刺されたというか、いつも、私、パイピング下手で、落ち込むんですけど、今回も、「そういえば、パイピング下手だったーーー」って、縫い終わった後、気がついて、密かに落ち込んでましたー。 なので、ガン見しちゃいました!!(笑)

白も、グンゼっぽくない、上品な感じのを選ばれましたね!!私も、ワイルドベリーさん、もっと、チェックしますっ!!

最後になりましたが、黒やぎさん、義援金、スンバラシイです。前に、マスクもたくさん寄付されてませんでしたっけ? いつも、私は、あの話が頭にあるんです。 いつか、自分のできることをやりたいって思うのですが、なかなか実行に移せないので、実行に移す黒やぎさん、すてきです。
Commented by kuroyagie at 2018-08-16 13:33
chocottoさん、こんにちは~

中野さんのカットソーは、はじめからタンクブラとかを下に着るの前提なんじゃないかなぁと思ったよ。そうすると広いスリットが逆に活きてくるというか、大きくカーブした脇線と相まってドレープがきれいに出るの(たぶん)。脇線削ると中は見えなくなるけど、ドレープもなくなるから、どっちがいいかは好みかと。私みたいに超暑がりで平目体型の人間はイカ一択だけどね! いやいや、今や大人気の中野さんの作品をタコ呼ばわりなんて、辺境ブログだからこそであって、熱心なファンからは怒られちゃいそう・・・

えーーー、私は白いバイヤス買いに行く方が面倒くさいよー。ニットはそのへんテケトーでも何とかなるっちゅうか(なってないけど)。でもVはキレイに縫えなかったから、次は前後ともラウンドネックにしちゃうもんね、と思ってます。ほんと実物見たらchocottoさん引っくり返ると思うよ、アバウトすぎて(笑)。

そうそう、このスムース、大人っぽくてよかったよ~❤ 黒もあるから買おうかなと思ったけど、夏のはじめに黒Tシャツ買ったばかりなんだよね・・・でもまだ迷ってる。うーむ。

最近はふるさと納税を利用して寄付できるサイトも複数あって、昔に比べて気軽に(というのも変だけど)寄付できるようになったんだなあ、と新鮮な驚きでした。ダイレクトに自治体に届くというのも個人的には気に入ってます。あ、ちなみにマスクじゃなくてティッシュケースね♪
Commented by まるちゃん at 2018-08-20 09:20 x
研究熱心な黒やぎさんらしい一枚ですね♪
白のニットは質感を選ぶのが苦手で、なかなか決められないのですが、これはスムースなんですね^^
天竺よりも縫いにくくないですか?それをパイピングだなんて素晴らしい!
事細かに改造の様子を見せて頂けるのも楽しいなー。
私も夏の間に縫いたかった白の天竺を持ったままなんです。何とか縫いたい!

旅先でのふるさと納税、良いことをされていますね。
返礼不要。黒やぎさん、かさこ地蔵みたい♪
Commented by kuroyagie at 2018-08-20 12:52
まるちゃんさん、こんにちは~

え、スムース縫いにくいですか? 端が丸まらないし、私にはポンチに次いで縫いやすいニットなのですが・・・伸縮性とかもあるのかな。これはかなり薄手ですが、張りがあって縫いやすかったですよ。スムースって、同じパターンでも天竺で作るより一回り大きく仕上がる印象があったのですが、今回はそういうこともなく。アパレル残反だそうで、何だか納得です。
白のトップスはレフ版効果が期待できる!と勝手に思ってます。まるちゃんさんも是非完成させてください♪

返礼不要は最初からそういう設定になってるんですよー。ふるさと納税のまとめサイトみたいなのがあって、義援金専用の頁もあるので、金額入れれば完了という感じです。今回は被害が広範囲だったので、何かしらご縁のあった土地を選ばせてもらいました。
by kuroyagie | 2018-08-15 14:33 | ソーイング(服) | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie