Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

North to the Orient

古本屋さんで、アン・モロウ・リンドバーグの本を買いました。

d0224762_12512783.jpg


アン・モロウ・リンドバーグは大西洋単独無着陸飛行に初めて成功したチャールズ・リンドバーグの妻で、一般にはエッセイ集「海からの贈り物」の著者として知られている。
副操縦士として夫とともに各地を飛行、その際の見聞録も発表しており、「North to the Orient」は北米から日本・中国へと至る調査飛行についてまとめた、初の著作である。

この作品のことは、須賀敦子さんの読書エッセイ「遠い朝の本たち」で知った。
興味を惹かれて当時の職場近くにあった図書館で検索したところ、1935年(昭和10年)に出版された翻訳本「北方への旅」を所蔵していることがわかった。
早速借りてみると、日本語表記は旧仮名遣い、横組みの文字は右から左に書かれ、出版社の所在地は「東京市芝区新橋七丁目」と、時代を感じさせる古~い本だった。
しかし読み慣れると古さは気にならなくなり、むしろアンのみずみずしい感性や生き生きとした描写に引き込まれ、須賀さんの印象に長く残ったのもうなずけるのだった。

d0224762_12515873.jpg

その後2002年(平成14年)になって、「翼よ、北に」というタイトルで思いがけず新訳本が出た。
2001年にアンが亡くなっているので、それも関係あるのだろうか。

最近、ふと気になって例の図書館に問い合わせたところ、貸出は不可だが閲覧はできるとのこと。
カウンターで本を受け取り開いてみると、奥付に貸出シールが1枚だけ残っていて、1998年と2002年の2回、貸し出された記録がある。
私が借りたのは、たぶん1998年の方だろう。
2002年に借りた人は、新訳本を読んで興味をもったのだろうか。

で、興味ついでに古本ネットを検索してみたら、この昭和10年版を扱っている古書店があったので、思わずポチリ。
さらにいろいろ調べてみたところ、1942年(昭和17年)にも別の翻訳本が出ていたことがわかり、これまた古本ネットで販売されていたので購入した。

d0224762_125215100.jpg

昭和10年版。
図書館の本も古かったが、これも相当年季が入っている。
まあ戦前の本だから当然か。
しかし、つや消しシルバーの紙に飛行機の線画をあしらった装丁は、今見てもなかなかセンスがいい。
装丁を担当したのは出版社の社員だった山村一平という人で、独立後はカメラマンとして活躍したらしい。
また翻訳者の深沢正策という人は、大久保康雄と同時期に「風と共に去りぬ」の翻訳も手がけたことがあるそうな。

d0224762_12522938.jpg

昭和17年版。
こちらはタイトルが「東方への空の旅」に変わっている。
翻訳者は村上啓夫という人で、アガサ・クリスティやクロフツなどの本格ミステリも翻訳しているので、それと知らずに読んだことがあるかも?

d0224762_12524034.jpg

こちらもなかなか洒落た装丁で、すでに太平洋戦争が始まっていた時代にこういう翻訳本をよく出せたなあと、不思議な気がする。

というわけで、同じ原作に対し3つの翻訳本が手元にあるのだが、最初に読んだ本ということもあって、自分としては昭和10年版が好み。
昭和17年版と平成版は文体が「である調」なのに対し、昭和10年版は「ですます調」で、この作品に関しては後者の方がしっくりくる。
旧仮名遣いで訳文も少々古めかしいが、全体のトーンは3冊の中で最も軽やかで、アンという女性の好奇心やユーモア、それに控えめで温かな人柄がよく伝わってくる。

d0224762_1345772.jpg

ところで、須賀敦子さんのエッセイで印象に残ったくだりに、「夫妻の操縦する飛行機が(千島列島に)不時着した」場面がある。
何とか着陸できたものの、場所はわからず無線連絡もままならず、死をも意識するような状況に置かれることしばし、やがて人声が聞こえてきて、自分たちが救助されたことを知る、というものだった。

しかし原作を読むと、確かに危険をともなう不時着ではあったが、場所はおおよそ把握できていて、また着陸後は根室通信局との無線を再開、先方から救助の申し出があったにもかかわらず、むしろ断っている。
結局は通信局が好意で差し向けてくれた救助艇に大いに助けられることになるのだが、それも機内で一晩すごした翌朝の出来事で、時間軸にかなり差がある。

須賀さんは子どもの頃に読んだ際の記憶だけを頼りにエッセイを書いたそうなので、内容に齟齬があっても別に不思議はない。
ただ不時着した2人の、世界から隔絶され生死の境目に置かれた様子があまりにも鮮やかに描写されていたので、原作を初めて読んだ時は「え、そんな場面ないけど???」とずいぶん戸惑った。
須賀さんは原作ではなく少年少女向けの全集で読んだらしく、「ひょっとして全集では該当場面がドラマチックに脚色されていたのだろうか???」と思ったり。

d0224762_1344692.jpg

で、これまたネットでいろいろ調べてみたら、最初の翻訳本が出た翌年の1936年(昭和11年)に、「世界名作選-日本少国民文庫」という本が出版されていることがわかった。
子ども時代の須賀さんが読んだのは、たぶんこの本ではないかと思われれる。
うまい具合に1998年に復刻版が出ていたので、早速図書館で借りたところ・・・・・・タイトルは「日本紀行」に変わっているが、内容は昭和10年版の翻訳書「北方への旅」を転載したもの(ただし一部抜粋)で、例の場面は当然ながら原作通りだった。うーむ。

ご本人亡き今、本当のところはわからないが、不時着のエピソードが長く記憶にとどまるうちに、須賀さんの中で新たな物語が紡ぎ出された、ということなのかもしれない。
私なんぞはその物語に魅せられて原作を読んでみようと思ったわけで、さすが須賀さんという気がする。

ちなみに、この全集の編集には石井桃子さん(児童文学作家。「ノンちゃん雲に乗る」など)も関わっていて、アンの作品を推薦したのは石井さんだったらしい。
えーとつまり、原作を読んだ石井さんが全集に推薦して、その全集を読んだ須賀さんがエッセイを書いて、そのエッセイを読んだ自分が原作を読んで、回り回ってまた全集に戻ってきた、ということか。
作品のもつ力はすごいなあ。

初めて原作を読んでから早20年(汗)、心の片隅に引っかかっていた疑問が一応の解決をみて、いろいろすっきりしました。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-04-11 13:08 | いろいろ | Comments(6)
ドカーンと太い、ゴムウエストのワイドパンツを作りました。

d0224762_12144357.jpg

パターン: many drops フロントタックのワイドパンツ
布: many drops リネンヒッコリー ブラック

今回はパターン・布ともmany drops。
以前キットで販売されていて、その時はパターンだけ買ったのだが、やっぱり布も欲しくなり、次の販売時に追っかけで購入した。

d0224762_1215437.jpg

特に難しい箇所はなかったが、「???」だったのがタック。
前にタックが3つ入るのだが、左のタックは左に、右のタックは右に倒すのはいいとして、真ん中のタックは左に倒す、とある(のように仕様書のイラストでは見える)
タックを倒す方向が右・左・左になるわけで、これで合ってるの???
サイトの写真を見ると、確かに右・左・左になっているので合ってるんだろうけど、タックの数と向きが左右で違うのって何だか落ち着かない・・・・・・
真ん中が中開きじゃないのには何か理由があるのだろうか。

~追記~
某所より寄せられた情報によれば、文化式の場合、「中心に作ったタックは左に倒す」のがお約束らしいです。
「公式みたいなもん」だそうです。
ほほぅ・・・
ちゅうわけで、これで合っているのです!(断言)


今回、特に気をつけたのは裁断である。
以前、junkoさんと会った時裁断の話になり、「どうもまっすぐ裁ててない気がするんだけど、布目を通すとかよくわかんない」と言ったら、「耳の近くは歪みが大きいから、真ん中へんで裁断するといいよ」と言われ、目からウロコ。
今までまさにその耳を布目のめやすにして、耳の近くで裁断してたよ!
どうりで何だかいつも出来上がりが歪んでるような気がしたわけだ。
ソーイングを始めて早8年、歪みやすい場所をわざわざ選んで裁断していたとは・・・・・・(遠い目)

d0224762_12153889.jpg

今回は布がストライプなのでその線をガイドに、できるだけ真ん中で裁断するようにした。
といっても線を追っていると目がチカチカしてくるので、わの部分で折ってアイロンをかけ、パターンを配置した。
何だかんだ誤差はあるだろうが、自分史上最もまっすぐに裁断できた気がする。ふぅ。

d0224762_1218229.jpg

このパンツ、今まで作った中で一番ワイド。
早速着用したところ風がスースー抜けて、下に股引スパッツ履いていてもさぶいッ!(笑)
ちなみに、デフォルトは足首丈ぐらいだったので(最近のパンツってウエストは深いけど丈は短めだよね?)、甲が隠れるぐらいに伸ばした。

というわけで、もうちょっと暖かくなったらいっぱい履こうと思います。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-03-26 12:18 | ソーイング(服) | Comments(12)

7周年

d0224762_20133648.jpg

「え、もう!?」と毎年言ってる気がしますが、拙ブログは本日開設7周年を迎えました。
いつも読んでくださる皆様、コメントをくださる皆様、どうもありがとうございます。
去年あたりからバッタバタで、ソーイングもほとんどできてませんが(いや前からか)、これからも御宅活動の傍ら(傍らかよ!)地味~に縫っていきたいと思います。
今後とも拙ブログをよろしくお願い致します(ぺこり)

まいちん、結婚12、じゃない13執念おめでとう~❤

********************

ソーイングネタが何にもないので、3年前に参加した(え?)刺繍カフェのおさしんを載せてみる。

d0224762_20144679.jpg

この教室は「好きな図案と刺繍糸を選ぶ→基本のステッチを教えてもらう→自由にちくちく刺していく」という形式。
おされなカフェが会場で、レッスン後はボリュームたっぷりのパンケーキセットまで出てきた。
試しに参加してみたら結構楽しくて、勢いでピンクの刺繍枠まで買ってしまったが、完成したらブログにアップしようと思っているうちに時は過ぎ、いまだに完成していない(おい)

d0224762_20152065.jpg

刺し子をしのぐワイルドな出来ゆえ、ソフトフォーカス加工してみました(笑)
いや~~~、編み物と刺繍は才能ないね!

というわけで、これからは(これからも?)ソーイングに専念します。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-03-09 00:01 | いろいろ | Comments(12)

平昌五輪

平昌五輪に行ってきました。

d0224762_16483491.jpg

ちなみに、どうも多方面で誤解されてるぽいですが、私が観たのはペアフリーのみです。
男子シングルSPに向け羽生ファンが続々と韓国に集結する中、16日には帰国の途についてました(笑)

d0224762_1649422.jpg

幸い滞在中はソウルも江陵もいいお天気で、昼間の気温は5~10℃、日が暮れても0℃くらい。
いつもより3割増しに着込んでいたので寒さはまったく感じず、ホッカイロや手袋の出番もなかった。
しかし気温の割に外気は冷たくて、風が吹くとほっぺや耳がしんしん冷えてくる。
ソウルではなにげに池が凍っていて、なんちゃってスケートをしている人も。
きっとソウルや江陵が本気出したら、こんなもんじゃ済まないんだろうなあ。

d0224762_16492776.jpg

試合当日はソウル市内のホテルに朝5時集合、ミニバン2台に分乗して出発。
途中、山間部の平昌あたりは雪に覆われ、いかにも寒そうだった。
江陵の手前で事故渋滞にハマりかけ冷や冷やしたが、4時間ちょいで無事到着。
江陵駅からオリンピックパークまでのシャトルバスにも普通に乗れた。

d0224762_12125144.jpg

入口でチケットチェックと手荷物検査があったものの、ペットボトルのラベルを剥がされただけで、これも特に問題なくパス。
アイスアリーナはオリンピックパークの一番奥にあり、入口からてくてく歩くこと約10分、ようやく会場が見えてきた。

d0224762_16501120.jpg

をを、あれかーーー!!!(手を振る)
ここまでかなりスムーズに辿り着けた方だと思うが、何だかんだで10時は過ぎていたので(試合開始は10:30)、やっぱり結構ギリギリだよなぁ。

d0224762_12131247.jpg

「お値段からしてきっと後ろの方だよね」と思っていた私の席は、やはりというか最後尾から4列目だった(デイパックが置いてあるところ)
しかしさいたまスーパーアリーナのB席に比べたら、これでもかなりよく見える方である。

d0224762_1651439.jpg

試合はドイツのサフチェンコ・マッソー組が金、中国のスイ・ハン組が銀、そしてカナダのデュハメル・ラドフォード組が銅メダルを獲得した。
サフチェンコ選手は5回目の五輪(汗)にして悲願の金メダル。
SP4位で臨んだフリーは最終グループの一番滑走で、会場中がスタオベする素晴しい演技だった。
特に冒頭のトリプルツイストの高さといったら!(萌~❤)

この日、私のお隣は左がカナダからのグループ、右が中国人女子(=日本語ペラペラ)で、ひそかにドイツペアを応援していた私を真ん中に、ちょうどメダリストと同じ配置だった(笑)
カナダペアは4回転スローを決めたけれど単独ジャンプでミスが出て、カナダ人軍団も「ドイツペアがよすぎたわー」と潔く負けを認めていた。
一方、中国ペアは4回転ツイストを決めたもののやっぱりミスが出て、わずか0.43点差で銀メダルに。
中国人女子に「銀メダルおめでとう~」と声をかけようとしたら、涙をぽろぽろ流しながら泣いていて、何も言えなくなってしまった。
まあね、中国ペアはドイツペアと並んで金メダル筆頭候補だったもんね・・・・・・

d0224762_1213484.jpg

※左上写真、赤い塊が例の美女軍団でございます

ちなみに、彼女は羽生結弦選手の大ファンで、旧正月の7連休を利用して北京から応援に駆けつけたそう。
男子シングルでは中国のボーヤン・ジン選手もメダル候補だったが、「ファンじゃないけど中国の選手だから応援はします」と言ってました(笑)

d0224762_16543120.jpg

試合終了後はオリンピックパーク内を散策。
平昌オリンピックのマスコットキャラクター・スホランは、改めて見ると思いのほか可愛くて、たまたま着ぐるみにも遭遇したので一緒に写真を撮ってもらった(←ミーハー)

d0224762_12142835.jpg

パラリンピックのマスコットキャラクター・バンダビもよく出来ているが、イラストによってはL●NEのブラ●ンに似・・・・・・いえ、何でもありません。

d0224762_16562269.jpg

「お天気もいいことだし」と帰りは駅まで歩いた(所要約20分)のだが、これが「アルペンスキーか!」と突っ込みたくなるよな坂道だった。
それでも、帰りは最初の坂を上りきればあとは転がり落ちるだけなのでまだよかったが、駅から来る場合は急坂を延々上がらねばならず、皆さんゼーハー言っていた。
行きにシャトルバスに乗れてよかったよ・・・・・・

d0224762_1229184.jpg

江陵駅で記念撮影。

d0224762_1717535.jpg

帰りは高速鉄道KTXでソウルまで2時間弱。
試合観戦も含めると、何時間座ってたことになるんだろ。
あーーー疲れた。

d0224762_12154986.jpg

翌16日は仁寺洞のスタバに3時間居座り(←迷惑)、スマホを充電しながら男子SPをライスト観戦した。
動画はバッテリー消費が激しいので、WiFiが飛んでいてもコンセントがなかったらテキスト観戦するしかないと思っていたが、ダメ元でテーブルの下を探ったら・・・・・・コンセントあったーーー!
こんなこともあろうかと充電ケーブルに変換プラグ、それにイヤホンを用意しておいてよかったよ・・・・・・偉いぞ自分!(ハァ!?)

帰国翌日は、男子フリーをお茶の間観戦。
羽生選手はビールマンスピンをしなかった時点で「相当状態が悪いんだな」と思ったが、最後までど根性で踏んばって、五輪2連覇を達成した。
羽生選手といえば、昨年の四大陸選手権でネイサン・チェン選手に負けた時、「金がほしい! 金が!! 金くれ!!!」と半分冗談半分本気(いや全部本気か)でつぶやいていたのを思い出す。
いろいろ規格外な羽生選手だが、あの勝利への執着というか執念はちょっと常人離れしている。
普通なら持て余しそうなものだけど、彼の場合はそれが燃料になって自家発電できるのかもしれない。
足の状態についてはこれから明らかになっていくのだろうが、「4回転アクセルに挑戦したい」と言っているところをみると、治療すれば回復が見込めるぐらいの状況ではあるらしい。

それにしても、羽生選手もたいがい変人だと思うけど、宇野選手もベクトルは違えど相当変わってるよなぁ(←褒め言葉)
彼も内側ではふつふつと自家発電してるぽいが、羽生選手とは燃料の種類がまったく異なっていて、しかも石炭→石油→バイオ燃料(いや太陽光か)みたく進化してる風なのがおもしろい。
年齢的には北京五輪まで現役を続けていそうだし、いずれトップの立場になった時にはどんな選手になっているのだろうか。
言動も含めて非常に楽しみである。

d0224762_16581340.jpg

韓国で買ったもの。
スホランとバンダビのピンバッチ。
あやうく(?)スホランのぬいぐるみも買いそうになったけど、何とか思いとどまりました(笑)

d0224762_16583044.jpg

刺繍のブローチ。
かごいっぱいにいろんな柄のブローチが入っていて、1個1個チェックしていたら熱中しすぎ、気がつけば空港に行くギリギリの時間になっていた。
あぶねー(←宇野選手風)

d0224762_16584717.jpg

韓国で食べたもの。
さすが本場、どこで食べてもキムチがおいしかった。
韓国でいつもいいなあと思うのは、何か一品頼むとキムチやナムルなどパンチャン(前菜←ウテオンマさん情報)が自動的についてくること。
物価全般は日本とあまり変わらなくなってしまったが、こと外食に関しては今でもお財布にやさしい国だと思う。

d0224762_17202899.jpg

韓国から戻った翌週、お待ちかねアイスクリスタルの会員証が到着した。
これで来シーズンは、今までより現地観戦できそうだ。
平昌五輪で引退する選手も多いけど、今後が楽しみな若手選手もたくさんいる。
よーし、がんばるぞー!(何を)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-02-26 17:21 | 御宅 | Comments(12)

Road to Pyeongchang

いよいよ今年最初の一大御宅イベント、平昌五輪観戦の日が近づいてまいりました。

d0224762_9422168.jpg

途中で渋滞にハマったり列車が脱線したりしない限り、会場の江陵へは無事行って帰ってこられるはず(たぶん)
あとは寒さ対策だけだ!というわけで、防寒具をいくつか買い足した。

d0224762_9425236.jpg

裏地がフリースの耳あて付きニット帽。
これで頭と耳を冷気から守り、さらに前から持ってるウールのネックウォーマーで鼻から下を覆い、それでも寒い場合はC&Sのウールガーゼジャージをぐるぐる巻きにして、顔を防御するつもり(念のためマスクも持参)

d0224762_9435974.jpg

手元は新しく買ったもふもふフリース手袋と、手持ちのカシミアロング手袋のダブル使い。

d0224762_9433657.jpg

足元は靴下重ね履き+厚手の防寒靴下に、トレッキングシューズを履く。
スキーショップで買ったウールの防寒靴下は、丈が長いのでレッグウォーマーも兼用。
試しに先日これを履いて1日歩き回ってみたところ、足元がぬくぬく暖かかった。

トップスは●ニクロのヒートテック+アウトドアブランドのウールのベースレイヤー+ウールのタートルネックセーター+ウールのカーディガンを重ね着。
その上に友人に借りたダウンコートをはおる。

ボトムスは10年前から履いている(=ボロボロ)アウトドアブランドのあったか裏地付き冬用パンツの下に、シルク+ウール+ウールリブのスパッツを重ね履き。
その下にはヘソまであるパンツ(グンゼにあらず)を履き、さらにその下に腹巻を装着。

d0224762_9444071.jpg

さらに当日は、ミニカイロをベタベタ貼りまくる予定。

今回のミッション(?)のコンセプトは、「できるだけありもので間に合わせる」かつ「極厚のものを1枚着るより、普通地のものを重ね着して暖をとる」こと。
名づけて「玉ねぎ大作戦」。
マリネラ王国の兵士になったつもりで、寒さに対抗する所存である(何の話)

d0224762_945822.jpg

「防寒と関係ないじゃん」とおのれに突っ込みながら、サコッシュも買った。
サコッシュはアウトドア用の貴重品袋で、これは非常に軽いうえ張りがあるので物の出し入れがしやすく、かつ入れ口が2カ所あるところが気に入った。

d0224762_949042.jpg

貴重品一式はこれに入れて首から下げ、ついでにカイロをしのばせておけば、スマホも何とか作動してくれるであろう。

d0224762_9452854.jpg

会場でひざ掛けに使うダウンケットなど、他の荷物はリュックに入れて、道中ずっとしょってるつもり(=背中が暖かい&置き忘れない)

d0224762_9455356.jpg

旅行中いつも持ち歩く水筒も新調した(ただし会場持ち込みは不可→その後、空容器ならOKになった模様)
新しい水筒は本体120gで、10年前に買った初代水筒の半分の重さ。
文明の進歩はすごいのぅ~(バアさんか)

d0224762_9581620.jpg

ちなみに、スナック菓子は未開封に限り1リットルまで持ち込み可らしいので(果物は不可)、いろいろ詰め合わせたものを日本から持って行くことにした。

メイン会場となる平昌では会期中の夜、メダルセレモニー(屋外)が行われ、そちらを観に行く人はそれこそワカサギを釣り上げるぐらいの覚悟で臨む必要があるらしい。
しかし私は江陵に辿り着けさえすればあとは室内なので(つっても凍ってるけど)、きっと何とかなるであろう。
ネットで「平昌は冷凍庫、江陵は冷蔵庫」というコメントも見かけたし(どっちもどっち?)

d0224762_9583398.jpg

こちらは昔、立山黒部アルペンルートに行った時に買った温度計。
マイナス30℃まで測れるので、当日現地の気温をチェックしてこようと思う(←怖いもの見たさ)

ネット情報によれば、この期に及んでソウルと各会場を結ぶ無料シャトルバスが運行されることになったとか、一般客は駅から会場まで延々歩かされるらしいとか、いろいろ「ハァ!?」な話も耳にするが、障害が多いほど萌える燃えるのが御宅という生き物である(ホントか!?)
ここまで来たら意地でも辿り着いてやる。待ってろよ平昌!

d0224762_9585097.jpg

それでは、ちょっくら行ってきまーす♪(空元気)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2018-02-12 10:00 | 御宅 | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie