人気ブログランキング |

Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

そうげんTシャツ

夏のTシャツを縫いました。

d0224762_1395170.jpg

パターン: Polka Drops そうげんTシャツ
布: 山本商店 綿ニット

布は徳島の布屋さんで買った綿ニットのカットクロス。
深みのある赤と、シャリシャリ涼しそうな手触りが気に入った。
お店の人によれば「天竺じゃない(けど何だったか思い出せない)」そうで、糸なのか編み方なのか、実際涼しい生地らしい。

d0224762_13123983.jpg

長さが70cmしかなかったが、W幅(150cmぐらい)なので半袖Tシャツなら大丈夫だろうと判断。
実際、ギリッギリで何とか型紙が入った。

d0224762_1313622.jpg

このパターンは、サイトに載ってる「肩がうちに入ってコンパクトかつ動きやすく計算された柔らかなラインのTシャツ」という説明が前から気になっていた。
全体の工程は普通のカットソーと同じなので「すぐ縫えるだろう」と高をくくっていたら、衿ぐりと裾の始末でドツボにハマった。

衿ぐりは「初めてやるよ」のバインダー始末。
調べてみたらパイピング始末と同義らしく(たぶん)、それなら前にやったことがあるが、違うのはバインダー布の折り目が表側に出て、ステッチが2本入るところ。
ふむふむ、ヘインズのTシャツとかにあるやつね。

で、表に出すまでは普通にできて「何だ簡単じゃーん」と思ったのだが、きわを縫うステッチがヨロヨロとお粗末すぎて、さすがのテケトー大王も「だーだこりゃ」。
仕方なく全部ほどいてしつけをかけ、チャコペンでガイド線を引いて再トライ。
今度は許容範囲に収まったが、ミシンの押さえを目安に縫った2本目のステッチがこれまた大惨事。
またもやほどいてガイド線を引き、縫い直したのだった。

d0224762_13133246.jpg

どうも自分のステッチは「出だしは好調→途中でふくらむ→軌道修正しようと今度は細くなる」という傾向があるらしい。
ガイド線を引いてもやっぱりふくらんだり細くなったりで(なぜだ)、さらに一部縫い直したりもしたので、本来なら2周縫えば済むところ、6周ぐらいは縫ったんじゃなかろうか。
それだけ縫ってもなお曲がるところは曲がったまま、おまけに裏は一部落ちてるし、もう笑うしかない。アハハのハ~。

d0224762_13135430.jpg

裾は「1本目:テケトーに2つ折りしてきわを縫う→2本目:仕上がり線から1.5cmのところを縫う」ようにしたらば、あるところでは2つのステッチが交錯し別のところでは大きく乖離するという、「コントかよ!」みたいな仕上がりに。
裾がまっすぐならテケトーでも何とかなったのだろうが(実際袖は何とかなった)、ラウンドしているデザインの場合、正確に折らないとこういうことになるんだな、と後から気がついた次第である(遅)。

d0224762_1320217.jpg

結局1本目をほどき、2本目と揃うようにステッチを入れ直したのだった。ハァ。
おまけに最近ミシンの糸調子が今ひとつで、直線は問題ないのだがカーブになると縫い目が飛び気味。
ちゃんと調節して縫うべきなのだろうが、嗚呼もう疲れたよパトラッシュ・・・・・・
アイロンかけたら縫い目が落ち着くかな?と期待したが、特にそういうこともなく。ちっ。

というわけで、「今後2本ステッチには手を出さない」ことを心に誓ったのであった。

*************

d0224762_13144395.jpg

先日購入したウニクロUのクルーネックT。
滑らかでやや光沢のある生地(シルケットスムース?)は品がよく、若干肉厚で体型を拾わない一方、サラサラしているので暑くない。
平目体型の自分にもよく似合い、実は人気商品というのもうなずけるのであった。

d0224762_13145989.jpg

バインダー始末の衿ぐりはさすが既製品、縫い目がビシッと決まっている。
これでお値段¥853て、そりゃ作るより買うよね・・・・・・
今回作ったカットソーは布代が¥490で、コスト部門では勝ったものの、縫製部門では圧倒的敗北である(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
# by kuroyagie | 2019-08-14 13:21 | ソーイング(服) | Comments(8)

イカとタコのカットソー

今年も例の(?)ブツを縫いました。

d0224762_1338381.jpg

パターン: イカタコを合体
布: 布橋商店 綿フライス

イカのカットソーもこれで4代目、毎回少しずつ進化して、最新作はイカとタコの合体Ver.である。
前回はVネックにしたが、ラウンドネックの方が簡単かつ好みなのでそちらに戻した。
衿ぐり始末は見返し→パイピングとやってきて、今回は初めてバイアステープ始末にした。
・・・ら、これが楽だわ簡単だわ、衿ぐりが詰まってないものは今度からこの方法で処理しようっと。

布は日暮里繊維街で買ったカットクロス。
色が好みなうえ、¥300という安さだった。
ただし90cm幅×1.3mしかなかったため、身頃とリブで少しずつ丈を短くした。
着てみると見頃は全然問題なかったが、リブはオリジナル幅ぐらいあった方がバランスがいいかも。

ちなみにこのお店、yuca先生のブログを見て行ってみたのだが、誰もいない店内に(って後からお店の人が出てきたけど)着分のさまざまな布が見やすく並べてあって、眺めているだけで楽しい♪
また1つお気に入りのお店ができた。

初めて縫ったフライスは「伸縮率の高いニット(で縫いにくい)」というイメージがあったが、お店の人によれば全部がそうというわけでもないらしい。
実際普通に縫えたものの、天竺と比べるとやはりよく伸びる気がする。
スムースもそうだけど、出来上がりが一回り大きく見えるようなそうでもないような?

とはいえ完成して着てみると、特に「デカッ」ということはなく、着心地柔らかで気もちいいずら~。
また前回も思ったけど、裾リブ仕様はよそゆき感が出ていいなあ。

次回(もあるのか)は裾リブはオリジナルのままで、他はさらに改良を重ね、理想のイカタコをめざしたい。

*****************

お直しその5はパンツの裾下げ。

d0224762_13405893.jpg

ネイビーのストレートワイドパンツはストレッチナイロン素材でゴムウエスト、雨の日も気兼ねなく履けそうなのが気に入って、昨年の秋に購入したもの。
試着したら微妙に丈が短く、後から自分で直すつもりで買ったのだが、いざ縫い目をほどいてみると1cm×2cmの三つ折で、伸ばそうにも伸ばす余地がほとんどない。

d0224762_13411943.jpg

そこで1cm部分ぎりぎりにバイアステープを縫いつけ、何とか2cm長くした次第。
今日びパンツ丈は短めがトレンドらしいが(たぶん)、丈が長い方が「ここまで足がありますよ」とお知らせできるからいいのだ、と自分では信じている。

ストレッチが効いた布をほどいて縫って、はなかなか面倒だったけど、足が2cm伸びて(伸びてないけど)満足である。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
# by kuroyagie | 2019-07-24 13:47 | ソーイング(服) | Comments(4)

梅仕事2019

滑り込みで梅を仕込みました。

d0224762_14574770.jpg

今年の梅仕事は梅シロップと梅干。
シロップは青梅で、梅干しは完熟梅で漬けた。

d0224762_14593299.jpg

梅シロップはほぼ毎年作っているが、梅干は3年ぶり。
今回もジップロック方式にして、順調に梅酢が上がってきた。
来年はこの梅酢で、がんばってらっきょうを漬けようと思う。

d0224762_14594418.jpg

梅シロップは久しぶりに氷砂糖を使った。
手持ちのガラス瓶には青梅1キロ&氷砂糖1キロは入りきらなかったため、例によって炊飯器で仕込んだ。
写真はギリギリながら何とか入った図。

d0224762_1502619.jpg

しかし一晩では砂糖が溶けきらず、エキスも出切らない感じだったので、結局ガラス瓶に移して2週間放置。
考えてみたら、最初からガラス瓶に梅と入るだけの砂糖を入れて、残りの砂糖は後から少しずつ足していけばよかったんだな。来年はそうしよう。

d0224762_1504135.jpg

てんさい糖や黒砂糖の方が体にはよさそうだが、シロップの色が黒くなり、甘みが舌に残る感じが気になっていた。
氷砂糖の方は時間がたっても透明で、飲み口もすっきり。
夏場に飲むならこちらの方が好みかな。
できたシロップを入れておく容器もあれこれ試して、ペットボトルに落ち着いた。
メンドクサガリーノには「おされ<実用」です。

******************

d0224762_1511392.jpg

4月に仕込んだ手前味噌が完成~~~!

d0224762_152370.jpg

途中で一度様子を見た時は、表面に白いモケモケが大量発生していてビビったっけ。
どうやら何かの拍子に重し(砥石&砂糖)がずれたらしく、カビ防止の役割も果たす「味噌溜まり」が十分上がらなかった、というか、上がったけどこぼれてしまっていたのが原因ぽい。
モケモケの正体は酵母で、それ自体害はないそうだが、見た目でビビるよね。マタンゴ(誰)かっちゅーの。
なので開ける時はちょっとドキドキしたが、今回は大丈夫だった。ホッ。
むしろ重しの分だけ味噌がへこんでいて、途中でもっと軽くすればよかったかな?

前回はまだ大豆のつぶつぶ感が残っていたのが、置いておいただけで勝手にこなれ、すっかり味噌らしくなっているのには感心した。
実は後から仕込み時のインスタを見たら、「4カ月ぐらい(=8月)で食べられる」と書いてあってびつくり(自分で書いたんだけど)。
1カ月早く開けちゃったよ・・・・・・まあでもちゃんと味噌だし、いいんじゃないでしょーか(テケトー)
とりあえず天地返しして、室温で熟成中である。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
# by kuroyagie | 2019-07-10 15:05 | 食べもの | Comments(4)

うずしお

徳島に行ってきました。

d0224762_1405791.jpg

今回の旅のミッションは「鳴門の渦潮を見る」。
これまで渦潮というのは1日24時間&1年365日ぐるぐる渦巻いてるもんだと思っていたが、どうやら違うらしい。
見頃は「満月or新月の前後数日」かつ「干潮or満潮の時間帯」で、特に春の大潮の時期がベストシーズンなんだそう。知らなんだー。
そこでまずは満月当日&干潮時の観測船を予約し、それに合わせて航空券とホテルを手配、満を持して(?)徳島へ乗り込んだのだった。

d0224762_1411942.jpg

予約したアクアエディは定員46名の小型水中観測船で、船室のガラス窓越しに水中の様子を観察できるのが売り。
「おもしろそー」と軽いノリで乗船したまではよかったが、小型なだけにどんぶらこ揺れまくり、みるみる顔面蒼白に(私が)
おまけに船内はUボート並みに暗くて狭く、至近距離でぐるぐる渦巻きノースキャロライナ(意味不明)を見ていたら、気分はすっかりなると巻き(=目が回って吐きそう)
そういう客は少なくないのだろう、窓の脇には黒いゲロゲロ袋がどっさりぶら下げてあった(写真撮る余裕なし)
幸い使う羽目にはならなかったものの、一瞬朝ごはん@ホテルで食べた塩シャケが頭をよぎり、冷汗をかいたのだった。あぶねー。

d0224762_1423460.jpg

下船後は鳴門公園にある「渦の道」へ。
渦の道は大鳴門橋の車道下に設置された全長450mの海上遊歩道で、床にはめ込まれたガラスから渦潮を見下ろすことができる。

d0224762_1425679.jpg

眼下では観光船が入れ代わり立ち代わりやって来て、その中には自分が乗ったアクアエディも。
デッキにまだ誰も出ていないところを見ると、今頃皆さん船内でこみ上げている最中に違いない(邪笑)

d0224762_1132243.jpg

ランチは公園内の千畳敷展望台にあるお店で、鯛の洗い定食with鯛めしを食べた。
お土産屋さんや食堂が集まるいかにも観光地的なエリアゆえ、あまり期待していなかったのだが、洗いがコリッコリで「何これおいしーい!」(はむはむ)

d0224762_1435358.jpg

すっかり機嫌がよくなったところで、お約束(?)の鳴門わかめも購入した。
ちなみに、右の昆布は徳島市内のスーパーで買ったもの。
鳴門といえばわかめだし、別に昆布はいらないのだが、「激流」まで言われて買わずにいられようか。

この日は夕方徳島市に戻ってきて、夕食までまだ時間があったので駅前で自転車をレンタルし、繁華街と称される一帯をキコキコ走り回っていたら・・・・・・む、こ、これは・・・・・・!

d0224762_1411579.jpg

たまたま入り込んだ細い道沿いに、布屋さんが数軒並んでいるではないか。
あいにく日曜日でどこも閉まっていたが、近くにはリフォームやテイラーのお店もあり、もしやここは徳島の日暮里繊維街!?
また反対側の少し広い通りには、「〇△繊維」的社名のビルが立ち並び、呉服店もちらほら。
こちらは既製服やタオルなどの卸が集まるエリアらしく、さしずめ徳島の馬喰町問屋街!?

d0224762_14445459.jpg

翌日の昼間はうだつの町並みで有名な美馬市脇町に行き、徳島市に戻ってきたのは3時すぎ。
そこから再び自転車をレンタルして、今回は一路布屋さんめざしてレッツラゴー!

d0224762_14325473.jpg

※撮影許可はいただいています

営業していた布屋さんは3軒あって、いずれも個人経営のお店ぽい。
お店ごとに品揃えが違うので見て回るだけで楽しく、また反物はもちろん着分のカットクロスもあって、これがまた宝探しみたいで楽しい♪

d0224762_1454023.jpg

お店の人の話では、昔は道沿いに10数軒の布屋さんが並び、まさに日暮里繊維街のようだったらしい。
それでも街中に一般向けの布屋さんが3軒、それもチェーン店ではなく個人商店が固まってあるところなんて、なかなかないんじゃなかろうか。

d0224762_14125468.jpg

このほか馬喰町(違)にも1軒、品揃え豊富な布屋さんがあり、もしも徳島に住むことになっても、このエリアに来れば布の調達には困らなさそうだ。

d0224762_14131436.jpg

興奮してつい買ってしまった布たち。
ブルーがワッシャー加工のブロードで(どどーんと3.5m!)、赤はサラサラの綿ニット。
こないだ日暮里繊維街で布を買ったばかりなのに、また買っちゃったよ・・・・・・今年中に縫えるのか!?

d0224762_14141513.jpg

そのほかお土産に買ったもの。
脇町は藍の集散地として栄えた町で、藍染製品もいろいろ売られていたが、このハンカチは模様も何もなく、深~い藍一色のみというシンプルさが気に入った。
インディゴと違って、きちんと染めた藍は洗濯しても色落ちしないんだそう。

d0224762_14143247.jpg

d0224762_14553321.jpg

旅行中に食べたものいろいろ。
のどぐろとトビウオの刺身もおいしかったけど、いっちゃんおいしかったのはやっぱり鯛の洗いかな。

d0224762_14363264.jpg

徳島は仕事で2回来たが、いずれも駅前をうろちょろしたのみ、今回やっとまともに観光できた。
機会があったら、次は春の大潮の時期に渦潮を見たいなあ。
その時は酔い止めに、chocottoさん推奨の梅干しを持参しようっと。
あと次回は是非とも秘境・祖谷で、グラグラ揺れるかずら橋をキャーキャー言いながら渡ってみたい❤

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こちらこそ黒山羊通信(違)をいつも読んでいただき、ありがとうございます❤
ワハハ、わかっていただけましたか。結構前から懸案事項だったのでとっても満足です~
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
# by kuroyagie | 2019-06-26 14:48 | | Comments(9)

お直し4

アウトドア用パンツのベルト布を付け替えました。

d0224762_15461646.jpg

このパンツは、南町田にあったグランベリーモールに出店していた、REIというアメリカのアウトドアショップで買ったもの。
薄くてシャカシャカしたナイロン製で、軽くて撥水性があり洗濯してもすぐ乾くので、春~秋の旅行を中心にヘビロテしてきた。

d0224762_15462797.jpg

購入したのはたぶん2000年で、さすがに19年も履いていたらウエスト周りがボロボロになってきた。
そろそろ処分するかと思ったが、改めて見たら本体は特に問題なかったため、ウエストだけ付け替えることにしたのだった。

d0224762_15464098.jpg

布はタックギャザースカートを作った残り。
同じナイロン素材なうえ、たまたま色もぴったりだった。

しかしこの布、アイロンがかけられないうえ折り目もほとんどつかない。
縫う前から「大惨事の悪寒」満々だったのだが、意外や大きくズッコケることもなく、都合4時間ほどで完成した。

d0224762_15472988.jpg

せっかくなので、ラベルもまた付けておいた。
確かにズッコケはしなかったが、裏側は縫い目がヨレヨレだ、ワハハ。

このパンツは自分にはめずらしく若干テーパードなのだが、なぜか似合うので長年愛用してきた。
いくらで買ったかもはや記憶にないが、四半世紀も履けば十分元はとったといえよう。
今回のお直しでさらにあと5年ぐらいは履けそうなので(え)、大変気分がよい。

**************

ちょっと縫い餅が揚がってきたところで、久々に日暮里繊維街に行きました。

d0224762_15475335.jpg

買ったのは手ぬぐい地にナイロン地、ニットのカットクロス、ボタン。
は~~~、やっぱり日暮里は楽しいな!

<御宅のつぶやき>

ロシアのフィギュアスケート選手、ポリーナ・ツルスカヤが引退を発表した。
まだ17歳か~~~若いなぁ。
怪我のこともあっての決断だろうけど、彼女の雄大なディレイドジャンプが大好物だっただけに残念だ。

また、宇野昌磨選手は長年師事したコーチの元を離れ、新たな拠点を探すという。
何となくコーチ変更はしないのかと思っていたので驚いた。よく決断したなぁ。
一体誰のところに行くのだろう。
誰についたとしても新しい宇野選手が見られそうで、来シーズンが楽しみである。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こちらこそいつも読んでくださってありがとうございます❤ のんびり更新ですが、また遊びにきてくださいね~
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
# by kuroyagie | 2019-06-13 15:50 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie