Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

平日台湾~其弐~

台湾料理はもともと好きだったけど、現地で食べるとおいしさもひとしお。

d0224762_123427100.jpg

総じてやさしい味つけでお腹にもたれず、食材もメニューも豊富で飽きがこない。

d0224762_12344943.jpg

食後(食間?)のスイーツもツルッとお腹に入るものばかりで、ある意味危険。

d0224762_1235380.jpg

牛肉麺はお店によっていろいろバリエーションがあるらしいが、私が食べたお店のものはトマトが効いていて、スープが大変美味だった。
白いヒモみたいなのは削麺で、芯が残るくらい硬めのゆで加減は味噌煮込みうどんを思わせる。

d0224762_12351644.jpg

牛肉の塊がゴロゴロ入っていてこれ1つで十分お腹が膨れるところ、水餃子もつけたので腹が爆発寸前になった(←バカ?)

d0224762_12353486.jpg

ホテルの近所にあった肉まん屋さんで買った野菜まん。
中身はキャベツと白菜、春雨、きくらげ、それにチキンのような高野豆腐のような何かがちょっと。
野菜まんは初めて食べたが、あんの味つけと皮の焼き加減が絶妙だった。

d0224762_12373381.jpg

「一体どんな味なんだ!?」と気になって気になって、ランチ後だったけど食べてみた「台湾産野生からすみとリンゴとチーズのサンドイッチ」。

d0224762_12374443.jpg

からすみ自体初めて食べたが、えーと、たらこの親戚みたいなもん???
肝心のサンドイッチは、たらこスパゲティとカマンベール&りんごを足して2で割ったような味だった。
個人的には結構好きかも。

そんなわけで基本何を食べてもおいしかったけど、今回のベスト・オブ・ベストはこれ↓(盛り付けがカオス・・・)

d0224762_12385696.jpg

たまたま通りかかった自助餐(セルフサービスの食堂)のおかずがあんまりおいしそうだったので、システムがよくわからないまま盛るだけ盛ってレジに並んだところ、炊き立てごはんがついて120元(約450円)だった。安っ!
さらに食べてびっくり、何これおいしー!!
どのおかずも味つけが濃すぎず薄すぎずいい塩梅で、食べていて心地よいというか、スルスルのどを通っていく感じ。
街中の普通の食堂でこのレベル、台湾恐るべしである。

d0224762_12391886.jpg

このお店は目移りするほどおかずの種類が多く、私は20種類ぐらい取ったが(おい)、まだまだ食べきれないほどあった。
もし台北に住むことがあったら、毎日通って片っ端から食べてみたいものである。

d0224762_1243494.jpg

いろいろ試してみたくて毎日せっせと食べたけど、ありすぎて全然追いつかず。無念。
このリベンジは次回(あるのか!?)

***************

junkoさんからいただきもの❤

d0224762_12431893.jpg

鮮やかな朱赤の布はマリメッコだそう。
見てるだけで気分が上がる↑。
いつもありがとう!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-12-19 12:48 | | Comments(6)

ミシン糸収納

以前、ぐぐたすソーイング部でjunkoさんが披露していた、ミシン糸の収納方法。
自分も便乗してみました。

d0224762_12143393.jpg

今のところミシン糸は、
自称「形から入る大王」がソーイングを始めて間もなく買いに走った、
シェーカーのオーバルボックスに収納している
(「ニット」とか「下」とかの書き込みはお気になさらず~;笑)

d0224762_12151690.jpg

このソーイングボックスはもう何年も前、
とある洋服屋さんで見かけたのと同じもの。
中に糸立てがセットされているところがツボに入り、
思わず買いそうになったが、
「そもそもミシン糸持ってないじゃん」と、その時は却下。
晴れて(?)ミシン糸を使う身の上になったので、改めてネットで探して購入した。

d0224762_121519.jpg

収納性という点では、ミシン糸にボビンキャッチャーでボビンを連結させ、
四角い入れ物に収める方が効率がいいとわかっちゃいるが、
無駄な空間が出てもいい、これが欲しいんじゃー!という、
おのれの欲望には勝てなかった(←すぐ負ける女)

d0224762_12154694.jpg

ソーイングを始めて3年、少しずつミシン糸も増えてきて、今まさに飽和状態。
増えることはあっても減ることはないと思われるので、
今後ハミ出た分は、真っ当に(?)四角い箱に収納するつもり。

*******************

週末、お魚教室でアジ5尾、イカ3杯、アワビ1個をさばいたので、
お持ち帰りのアジとイカでいろいろお料理。

d0224762_1216461.jpg

お刺身、イカじゃが、アジの南蛮漬け、イカとキウィとセロリのフェ。
先週は血中ナットウキナーゼ値が過去最高だったが(たぶん)
今週はDHAとEPAが血管をゴーゴー流れてる気がする(頭よくなったかも~♪)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
私もふだんは納豆(のみ)かけご飯です。どう食べてもおいしい納豆バンザーイ!(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-07-03 12:20 | ソーイング(その他) | Comments(18)

山姥デビュー

すっかり出遅れてしまった感は否めないが、手持ちの包丁大公開。

d0224762_12144720.jpg

グローバルの包丁と、ベーグル買ったらオマケにくれたパン切りナイフ。
実質、包丁1本てことだな(少っ)
ま、サラシに巻きやすいからいいけど(何の話)

包丁は長年、学生時代に買ったスーパーブランド製(=安物)を使ってきたが、
経年劣化でプラスチックの柄部分にヒビが入り始め、
「何かの拍子に刃がすっぽ抜けて、眉間に突き刺さったらどうしよう」と思うと、
心配で夜も眠れなくなったため(違)
数年前に刃と柄が一体化したグローバルに新調した(そんな理由かい)

以来、たま~に写真の簡易包丁研ぎでギコギコ研いでいたが、
先月、急にその気になって「包丁の研ぎ方教室」に参加。
このたび砥石を購入し、これからは自分で研ぐことを心に誓った。

d0224762_12153840.jpg

上の中砥で刃の表裏を研ぎ、下の仕上げ砥で刃先のカエリをならす。
手前の小さいのは砥石を研ぐための砥石。
よく研ぐ場所がそこだけ凹んでくるので、これで全体を平らに保つのである。

d0224762_12155022.jpg

キラリ~ン☆(笑)

包丁研ぎなんて一生自分には関係ないと思っていたが、
ヘタクソでも研げばそれなりに切れ味が戻り、やってみると結構楽しい。
草木も眠る丑三つ時、シャーッシャーッと小気味良い音を響かせながら刃を研ぎ、
時折指の腹を刃に当てては研げ具合をためつすがめつしていると、
気分はすっかり山姥。

泣く子はいねが~~~(それはナマハゲ)

というような話を以前ノラさん宅でしたら、
「都内在住じゃん(笑)」と指摘された。確かに。
というわけで、これからはシティ山姥をめざすことにしたい。

d0224762_12165061.jpg

包丁研いだらキャベツの千切りでしょう、というわけで、
「向田邦子の手料理」から、もしゃもしゃサラダを作った。
ふだんの3割増し(3割減?)に細~く切ってみたけど、
研ぐのも切るのも鍛錬の余地大ありだな。

シティ山姥への道のりは、まだまだ険しく遠いのであった。シャーッシャーッ・・・・・・

***************

<乾麵・飛び込み隊! ~豪華食材(笑)で手抜き道編~>

d0224762_12204127.jpg

週末にフグ鍋を食べたので、おつゆの残りに飛び込んでみました。
大変飛び込み甲斐がありました(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
パリ旅行前半は怖くてレストランに入れず(子どもか)。ようやく慣れた頃に帰国、でした。
わ~~~こっちにもありがとう! いっぱい押してたもれ♪(笑)
・・・こ、告白ッ!? キャーキャー♪(照)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-11-20 12:25 | 食べもの | Comments(16)

ピンチハンガーその2

大江戸骨董市で購入した、「ちっこいおぢさん」こと洗濯ピンチ。
おぢさんは昭和のお人と思われ、ゆえにアルミでもステンレスでもなく、
ブリキだかトタンだか、何かそんなような金属で出来ている。
はじめはベランダに出しっぱなしにしていたが、
雨に濡れるうちサビてきそうだったので、
おぢさん専用のピンチハンガーを作ることにした。

d0224762_11092.jpg

ハンガーは前回と同じお店で、一回り小さいサイズを購入。
100円ショップで買ったすきまテープをぐるり一周巻いて厚みを出し、
その上からハギレ(ペンギンワンピのストライプ布&サークルレースを
テープ状に切って重ねたもの)
をぐるぐる巻きつけてある。
・・・・・・何かウロコみたい?

d0224762_1110977.jpg

テケトーに作ってみたけど、おぢさんのガニ股が半端じゃなく、
実際にはこれしきの厚みでは全然足りなかった。
ま、はさめれば何でもいいや(作り直す気皆無)

***************
<しつこく保存食シリーズ>

らっきょうと梅を仕込み終わり、俄然気が大きくなったところで、
山椒にも手を出してみました(笑)

d0224762_111094.jpg

保存食の本には「枝から実を外すのがとても大変」と書かれていたが、
「ただ外すだけじゃん」と舐めてかかっていた自分。浅はかだった。
実がしっかり枝についているので、1つ1つ外す作業がとっても大変!(ひぃい)
ミニパックにしといてよかったよ・・・・・・
しかしこれ、ゆでて柔らかくなってから実を外した方が楽じゃなかろうか。
ネットで見ても「実を外す→ゆでる」方法ばかり。
「ゆでる→実を外す」じゃダメなわけ!?(誰に聞いてる)

塩漬けと醤油漬けで迷ったが、漬け汁も利用できることから醤油漬けに決定。
それにしてもいい香りだなー♪
自然、蒲焼がボヨヨンと頭に浮かび、
しばしエアうな重を堪能したのであった(もう長いこと食べてないよ・・・・・・)

d0224762_1114962.jpg

保存食じゃなけど、ついでに瓜の雷漬け(を作る予定)
クルクルとらせん状に切った瓜を1日陰干しして、新しょうがと一緒に甘酢に漬ける。
別に漬けものが食べたかったわけではなく、
この切り方を一度やってみたかっただけ~(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
はぎれを生き返らすことができて嬉しい反面、ますます捨てられなくなったという・・・(笑)
わぁあ、「大層な事」になるとこでした!(慌てて予約) ありがとうありがとう!(ひしっ)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-07-13 11:13 | ソーイング(小物) | Comments(16)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie