Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

タグ:リバティ ( 2 ) タグの人気記事

ヘンリーネックシャツ

高級布リバティでシャツを作りました。

d0224762_1217361.jpg

パターン: C&S 「Standard」 ヘンリーネックシャツ
布: C&S リバティタナローン Rose of Persia ブルー
   熊谷商事(貝ボタン)

布は豆電球リバティを買った際、「お、これもいいじゃん!」と購入したもの。
リボンのブラウスを作ることも考えたが、3連発はさすがに飽きるので、
ヘンリーネックシャツにした。
苦手なボタンホールはあるが、衿が短冊あきなので普通のシャツより数は少ないし、
前身頃は1枚裁ちなので左右の柄合わせも必要ない。

そんなわけで、割とお気楽な気分で作り始めたのだが、
今回は裁断でいろいろやらかした。

d0224762_1218227.jpg

まずは袖。
柄物なのに布を上下2つ折りして裁断したため、
片方の袖の柄が思いっきり下向きになってしまった。
き、貴重なリバチー様が・・・・・・(白目)

d0224762_12205999.jpg

それでも多少は布が余っていたため、
「七分袖にすれば何とか取れるさ!」と気を取り直したのもつかの間、
接着芯まで貼ったところで、衿と袖口カフスの柄が横向きなことに気がついた。
仕様書通り縦目で裁断したのだが、柄物でそれをやると、
いざ縫いつけた暁にはせっかくの絵柄が横倒しになってしまう。
衿やカフスがついた服は今まで無地の布でしか作ったことがないので、
裁断する時にまったく考えが及ばなかったのだった。

さすがに衿まで取り直せるほど布が残っておらず、
C&Sのお店に問い合わせたところ、やはりというか、どこも売り切れ。
「・・・・・・こうなったら半袖か!?」と悪寒が走ったが、
数日後「倉庫に少しだけ残っていました」と連絡があり、
すぐさまお店に走って、何とか50cm買い足すことができたのだった。
き、貴重な野口英世様が・・・・・・(涙目)

衿の短冊布はもともと縦目で取っていたので問題なかったものの、
「どうせなら、いっちょ柄合わせでもしてやろうかい」という気になり、
上前になる短冊布だけ身頃と柄が合うよう裁断し直した。

d0224762_12184957.jpg

完成図。
見よ、この柄の合いっぷりを!(ドヤァ!!)
まいちんの変態的なまでの合わせっぷりには及ぶべくもないが、
自分史上最高にぴったりと柄が合い、しおれかけていた気分も急上昇。
右身頃だけでなく左身頃ともそこそこ柄が合っていて、
一瞬「自分天才!?」と思ったが、よく考えてみたら身頃はひと続きなので、
右と合えば左も合うのは当然なのだった。ちゃんちゃん。

d0224762_12185918.jpg

ちなみに、ポケットはまったく柄合わせ無視で裁断して、
合ってるような合ってないような、ビミョ~な感じに収まりました(笑)

d0224762_12191019.jpg

袖は恐怖の「逝ってこい」始末ではなく、
袖口の両側を若干大きめに裁断して、その差であきを作る仕様。
・・・・・・という説明では何のこっちゃだと思うので、
興味のある方はC&Sの「Sewing Lesson」をご覧ください(丸投げ)
全体的に縫い目がヨロヨロしているが、ま、こんなもんじゃないでしょーか。

懸案のボタンホールは短冊上に作るので、
さすがに位置を間違えることはなかったが、
縫い目が飛ぶわ歪むわダンゴになるわ、いろいろ情けなさすぎて泣けた。
・・・・・・おのれ山崎号!(責任転嫁)
それに「短冊だからボタンホールの数は少なくて済む」と思っていたのに、
このシャツは短冊が長いので、なんだかんだで7つも開けてしまった。
・・・・・・話が違うじゃん!(誰に言ってる)

d0224762_12192877.jpg

大変気に入って購入したRose of Persiaは、
完成して着てみたら怪しい中国人風に見えて少しヘコんだが、
それまでのドタバタを思えば、今は安堵の方が大きい。
英世様1.5人分(税込1.6人分)余計にかかったこのシャツを、
これからせいぜい着倒そうと思う。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ワハハ、感動してくれてありが豚♪(←豚シリーズ) お名前がない限り、どなたかはわからないんですよー。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-06-10 12:35 | ソーイング(服) | Comments(13)

ぺプラムプルオーバー

たろっちでブラウスを作りました。

d0224762_1224841.jpg

パターン: 大川友美「いつもの服、きれいな服」 ぺプラムプルオーバー
布: リバティ タナローン Doctor Tulloch

リバティはパリ旅行の際、モンマルトルの布屋さんで買ったもので、
日本製に比べやや厚ぼったく、光沢も控えめだった。
また、日本製と違ってミミに「Liberty」の文字がプリントされていないため、
柄の上下が「???」で、ネットで布見本をガン見して判断した。
さらに、裁断時にチャコで合印を入れたものの、
いざ縫う段になったらきれいさっぱり消えていた、ということもあった。
そういえば、アイロンもかかりにくかったなぁ。
・・・・・・これ本当にタナローンだよね?(疑)

d0224762_12253425.jpg

ぺプラムプルオーバーは本の表紙にもなっていて、
縦方向に柄が入ったリバティが使われている。
ゴムの入ったウエスト部分で身頃とぺプラムに分かれており、
いつもなら柄や色で上下の切り替えをお知らせするところだが、
このデザインに限っては素直に柄の向きをそろえた方がよさそうだ。

d0224762_1226473.jpg

しかし、彼の地のリバティは布幅は135cmくらいあるものの、
お店にはもう1.3m程度しか残っていなかったため、
どうパターンを置いても縦目でペプラムが取れなかった。
仕方がないのでペプラムは横目で裁断し、
不本意ながら(苦笑)切り替えをお知らせすることにした。
ま、Dr.Tullochは書斎の本がモチーフらしいので、
 身頃:棚差しの本
 ペプラム:平積みの本
と思えば、そんなに変じゃない・・・かも・・・・・・たぶん。

このパターンは衿ぐりが詰まっていて、そのぶん背中に開きが作ってある。
オリジナルでは後ろ身頃のセンターではぎ合わせる仕様になっていたが、
左右の柄合わせが面倒なので「わ」で裁断し、
他のパターンを参考に見返しつきの開きに変更した。
その際、背中からババシャツがチラ見えするのを防ぐため、
オリジナルより浅い開きにした・・・・・ら、頭が通らなかった(ちーん)
そのため、いったんは縫いつけた衿ぐりのバイアスをほどき、
前身頃の衿ぐりをオリジナルより広めに縫い直して、何とか事なきを得た。
・・・・・・って、結局衿ぐり広がってるじゃん!

d0224762_12262873.jpg

後ろ開きにつけたのは、高知で買った薔薇ボタン❤

リバティとはいえ渋~い色で模様も細かいせいか、
裁断の際あれほど悩んだ割に、完成品を着てみたら、
柄がどっち向いてようが大して変わりないじゃん、てな感じ。
それよりこのペプラムは、果たして自分に似合っているのだろうか(知らんがな)

しばらく着てから判断したい(今決めろ)

****************

d0224762_12273537.jpg

先日、手みやげにマッターホンのクッキーをいただいた。
ヘタウマなイラストも色もかわいい缶は、
市販のゴムひもを入れておくのにぴったりなサイズ。
缶好きなので、こんなふうに用途がぴったりハマると気分がいいな~。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
彼の地ではちゃんぽんは食べないんじゃないかなあ(そもそも売ってるのか!?)。きしめんうどんきしめんきしめんうどんきしめ(以下略)、てな感じかと。
私も学校で地球儀作りました♪(懐) まさかウン十年後、ハマることになろうとは(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-04-10 12:38 | ソーイング(服) | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie