Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

タグ:シャツ ( 3 ) タグの人気記事

布帛Tシャツ

滑り込みで今年初の夏服を作りました(遅っ)

d0224762_1343271.jpg

パターン:Wildberry 布帛Tシャツ
布:MUJI オーガニックコットン洗いざらし 敷ふとんカバー

布帛Tシャツはウテオンマさんが絶賛されていて、以前から気になっていたパターン。
まつがって買ってしまったMUJIの敷ふとんカバーが、カシュクールコートを作ったらちょうど用尺分くらい残ったので、いっちょ作ってみるか!とポチった次第である(ウテオンマさん、大当たり~!)
パターンは前身頃、後ろ身頃、袖の3つで、衿ぐりはバイアス処理、さらに袖はドロップショルダーというシンプル構造。
ごく簡単な仕様書はあったが、こういうかぶりタイプのトップスは今までたくさん作ってきたので、特にじっくり見なくてもサクサク縫うことができた。
・・・・・・成長したなぁ自分(ってほどのブツではありませんが)

とかいいつつ、縫い代でちょっと失敗。
布帛Tシャツの「Tシャツ」部分だけ印象に残っていたせいか、ニットのつもりで縫い代1cmのまま裁断してしまったため、ふだん縫い代1.5cmでやっている折伏せ縫いを、無理くり1cmでやる羽目に。
細っ!

同じく袖口&裾も、2つ折り仕様で縫い代を2cmしか取らなかったため、0.5×1.5cmで何とか三つ折にしたのだった。
やりにくいわッ!!
・・・・・・ったく、布帛なら布帛と書いといてくれよ!!!(書いてあるし)

ちなみに衿ぐりは1cm詰め、バイアスは2つ折のニット仕様ではなく、通常の4つ折(3つ折?)の布帛仕様で処理した。
あと、ハギレでテケトーに胸ポケットをつけました。

d0224762_1361683.jpg

確かウテオンマさんも書かれていたが、このパターン、着ると若干裾すぼまりのラインになる。
脇線はまっすぐなのに不思議~と思ったら、パターンもほんの少し内側に入ってました。
コクーン効果か、いろいろなボトムスに合わせやすいので気に入っている。
また、着てるとビュービュー風が吹き抜けて、めちゃ涼しい!
風通しよすぎて、ちょっと不安になるほどだ(み、見えてないよね!?)
真夏の制服代わりに布違いで作ろうっと♪と思ったけど、明日はもう9月なのだった。

d0224762_1371270.jpg

MUJIの敷ふとんカバーはカシュクールコートとTシャツを作ってほぼ使い切り、残ったわずかなハギレもザクザク切ってウェスにした。
まつがいに気づいた時はショックだったけど、とことん使い倒した今は気分爽快。
・・・・・・勝った!(誰に)

*************************

オリンピックの(というか体操の)コーフン冷めやらず、ついピンバッチを買ってしまいました(白井選手、シライ2認定おめでとう!)

d0224762_13937.jpg

リオ五輪特集号は、あらかた出揃ったところでガン見吟味して買う予定(買うんかい)
今のところ内村選手が表紙のものが多く、大変好感がもてる。

4年後はいよいよ東京かぁ。
リオ五輪の熱戦を見て、「中の人になりたい」気もちがますます強くなった。
目下最大の野望(?)は、体操会場でスタッフとして働くこと。
働けたらなー。働きたいよー。よし働くぞー!
というわけで、お心当たりやコネのある方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします(本気と書いてマジと読む)。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-08-31 13:15 | ソーイング(服) | Comments(10)
久々に桃やぎ服を縫いました。

d0224762_1274084.jpg

パターン: MPL ハイウエストタックシャツ
布: リネンや リネンダンガリー(たぶん) れんげ
    C&S リバティタナローン Clementine
   エルミューゼ(ボタン)

これは「難易度の高いパターンを、気が向いたらちょこちょこ縫って、のんびり完成させる」シリーズ(←今作った)の、第2弾でもある。
ちなみに第1弾は、同じくMPLのイレギュラーヘムシャツドレス

d0224762_1273041.jpg

シャツを作り慣れている方にしてみれば、どちらも至って普通の難易度だろうが、自分的には「台衿あり・カフスあり・ボタンホールあり」というだけで、がぜんハードルが高くなる。
今回も作り始めたのは昨年の6月で、文字通り「気が向いたら縫う」ペースで作っていたら、完成まで10カ月もかかってしまった。遅っ。

布は一昨年、セールで買った桃やぎリネン。
ピンクの中でもこういうすみれ色っぽいピンクは大好物で、洗い込んだような風合いがあるところもツボだった。
サンプルで見て気に入り、布が届いたらますます気に入り、「今買っとかないと、もう手に入らないかも」と、在庫で少し残っていた分も追加で買ったほどである。
ちなみに、その後しばらくしてC&Sから「リネンナチュール」というシリーズが発売され、その中のラズベリーピンクが色も質感もそっくりだったので驚いた。
リネンやは布幅130cm、C&Sは110cmなので、まったくの別生産なのだろうが、商品としては同じものなのかなぁ???

d0224762_1284029.jpg

今回はタックを縫う手間はあったものの形はベーシックで、イレギュラーヘムシャツに比べれば工程はシンプルだった。
台衿は観念して最初からしつけをかけたので、コケずに縫えたし。
また、カフスは今回も「逝ってこい」始末だったが、2回目で慣れたせいか、無事帰ってくることができた(意味不明)

d0224762_128347.jpg

毎度悪戦苦闘しているボタンホールは、自分史上最多の13個(うげー)
キレイに縫おうなどと思ったらいつまでたっても完成しないので、「とりあえずぐるり一周縫えていればそれでよし」とした。
布の厚みがちょうどよかったのか、予想に反してスムーズに縫い上がり、大喜びしていたのだが。


・・・・・・また開ける位置まちがえたぁあーーーッ!!!(絶叫)


イレギュラーヘムシャツでは指定より5mm内側寄りに開けてしまったが、今回は5mm外側に開けてしまうという痛恨のミス(呆然)
別にそのために着られなくなるわけじゃなし、いいっちゃいいんだけど(いいのか)、毎度ボタンホールの落とし穴にハマる自分が情けなさすぎて泣ける・・・・・・うぉーん!

d0224762_12181928.jpg

おまけに、自主的に脇線利用のシームポケットをつけたのだが、袋布用のリバティを同じ向きで2枚裁断してしまい、左ポケット(写真右)は向う布に。
本体はそこそこまともに縫えたのに、詰めが甘いというか細部でコケるというか。
自分のアホさ加減には呆れるしかないが、今さらやり直す気力もないので、笑って忘れることにしよう。

アハハ・・・ハ・・・ハ・・・(うつろ)

***************

ただいま出版界は絶賛春のソーイング祭りらしく、次から次へと新刊が出てリンダ(誰)困っちゃう状態。
とりあえず大橋さん本を買いました。

d0224762_12102970.jpg

今年中にこの中から1着は作りたいものである(え?)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
はじめまして、コメントありがとうございます!クスッと笑ってもらえて嬉しいです。ワーイ!(大喜び)
そういう奥様はどれ買ったの? 正直にゲロりなさい。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-04-06 12:29 | ソーイング(桃やぎ服) | Comments(8)

ヘンリーネックシャツ

高級布リバティでシャツを作りました。

d0224762_1217361.jpg

パターン: C&S 「Standard」 ヘンリーネックシャツ
布: C&S リバティタナローン Rose of Persia ブルー
   熊谷商事(貝ボタン)

布は豆電球リバティを買った際、「お、これもいいじゃん!」と購入したもの。
リボンのブラウスを作ることも考えたが、3連発はさすがに飽きるので、
ヘンリーネックシャツにした。
苦手なボタンホールはあるが、衿が短冊あきなので普通のシャツより数は少ないし、
前身頃は1枚裁ちなので左右の柄合わせも必要ない。

そんなわけで、割とお気楽な気分で作り始めたのだが、
今回は裁断でいろいろやらかした。

d0224762_1218227.jpg

まずは袖。
柄物なのに布を上下2つ折りして裁断したため、
片方の袖の柄が思いっきり下向きになってしまった。
き、貴重なリバチー様が・・・・・・(白目)

d0224762_12205999.jpg

それでも多少は布が余っていたため、
「七分袖にすれば何とか取れるさ!」と気を取り直したのもつかの間、
接着芯まで貼ったところで、衿と袖口カフスの柄が横向きなことに気がついた。
仕様書通り縦目で裁断したのだが、柄物でそれをやると、
いざ縫いつけた暁にはせっかくの絵柄が横倒しになってしまう。
衿やカフスがついた服は今まで無地の布でしか作ったことがないので、
裁断する時にまったく考えが及ばなかったのだった。

さすがに衿まで取り直せるほど布が残っておらず、
C&Sのお店に問い合わせたところ、やはりというか、どこも売り切れ。
「・・・・・・こうなったら半袖か!?」と悪寒が走ったが、
数日後「倉庫に少しだけ残っていました」と連絡があり、
すぐさまお店に走って、何とか50cm買い足すことができたのだった。
き、貴重な野口英世様が・・・・・・(涙目)

衿の短冊布はもともと縦目で取っていたので問題なかったものの、
「どうせなら、いっちょ柄合わせでもしてやろうかい」という気になり、
上前になる短冊布だけ身頃と柄が合うよう裁断し直した。

d0224762_12184957.jpg

完成図。
見よ、この柄の合いっぷりを!(ドヤァ!!)
まいちんの変態的なまでの合わせっぷりには及ぶべくもないが、
自分史上最高にぴったりと柄が合い、しおれかけていた気分も急上昇。
右身頃だけでなく左身頃ともそこそこ柄が合っていて、
一瞬「自分天才!?」と思ったが、よく考えてみたら身頃はひと続きなので、
右と合えば左も合うのは当然なのだった。ちゃんちゃん。

d0224762_12185918.jpg

ちなみに、ポケットはまったく柄合わせ無視で裁断して、
合ってるような合ってないような、ビミョ~な感じに収まりました(笑)

d0224762_12191019.jpg

袖は恐怖の「逝ってこい」始末ではなく、
袖口の両側を若干大きめに裁断して、その差であきを作る仕様。
・・・・・・という説明では何のこっちゃだと思うので、
興味のある方はC&Sの「Sewing Lesson」をご覧ください(丸投げ)
全体的に縫い目がヨロヨロしているが、ま、こんなもんじゃないでしょーか。

懸案のボタンホールは短冊上に作るので、
さすがに位置を間違えることはなかったが、
縫い目が飛ぶわ歪むわダンゴになるわ、いろいろ情けなさすぎて泣けた。
・・・・・・おのれ山崎号!(責任転嫁)
それに「短冊だからボタンホールの数は少なくて済む」と思っていたのに、
このシャツは短冊が長いので、なんだかんだで7つも開けてしまった。
・・・・・・話が違うじゃん!(誰に言ってる)

d0224762_12192877.jpg

大変気に入って購入したRose of Persiaは、
完成して着てみたら怪しい中国人風に見えて少しヘコんだが、
それまでのドタバタを思えば、今は安堵の方が大きい。
英世様1.5人分(税込1.6人分)余計にかかったこのシャツを、
これからせいぜい着倒そうと思う。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ワハハ、感動してくれてありが豚♪(←豚シリーズ) お名前がない限り、どなたかはわからないんですよー。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-06-10 12:35 | ソーイング(服) | Comments(13)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie