Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

タグ:お知らせ ( 4 ) タグの人気記事

湯たんぽカバー

新しく湯たんぽカバーを作りました。

d0224762_1246236.jpg

パターン: snowwing しじみ巾着 Mサイズ
布: 各種ハギレを利用

昨年の春、愛用していた陶器の湯たんぽを割ってしまった。
以前から石黒智子さんの本で見た銅の湯たんぽに興味があったので、同じものと思われるドイツ製品を探したのだが、職人さんが高齢のため引退してしまったとかで、すでに入手不可能になっていた。

で、日本製でいろいろ検討した結果、購入したのがこちら↓。

d0224762_12472956.jpg

容量0.85Lと今まで使っていた陶器製(1.5L)の約半分しかないが、銅は保温性が高いと聞くし、シンプルな円型タイプはこのサイズのみだったので思い切って購入。
結果、小さくても朝まで十分温かく、特に問題なしだった。

届いた当初、とりあえず家にあったしじみ巾着に入れてみたら、しじみのカーブが湯たんぽの丸みに合い、サイズもちょうどいい。
ただ、表裏2枚の布だけだと熱くなりすぎるので、専用カバーを作ることにした。

d0224762_12483755.jpg

パターンはしじみ巾着のMサイズを利用。入れ口側だけ長さを少し延長した。
裏地は白いリネンにキルト芯を貼ってミシンをかけ、なんちゃってキルティング仕様に。

d0224762_12485067.jpg

表地は昔使っていたウールのマッフリャー。
こちらも使い古しのタオルを重ね、保温性を高めた。

d0224762_1249291.jpg

マッフリャーの幅が足りなかったため真ん中で継いで、飾りに得意の(笑)刺し子ステッチを入れてある。

d0224762_12512564.jpg

言われなきゃわかんないけど、口布はストライプとボーダーでお知らせしてみました。

表も裏も二重にしたためかなりブ厚く、それなりに縫いにくかったが、幸い縫いずれすることもなくブツが完成した。
ちょっとブ厚くしすぎた感は否めないけれど、そのぶん保温性はばっちり。
朝カバーから出した時点でもまだ熱いぐらいで、一晩中ぬっくぬく~♪である。

d0224762_12522113.jpg

ちなみに、なんでそこまで銅の湯たんぽにこだわったかというと、石黒さんの本に「直火にかけられる」とあったから。
陶器の湯たんぽも暖かいし色も気に入っていたのだが、毎晩2つの鍋で湯を沸かし翌朝捨ててという作業は、正直かなり面倒だった。
石黒さん方式だと水は入れっぱなしで、湯たんぽごと火にかけて温め直せばよい。
中の水はシーズン終わりに捨て、その際軽く加熱して水気を飛ばせば錆びることもないという。
実際やってみると、夜湯たんぽを火にかける手間だけで済み、ミニサイズなので沸くのも早い。
数日家を空ける時は念のため水を捨てているが、基本シーズン中は入れっぱなしでも問題なさそうだ。
手間が減ったぶん精神的ハードルも下がり、深夜帰宅した日なども気軽に湯たんぽを用意できるようになった。
いや~~~銅の湯たんぽっていいな! 直火ブラボー!!
石黒さんの本に感謝感謝である。

d0224762_12523871.jpg

そんなわけで、この冬はお気楽ぬくぬく湯たんぽライフを満喫している。

<念のため注意事項>
・「銅製湯たんぽを直火にかける」は、メーカーによっては禁止されています(あくまで自己責任で)
・加熱する際は、くれぐれも蓋(ゴムパッキンも)を取ることを忘れずに!(←自分への覚え書き)

***************

ウテオンマさん絶賛の本「誌上・パターン塾 パンツ編」を買いました。

d0224762_1253855.jpg

「ちょっと中身を拝見」ぐらいなつもりで本屋に行ったら、中身の充実っぷりが半端なく、速攻で購入を決意。
基本の4パターンをベースに様々な展開方法が紹介されているのだが、「脇線の形状の違いによる比較」とか「絞り位置の違いによる比較」とか、パターンの細部をちょこっといじると何がどう変わるのか、詳しい解説が着用写真とともに載っていて、「そういうことだったのかー!」と目からウロコな情報の連続だった。
補正のページには「キューピー腹(とは言ってない)の場合」なんて項目もあったりして、まさに「パンツ縫い族必携の書@ウテオンマさん」。
情報量が多すぎてまだ頭が混乱してるけど、いつかこれで自分仕様のパンツを縫ってみたいなあ。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
コメントどうもありがとうございます! キャーーー、そう言っていただけて嬉しいです♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-02-22 12:58 | ソーイング(小物) | Comments(12)
ファスナーが3つも!あるポーチを作りました。

d0224762_12253411.jpg

パターン:Rick Rack トリプルファスナーポーチ
布:fab-fabric シャンブレータフタワッシャー ダークネイビー
  C&S オリジナルストライプ カシス
  ユザワヤ(フラットニットファスナー)

このポーチで楽しいのは、ファスナーと布の組み合わせをあれこれ考えること。
今回ははじめから「ファスナーは桃やぎ色のグラデーションにする!」と決めていたので、布はそれに合わせてハギレから選んだ。
どこでどう勘違いしたのか、指定より長いファスナーを買ってしまい、一瞬目の前が真っ暗になったが、ネットであれこれ調べたところ、フラットニットファスナーの場合、ファスナー止めの位置にミシンをかければ用をなすらしい(へーほー)

d0224762_12261665.jpg

半信半疑で縫ってみた図↑。

d0224762_12263626.jpg

止まった止まった、ファスナーが止まった~♪

・・・・・・フッ、これでまた1つ着地上手になってしまった(自画自賛)

d0224762_12265790.jpg

内布はピンクのストライプ生地を使用。
せっかくなので、ストライプとボーダーでお知らせしてみました。

写真入りのわかりやすい仕様書のお陰で、言われた通りに縫っていったら無事完成。
しかしファスナー脇のステッチが、幅はバラバラだわウネウネ曲がっとるわ、手作り臭がプンプン漂う出来ばえになってしまった(汗)
・・・・・・ま、自分で使うものだからいいけどさ(いくない)
小物をビシッと縫える人はすごいなあと、改めて感じた次第である。

d0224762_12272476.jpg

勢いで、スライダーに手作りタッセルなんぞつけてみました。
これは図書館で借りた、カナダ恵子さんという方のタッセル本を見て作ったもの。
1回目は眺めただけで返却したが、やっぱり気になり再度借りてきた。
例によってテケトーに作ったので、一部毛並みが乱れて寝起きのトリ頭みたいになってしまった。
・・・・・・ま、自分で使うものだからいいけどさ(そればっか)

d0224762_12355611.jpg

ちなみに材料の刺繍糸は、昨年実家で第3次昭和ローム層発掘調査を行った際、出土したもの。
中学生の頃、一時期刺繍にハマっていたことがあって、これはその名残と思われる。
ちなみに、右上の茶色い物体はゾウ(のつもり)のピンクッションである。
この先刺繍にハマる予定はないし、こんな大量の刺繍糸どうするべ~と思ったが、ちびタッセルでも結構な糸を消費することがわかったので、いつか気が向いたらまたタッセルを作る・・・・・・かもしれない。

************************

うおがし銘茶の日本茶紅茶を買いました。

d0224762_12383666.jpg

緑茶とほうじ茶はうおがし銘茶がお気に入りで、長いこと飲んでいる。
年によっては紅茶も限定販売するらしいのだが、いつもタイミングが合わなくて買えずじまいだった。
それが今年はついにビンゴ!
やっと買えたわ~~~♪(嬉)

うおがし銘茶といえば緑茶のイメージが強いので、紅茶もやぶきた種かなあと何となく思っていたが、飲んでみた感じはべにふうきっぽい。
すっきりと香り高くて品がよく、結構なお味でございました。

d0224762_12295592.jpg

こちらは4年前に限定販売されたふじかおり。
紅茶じゃなくて緑茶だけど、マスカットのような香りのする、ちょっと不思議なお茶だった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
そう来たか。細部まで、きっちり発音してください。
そう言っていただけて嬉しいです♪ ワーイ!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪

[PR]
by kuroyagie | 2016-09-14 12:40 | ソーイング(小物) | Comments(10)
以前、akiさん宅でも見かけたプルオーバーを作りました。

d0224762_15164564.jpg

パターン: 大川友美「シンプルワードローブ」 ラウンドヘムのプルオーバー
布: fab-fabric コットン×ボーダー(ブルー)×迷彩ジャガード

d0224762_15141931.jpg

このパターンはわざわざ裾が切り替えになっていて、
akiさんも書いている通り、
無地で作ったら切り替えの意味ないじゃん、というデザイン。
本ではストライプ地と無地の2種類の作例が載っていたが、
切り替えがあるパターンを見ると、「ここに切り替えがありますよ」
とお知らせせずにはおれない性質なので、
ボーダー生地を使って思う存分お知らせしてみた。

d0224762_15143125.jpg

布はネットで一目惚れして購入したもの。
ベースは紺×白のボーダーなのだが、ところどころ織りや色に変化があり、
遠目で見ると迷彩柄が浮き出るという、凝った布地。
実物もイメージ通りで大変気に入った。

裾を切り替える以外は、普通のプルオーバーと造りは同じ。
裾はもちろんのこと、ポケットも横目(ストライプ)に取って、
切り替えをお知らせしてみた。
袖も最初は横目に取るつもりだったが、ドロップショルダーなので、
縦目(ボーダー)に取った方が切り替えがわかりやすいかと思い直し、
仕様書通り縦目で裁断。
横目で取るつもりで用尺分買っていたものの、
ぎゅうぎゅうに詰めたら何とか裁断でき、
お陰でハギレがほとんど出なかった。ワーイ!(大喜び)

d0224762_15151234.jpg

袖は一見普通だが、袖口を一折りすると・・・・・・

d0224762_15145794.jpg

中からお知らせが!(笑)

着てみると何だかドロボー風に見えなくもないが(きっと気のせいね!)
とりあえずお知らせがたっぷり入れられたので満足である。

****************

d0224762_1515536.jpg

おトボケ美女3人組で自由が丘巡りをした際、C&Sで購入した接着芯。
ハギレで小さく包んでもらったら、まるでお弁当のように。
その下は先日C&Sから届いた布。
・・・・・・えらい派手だな!
チェリーピンクだけど結構落ち着いて見えるし、とポチったのだが、
届いてみたら押しも押されもせぬパー子ピンクだった。
嗚呼、また派手なお洋服が増える・・・・・・(遠い目)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
号外が家に届いたのは生まれて初めてです。7年後に見ようと、記念にとってあります♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-18 15:23 | ソーイング(服) | Comments(18)

ランダムスカートその2

着なくなったスカートの布を利用して、新たにスカートを作った。

d0224762_1347734.jpg

パターン: ソーイングナチュリラNo.5 ランダムスカート
布: 手持ちのスカートを解体
   オカダヤ Rowanコットン パープルと、えーと・・・黄土色???
   ユザワヤ ベンクリル531

このパターンはその名の通り、4つのパーツをランダムにはぎ合わせるデザイン。
大きなタックが2箇所、これまたランダムに入り、タータンチェックなどで作ると不規則性がよくわかって面白いのだが、1枚目は何を思ったか、地味~な無地のウールで作ってしまい、それでも結構活躍している。
今回は大きい2パーツを手持ちのスカートから、小さい2パーツを新たに購入した布から取り、はぎ合わせた。

d0224762_13475217.jpg

一応、前後左右はあるのだが、本には「どこが前とは決まっていないので、鏡の前でまわして好きな位置を見つけて」と書かれている。
実際、履く位置によってシルエットが変わり、その時の気分によって位置を決める作業はなかなか楽しい。

d0224762_13483025.jpg

元のスカートは、ずいぶん前に鎌倉にあるジャワ更紗(バティック)のお店で買ったもの。
正確にはスカートではなく、90×90cmの四角い布2枚で、交互に腰に巻いてスカートのように着る、という仕組み(右写真参照)
どちらもシルクで、1つはタイシルクのように張りがあり、もう1つはとろとろ柔らか。
購入後は何度か着たのだが、風が吹いたり何かの拍子に裾がめくれやすく、パンツが見えそうで、着ていてどうも落ち着かない(見えてもいいけど犯罪になるし~)
デニムなどの上からパレオのように巻いて着ることも考えたのだが、そういうこじゃれたファッションは自分の辞書にはなく、結局何年も着ないままになっていた。

シルクに合わせた布は、オカダヤで見つけた「Rowanコットン」なる布。
これって毛糸のRowanと何か関係あるのかな???
縦横異なる糸で織られた布はうっすら光沢があり、シビラを思わせる曖昧カラー。
タイ風シルクも見た目渋いカーキ色だが、光の加減によってはパープルにも見える玉虫色で、同じようなトーンだったのが決め手となった。
あまり期待せず探しに行ったが、思いがけず気に入った布がみつかり、たまには大きい実店舗をくまなくチェックしてみるのもいいなぁ、と思った次第。
おまけに、この日はたまたま半期に一度のセール中だったため、20%offで買えちゃった♪ 
ワーイワーイ!(クルクルクル~~~)

とろとろシルクはいかにも縫いにくそうで、実際その通りだったが、まったく想定外だったのが「布端が恐ろしいほどほつれやすい」こと。
別段目の粗い生地ではないのだが(むしろ目の詰まった生地)、織り方の関係だろうか、特に何をしたわけでもないのに、ヒタヒタヒタ・・・と布端から櫛の歯が抜けるように繊維が少しずつ落ちていき、気がつけば縫い代が減っている。

・・・・・・ギャーーーッ、ホラー!?(顔面蒼白)

この調子だと、最後にベルト布を縫いつける頃には縫い代がなくなってるんじゃ!?と思われたため、苦肉の策で伸び止めテープを布端をはさむように貼り、それ以上の崩壊を食い止めたのだった。
あーーーー怖かった・・・・・・ガクガクブルブル

d0224762_13494373.jpg

そんなわけで、裏側は決して人様には見せられないものとなり(いつものことだけど)、布も思った以上にデリケートそうなので、急遽裏地をつけることにした。
裏地なんてつけたことないのでネットや本でいろいろ調べてみたが、わかったようなわからんような。
要は「きせ」を入れればいいらしい(たぶん)
まあ、タイトスカートじゃないし何とかなるだろうと、元のパターンからテケトーに型紙を作りテケトーに縫ったところ、途中アタタな失敗はあったものの、何とかそれらしきものが完成。
「こんなんでいいんかい」と思わないでもないが、丸1日履いてみて特に問題もなかったので、いいことにしておこう。

ちなみに、裾はなんと手まつりである。えっへん!(←得意気)
フレアスカートだけあってミシンでも息切れするほど縫う距離が長く、前回は「手まつりなんてありえーん!」と力づくで直線ミシンをかけたが、4つのパーツごとに合間合間でゆっくり取りかかるようにしたら、いつの間にか縫い終わっていた・・・・・・やればできる子!
自分で自分を手なずける方法が、何となくわかってきた気がする今日この頃である(笑)

モノが上等なだけに捨てるに捨てられず、毎年出してはしまい、を繰り返していたスカートが着られる1枚になって、肩の荷が下りたというかホッとしたというか。
いやーーーめでたいめでたい。

*******************

<らっきょう倶楽部通信>

d0224762_11182295.jpg

お仕事で行った高知で、3粒入りのミニらっきょうを買いました♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
嬉しいお言葉ありがとうございます! いつでも木に登る準備はできてます♪(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-07-24 11:25 | ソーイング(服) | Comments(14)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie