Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

作ったもの3

d0224762_142048100.jpg

布: HARU ロシアンリネン ブルーステッチ
パターン: 適当に自作

昨年秋、エコポイントが減額になる直前に駆け込みで液晶テレビを購入。
22型と決して大きくないが、
それまで見ていたのが87年製の14型ブラウン管テレビだったせいか、
ずいぶん立派というか、横幅長っ!という印象が強い。
部屋の中で存在感がありすぎるので、カバーをかけることにした。

パターンというほどのものでもないが、
前が長くて後ろが短いマチ付きの袋を作り、
これをテレビの上からすっぽりかぶせる形にした。
縫い代は袋縫いにしたのだが、マチ部分をどう縫えばいいのやら、
私の文系頭ではいくら考えてもわからない。
出たとこ勝負で縫ってみたところ、
3回ほどやり直す羽目になったが(トホホ)、最後は何とか辻褄が合った。
最後まで辻褄が合わないこともままあるので、私にしてはよくやった方だ。

飾りにつけたレースのドイリーは京都のLINNETで購入したもの。
手が込んでいるのでさぞかし高いだろうと値札を見たら、
見間違いかと思うほどお手頃価格だった。

エコポイントでテレビを買い替えた人の中には、
長年お世話になった古いテレビにお酒をかけ、お礼を言った、
なんていう人もいたらしい。
私はというと、設置工事に来たおじさんにあっさり引き渡しておしまい。
後から「しまったーーー」と思ったがもう遅い。
まあでも、モノを手放すってそんなものかも(と考えておこう)。
[PR]
# by kuroyagie | 2011-03-29 14:21 | ソーイング(小物) | Comments(0)

作ったもの2

この2週間作ったのは小物ばかり。
細々とした作業が苦手で今まであまり手が出なかったが、
思い立ったらさっと取りかかることができて場所をとらず、
比較的短時間で完成するので達成感も大きい。
何となく落ち着かない今の自分には合っていたようだ。

d0224762_1403825.jpg

C&Sのキットからカラフルバナーを作った。
4種類×4、合計16枚の布を順につなげる作業は単調だけど、
淡々とやっていたらいつのまにかできていた。

興が乗って、キットの余った布に手持ちのハギレを足し、2つめも制作。
1つは玄関に、1つは仕事場に飾ったが、
運動会とかお誕生日会とか、心浮き立つイベントを連想させて、
見ていると元気が出る。
[PR]
# by kuroyagie | 2011-03-28 14:03 | ソーイング(小物) | Comments(4)

作ったもの1

震災から2週間が過ぎた。
私は当日こそ職場から自宅まで歩いて帰ったが、
その後は日常生活に特に支障をきたすことなく過ごせている。
そしてそれはかなり恵まれた状況であることが、だんだんわかってきた。

仕事が終わったらまっすぐ帰宅する毎日。
必然的に家で過ごす時間が長くなる。
家にこもってテレビやネットをずっと見ていると、
被害の甚大さ・悲惨さ、原発事故の深刻さに落ち込んだり不安になったりする。
そんな自分に精神安定剤的役割を果たしてくれたのがソーイングだった。
この非常時にのんきに縫いものしてていいのか、と思わなくもないが、
黙々と布を裁断したり縫ったりすることで、私の場合は気持ちがずいぶん落ち着いた。

d0224762_11102244.jpg

はじめに仕上げたのが刺し子のふきん。
もう何年も前にホビーラホビーレでキットを購入し、
亀の歩みでようやく3分の2ぐらいまでできていたもの。
計画停電が実施されたら、ローソクつけて刺し子していようと思い、
久しぶりに押入れの奥から引っぱり出してきた。
今までのところ停電は実施されず、先に刺し子の方が完成した。
実はキットは2つ買ってあったので、現在2枚目をちんたら刺している最中である。

d0224762_11105089.jpg

これが出来上がった時、被災地は、日本は、どんな状況になっているんだろう。
願わくば今よりずっとずっとよくなっていますように。
[PR]
# by kuroyagie | 2011-03-26 21:50 | ソーイング(小物) | Comments(0)
d0224762_11272342.jpg
布:C&S フレンチコーデュロイ ブルーグレー
パターン:conori ボリューミィプル

C&Sのフレンチコーデュロイ、実店舗で手に取った時は特に何とも思わなかったのに、
いろんな方の作品を拝見するうちにどんどん好ましく見えてきて(よくあるパターン)、
ブルーグレーが補充されたのを機に購入。
評判通りとても縫いやすく、控えめな光沢が美しい布だった。

d0224762_112864.jpg

ボリューミィプルは、デフォルトでは「これでもか!」というほど
パフった袖withカフスのデザイン。
自分で着るにはこっ恥ずかしいので、アレンジ例を参考に5分袖withゴムに変更した。
しかしその昔「手長猿」の異名をとった私が着ると、
寸足らずで何だか腕がちょうちんブルマー履いてるみたい(汗)。
仕方なくもともとは三つ折だった袖口の縫い目をほどき、見返しにリバティを足して、
何とか数センチほど長さを出した。
着丈ももう少し長めが好みだったので、これまた裾をほどき、布を継いで修正。

d0224762_11283690.jpg

スクエアネックは前身頃・後ろ身頃とも、左右で1センチずつ(計4センチ)詰めた。
頭が通らないと悲劇なので、新聞紙で作った型紙を貼り合わせ、
ちゃんと着られるか事前に実験済み(笑)。
見返しはリバティSmall Susannaのブルー。
仕様書にはなかったけれど、接着芯を貼ってみた……が、なくても大丈夫だったかも。

このパターンは苦手なギャザー寄せがてんこ盛り。
うちのミシン(山崎号)は旧式なので、粗ミシンに相当する直線縫いがなく、
ギャザー寄せのしつけは手縫い。
それを前後身頃、左右袖の4カ所でやったのだから、自分で自分をほめてあげたい。
このマメさを何か他のことに活かせないものだろうか。

アームホールに余裕があるので、重ね着していてもストレスがなく、
この冬は結構な頻度で着ている。
とはいえ、私が着るとドリフの聖歌隊のように見えなくもないのがツライところである。

コーデュロイを縫ったのは今回が初めて。
ちょうどよそ様のブログで「逆毛」と「順毛」があるという記事を読んでいたので、
毛並みを確認しながら慎重に裁断した。
独学の初心者には、こういう情報は本当にありがたい。
また1つ知恵がついた(メモメモ)。

そういえば、コーデュロイのこと昔は「コール天」って呼んでたなあ。
ベルベット(ベロア)は「別珍」だったし。
……死語!?
[PR]
# by kuroyagie | 2011-03-11 11:00 | ソーイング(服) | Comments(0)

はじめまして。

2010年早春、突如ソーイングに目覚めました。
以来、仕様書とにらめっこしながらド素人街道を驀進中。

今年のテーマは「ゆっくり、丁寧に作る」(今年というより永遠のテーマですが)。

カメよりは早く、ウサギよりは遅いペースになると思いますが、
よろしければ生温かい目でおつきあいください。
[PR]
# by kuroyagie | 2011-03-09 11:08 | はじめまして | Comments(0)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie