Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

ファスナーが3つも!あるポーチを作りました。

d0224762_12253411.jpg

パターン:Rick Rack トリプルファスナーポーチ
布:fab-fabric シャンブレータフタワッシャー ダークネイビー
  C&S オリジナルストライプ カシス
  ユザワヤ(フラットニットファスナー)

このポーチで楽しいのは、ファスナーと布の組み合わせをあれこれ考えること。
今回ははじめから「ファスナーは桃やぎ色のグラデーションにする!」と決めていたので、布はそれに合わせてハギレから選んだ。
どこでどう勘違いしたのか、指定より長いファスナーを買ってしまい、一瞬目の前が真っ暗になったが、ネットであれこれ調べたところ、フラットニットファスナーの場合、ファスナー止めの位置にミシンをかければ用をなすらしい(へーほー)

d0224762_12261665.jpg

半信半疑で縫ってみた図↑。

d0224762_12263626.jpg

止まった止まった、ファスナーが止まった~♪

・・・・・・フッ、これでまた1つ着地上手になってしまった(自画自賛)

d0224762_12265790.jpg

内布はピンクのストライプ生地を使用。
せっかくなので、ストライプとボーダーでお知らせしてみました。

写真入りのわかりやすい仕様書のお陰で、言われた通りに縫っていったら無事完成。
しかしファスナー脇のステッチが、幅はバラバラだわウネウネ曲がっとるわ、手作り臭がプンプン漂う出来ばえになってしまった(汗)
・・・・・・ま、自分で使うものだからいいけどさ(いくない)
小物をビシッと縫える人はすごいなあと、改めて感じた次第である。

d0224762_12272476.jpg

勢いで、スライダーに手作りタッセルなんぞつけてみました。
これは図書館で借りた、カナダ恵子さんという方のタッセル本を見て作ったもの。
1回目は眺めただけで返却したが、やっぱり気になり再度借りてきた。
例によってテケトーに作ったので、一部毛並みが乱れて寝起きのトリ頭みたいになってしまった。
・・・・・・ま、自分で使うものだからいいけどさ(そればっか)

d0224762_12355611.jpg

ちなみに材料の刺繍糸は、昨年実家で第3次昭和ローム層発掘調査を行った際、出土したもの。
中学生の頃、一時期刺繍にハマっていたことがあって、これはその名残と思われる。
ちなみに、右上の茶色い物体はゾウ(のつもり)のピンクッションである。
この先刺繍にハマる予定はないし、こんな大量の刺繍糸どうするべ~と思ったが、ちびタッセルでも結構な糸を消費することがわかったので、いつか気が向いたらまたタッセルを作る・・・・・・かもしれない。

************************

うおがし銘茶の日本茶紅茶を買いました。

d0224762_12383666.jpg

緑茶とほうじ茶はうおがし銘茶がお気に入りで、長いこと飲んでいる。
年によっては紅茶も限定販売するらしいのだが、いつもタイミングが合わなくて買えずじまいだった。
それが今年はついにビンゴ!
やっと買えたわ~~~♪(嬉)

うおがし銘茶といえば緑茶のイメージが強いので、紅茶もやぶきた種かなあと何となく思っていたが、飲んでみた感じはべにふうきっぽい。
すっきりと香り高くて品がよく、結構なお味でございました。

d0224762_12295592.jpg

こちらは4年前に限定販売されたふじかおり。
紅茶じゃなくて緑茶だけど、マスカットのような香りのする、ちょっと不思議なお茶だった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
そう来たか。細部まで、きっちり発音してください。
そう言っていただけて嬉しいです♪ ワーイ!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪

[PR]
# by kuroyagie | 2016-09-14 12:40 | ソーイング(小物) | Comments(10)

布帛Tシャツ

滑り込みで今年初の夏服を作りました(遅っ)

d0224762_1343271.jpg

パターン:Wildberry 布帛Tシャツ
布:MUJI オーガニックコットン洗いざらし 敷ふとんカバー

布帛Tシャツはウテオンマさんが絶賛されていて、以前から気になっていたパターン。
まつがって買ってしまったMUJIの敷ふとんカバーが、カシュクールコートを作ったらちょうど用尺分くらい残ったので、いっちょ作ってみるか!とポチった次第である(ウテオンマさん、大当たり~!)
パターンは前身頃、後ろ身頃、袖の3つで、衿ぐりはバイアス処理、さらに袖はドロップショルダーというシンプル構造。
ごく簡単な仕様書はあったが、こういうかぶりタイプのトップスは今までたくさん作ってきたので、特にじっくり見なくてもサクサク縫うことができた。
・・・・・・成長したなぁ自分(ってほどのブツではありませんが)

とかいいつつ、縫い代でちょっと失敗。
布帛Tシャツの「Tシャツ」部分だけ印象に残っていたせいか、ニットのつもりで縫い代1cmのまま裁断してしまったため、ふだん縫い代1.5cmでやっている折伏せ縫いを、無理くり1cmでやる羽目に。
細っ!

同じく袖口&裾も、2つ折り仕様で縫い代を2cmしか取らなかったため、0.5×1.5cmで何とか三つ折にしたのだった。
やりにくいわッ!!
・・・・・・ったく、布帛なら布帛と書いといてくれよ!!!(書いてあるし)

ちなみに衿ぐりは1cm詰め、バイアスは2つ折のニット仕様ではなく、通常の4つ折(3つ折?)の布帛仕様で処理した。
あと、ハギレでテケトーに胸ポケットをつけました。

d0224762_1361683.jpg

確かウテオンマさんも書かれていたが、このパターン、着ると若干裾すぼまりのラインになる。
脇線はまっすぐなのに不思議~と思ったら、パターンもほんの少し内側に入ってました。
コクーン効果か、いろいろなボトムスに合わせやすいので気に入っている。
また、着てるとビュービュー風が吹き抜けて、めちゃ涼しい!
風通しよすぎて、ちょっと不安になるほどだ(み、見えてないよね!?)
真夏の制服代わりに布違いで作ろうっと♪と思ったけど、明日はもう9月なのだった。

d0224762_1371270.jpg

MUJIの敷ふとんカバーはカシュクールコートとTシャツを作ってほぼ使い切り、残ったわずかなハギレもザクザク切ってウェスにした。
まつがいに気づいた時はショックだったけど、とことん使い倒した今は気分爽快。
・・・・・・勝った!(誰に)

*************************

オリンピックの(というか体操の)コーフン冷めやらず、ついピンバッチを買ってしまいました(白井選手、シライ2認定おめでとう!)

d0224762_13937.jpg

リオ五輪特集号は、あらかた出揃ったところでガン見吟味して買う予定(買うんかい)
今のところ内村選手が表紙のものが多く、大変好感がもてる。

4年後はいよいよ東京かぁ。
リオ五輪の熱戦を見て、「中の人になりたい」気もちがますます強くなった。
目下最大の野望(?)は、体操会場でスタッフとして働くこと。
働けたらなー。働きたいよー。よし働くぞー!
というわけで、お心当たりやコネのある方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いします(本気と書いてマジと読む)。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2016-08-31 13:15 | ソーイング(服) | Comments(10)
リオ五輪が終わりました(終わってません)

d0224762_1225531.jpg

連日眠い目をこすりながら観戦してきた体操も、昨日のGALAですべて終了。
始まる前は(始まった後も)どうなるかとハラハラしたが、男子は団体で金、個人総合でも内村航平選手が金と、盆と正月がいっぺんに来たような(盆は来た)おめでたい結果となった。
これまで何度も痛い目に遭ってきたせいか、最近は「最終順位が電光掲示板に表示されるその瞬間まで、安心するのはまだ早い」とおのれに言い聞かせながら観戦するのが常になっていたが、今回はまさかの「悲観するのはまだ早い」展開に。
オリンピックには魔物がいるというけれど、リオにいたのは女神だったらしい。

それにしても、LIVE観戦はまさに寿命と引き換え、「こんなつらい思いをしてまで観ることに、一体どんな意味があるのだろうか」と、哲学的思考に走るぐらい心臓に悪かった。
しかしあんなすごい試合をリアルタイムで見られる機会なんて、この先何度あるだろう。
寿命は確実に縮んだが、おかげで冥土の土産コレクションにまた1つ新作が加わった。

男子の陰で目立たなかったが、女子も団体で4位、個人総合は寺本明日香選手が8位に入った。
かつての「団体決勝進出? ないない~┐(´-`)┌」「個人総合残ったって!? マジか!(゚Д゚;)」だった時代を思うと、最近の躍進ぶりは夢のよう。
そのうえオリンピックで4位と8位に入るとは。
これがいかにスゴいことか、私は声を大にして言いたいッ!(はいはい)

d0224762_1227988.jpg

競技中は怖くて画面を正視できず、かといって何かしていないと身の置き所がないので、はるか昔ホビーラホビーレで買った刺し子のふきんをせっせと縫っていた。
2011年に1枚目が完成した後、2枚目のこれに取りかかったもののすぐ頓挫したので、実に5年ぶりの再開である。
幸い(?)、今回は時間はたっぷりあるわ、恐怖のあまり作業がどんどこ進むわで、体操競技期間中に無事完成した。

d0224762_12364977.jpg

このキットは水溶性インクでステッチのガイドラインが印刷されており、その通りに刺していけばいいわけだが、ガイドラインは単に刺すラインのガイドだと思い込んでいた私は、途中まで野放図にザクザク刺しまくっていた。
しかし、ある時ふと「ひょっとして、ガイドラインはステッチ幅のガイドでもあるのでは?」ということに気がついた(遅っ)

d0224762_12282615.jpg

刺し始めた頃のステッチ(外枠)と、軌道修正後のステッチ(内側)。
・・・・・・縫い目でかっ!
刺した自分もびっくりのでかさである。
どうりで1枚目が完成した時「お店のサンプルに比べて、何だか大味な仕上がりだな~」と思ったわけだ。

この先3枚目を刺すことがあったら、次こそは最初からガイドライン通りに刺すつもりだが、もしもそんな機会が来るとしたら、2年後の平昌五輪だろうか。
それまでに、このチキンなハートを少しでも鍛えておきたいものである(無理)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
予選の時は血が凍ったけど、何もかも金メダルへの伏線だったのねん♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2016-08-19 12:29 | 御宅 | Comments(2)

カシュクールコート

祝★体操男子団体日本金メダル! 
きっと勝つと信じてた!!(嘘つけ)
めでたーい!!!

****************


祝★内村航平選手個人総合金メダル!
鉄のメンタルに惚れ直しました❤

****************


白いはおりものを作りました。

d0224762_18102863.jpg

パターン:「FLWのソーイングとスタイル リネンでつくる着ごこちのいいおとな服」 
     カシュクールコート
布:MUJI オーガニックコットン洗いざらし 敷ふとんカバー

無印良品のベッドリネン「オーガニックコットン洗いざらし」シリーズは、まず枕カバーを買って気に入り、次にボックスシーツを購入。
先日さらに掛ふとんカバーを買い、その日のうちに水洗いを済ませ干そうとしたところで、「これ敷ふとんカバーじゃん・・・・・・」と気がついた(白目)
すぐお店に問い合わせたが、やはり一度洗ってしまったものは交換不可とのこと。

一瞬「えーい、んなもん捨ててやるッ!」と逆上しかけたが(落ち着け)、あいにく燃えるゴミの日は数日先だった。
頭を冷やしつつ考えてみれば、そもそも布の質感は気に入っている。
「ソーイングに転用すればいいじゃん→軽く4mあるずら→はおりもの作れば?→FLWのカシュクールコートどうよ?→イイネ!」というわけで、前から目をつけていたカシュクールコートを作ることにした。

d0224762_18113953.jpg

本を持っている方はご存知だろうが、このパターン、カシュクールといっても非常にシンプルな造り。
ウエスト切り替えなし、肩ヨークなし、ギャザー&タックなし、もちろんボタンホールもない。
本体パーツは前身頃・後ろ身頃・袖の3つのみで、前立ては三つ折処理なのでバイアステープや見返しも必要ない。
縫う距離は長いもののほぼ直線なので、思い立ったらババッと裁断してうりゃー!と縫える、心理的ハードルの低いパターンではないだろうか。

この本は一般向けにしてはめずらしく、縫い代の処理が折伏せ縫いor袋縫いメインで、折伏せ組合(ウテオンマさん命名)の組合員としては嬉しいところ。
ただし袖だけジグザグ(ロック)処理なのは、カーブがあって難しいなどの理由だろうか。
私は袖も折伏せ縫いにしたが、このパターンはドロップショルダーでカーブも緩いので、セットインスリーブを縫うことを思えば、何だ坂こんな坂~♪だった。

d0224762_18121116.jpg

というわけで、本体だけならサクサク縫えると思うのだが、難しかったのがシームポケット。
袖下~脇を袋縫いしながらシームポケットも袋縫いするという、初めて見るやり方で、自分が縫っているのが表なんだか裏なんだか途中から大混乱。
案の定まちがえて、やり直したりもしたので、えらく時間がかかってしまった。あー疲れた。
まあでも、今までやったシームポケットの縫い方の中では、いちばん見た目がすっきりしていると思う。
こんなやり方自力じゃ絶対考えつかないし、勉強になりました。

今回は肩と袖を折伏せ縫い、袖下~脇を袋縫いにした。
袋縫いは最初に縫ったところがどんだけヨレヨレだろうがモケモケしてようが、袋とじにしてしまえば何事もなかったかのようにきれいさっぱりするところが面白い。
折伏せ縫いは「これでもう縫い代がほつれてこない~♪」という安心感が大きいが、袋縫いは「臭いものに蓋をしてやった!」という爽快感が大きい気がする。

d0224762_18124719.jpg

シームポケットで手間取ったものの、スキマ時間で縫っていたら1週間ほどで無事完成。
白いはおりものはヘタするとお医者さんの白衣化するリスク大だが、これはカシュクールなのでさすがにお医者さんには見えない(たぶん)
がしかし、白という色がいけなかったのか、前を重ねて紐を結ぶと、まるで年に一度の健康診断ではおる検査着のよう(うえーん)
それに「さらしみたいな白地×着物のような合わせ」効果で白装束にも見え、このまま四国の山道を杖ついて歩いていても、全然違和感なさそうだ(しくしく)
「医者には見えないが患者やお遍路には見える」という思わぬ展開に、鏡の前でしばし立ち尽くす私であった。

本の作例では気にならないが、白だと紐の存在が目立ち人間ドッグ感が強調されるので、せっかくつけた紐だけど全部取ることにした。
また、アイロンをかけてシワがない状態だといかにもさらしっぽいので、お洗濯後にネジネジねじってから干し、なんちゃってワッシャー加工をほどこした。
さらに、決してカシュクールとして着ることはせず、前はガバッと開け「ラフなはおりものですから!」風を装うことを心に誓った。

結果、それなりに雰囲気のある1着にはなったような(冒頭写真は加工後です)
しかし同時に「やっぱりFLWの服は敷ふとんカバーじゃなくてリネンで作った方がイイネ!」ということも、改めて学んだ1着になったのだった(何を今さら)

d0224762_18205558.jpg

それなりの雰囲気を何とか盛り上げるべく、オールドマンズテーラーで買ったインドの手刺繍ストールを巻いてみました。
しかしこれはこれで何だか修験者ちっくなかほりが・・・・・・(ぼそ)

*******************

<大切なおしらせ>

今週末からいよいよリオオリンピックが始まる。
最大の関心事はもちろん体操男子団体(と個人総合)である。
結果によっては、ショックでブログの更新が止まるかもしれない。嘘です。

てなわけで、注目の男子団体決勝は、8月9日(火)朝4:00~7:00@皆様のN〇Kで絶賛生中継!
体操ニッポン悲願の金メダル奪回の瞬間を、どうぞお見逃しなく!!(は、吐きそう・・・)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
# by kuroyagie | 2016-08-03 18:26 | ソーイング(服) | Comments(14)

ギャザースリーブシャツ

白じゃないシャツを一枚、縫ってみました。

d0224762_14125122.jpg

パターン:「白いシャツを一枚、縫ってみませんか?」 ギャザースリーブシャツ
布:Rick Rack タイプライタークロス ラベンダー

伊藤まさこさんの新刊で、まっ先に目を引いたのがこのパターン。
一見難しそうだけど、基本は身頃と袖が一続きになったシンプルなシャツで、後ろ身頃の肩~袖にギャザーを寄せ、前身頃と縫い合わせる仕様になっている。
ドルマンスリーブのシンプルなシャツはよく見かけるし自分でも作ったが、袖の構造を利用してギャザーを寄せるという発想はなかった。
やっぱり伊藤まさこさんは目のつけどころが違うなあ(感心)

布はセールで買った桃やぎ色のタイプライター。
リボンのブラウスを作るつもりで購入したが、届いてみたら布幅が141cmあり、中途半端に布が余るのが嫌でしばらく寝かせてあったもの。
タイプライターといっても割と薄手、ローンとブロードの中間ぐらいの質感で、縫いやすい布だった。

このパターンの肩~袖の縫い合わせはちょっと変わっていて、ギャザーを寄せた後ろ身頃を前身頃の上に2cm重ね、真ん中1cmのところを縫う、というもの。
後ろ身頃の縫い代が表に出るので、あらかじめ端から5mmのところに捨てミシンをかけてある。
仕様書を読んだ時は「フンフン、なるほどね~」と軽く考えていたが、いざ縫い合わせる段になって、「ミシンの針板のガイド線が、布で隠れて見えないじゃん!」ということに気がついた。
そもそも布を2cm重ねるところからして「・・・・・・どうやって?」。
これについては、前身頃の布端から2cmのところにチャコで線を引くことで解決したが、問題は縫い合わせである。

d0224762_1413272.jpg

ギャザーがぎゅうぎゅう寄っているところにチャコで縫い合わせ線を引くのは難しく、適当なステッチ押さえももっていない。
こうなったら、0.8cmと1.2cmのところに入れたギャザーミシンの縫い目をガイドラインにするしかなさそうだ。
しかし「どうせ後から抜くんだし~♪」とテケトーにかけたので(おい)、縫い目がヨロヨロ曲がっており、これをガイドラインにしたら縫い合わせまでヨロヨロしそう。
仕方がないので、一応ギャザーミシンの縫い目を目安にはするが全面的には信用しないようにして(ってどんなんだ)、1cmとおぼしき辺りをそろりそろりと縫っていったのだった。
・・・・・・ふぅ(額汗)

次に作る時のために、未来の自分へ覚え書き。
 ①捨てミシンはもう少し細かい縫い目で、できるだけ端っこを縫いましょう
 ②前身頃2cmのところにあらかじめ線を引いておきましょう
 ③ギャザーミシンはまじめにかけましょう(小学生か)

昔も今もギャザーは大の苦手だが、今回は端から端までぎゅうぎゅうにギャザーを寄せる方式で、布もタイプライターだったため、まあまあ出来た方だと自分では思う。
あとから見たら、下(前身頃)側でところどころ布を噛んでいる箇所があったが、これもデザインの一部なので(違うけど)気にしない~♪

d0224762_14142062.jpg

袖下~脇は、何となく気が向いて袋縫いにした。
はじめは縫い代を1.5cmとり、5mm→1cmで縫ったのだが、カーブがきつすぎてツレまくり。
「この急カーブに袋縫いって無謀!?」と思いつつ、1cmで縫って7mm切り落とし、5mmで縫ったところ、何とか許容範囲に収まった。
・・・・・・ふぅ(脇汗)

d0224762_14144092.jpg

ハンガーにかけたところ。自然にお袖がくるり~ん。
「この形状、何かに似とる・・・・・・」と思ったら、餃子でした(笑)
ギョーザとギャザーと、発音も似とるし(似てません)
そしてこのギョーザ(違)のヒダが、桃やぎ色だと思いのほか目立ち、何だか着るのがこっぱずかしかったりするのだった(照❤)。着るけど。

ハンガーにかかっている時はギョーザのようだった袖も、腕を通せばまっすぐに。
体型によるのかもしれないが、私(カレイ目ヒラメ科)が着るとギャザーがちゃんと肩線にきて、手首まですんなりつながる(←エンガワ?)
うまいことできてるな~、とまた感心。

袖のギャザーはそれなりに手間だが、パターンは前後2つですぐ裁断できるし、袖が縫えればほぼ出来たようなものなので、意外と気楽に作れる1着だと思う。
次は王道の白で作りたい。

********************

久しぶりに日暮里繊維街へ。

d0224762_1415359.jpg

あちこち見てたら頭に血がのぼり、いつになくいろいろ買ってしまった。
下からグランジウォッシュリネン、ミニ裏毛、桃やぎリネン❤、そしてお約束の接着芯(笑)
このうち1枚ぐらいは、何とか今年中に形にしたいものである(え?)

d0224762_1416054.jpg

クロバーのアイロン定規は横長で、長い距離はもちろん、袖口など細いところの折り返しに便利。
長年使っている従来品に比べ薄手で、誤差が出にくいところもグッ。
こんなの前から売ってたっけ??? 
なかなかよいお買い物でした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
# by kuroyagie | 2016-07-20 14:23 | ソーイング(桃やぎ服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie