Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

久々に桃やぎ服を作りました(クネッ❤)

d0224762_1265528.jpg

パターン:MPL Vネック2シルエットブラウス
布: MOMO リネン

布は1年前に日暮里繊維街で買ったリネン。
お店で見た瞬間、深みのあるパー子ピンクに一目惚れ、以来大事に大事に温存してきた布である。
しかし布もパターンも旬が大事、あまり後生大事にとっておくといざ作る時にはマイブームが過ぎていたりする。
というわけで、以前作ったパターンでさくっと縫ってしまうことにした。

d0224762_1271048.jpg

今回は2シルエットのうち、ややAラインの長め丈をチョイス。
150cm幅×1.5m買ってあったので、袖は布幅いっぱいの長袖に。
丈は最初はパターン通りにするつもりだったが、それだと布が中途半端に余るため、気に入らなければ後でカットすればいいやと、デフォルトより長いチュニック丈に裁断した。
また裾は前回と同じくラウンド裾に変更した。

前身頃の鋭角Vネックは、今回はまあまあかな~。やっぱり鋭角は難しい。

d0224762_129425.jpg

今回新たに買った、パー子ピンク布用ミシン糸。
桃やぎミシン糸コレクションにまた1つ加わった。うしし。
ミシン糸は結構パー子だが、布の方はギラギラ感はなく、ちょっと青みがかかったピンク色は、かつて一世を風靡した(たぶん)ディオールピンクを思い起こさせる(←知っとるけ!?)
これだけ面積が大きいと、さすがに着る時少々こっぱずかしかったりするけれど、ま、そのうち慣れるであろう。

d0224762_129321.jpg

ずいぶん前にご紹介した「うちの布山」。
あれから増減を繰り返しながら徐々に在庫が減ってきて、最近は布帛もニットも着分の布は仮設部屋(という名の箱)にまとめて入れていた。
「あとちょっと」というところで日暮里に行ったりC&Sに行ったりで、しばらく足踏み状態が続いていたが、今回のブラウスをもってお部屋が空になりました! めでたーい!!

正確には初期の頃に購入して塩漬けになっているリバティや、小物以上洋服未満な用尺の布などもあり、それらは布帛のお部屋とニットのお部屋にしまわれているのだが、洋服用の在庫布はリバティを除けばこれで使い切ったことになる。

今の気分は、例えるなら宿便が出た後のような清々しさ(例えるな)
ハーーー、すっきりした~♪
これからは布1枚買うのもゆるがせにせず、じっくりゆっくり選んでいこうと思う。







・・・・・・とか殊勝なことをほざいていたのも束の間、うっかり(?)出かけた日暮里繊維街で、また布を買ってしまった(汗)

d0224762_1211167.jpg

だってメートル100円だし!

それにしても日暮里繊維街は、行けば行くほど新たな発見があって奥が深い。
また行こうっと❤(←危険)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-10-25 12:17 | ソーイング(桃やぎ服) | Comments(9)
秋の御宅活動の一環で、今年もフィギュアスケート3地域対抗戦、Japan Openに行ってきました(←去年のコピペ)

d0224762_13133724.jpg

Japan Openはフリー演技のみの団体競技、得点は非公認で、プロ選手の参加もOKという、半分、いや8割方お祭りみたいな試合である。
しかしシーズンイン直前に開催され、新しいプログラムのお披露目も兼ねていたりするので、これがなかなか見応えがあるのだった。
今回は平昌五輪を4カ月後に控えた時期にも関わらず、五輪本番で最終滑走グループに残りそうな選手がわんさか出場。
個人的には、今年も殿こと織田信成選手が出場していたのが嬉しかった。

織田選手は現役引退後4年にして、4T-3Tのコンビネーションに4Tと、4回転2本を見事に成功させ、今年も会場のどよめきと爆笑を誘った(←褒め言葉)
特に4T-3Tの高さ、流れのスムーズさ、着氷の柔らかさはため息もの。
現役選手でもあんな美しい4Tを跳ぶ選手はいないんじゃなかろうか。
残念ながら、プロとして競技会に出場するのは今回が最後とのこと。
これからもずっと殿の挑戦を見ていたかったけれど、引退後もここまで笑わせ泣かせハラハラさせて、現役時代以上に楽しませてくれた殿に感謝感謝である。

d0224762_13134843.jpg

今季は五輪に向けてどの選手も勝負曲を選びました!という印象だが、個人的にはハビエル・フェルナンデス選手、三原舞衣選手、ネイサン・チェン選手のプログラムが気に入った。
特にチェン選手のプログラムはスタイリッシュでかっこよく、本人のシャープなイメージに合っている。
これでジャンプが決まり出したら相当いいものになるのでは。
ジャンプや表現はもちろん大事だけど、本人の魅力を引き立てるプログラム選びや、聞いていて違和感のない曲の編集(不自然な繰り返しとか唐突なブツ切りとかやめてー)なども、結構得点に影響するんじゃないかな~と、改めて感じた次第である。

最近のフィギュアスケート人気を反映して、現役12選手のスケートガチャポン(キーホルダー、缶バッジ、ピンバッジ)が発売された。
会場でも販売されると聞いたので、ものは試しと1回ガチャってみたところ・・・・・・

d0224762_1384166.jpg

おおっ、羽生選手出たーーーッ!(笑)

・・・・・・しかしこれ、一体いつ何につけりゃいいのかすら(ぼそ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-10-11 13:19 | 御宅 | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie