Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

花束カバー

白井健三選手、個人総合銅メダル・種目別床&跳馬金メダルおめでとう~~~!
村上茉愛選手も種目別床金メダルおめでたい!! 快挙だ!!!

************************


カバー芸は続くよどこまでも~というわけで、花束カバー(?)を作りました。

d0224762_1240741.jpg

布: y2nd 撥水ポリエステル(たぶん) シルバーグレー

このカバーの原型は、とあるお花屋さんでもらったビニール袋。
ふつう花を買うと、紙袋やスーパーでもらうような手提げ型のポリ袋に入れてくれることが多いが、よぶんなスペースがありすぎて花束が安定せず、「持ちにくいな~」といつも思っていた。
その点この袋は縦に細長い円錐形で、花束の形状にぴったりフィットしているうえ、長さもちょうどいい。

d0224762_12402113.jpg

何よりすばらしいのは持ち手。
本体部分に開けたこの穴を持つことで、さらに花束が安定する。
誰が考えたのか知らないけれど、本当によくできている(と常々感心)

使い捨てするのはもったいないので、バッグにいつもしのばせて花を買うたび使っていたが、ヨレてきたのでそろそろ新しい袋をもらおうかと思っていたら、肝心のお店が閉店してしまった(え)
そこで、こんなこともあろうかと昨年買っておいた(けど塩漬けになってた)撥水ポリで、同じ形の袋を作ることにした次第である。

d0224762_12411090.jpg

元のビニール袋を型紙に、片辺をわにして裁断。
縫い代を手芸用のりで仮止めしてからミシンで縫った。
元のビニールよりハリのない、薄くてヘラヘラ~な生地で、フッ素樹脂加工の押さえに替えたり圧を調整したりいろいろ試してみたが、どうやっても縫い目の周りにシワが寄る。
・・・別にいいけどさ(いいんかい)

d0224762_12423560.jpg

持ち手と生地端は切りっぱなし。
ビニコみたいなもんだから切りっぱなしで大丈夫だろうと思っていたが、何度か使ううちに持ち手が早くもボサボサになってきて、重い花束を入れたらちぎれそうな勢い(汗)
C&Sで見かけたペラペラビニコで作り直すかな~。

d0224762_12414632.jpg

長々とブログに書くようなブツではありませんが、元の袋がいかにすぐれものかお知らせしたく、ご紹介してみました(笑)

d0224762_12415891.jpg

お花ついでに、以前IKEAで買った一輪挿しセットを載せてみる。
入れ子になってるところがお気に入りです。

**********************

d0224762_1248391.jpg

秋の御宅活動の一環で国際ジュニア体操へ。
国際ジュニア体操は2年に一度、横浜に・・・って、もう2年経ったんかい!(愕然)
あいかわらずアメリカ女子が強かった。

ここで重要なお知らせです。
10月2~8日、カナダはモントリオールで待望の(私が)体操世界選手権が開催されます。
注目は何といっても男子個人総合。
内村航平選手が前人未到の7連覇を達成するのか、はたまたウクライナのオレグ・ベルニャエフ選手が王座を奪還するのか!? (ニャーーー!)
熱戦の模様は10月6日(金)19:00より、某六本木(お台場にあらず)テレビ局で放送予定!!
皆様どうぞお見逃しなく!!!(ハァハァ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-09-27 12:51 | ソーイング(小物) | Comments(6)

タックスカンツ

スカンツなるものを縫いました。

d0224762_12275146.jpg

パターン: many drops タックスカンツ
布: ソレイユ コーマビンテージワッシャー チャコールグレー

ネット情報によれば、スカンツとはスカートっぽく見えるパンツのことをいうらしい。
今日びこの手のボトムスはガウチョにスカーチョにスカンツ、さらにはパラッツォと細分化されていて、「全部まとめてキュロットでいいじゃん」と思う私はすでに対象外なのであろう。
とはいえ長いキュロット歴を経て、自分はすっきりシルエットよりもゆったりシルエットの方が似合うらしいということがわかってきたので、スカンツというわかりやすい名称は悪くない。

d0224762_12292459.jpg

ソレイユのコーマビンテージワッシャーは、ウテオンマさんやchocottoさんのブログで拝見して、いっぺん縫ってみたいと思っていた布。
厚すぎず薄すぎず、透けないし、ボトムス全般にちょうどいい布だった。
色はチャコールグレーにしたが、カーキっぽいニュアンスもあり、なかなか気に入った。

全体のデザインは昔作ったはかまパンツによく似ているが、はかまパンツは前後中央に大きなタックを1つ寄せて股下に収納(?)するのに対し、これは股下収納に加えウエスト周りに都合8カ所タックが入る構造。

d0224762_12305126.jpg

胴回りが巨大なのは、はかまパンツと同じ。関取か!

はかまパンツは前後2パターンだったが、これは脇線がつながった1パターン。
おまけに股ぐり以外はすべて直線断ちという、めちゃくちゃシンプルなパターンだった。
お陰で縫うのは簡単だったが、唯一手こずったのが股ぐり。
股のカーブが非常に浅いため折伏せ縫いがうまくできず、お股部分だけえらいこっちゃな出来になってしまった。
ここの縫い代だけはジグザグミシンでよかったな~。

d0224762_12312633.jpg

途中までは関取が朝稽古の後に履くステテコのような塩梅だったが、これがタックを入れると様相が一変。
脇もタックをたたんで中開きする仕様で、タック効果が面白いパターンである。
ちなみに、はじめは後ろにパッチポケットでもつけるかな~と思っていたが、縫ってみたら到底無理なことがよくわかった。

履いた感じは正面から見るとスカートっぽく、後ろや横から見ると太いキュロット。
タイプライターだとちょっとワサワサするかな~。
いっそトロトロのシルクっぽい布で作ったら、収まりがいいかもしれない。

というようなことを、毎回言っている気がする私であった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-09-13 12:33 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie