Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中骨が見えないVネックのブラウスを作りました。

d0224762_12134756.jpg

パターン:MPL Vネック2シルエットブラウス
布:C&S コットンパピエ ホワイト

このパターンは後ろも浅いVネックになっていて、そのぶん前身頃のVが深すぎず、またVの幅が狭いので鎖骨も見えにくい、というデザイン。
深いVネックを着ると鎖骨どころか中骨あばらまで見えかねない平目体型の女には、うってつけのパターンである。

d0224762_12144220.jpg

はじめはC&Sの海のブロードで作ろうと思っていたが、お店に行ったらコットンパピエも置いてあって、見ればパリパリ&シャカシャカ&シワシワと、まるで「こういうのが好きなんだろ?」と言われてるような質感。
予定をコロッと変更して、パピエを購入したことはいうまでもない。

d0224762_1215472.jpg

パターンは袖あり・袖なしでシルエットが違い、袖ありバージョンは「Aラインで丈長め&裾はまっすぐ」だが、袖なしバージョンを参考に「ストレートラインで丈短め&ラウンド裾」に変更した。

d0224762_12153696.jpg

今回の「やっちまった」箇所は前身頃側のVネック。
かなり鋭角なVで、切り込みが足りなかったのか、Vの先端から裾にかけて変な攣れが入ってしまう。
仕方がないので攣れがシワに埋没するよう、お洗濯後ネジネジねじってなんちゃってワッシャー加工を施した。
少々やりすぎてプリーツプリーズみたいになってしまったが、もともとシワシワだから別に変じゃないし!

逆に今回よかった点は、先日作ったスカートと布は違うが質感や色は似ているので、セットで着ても違和感ないところ。
またコットン100%だからか、同じパリシャカ布でもカサコソ音がしない。
Vが浅いのでかがんでも中身が見えにくく、衿元が詰まったババシャツでなければ背中側のチラ見えも心配なし。立派な鎖骨も隠れます。
身頃に適度なゆとりがあるシルエットもいい感じ。
なかなか気に入ったので、また作るとしたらVネック部分をもっと精進せねばだな。

d0224762_1217134.jpg

上下セットで着た時用に、スカートの余り布でまわしサッシュベルトを作った(写真は改造後の完成図)。

参考にしたのはmany dropsのおまけレシピ「イージーサッシュベルト」。
最初はレシピ通りに作ろうとしたのだが、幅12cm(×2)、全長2m超と結構な用尺が必要で、全然足りないため取れるだけの長さに変更、それでも足りなかったため、一部ブラウスの余り布も継ぎ足して、何とかそれらしきものが完成した。
しかし巻いてみたら短すぎてちょうちょ結びはできず、幅広の布をぎゅぅと結んだ様はまさにお相撲さんのまわしそのもの。

d0224762_12253512.jpg

仕方がないので手持ちのサッシュベルトを参考に、リボン部分の幅を細くし先端を斜めにカットしたら、何とか見られるものになったのだった。ふぅ。

d0224762_122431100.jpg

脇に通し口があって、ベルトをねじらず巻ける仕組み。ここ気に入った!
せっかく作ったので、どうかサッシュベルトの流行がしばらく続きますように(なむなむ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
アジア方面は突っ込みどころが多すぎて、写真ネタには事欠かない(笑)。えーーー、お江戸はSelected 5も見かけないよ~。もしや中部・北陸地方限定!?
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-06-21 12:29 | ソーイング(服) | Comments(10)

梅仕事2017

梅シロップを仕込みました。

d0224762_14352334.jpg

今年のレシピは有元葉子さん。
メインは「叩いてつぶした青梅をメープルシロップに漬ける」というものだが、メープルシロップの代わりにハチミツと日本酒で作ってもおいしいという。

・・・・・・えっ、ハチミツと日本酒?
ハチミツ単独なら作ったことあるけど、日本酒を混ぜるの??
い、一体どんな味なんだろう???

メラメラメラ・・・・・・(←好奇心の炎が燃え上がる音)

d0224762_14314742.jpg

いつもはシーズンも終わる頃のんびり黄熟梅で作ることが多いが、今年は青梅を入手すべくすぐさまスーパーに走ったのだった。

d0224762_1432117.jpg

1キロ漬け終ったところ。
1週間後から飲めるそうだが、試しに3日目に飲んでみたら、甘さ控えめ、すっきりさわやか~なお味だった。

というわけで、今年の夏はこれで乗り切ります。

********************

サー・トーマス(←ここ重要)リプトンのTEASTINGアソートメントパックを買いました。

d0224762_14323050.jpg

このパックには5種類の紅茶がセットされており、ダージリン・アッサム・セイロンはわかるとして、ヌワラエリヤとディンブラも入っているというのが非常に珍しい。
BRUTUSの紅茶特集で見かけて以来、ずーーーっと探していたのだが、これがどこにも売ってない。

d0224762_14354257.jpg

たまたま帰省した折に近所のスーパーで発見、大喜びでまとめ買いしたものの、いざ飲もうとよく見たら、SELECTED 5という別の商品だった(なぬー)
結局、リプトンの直営店「サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ」まで出向いて、ようやく入手できたのだった。

で、肝心のお味の方はというと・・・・・・うーん、フツー?(え)
日東紅茶「4 Selection Pack」のウバがあまりにもすばらしかったので、それに比べるとフツーかなあ(←個人の感想です)
ま、10袋入って¥324だから文句言うな!って感じですが。
そもそもヌワラエリヤやディンブラの特徴をティーバッグで再現するのは難しいと思うので、いっそリプトンもウバを出せばガチンコ勝負になって面白いのに(私が)

リプトンは紅茶の移動販売車を走らせたり、TEASTINGシリーズでは専用のテイスティンググラスを作ったり、遊び心のある企画を打ち出していて、最近ちょっと注目している。
この勢いで是非ウバのティーバッグも作っていただけないものだろうか。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-06-07 14:44 | 食べもの | Comments(2)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie