Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

インナーワンピース

さくっとお気楽に縫える、シンプルなカットソーを作りました。

d0224762_1239484.jpg

パターン: Wildberry インナーワンピース(おまけレシピ)
布: NAGATO ミニ裏毛

d0224762_1250665.jpg

このパターンは店主さんがまだ関西でネットショップをされていた頃に、おまけレシピ(布の購入1点につき1つもらえる)でいただいたもの。
これとワイドプルオーバーは当時とても人気があって、あまりにしょっちゅうネットで見かけるので、「ニットなんて無理無理~」と思っていた自分も挑戦する気になったという、記念すべきパターンである。

d0224762_12393516.jpg

当時作ったもの。
ニットはまだ2作目で、訳がわからぬまま縫った割には好みの感じに仕上がり、着倒してヨレヨレになった今も現役である。
その後カットソーはいろんなパターンを縫ったが、「やっぱりいいね~」と改めて思う。

d0224762_12401470.jpg

布は日暮里繊維街のお店で買ったもの。
パッと見フツーの天竺、裏は「???」な編地で、お店の人に聞いたらミニ裏毛だとか。
ヘーホー、これがミニ裏毛なのか~。
「裏毛=くるくるループ」のイメージがあったが、むしろループを刈った後というか、例えていうなら油揚げの裏側みたいな感じ?(意味不明)

d0224762_1241871.jpg

布端がクルクル丸まるため、今回もスプレーのりのお世話になった。
多少張りは出るものの布帛のように紙っぽくはならず、しかし衿ぐり布は何もしないとヒモ状態なので、やらないよりはいい気がする。
そういえば、ニットを買うと耳部分が点々と糊付けされていたりするが、あれはスプレーのりの強力版みたいなものなのねん。

d0224762_12413232.jpg

Wildberryのパターンは店主さんの好みを反映してかメンズっぽい印象があるが、ばりばりメンズというわけではなく、そこはかとなく女子っぽさも感じられる。
その理由に、「衿ぐりの開きが広め」というのが1つあるのではないだろうか。
このパターンも衿ぐりが結構大きく開いていて、デフォルトで作った1枚目は平目の中骨まで見える勢いだったため、急遽前だけつまんで衿ぐりを詰めた(ステッチが曲がってるのはご愛嬌~♪)
今回は最初から2cm(1.5cmだっけ?)狭く裁断して、ちょうどいいぐらい。
ハーーー、平目はツライのぅ~。

d0224762_1242325.jpg

7月に日暮里で買った布3点のうち、早くも2点片づいたことに気をよくして(え、別に早くない?;汗)、先日また日暮里で布を買いました(おい)
下に敷いた白いのはトリプルウォッシュリネン、左側下からインディゴリネン、撥水何とか(何だ)、サマーウール、タッセルとファスナー、右側2点は裏地。
このうち白リネンはすでに裁断済みなので、年内には縫い上がるはず(たぶん)
残りも鋭意制作に励む予定です(ホントか!?)

*******************

d0224762_12432589.jpg

4足目のNAOTを買いました。
これはお仕事用。

d0224762_12433526.jpg

5足目(おい)
以前から気になっていた色が廃盤になるというので、ついポチリ。
おまえはイメルダか!
・・・・・・もう靴は買いません(嘘)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こんにちは、コメントありがとうございます! そうそう、昔は深夜放送でしたよね。今思い返しても、ウルマノフのエリマキトカゲ衣装は衝撃でした・・・嗚呼、何もかもみな懐かしい(by沖田艦長)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-10-21 12:57 | ソーイング(服) | Comments(12)
秋の御宅活動の一環で、今年もフィギュアスケート3地域対抗戦、Japan Openに行ってきました。

d0224762_15585472.jpg

結構前にチケットを取ったうえ、開催要綱もよく見ていなかったため、試合直前まで「真央ちゃんの新プロどんなかな~」と大ボケかましていた(←出場してない)自分。
いざ始まってみたら、女子は世界選手権の上位5名が勢ぞろい、ゲストにはパパダキス・シゼロン組やあの(?)町田樹選手などが出演、そして男子は宇野昌磨選手やハビエル・フェルナンデス選手とともに織田信成選手がエントリー、という豪華な顔ぶれだった。

その中で特に印象に残ったのは、「殿」こと織田選手の演技である。
昨年膝の手術を受けた後、リハビリしながらアイスショーや競技会に出て、ジャンプの調子も徐々に戻ってきた様子。
今回はどうかな~と思っていたら。


4T-3T、キターーーッ!

3A-2Tも決まったぁあああ!!

後半3A、猫足着氷~~~!!!
(ニャー!)

ぬぉおおお、3連は3Lz-1Lo-3Sだーーー!!!!


現役引退後3年も経ってるのにパーソナルベスト更新という結果に、どよめきと笑い(?)に包まれる会場。
後で録画を見たら、「愛の夢」というしっとり系プログラムを満面の笑みで滑る殿がいた(笑)

織田選手に注目するようになったのは、シニア1年目の2006年から。
技術面はもちろん、感情豊かで陽性なキャラは日本人選手にはいなかったタイプで、それがいい方に転んだ時の演技は非常に見ごたえがあった。
特に世界選手権のSP「セビリアの理髪師」はよかったなぁ。
ぴょーんと跳び上がってニャ~と降りてくる柔らかなジャンプ、次々とポジションが変わる多彩なスピン、コミカルで軽快な表情など、あのプログラムには彼の魅力がたくさん詰まっていた。

d0224762_1601126.jpg

そういや3年前は、同じこの会場でソチ五輪代表選考を兼ねた全日本選手権が開催され、結果的に現役最後となった織田選手の演技を、同じような席から見てたっけ。
あの時は緊張のあまり顔面蒼白になっていたけれど(私が)、今回指先まで丁寧に、それでいてのびのびと滑る織田選手を見ていたら、デビュー当時の明るくて屈託のない姿が思い出されて、何だか泣けてきた。

ハーーー、殿はやっぱりいいスケーターだなー。

この日は宇野選手が4回転フリップを、またカナダで行われた試合では羽生結弦選手が4回転ループを決めてみせた。
宇野選手は謙虚なんだか強気なんだか天然なんだかよくわからないキャラだけど(全部?)、難度的にも表現的にも羽生選手とガチンコ勝負なプログラムに挑戦していて、これを完璧に滑りこなしたら一体どんなことになるのか、怖いような楽しみなような。

女子は昨シーズンの覇者エフゲニア・メドベジェワが、安定の仕上がりっぷりを見せた。
今のところ彼女は、ロシア女子の伝統「10代半ばで鮮烈デビュー→ロシアンタイマー発動→こぐまのミーシャ化思春期体型に成長→戦線離脱」は踏襲していない模様。
今シーズンも好調ならこのまま平昌五輪まで突っ走りそうだが、ジャンプ御宅としてはエリザベータ・トゥクタミシェワ選手あたりに意地を見せてほしい気もする。

というわけで、今シーズンもフィギュアスケートから目が離せません。

********************

d0224762_1625966.jpg

この秋最大の御宅イベント(違います)、リオ五輪メダリストパレードに行ってきました。

d0224762_1612692.jpg

先導するのは女子白バイ隊の皆さん。かわぃ・・・かっこいいー❤

d0224762_1614874.jpg

残念ながら、体操男子団体チームで確認できたのは白井選手のみ(←絶叫してる間に通過)
どうやら内村選手はバスの反対側に陣取っていたらしい(エーン)
その代わり、バドミントンの高橋礼華選手を捕獲しときました。かわいいのぅ~❤

前回に引き続き写真では涙を飲んだが、秋晴れの下みんなニコニコ、大変おめでたいパレードでした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
このスワンボート、フランケンシュタインみたいでちょっと(いやかなり)シュールですよね!?(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2016-10-07 16:18 | 御宅 | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie