Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ギャザースリーブシャツ

白じゃないシャツを一枚、縫ってみました。

d0224762_14125122.jpg

パターン:「白いシャツを一枚、縫ってみませんか?」 ギャザースリーブシャツ
布:Rick Rack タイプライタークロス ラベンダー

伊藤まさこさんの新刊で、まっ先に目を引いたのがこのパターン。
一見難しそうだけど、基本は身頃と袖が一続きになったシンプルなシャツで、後ろ身頃の肩~袖にギャザーを寄せ、前身頃と縫い合わせる仕様になっている。
ドルマンスリーブのシンプルなシャツはよく見かけるし自分でも作ったが、袖の構造を利用してギャザーを寄せるという発想はなかった。
やっぱり伊藤まさこさんは目のつけどころが違うなあ(感心)

布はセールで買った桃やぎ色のタイプライター。
リボンのブラウスを作るつもりで購入したが、届いてみたら布幅が141cmあり、中途半端に布が余るのが嫌でしばらく寝かせてあったもの。
タイプライターといっても割と薄手、ローンとブロードの中間ぐらいの質感で、縫いやすい布だった。

このパターンの肩~袖の縫い合わせはちょっと変わっていて、ギャザーを寄せた後ろ身頃を前身頃の上に2cm重ね、真ん中1cmのところを縫う、というもの。
後ろ身頃の縫い代が表に出るので、あらかじめ端から5mmのところに捨てミシンをかけてある。
仕様書を読んだ時は「フンフン、なるほどね~」と軽く考えていたが、いざ縫い合わせる段になって、「ミシンの針板のガイド線が、布で隠れて見えないじゃん!」ということに気がついた。
そもそも布を2cm重ねるところからして「・・・・・・どうやって?」。
これについては、前身頃の布端から2cmのところにチャコで線を引くことで解決したが、問題は縫い合わせである。

d0224762_1413272.jpg

ギャザーがぎゅうぎゅう寄っているところにチャコで縫い合わせ線を引くのは難しく、適当なステッチ押さえももっていない。
こうなったら、0.8cmと1.2cmのところに入れたギャザーミシンの縫い目をガイドラインにするしかなさそうだ。
しかし「どうせ後から抜くんだし~♪」とテケトーにかけたので(おい)、縫い目がヨロヨロ曲がっており、これをガイドラインにしたら縫い合わせまでヨロヨロしそう。
仕方がないので、一応ギャザーミシンの縫い目を目安にはするが全面的には信用しないようにして(ってどんなんだ)、1cmとおぼしき辺りをそろりそろりと縫っていったのだった。
・・・・・・ふぅ(額汗)

次に作る時のために、未来の自分へ覚え書き。
 ①捨てミシンはもう少し細かい縫い目で、できるだけ端っこを縫いましょう
 ②前身頃2cmのところにあらかじめ線を引いておきましょう
 ③ギャザーミシンはまじめにかけましょう(小学生か)

昔も今もギャザーは大の苦手だが、今回は端から端までぎゅうぎゅうにギャザーを寄せる方式で、布もタイプライターだったため、まあまあ出来た方だと自分では思う。
あとから見たら、下(前身頃)側でところどころ布を噛んでいる箇所があったが、これもデザインの一部なので(違うけど)気にしない~♪

d0224762_14142062.jpg

袖下~脇は、何となく気が向いて袋縫いにした。
はじめは縫い代を1.5cmとり、5mm→1cmで縫ったのだが、カーブがきつすぎてツレまくり。
「この急カーブに袋縫いって無謀!?」と思いつつ、1cmで縫って7mm切り落とし、5mmで縫ったところ、何とか許容範囲に収まった。
・・・・・・ふぅ(脇汗)

d0224762_14144092.jpg

ハンガーにかけたところ。自然にお袖がくるり~ん。
「この形状、何かに似とる・・・・・・」と思ったら、餃子でした(笑)
ギョーザとギャザーと、発音も似とるし(似てません)
そしてこのギョーザ(違)のヒダが、桃やぎ色だと思いのほか目立ち、何だか着るのがこっぱずかしかったりするのだった(照❤)。着るけど。

ハンガーにかかっている時はギョーザのようだった袖も、腕を通せばまっすぐに。
体型によるのかもしれないが、私(カレイ目ヒラメ科)が着るとギャザーがちゃんと肩線にきて、手首まですんなりつながる(←エンガワ?)
うまいことできてるな~、とまた感心。

袖のギャザーはそれなりに手間だが、パターンは前後2つですぐ裁断できるし、袖が縫えればほぼ出来たようなものなので、意外と気楽に作れる1着だと思う。
次は王道の白で作りたい。

********************

久しぶりに日暮里繊維街へ。

d0224762_1415359.jpg

あちこち見てたら頭に血がのぼり、いつになくいろいろ買ってしまった。
下からグランジウォッシュリネン、ミニ裏毛、桃やぎリネン❤、そしてお約束の接着芯(笑)
このうち1枚ぐらいは、何とか今年中に形にしたいものである(え?)

d0224762_1416054.jpg

クロバーのアイロン定規は横長で、長い距離はもちろん、袖口など細いところの折り返しに便利。
長年使っている従来品に比べ薄手で、誤差が出にくいところもグッ。
こんなの前から売ってたっけ??? 
なかなかよいお買い物でした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-07-20 14:23 | ソーイング(桃やぎ服) | Comments(6)
駆け込みで、今年も何とからっきょうを漬けました。ハァハァ。

d0224762_12154681.jpg

今年は漬けないつもりでいたが(って毎年言っとるな)、うっかり(?)「梅酢とみりんで作るらっきょう漬け」というレシピを見てしまい、一体どんな味がするのか気になって気になって、結局重~い腰を上げてらっきょうを買いに行った次第。

d0224762_12155714.jpg

きっと梅酢とみりんの味がするのであろう(そりゃそうだ)

d0224762_1245246.jpg

らっきょうを漬けたら俄然やる気スイッチが入り、梅仕事も完了(←お約束)
1袋買ってジップロックに入るぶんだけ梅干を仕込み、残りは梅シロップにした。
ちなみに、下に敷いてあるのは京都の手作り市で買った梅干し柄の手ぬぐい。

d0224762_1271856.jpg

去年追加で仕込んだ山椒の醤油漬けで、ちりめん山椒も作った。
これはうまい! ごはんガツガツー♪(ほどほどにね)

d0224762_1285743.jpg

今年もハーコットの季節がやってきた~❤
ハーコットは信州特産の生食用あんずで、市場に出回る期間が2~3週間と短いため、見かけたら即買いがお約束。
そこそこお高いので「1日最大2個まで」と自分を律しながら、ちまちま食べてます(笑)

******************

日東紅茶 4 Selection Packをいちいち買いに行くのが面倒なので、大人買いしました。

d0224762_12201342.jpg

これでウバ25個(&その他75個・・・)確保~♪
と喜んでいた折、Japanese Black Teaを買いにスーパーへ行ったらば。

d0224762_1212974.jpg


日東紅茶×ダージリンコラボ、キターーーッ!!!


ネット情報によれば、「日東紅茶シングルエステートシリーズ」という企画が3月から始まり、5つのダージリン茶園のリーフを店舗限定で販売しているらしい。
商品は50g入りのリーフと、お試し2.5gティーバッグの2種類。
リーフは¥1000台と、ダージリンの単一茶園にしてはお求めやすい価格で、こういうところは大手の強みかも。
驚いたのはロゴ&パッケージ。
モノトーンのおされなデザインで、日東紅茶じゃないみたい!(失礼だな)

d0224762_12125939.jpg

とりあえずお試しティーバッグを2種類買ってみた。
これでおいしかったら困るなー(何でだ)、と思いながらシンブリ茶園を飲んでみたら、青々とした草のようなフレッシュな香り。
商品説明には「柑橘の花を想わせるトップノート」とある。
花はよくわかんないけど、柑橘というのはなるほどそうかも。
それも青柚子とかかぼすとかライムとか、黄熟してない柑橘系。
うーむ、うまいやんけ(感心)

「日東紅茶はウバが得意」と思っていたが、今年はダージリンが一押しなのだろうか。
いやでも、いつか同シリーズがセイロン系で展開されないとも限らない。
その日を楽しみに待つことにしよう。
つかその前に、今ある紅茶をせっせと飲まねば!(必死)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-07-06 12:24 | 食べもの | Comments(8)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie