Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

祝★日本男子団体37年ぶりの金メダル&内村航平選手個人総合6連覇!
・・・・・って、長いなおい!(嬉)

********************


ゴムウエストじゃないスケバン丈のスカートを作りました。

d0224762_1311063.jpg

パターン: MPL エスカルゴロングスカート
布: fab-fabric ポリエステル×無地×形状記憶シャンブレータフタワッシャー
        ダークネイビー
   ユザワヤ 裏地、コンシールファスナー、バックル

写真ではわかりにくいですが、こんな↓構造になってます。

d0224762_13111692.jpg


このパターンは、タイトフレアーパンツと共に終了品番再販売企画で購入したもの。
最初サイトで見た時は特に何とも思わなかったが、
作った方々のブログを拝見したら、履くとキレイなマーメイドラインで、
「スタイルよく見える」「ドレープが美しい」「足さばきがいい」と絶賛の声多数。
デフォルトでスケバン丈という点も好ましく、思わずポチってしまったのだった。

で、「布は光沢のあるサテンかタフタ(の違いがよくわかってない)にしたら、
ちょっとよそゆき風になっていいかも。うひひ」と妄想していたところ、
fab-fabricでよさげなタフタを発見。
曰く、「タテヨコ異なる色糸で織られたシャンブレータフタ」にワッシャー加工を施し、「密な織りはしっとりとなめらかな手触り」かつ「しなやかなコシとハリ」があり、さらに「ふわっとかるくベタつきにくい」うえに、「形状記憶加工で形崩れしにくい」という(byコピペ劇場)

d0224762_1313481.jpg

要するに、タフタには珍しくシワシワで(ワッシャーと言って)
形状記憶効果によりシルエットが美しく保たれるらしい(たぶん)
あまりにツルピカだとよそゆき風すぎて着る機会が限られるが、
これは洗いをかけたようなカジュアルな雰囲気があり、
手持ちの服とも合わせやすそうである。
サイトで見た時から「いいじゃんこれ❤」と思っていたが、
サンプルを取り寄せてみたら渋カッコイイ布で、大変気に入った。
全10色あってどれも発色が美しいので、
fabちゃんお勧め「1枚仕立てのさっと羽織るコート」とか、
いつか作ってみたいものだ。

d0224762_1314686.jpg

今回は付属のパターンを使って裏地もつけた。
ファスナー開きの裏地つきスカートは以前にも縫ったことがあるが、
あの時はスカートと裏地をまとめてベルト布ではさみ込む仕様で、
テケトーに縫ったら形になったのに対し、
今回は「表:スカート、裏:見返し+裏地」という仕様。
裏地のつけ方もファスナー周りの処理も前回とはまったく違い、
頭の中が2次元の自分には「???」なことだらけだった。

実を言うと、裁断が終わって作り始めた時点で、
「こんな細身で履けるのか!?」と不安に襲われ、
本来はスカートの両脇を1.2cmで縫うところ、1cmで縫ってある。
そのぶん、見返しも裏地もファスナー周りも2mmずつ調整しないと、
最後に辻褄が合わなくなってしまう。
そのため、「間違えてはならじ」と文系頭の脳味噌をフル回転させ、
一生懸命計算しながら縫っていったのだが、
途中から何が何だか訳がわからなくなり、
見返しと裏地を縫い合わせる箇所では、ついに合印が合わないという事態に。

そこは何とか力技でねじ伏せたものの(おい)
仕様書には「縫い代幅を間違うと合わなくなる!」とか
「注意!ピッタリ合わないと寸法がくるいます」とか、
脅し文句注意書きが並んでいて、心臓に悪いったらない。
「これで最後に辻褄が合わなかったら廃棄処分か!?」と、
ビビりながら縫い進めていったところ・・・・・・


辻褄合ったぁあ~~~!(握拳)


途中で合わないものがなぜ最後に合うのか自分でも不思議だが、
最終工程に至って合印がきっちり合い、無事スカートが完成したのであった。
よっ、着地上手!(自画自賛)

だがしかし、喜ぶのはまだ早い。
問題は履けるかどうかである。


カサコソカサコソ・・・・・・(←試着中)


履けたぁあ~~~!!(嬉涙)


実際にはウエスト回りは結構ゆるく、腹回りとおケツ回りはぴったり、
という按配だったが、ここまでくるともはや履けただけで万々歳である。
それに他所様のブログで見たように、
履くとキレイなマーメイドラインになるのも嬉しい。
ま、腹回りだけ見るとマーメイドというよりジュゴンだが、
なにせスカートが「スケバン丈もここに極まれり」というぐらい長いので、
そちらに視線が行ってキューピー腹があまり目立たない気がする(願望)

d0224762_1316232.jpg

丈をやや短くして履きたい時のために、余った布でベルトも作った。
2ミリ押さえがコケまくり、ステッチがうねうね曲がってしまったが、
見せる用ではなくウエスト調整用なので、特に修正するつもりはない(キリッ)

冷静に考えれば、デフォルトで作っても普通に履けたような気がしないでもないが、
真夏の生足から真冬の極厚股引まで、下に履くものを選ばないという点では、
ゆとりサイズにした意味があったのではないだろうか(と自分に言い聞かせてみる)
精神的疲労は激しかったものの(笑)、完成品はなかなか気に入ったので、
よさげな布があったらいつか2枚目を作る・・・・・・かもしれない。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
アハハ、言われてみればその通りだね。冗談のつもりで使っているうちに、本当にそういう意味だと思い込んでたらしい。まあでも、精神年齢はその程度かと(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-10-27 13:22 | ソーイング(服) | Comments(8)

御宅活動2

この秋は(も?)御宅活動に励んでいました。

d0224762_1223818.jpg

9月は国際ジュニア体操へ。
国際ジュニア体操は昭和の時代に始まって、
2年に一度、横浜にある昭和な体育館で開催されている競技会である。
お昼過ぎから夕方まで、特に休憩もなく延々と選手の演技を見続けるという、
至って地味~な大会だが(ま、体操の試合はたいがい地味ですが)
歴代メダリストの多くがその後世界選手権やオリンピックで活躍しており、
青田買い的視点で観戦する楽しみはジュニアならではといえよう。

d0224762_123145.jpg

女子選手の場合、昔はソ連が圧倒的に強く、ルーマニア&東ドイツがそれに続く、
という感じだったが(っていつの話だ)、今はアメリカが何といっても強い。
今大会優勝したアメリカのローリン・ハーネンダス選手も、
ジュニアにしてすでに体がしっかりできていて、
このまま順調にいけば、いずれシニアのナショナルチームに入ってきそう。
ちなみに、10月23日からはイギリス・グラスゴーで世界選手権が開催される。
今度こそ日本男子団体悲願の金メダルなるか!?という大切な試合なので、
興味のない人もどうぞ見てください(笑)

d0224762_123316.jpg

10月はフィギュアスケート3地域対抗戦、Japan Openに行ってきた。
今回は浅田真央選手の復帰第1戦ということで、
真央ちゃんファンがずいぶん多かったような。
そのせいか、浅田選手の演技が始まるや、
あちこちから鼻をすする音が聞こえてきて、
「もう泣いとるんかい」と心の中で突っ込んだが、
かくいう自分もソチオリンピックで刷り込まれたか、
浅田選手を見ると意味もなく泣けてくるので、
気もち(というか生理反応?)は理解できるのだった。

d0224762_1235460.jpg

その浅田選手は6分間練習からずいぶんと調子がよく、
何より「すっと上がってすっと下りてくる」、
軽くてキレのいいジャンプに進化していたのが印象的だった。
演技にも緩急がついて、プログラム全体に余裕が感じられる。
休養前に戻ったというより、休養前に比べむしろよくなってる!?

今大会、出色の出来だったのは宇野昌磨選手。
トゥーランドットという難曲(ヘタすりゃ曲負け&荒川静香選手の代名詞)を滑りこなし、
「・・・・・・今!? 今それやっちゃう!?」と言いたくなるよな、
完璧な演技をしてみせた。
いや~~~、今季もいろいろ楽しみだなー!

ところで、体操のチケットは全席自由、前売り2000円というお安さだったが、
スケートはリンクより天井の方が近いA席で、お値段8000円也。
観客も体操の方は体操クラブの選手とその関係者が中心で、
男女比は半々くらい、主な年齢層は10~20代といった感じだが、
スケートは圧倒的に女性客、それも妙齢のご婦人が多い(お前もな!)
また、体操の試合でスタンディングオベーションが出ることはめったにないが、
(そもそも発想自体ないような・・・)
スケートの場合、浅田選手に立ち宇野選手に立ち宮原選手に立ちと、大変忙しい。

同じ芸術スポーツでもえらい違いだが、共通点もあって、
それは「ここ10年で日本人選手が男女とも強くなった」こと。
お陰で毎試合寿命の縮む思いをしているが、
やはり自国の選手が活躍すると感動もひとしおである。

というわけで、世界体操2015★男子団体決勝は、
10月29日深夜2:30より絶賛生放送!
皆様どうぞお見逃しなく!!(無理)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-10-14 12:11 | 御宅 | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie