Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フィギュアスケート国別対抗戦に行ってきました。

d0224762_1655364.jpg


国別対抗戦を観戦するのは今回が初めて。
もともとチケットは取っていなかったのだが、
  世界選手権の激闘に大コーフン
    ↓
  国別対抗戦のガチンコメンバー発表
    ↓
  俄然行きたくてたまらなくなる
という、何ともわかりやすいパターンで心境が変化。

当然ながら思った時にはチケットはほぼ完売していたが、
ネットをさまよっていたら「東京都オリンピック・パラリンピック準備局が
都民還元事業の一環として観戦招待を募集中」という情報をキャッチ。
「当たれ~当たれ~」とありったけの念をハガキに込めて応募したところ(怖)

・・・・・・当たったぁあーーー!!!

d0224762_15572994.jpg

長年せっせと収めてきた住民税が、ついに還元された瞬間であった(違)

というわけで、初日に行われたアイスダンスSDと男女SPを観ることができた。
会場の一番人気は、何といっても羽生結弦選手。
一挙手一投足にいちいち歓声が上がる様は、さながらアイドルスターのようだった。
後ろに座っていたちびっこ連れのママさんなどは、6分間練習の間中
「あぁ~んすてきぃ❤すごいすてきほんとすてきしゅてきしゅてきしゅて(以下略)
と、うわ言のようにつぶやいていて(その間お子様は終始無言)
心の中で大笑いしながらも、いじらしいというか何というか、
妙に心動かされてしまったのだった。

d0224762_16154355.jpg

私はシングル競技に関しては「ジャンプ萌え~❤」なスケートファンなので、
古くは伊藤みどり選手のジャンプなどは大好物だし、
羽生選手の4回転や3アクセルもごはん3杯は軽くいける(意味不明)
SPの6分間練習でも3アクセルをウォームアップのごとくひょいと跳んでいて、
呆れて笑いがこみあげるほどだった。
TV観戦していたエキシビションのフィナーレでは、
なんと「4ループ→3アクセル」という変態ジャンプを披露。
何なのこの人・・・・・・(唖然)

羽生選手のすごさは、ジャンプやスピンなど技術が突出しているだけでなく、
それらを1つの大きな流れの中でこなしてしまうところ。
音楽の編集を含めプログラムもよく出来ていて、
「これを完璧に滑ったら、一体どんなことになるんだろう」と、
毎度見ていてワクワクさせられる。
それにしても、まさかこういう選手が日本人から出てこようとは。
長生きはするものである(しみじみ)

d0224762_16155246.jpg

ジャンプといえば、ロシアのトゥクタミシェワ選手の3アクセルもすばらしい。
もともと癖のない美しいジャンプを跳ぶ選手だが、
今期はメダル優先で3アクセルは回避するかと思っていたので、
ここ一番の世界選手権であえて挑んだ男気(女子だけど)には惚れてしまった。
「長らく浅田真央選手が一人持たされてきたバトンを、
本気で受け取ろうという選手がようやく現れた!」という気がして、
成功した瞬間は感慨深いものがあった。
国別対抗戦ではSP・フリーともに挑戦して、フリーでは見事着氷。
来期のプログラムではどんな構成になるのだろうか。今から楽しみである。

最近は日本人選手の活躍がめざましく、
応援する自分も気もちの入りようが違うせいか、
1シーズン1シーズンがやたら濃く感じられる。
試合のたびに寿命が縮み体に悪い気がするが(笑)、来期も引き続き絶賛応援したい。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
たろっち仲間ですね♪ スカートなら、おフランスのリバティの方がいいかもです。
海苔缶はサイズ的には正しいけど、おされ的にはまつがっとる(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-04-20 16:21 | 御宅 | Comments(6)

ぺプラムプルオーバー

たろっちでブラウスを作りました。

d0224762_1224841.jpg

パターン: 大川友美「いつもの服、きれいな服」 ぺプラムプルオーバー
布: リバティ タナローン Doctor Tulloch

リバティはパリ旅行の際、モンマルトルの布屋さんで買ったもので、
日本製に比べやや厚ぼったく、光沢も控えめだった。
また、日本製と違ってミミに「Liberty」の文字がプリントされていないため、
柄の上下が「???」で、ネットで布見本をガン見して判断した。
さらに、裁断時にチャコで合印を入れたものの、
いざ縫う段になったらきれいさっぱり消えていた、ということもあった。
そういえば、アイロンもかかりにくかったなぁ。
・・・・・・これ本当にタナローンだよね?(疑)

d0224762_12253425.jpg

ぺプラムプルオーバーは本の表紙にもなっていて、
縦方向に柄が入ったリバティが使われている。
ゴムの入ったウエスト部分で身頃とぺプラムに分かれており、
いつもなら柄や色で上下の切り替えをお知らせするところだが、
このデザインに限っては素直に柄の向きをそろえた方がよさそうだ。

d0224762_1226473.jpg

しかし、彼の地のリバティは布幅は135cmくらいあるものの、
お店にはもう1.3m程度しか残っていなかったため、
どうパターンを置いても縦目でペプラムが取れなかった。
仕方がないのでペプラムは横目で裁断し、
不本意ながら(苦笑)切り替えをお知らせすることにした。
ま、Dr.Tullochは書斎の本がモチーフらしいので、
 身頃:棚差しの本
 ペプラム:平積みの本
と思えば、そんなに変じゃない・・・かも・・・・・・たぶん。

このパターンは衿ぐりが詰まっていて、そのぶん背中に開きが作ってある。
オリジナルでは後ろ身頃のセンターではぎ合わせる仕様になっていたが、
左右の柄合わせが面倒なので「わ」で裁断し、
他のパターンを参考に見返しつきの開きに変更した。
その際、背中からババシャツがチラ見えするのを防ぐため、
オリジナルより浅い開きにした・・・・・ら、頭が通らなかった(ちーん)
そのため、いったんは縫いつけた衿ぐりのバイアスをほどき、
前身頃の衿ぐりをオリジナルより広めに縫い直して、何とか事なきを得た。
・・・・・・って、結局衿ぐり広がってるじゃん!

d0224762_12262873.jpg

後ろ開きにつけたのは、高知で買った薔薇ボタン❤

リバティとはいえ渋~い色で模様も細かいせいか、
裁断の際あれほど悩んだ割に、完成品を着てみたら、
柄がどっち向いてようが大して変わりないじゃん、てな感じ。
それよりこのペプラムは、果たして自分に似合っているのだろうか(知らんがな)

しばらく着てから判断したい(今決めろ)

****************

d0224762_12273537.jpg

先日、手みやげにマッターホンのクッキーをいただいた。
ヘタウマなイラストも色もかわいい缶は、
市販のゴムひもを入れておくのにぴったりなサイズ。
缶好きなので、こんなふうに用途がぴったりハマると気分がいいな~。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
彼の地ではちゃんぽんは食べないんじゃないかなあ(そもそも売ってるのか!?)。きしめんうどんきしめんきしめんうどんきしめ(以下略)、てな感じかと。
私も学校で地球儀作りました♪(懐) まさかウン十年後、ハマることになろうとは(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-04-10 12:38 | ソーイング(服) | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie