Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リボンのブラウスその2

1枚目が気に入ったので、2枚目を作りました。

d0224762_1224554.jpg

パターン: C&S「てづくりのシンプルスタイル」 リボンのブラウス
布: C&S リバティ タナローン Peasholme Park ブルー・マスタード系
    Rick Rack 60ローンコットン ターコイズ

リバティは2005年春夏柄の復刻版として、昨年5月に発売されたもの。
その時は「ふーん」ぐらいな薄い反応だったが、
年末にお店で実物を見たらいきなりフォーリンラブ。
3色あった中でもうブルー・マスタード系しか残っていなかったが、
発色の美しさ、微妙な濃淡やかすれ具合といった芸の細かさに、
今さらながら惚れてしまった。

d0224762_12254910.jpg

Peaというから豆のことかと思いきや、
「桟橋や遊歩道にチカチカ光るカラフルな豆電球がモチーフ」だそう。
豆電球といえば子どもの頃、近所の盆踊り大会に行ったら、
やぐらから放射線状に張り巡らされた電線の中に
1箇所だけ電球がぶら下がっていないところがあったので、
深く考えず人差し指をソケットに突っ込んだところビリビリ感電して、
文字通り飛び上がったことがあった(←バカなの?)

d0224762_12272344.jpg

というように、ビビビッと電気が走り購入した布だったが(違)
これまでの経験からして、こういう白(きなり)ベースのリバティは、
自分が着ると顔がぼんやりしてあんまり似合わないのだった。
そのため、おリボンと袖のパイピング部分は別布で切り替えて、
「ここに顔がありますよ」とお知らせすることにした(見りゃわかるって)

d0224762_12253785.jpg

前身頃の縫い合わせ部分は、パイピングと同じ色のミシン糸でステッチをかけた。
本体で使ったミシン糸とどっちにしようか迷ったが、
まあこれはこれでいいんじゃないでしょーか。
それより柄の出方を一切無視して裁断したので、
縫い合わせ部分から豆がチョロチョロ飛び出てるのが、気になるといえば気になる。
でもまあこんなもんじゃないでしょーか、ハハハ(おい)

今回は袖口もオリジナル通りバイアスでパイピング処理したが、
何しろ狭いので縫うのが大変だった。
次また縫うことがあったら、先にパイピング処理しとこうっと。
また今回は、丈をオリジナルより5cmほど長くした。
これで万歳三唱しても腹が見えない~♪(しないけど)

この冬はリネンだのリバティだの縫ってるうちに終わってしまった(←過去形)
冬服パターンはいくつか買ってあるので、次の冬にがむばろうと思う。たぶん。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ニットのはぎれはホント困りますよね~。ワンちゃん服、手作りならサイズもぴったりですね♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-02-23 12:33 | ソーイング(服) | Comments(10)

つなぎあわせスヌード

先週は11年ぶりにインフルエンザを発症(B型でした)
大して重症化しなかったものの微熱がダラダラと続き、
結局まるまる1週間自宅療養する破目に。ハァ。

生産的なことは何1つせずボケっと過ごした1週間だったが、
よかったこともあって、それは食欲がなくほとんど食べずにいたら、
正月以来ヤバいくらいに膨れ上がっていたキューピー腹がぺちゃんこになったこと。
ついでに下半身のお肉も落ちて、スカートやパンツが余裕で履けるようになった。
さらに発熱によるデトックス効果で、心の毒も抜けた。ような気がする(願望)

そんなこんなでソーイングどころではなかったため、
以前いろいろニットの残りで作ったスヌードを載せときます。

d0224762_12363781.jpg

パターン: Polka Drops つなぎあわせスヌード
布: ニット各種

・・・・・・スヌードって、一体どういう見せ方が正解(?)なんでしょーか。

このパターンは一昨年?、いやヘタすると3年前?に購入し、
そのままお蔵入りしていたもの(←小物系パターンにはありがち)
急にその気になって、裁断から縫製まで一気にやってみた。
ひたすら直線縫いなので難しいところは皆無だが、
最後、端と端を途中まで縫い合わせ表に返すところだけは何度やってもうまくできず、
結局、表に返してからミシンと手縫いで縫い合わせた。
仕様書をいくら読んでも「???」な自分、もしかして頭悪すぎ!?

自宅周辺半径3km以内でつける用なので、布の組み合わせは至ってテケトー。
なので出来上がりもそれなり、という感じだが、
中途半端に残っていたニットがごっそり片づいたのは嬉しいところ。
反省点としては、裏毛や厚みのある生地を使うと、
ニュアンスは出るけど重さも出て肩が凝る、ということだろうか。

d0224762_1237796.jpg

さらに残ったニットで、トラベルピロー用の巾着袋を作った。
このピローは昨年購入した、イーグルクリークというブランドのもの。
特殊構造のバルブのお陰で空気を入れるのも抜くのも簡単で、
寝心地もなかなかいい。
ただ、どうたたんでもサイズ大きめでケースもついていないため、
伸縮性のあるニットで自作してみた次第。

d0224762_12372421.jpg

一応(?)リバーシブルで、ひも通し部分はリバティ。
手順はしじみ巾着を参考にした。
まあまあ想定内のブツにはなったけど、よく考えたら表布はウールなので、
夏に使ったら暑苦しいね・・・・・・(汗)

d0224762_12391092.jpg

こんな感じで、今年も在庫布&はぎれ消費に努めたいと思います(旧正月の誓い)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
お、お、お嬢様!?(←どもった) えーとえーと、どっちかというと大嬢様です、てへ♪
笑っていただけて嬉しいです。これからも笑えるブログを目指します♪(え?)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-02-10 12:42 | ソーイング(小物) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie