Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

電脳生活

増税とXPサポート終了が重なったこの春、
すっかりガラパゴスと化していた自分のIT環境も一新された。

d0224762_14561388.jpg

高校時代に購入した、超アナログな目覚まし時計。全然壊れないため、渋々使い続けてウン十年(笑)。

これまではPHSを必要な時だけ電源を入れて使い、
パソコンはWindows XPで(その前は98)
自宅の通信環境はADSL、もちろん有線LANでつないでいたのが、
携帯電話はパスしていきなりスマホに移行、
職場も自宅もWindows 8.1のパソコンに買い替えて、
ひかり回線を引き、WiFi環境に変わったのである。

d0224762_1457087.jpg

そもそもがメンドクサガリーノなうえ、
機械やITに対する苦手意識が強いせいか、
今回ついでに新調したICレコーダーや電話機ですら、
設定したり使い方を覚えるのが億劫で億劫で、
この2カ月はそんな億劫ネタが一度に押し寄せて、
何だか精神的にぐったり疲れました・・・・・・

d0224762_14573230.jpg

特に、スマホ(iPhone)は「サルでも使える」と聞いていたのに、
初めて手にした時はあまりの訳わからなさに呆然としてしまい、
最寄りの携帯ショップに飛び込んで、
初期設定を手取り足取り教えてもらう始末(サル以下!?)
その後も「訳わからーん!」状態は続き、
いちいちネットで調べていては埒があかないので、
市販のマニュアル本をとっとと買った。
本が届いた時点で満足してしまい、まだよく読んでないけど(おい)
いざという時はこれを見ればいいんだな!(早く見ろって)

スマホがあると確かに便利で暇つぶしにもなり、
位置検索とかSiriとか、「世の中便利になったのぅ~」と感心するばかり。
気分はすっかり浦島太郎である。
そんな太郎が今回一番嬉しかったのは、
これでようやくオカダヤ(関東の手芸量販店)のモバイル会員になれること。
何しろ年会費がカード会員より300円も安い! ワーイ!!(大喜び)

仕事でPowerPointの知識が必要となり、
この4月からパワポ教室にも通い始めた。
「明らかに年下だよね?」なお兄さんお姉さんインストラクターに
噛んで含めるような指導を受けながら、猛勉強に励む今日この頃(嘘)
1年後には「パワポ? オホホホホ、ちょろいわ~♪」と、
高笑いしている予定である(言ってみただけ~)

d0224762_1517567.jpg

新しい機械を買うのは億劫だけど、周辺グッズを買うのは楽すぃ~♪
これ↑は臭いものにフタをするモデムやルーターを収納する桐製ボックス。
一瞬、「箱に入れたら電波が届かないんじゃ!?」と思ったことは秘密である。

d0224762_1459248.jpg

コンセント類もボックスに収めて嗚呼すっきり。
それにしても、検索するとこの手の商品が次々と出てきて、
いや~世の中便利に(以下略)

d0224762_1564163.jpg

スマホには桃やぎカラーのハンドストラップとカバーを装着(グフッ❤)

d0224762_1572196.jpg

こちらは6年前に先代ノートPCを購入した際、キルト布とリネンで作った「おふとん」。
先代PCはブ厚いうえにずっしり重く、
おふとんごと引きずってテーブルの上を移動させていたが、
新しいPCは冗談みたいに薄くて軽い。しかも早い!
いや~世の中便(いいから)

d0224762_1573925.jpg

はじめは「???」だらけだった電脳生活も、徐々に「?!?」へと変わり、
最近では「?!!」と、疑問より驚き&感心することが増えてきた。
普段使わない脳味噌をフル回転しているせいか、しばらくボケずに済みそうである。
よかったな自分!

******************

d0224762_15101942.jpg

私も(?)タケノコ煮たよー♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2014-04-22 15:25 | いろいろ | Comments(20)

ここのところバタバタしていて、全然ミシンに触れていない。
というわけで、今週は小ネタのみ。

d0224762_12594437.jpg

先日作った「らっきょうのクリームチーズ和え」。
昨年仕込んだらっきょうは、
ワインや粒こしょう、レモンなどが入る洋風レシピで、
やはりというか、カレーやシチューなど洋風料理と相性がいい。

これは〇売新聞の集金時にもらえる料理冊子に載っていたレシピで、
刻んだらっきょうとクリームチーズ、スプラウトを和えたもの。
濃厚なチーズと甘酸っぱいらっきょうの組み合わせは、
自分じゃ思いつかないけど結構いける。
・・・・・・ハァ(←意味なくため息)

これからしばらくは更新したりしなかったりになるかと思いますが、
よろしければおつき合いください。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ゴラァ、石田さんちを優先するんじゃなーい!(笑)
それは「まっちー」と「ハマチ」と「(まっちーに)ハマる」をかけた親父ギャグですか!? 
・・・・・・恐ろしい親父!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2014-04-11 13:01 | 食べもの | Comments(10)
先週はせっせと埼玉に通い、世界フィギュアを観戦しました。

d0224762_12405789.jpg

今年はオリンピックイヤーで、
これを機に現役引退する(だろう)選手も多く、
いつも以上に涙腺緩めで臨んだ大会であった。
何しろ大会初日、まだ試合が始まってもいないのに、
会場前に設置された大型スクリーンに映る織田選手の演技(全日本フリー)を見て、
思わず嗚咽をもらしたほどである(早っ)

d0224762_1245447.jpg

長年スケートファンをやっていると、
選手それぞれの事情とか紆余曲折とか普段の言動とか驚きの本性(笑)とか、
演技とは直接関係のないよぶんな情報にも通じてくるので、
本番もついそうしたドラマ込みで見てしまいがち。
そんなわけで、ペアのサブチェンコ・ゾルコビー組や
男子シングルのトマシュ・ベルネル選手、
女子シングルのアシュリー・ワグナー選手など、
個人的に思い入れのある選手たちが、
長いキャリアを締めくくるような演技を見せてくれた時は、
今までのあれこれが思い出され、何とも言えない気もちになったのだった。

なかでも、ジェレミー・アボット選手のフリーは素晴らしかった。
ベルネル選手同様、いつ台乗りしてもおかしくない才能の持ち主でありながら、
どうしても結果が出せなかったアボット選手が、最後に見せた渾身の演技。
はじめのうちはジャンプが決まるたびキャーキャー喜んでいたが、
途中から涙腺が決壊し、最後は織田選手ばりの泣き顔に(苦笑)
ソチでは浅田選手のフリーに泣かされたものだが、
今大会の黒やぎ号泣大賞はアボット選手に進呈したい(いらんて)

d0224762_12453463.jpg

そんな「思い入れありまくり」な選手たちの一方で、
昨シーズンまでまったくのノーマーク、
何の思い入れもなくまっさらな気もちで見られるのが、
「まっちー」こと町田樹選手である。
しかし、至ってお気楽かつ平静に観戦していた私でさえ、
今大会の町田選手の演技には圧倒された。
SP・フリーともほぼノーミス、
特にSPは何かが憑依したような、まさに「町田樹史上最高傑作」。
観客より本人が一番感動していたぽいのも、町田選手らしい(笑)

そもそも彼の演技は、高い芸術性で観客の心を揺さぶるというよりは、
1つ1つの技術をとことん極めることでおのれの世界に引きずり込む、
いうなれば体育会系の滑りに近い。
私もそんなつもりは全然なかったのに(っておい)
気がつけばまっちーワールドの渦に巻き込まれ、
終わった時は唖然呆然という感じだった(←誉めてます)
フリーでは羽生選手も相当いい演技をしたのだが、
町田選手の気迫がすごすぎて、何となく霞んでしまった印象がある。
いや~~~今回ばかりは町田選手に勝たせてあげたかったなぁ。

d0224762_12425667.jpg

ちなみに、最終日の女子フリーは美しき女優M子さんと観戦した。
この日は気温が20℃を越え、軽装の観客も多い中(私はカットソー1枚)
女優は何枚も重ね着したうえ、上下スキーウェア持参で登場。
・・・・・・越冬隊員かよ!(腹いてー)
相変わらず不可解な採点に「???」となりながらも、
最後はお笑いで締めくくられた大会であった(違)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「リプ兄弁当は辛口」!(爆笑) おかずにタコも入ってるね、きっと。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2014-04-04 12:55 | 御宅 | Comments(16)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie