Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

白米レシピ2

今年も読●新聞購読のお礼に白米をもらったので、
せっせと炊き込みご飯を作った。

d0224762_144225100.jpg

とうもろこしの塩ごはん(みるまゆさん)。
とうもろこし1本丸ごと放り込んで炊くだけの簡単レシピ。
聞くところによると芯からいいダシが出るそうで、
試しに作ってみたら、とうもろこしの甘みと適度な塩気が絶妙だった。

d0224762_14445414.jpg

当日の晩ご飯。
右は南蛮漬けもどき by らっきょう漬け汁再利用。
今回はかじきをムニエルにして漬けてみた。
左は切り干し大根とワカメの白あえ。
そして真ん中は、黒い動物の大好物❤「(刺身抜きの)刺身のつま」(笑)
ランチにお刺身定食を食べたら、つまがパサパサで不完全燃焼だったので、
サラダッコでせっせとスライスした。
やっぱり刺身のつまはうまいな~♪(&安上がりだな~)

d0224762_14452253.jpg

そらまめご飯。
そらまめって食べるところより捨てるところの方が多いよね・・・・・・

d0224762_14453595.jpg

タコめし。
タコは最初から入れたけど、炊き上がりに入れてもよかった気が。

d0224762_14455798.jpg

ショウガご飯。
たっぷりの新ショウガを塩味で。

d0224762_14462949.jpg

ショウガご飯にカツオのたたきをのせ、さらにショウガをのっけた、
ショウガこれでもか丼。

d0224762_14471181.jpg

丸ごとトマトの炊き込みピラフ(izumiさん)。
とうもろこしの塩ごはんや新玉丸ごと炊き込みピラフなど、
野菜を丸ごとドカンと入れる炊き込みごはんは、
ウルトラ簡単だけどおいしくて、
メンドクサガリーノには重宝なレシピである。
今回はトマトを投入。
ちょっと水分多めでリゾットみたいになったけど、これはこれでうまし。

d0224762_14481470.jpg

ブロッコリーの丸ごとジンジャーピラフ(izumiさん)。
こちらはブロッコリーを投入。でかッ!
ほかにもカリフラワーとかにんじんとか、いろいろできそうだけど、
だんだんエスカレートしそうで怖い(笑)

**********************

ちょっと前にお魚教室でアジ7尾、イカ1杯、サザエ1個をさばいたので、
再びいろいろお料理。

d0224762_14512283.jpg

お刺身となめろう、アジのトマト煮、塩ゆでサザエ、
じゃがいもとイカゲソとワタのホイル焼き。
とろとろのワタがじゃがいもにからんで、おいしゅうございました♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
同じソーイングでも、ニットは布帛とはまた違う楽しさがありますね♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-26 14:58 | 食べもの | Comments(22)
以前、akiさん宅でも見かけたプルオーバーを作りました。

d0224762_15164564.jpg

パターン: 大川友美「シンプルワードローブ」 ラウンドヘムのプルオーバー
布: fab-fabric コットン×ボーダー(ブルー)×迷彩ジャガード

d0224762_15141931.jpg

このパターンはわざわざ裾が切り替えになっていて、
akiさんも書いている通り、
無地で作ったら切り替えの意味ないじゃん、というデザイン。
本ではストライプ地と無地の2種類の作例が載っていたが、
切り替えがあるパターンを見ると、「ここに切り替えがありますよ」
とお知らせせずにはおれない性質なので、
ボーダー生地を使って思う存分お知らせしてみた。

d0224762_15143125.jpg

布はネットで一目惚れして購入したもの。
ベースは紺×白のボーダーなのだが、ところどころ織りや色に変化があり、
遠目で見ると迷彩柄が浮き出るという、凝った布地。
実物もイメージ通りで大変気に入った。

裾を切り替える以外は、普通のプルオーバーと造りは同じ。
裾はもちろんのこと、ポケットも横目(ストライプ)に取って、
切り替えをお知らせしてみた。
袖も最初は横目に取るつもりだったが、ドロップショルダーなので、
縦目(ボーダー)に取った方が切り替えがわかりやすいかと思い直し、
仕様書通り縦目で裁断。
横目で取るつもりで用尺分買っていたものの、
ぎゅうぎゅうに詰めたら何とか裁断でき、
お陰でハギレがほとんど出なかった。ワーイ!(大喜び)

d0224762_15151234.jpg

袖は一見普通だが、袖口を一折りすると・・・・・・

d0224762_15145794.jpg

中からお知らせが!(笑)

着てみると何だかドロボー風に見えなくもないが(きっと気のせいね!)
とりあえずお知らせがたっぷり入れられたので満足である。

****************

d0224762_1515536.jpg

おトボケ美女3人組で自由が丘巡りをした際、C&Sで購入した接着芯。
ハギレで小さく包んでもらったら、まるでお弁当のように。
その下は先日C&Sから届いた布。
・・・・・・えらい派手だな!
チェリーピンクだけど結構落ち着いて見えるし、とポチったのだが、
届いてみたら押しも押されもせぬパー子ピンクだった。
嗚呼、また派手なお洋服が増える・・・・・・(遠い目)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
号外が家に届いたのは生まれて初めてです。7年後に見ようと、記念にとってあります♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-18 15:23 | ソーイング(服) | Comments(18)
今週は小ネタのみ。

d0224762_18231268.jpg

その昔、夜中にラジオで「名古屋落選」の瞬間をリアルタイムで聞いて以来、
オリンピック招致レースは遠くの方から生ぬる~く眺めてきた。
今回もてっきりマドリードかと思っていたので、
朝起きたら東京に決まっていてびっくり。
ついでに、家のポストにまで号外が配達されていて二度びっくり。

7年なんてあっという間だろうが、
無事開催された暁には、開会式と体操競技はぜひ生で見てみたいものだ。
いやもういっそ、オリンピック期間中は仕事しないで観戦三昧するか!
7年後に向けて、夢とチボーがじわじわと湧いてきた。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
みすや針はヲトメのワンダーランドです。機会があったら是非♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-12 18:28 | 御宅 | Comments(12)

京都どすえ

黒やぎボタニカルガーデン(という名のベランダ園芸)で、
雨にも負けず風にも負けず、長年しぶとく生き続ける鉢植えのもみじ。


d0224762_17214110.jpgd0224762_17211665.jpg



















夏場ともなると昼は直射日光&照り返し、夜はエアコンの排気熱にさらされ、
毎年秋を待たず葉っぱがチリチリに焼け焦げていたのだが、
いつ頃からだろうか、落葉したところから新芽が出て、
紅葉の季節にはフッサフサの真っ赤なもみじが楽しめるようになった。
ただいま、チリチリからフッサフサへ移行しつつあるところ。
・・・・・・もみじって二毛作だったのか(違)

*************************

さて、お仕事で関西方面に行ったので、ついでに京都に寄った。
行きたいところは数々あれど、時間も限られていたので、
烏丸御池周辺の手芸・ソーイング関係のお店を中心に、
ドドド・・・と見て回った。

d0224762_17221673.jpg

ひつじさん絶賛のみすや針。
評判は知っていたが、ここの針がいかに優れているか、
ひつじさんの具体的かつ説得力のある話を聞いていたら、
ムラムラと欲しくなり、思わず買いに走った次第。

ムラムラついでに、ミニサイズの和ばさみとはさみケース、糸巻きも購入した。
商店街の奥に佇む小さな小さなお店だが、
ヲトメのハートをクリティカルヒットする裁縫小物がてんこ盛りで、
なかでも出色だったのは、携帯用のソーイングセット
小さな桐の箱に縫い針とはさみ、はさみケース、糸巻きがセットされ、
蓋の裏は針山になっている。
さらに針山と糸巻きとはさみケースは共布で出来ていて、
とりどりの布で作られたセットの中から、好みのものを選ぶことができる。
ソーイングセットは持っているので何とか我慢して買わなかったが、
いや~~~、あれは可愛いかったなぁ・・・・・・

d0224762_1724260.jpg

菊一文字の糸切りはさみと目打ち。
長さ10cm程度の小さなはさみだが、ちゃんと研ぎ直しもできる本格派。
ムフフ❤(←はさみ好き)

d0224762_17241825.jpg

idolaで買った、桃やぎ色のボタン。
こんなボタンがつく桃やぎ服を、私は縫いたい。

d0224762_172428100.jpg

LINNETではターコイズ色のコットンヘリンボーンを購入。
ベージュ地に明るいブルーという組み合わせが、一目で気に入ってしまった。

d0224762_17244979.jpg

現地でお世話になった担当者さんお勧め、「舞妓はんひぃ~ひぃ~」の七味。
材料にハバネロ唐辛子が使われていて、
「舞妓はんも驚くほどの辛さ」がウリだとか(笑)

京都は久しぶりに行ったが、以前にも増して観光客が多くて驚いた。
1年で最も暑いこの時期によく来るな~と、感心した次第である(お前もな!)

**********************

その後行った福岡では、国産紅茶を購入。

d0224762_17251052.jpg

京都も国産紅茶はいろいろありそうなのだが、
緑茶のブランド力が強すぎるのか、おみやげ屋さんでは見当たらず。
しかし福岡では、スーパーにもひょっこり置いてあったりした。

今回購入した紅茶は、どちらも生産者と加工業者が別で、
左の袋入りは「生産者 熊本県水俣市 天野茂」とある。
「はて、どこかで聞いたような・・・」と思ったら、
天の紅茶」を作っている天野さんだった。
ただし、天の紅茶はかなり個性的なリーフだったが、こちらは至ってフツー。
一方、珍しい箱入りの「おいしい八女紅茶」は、
その名の通り非常においしかった。
てな具合に、実際飲んでみるまでわからないところが、
国産紅茶の面白さである。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ゴルフのジャケット!(笑) 確かに~~~ちなみに、マスターズは緑だそうです。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-04 17:36 | | Comments(14)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie