Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嗚呼昭和

d0224762_12173467.jpg

昨年、ノラさんが「赤毛のアンの手作り絵本&お料理ノート」を紹介されていた。
私は「不思議な国のアリス」のお料理本を持っていたのだが、
実家に横たわる「昭和ローム層」を発掘したところ(笑)、出てきました!

d0224762_12262081.jpg

モノトーンの地味~な本ながら、本文には薄いグレーの用紙が使われ、
「ずいぶん制作費かけてるなぁ」という印象。
今見るとそうでもないが、
「クリームオブターター(酒石酸)」だの「スエット(牛の腎臓や腰の脂肪)」だの、
当時は「???」な食材を使ったレシピも多く、
この本から実際に何かを作った記憶はない。
そもそも特に原作ファンというわけでもないのに、
なんで買ったんだろう(知らんがな)

d0224762_12183074.jpg

ついでに、ケイト・グリーナウェイの本も出土。
確か、「マザーグースに挿絵をつけた本」ということで買ったのが最初だったような。
マザーグース3巻本はいずれも後半がちょっとした読み物頁になっていて、
これがヲトメの妄想をかきたてる面白い内容だった。

d0224762_12184717.jpg

なかでも「マザーグースをモチーフにした海外ミステリー」の特集は、
アガサ・クリスティやヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなど、
いわゆる古典とよばれる海外本格ミステリにハマるきっかけになった。
お陰で、「パタリロ!」にクック・ロビン音頭が登場した時も、
元ネタがすぐにわかったぐらいである(笑)
追記: 歩く昭和史ことmasakoさんによれば、元ネタは「ポーの一族」だとか。
     ・・・・・・メモしといた方がいいかちら?(笑)


d0224762_12192638.jpg

どさくさ紛れで珍品も。
高校時代、家庭科の宿題で提出した工作(←家庭科?)
材料は、ジャパンタイムズ社が中高生向けに出していた(今でも刊行されてる模様)
「Student Times」という英字新聞の表紙イラスト。
お名前は憶えていないのだが、すべて同じイラストレーターが描かれたものだと思う。
あれは工作の本だったか、「新聞や広告などのイラストにニスを塗ると、
独特の味わいが出る」という記事を読み、
気に入って表紙だけ取ってあったイラストにニスを塗り、
チョキチョキ切り抜いて、色画用紙に貼りつけてある。
これを見ると、当時からすでにトリ好きだったことがわかる(笑)

d0224762_12195540.jpg

珍品その2。
中学の手芸クラブ(!)で作った、パッチワークの巾着。
キットだったのか自分で裁断したのかまったく記憶がないが、
四角いパーツをちくちく手縫いで縫い合わせ、
防水布みたいな裏地をつけてキルトミシンをかけてある。
パーツを縫い合わせたのは覚えているが、
ミシンをかけたのは自分だったか母親だったか(はて?)
いずれにしても、我ながらずいぶんマメなことやってたんだな~。
このままいってりゃハンドメイドの腕もそこそこ上達しただろうに、
一体どこで人格が入れ替わったのか。

d0224762_12202011.jpg

確かこの頃、クロスステッチのクッションカバーのキットに手を出して、
途中まで熱心に刺したものの、
「ばってんは決まった順序で刺すべし」というルールがあることを知り
(右上だったり左上だったり、デタラメに刺していた)
にわかにやる気が失せて放置プレイ。
以来、ハンドメイドとはとんとご縁のない人生を送り、
長い長い眠りからようやく目覚めたのは、
21世紀も最初の10年が過ぎた頃であった(まわる~まわる~よ時代はまわる~♪)

・・・・・・って、何の話してたんだっけ(おい)

そのほか、今回の発掘で最終的に残した(=思い入れがある)本。

d0224762_1221981.jpg

 ・「大草原の小さな家」などインガルス一家の物語シリーズ
 ・「くまのパディントン」シリーズ
 ・ジュール・ベルヌの「海底二万海里」と「神秘の島」

Book offやヤフオクのお陰で最近は本も気軽に処分できるようになったが、
これらの本はとりあえず墓場まで持っていく予定(入らんから)

************
<業務連絡 ノラさん>
アラジンのストーブはすでに処分されてました・・・・・・


拍手やコメント、いつもありがとうございます。
あ、ここにもA.F.O.のファンが!(笑) 世界進出めざしてがんばります♪
確かに冬は全体的に地味~になりがちですよね。冬に作って正解だったかも、です。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-29 12:32 | いろいろ | Comments(42)

チュニックシャツ

新春ソーイング第2弾は消化試合である(笑)
ただいま在庫撲滅キャンペーン(永年)実施中なので、
お蔵入りしかけた布でチュニックシャツを作った。

d0224762_1351598.jpg

パターン: ソーイングナチュリラ チュニックシャツ
布: C&S ブロックチェック ソレイユ

布は昨年、C&Sの「9月新着」で購入したもの。
こういう明るい色合いの布は今まで買ったことがないが、
もともと黄色や赤は好きな色だし、
「暖色のグラデーションがお日さまのようです」という説明に惹かれ、
「たまにはいいよね~」とポチってみた。
しかし届いてみたら、想像していたぽかぽかお日さまではなく、
ギンギラお日さまと呼びたくなるよな色鮮やかさ。
小さな子どもならひよこみたいで可愛らしかろうが、
私が合わせると、疲れたビッグバードか筋っぽい名古屋コーチンか、
といった趣に(ぐすん)
しかし在庫化すれば布山がまた高くなるので、
試作のつもりでずいぶん前に写したチュニックを作ることにした。

d0224762_1355878.jpg

前身頃に切り替えあり、上半分はボタン開き、
後ろはタック入りで、ギャザーはなし。
衿付けとボタンホールはあるが、それ以外は至ってシンプルな造りである。
で、例によって「ここに切り替えがありますよ」とお知らせするべく、
さらにチェックの柄合わせの手間を省くべく、
切り替え部分はバイアスで取ったのだが・・・・・・
左右で柄が全然合ってないのがむしろ目立ってるじゃん!(泣)
こっちを立てればあっちが立たずで、完璧に合わせるのはそもそも無理なのだが、
どこか1点きっちり合えばよかったものを、
どこも合ってないばかりか、微妙にズレているために、
却ってそのズレが目立つのだった(うぉーん)

d0224762_1363083.jpg

つかブロックチェックって、どこをどう合わせりゃ柄が合うんだ!?
足りない文系頭で一生懸命考えたがさっぱりわからず、
テケトーに裁断したら、前身頃も袖も左右でズレまくる大惨事に(滝涙)
唯一合ったのは、ほとんど目につかないであろう前後の脇線のみ。
・・・・・・もう二度とブロックチェックには手を出さん!(キレ気味)

ボタンホールは相変わらずヨレヨレだけど、
そもそも試作品なので別にいいや~という感じ(やる気なし)
本には「とっておきのリバティプリントをたっぷり使って」と書かれていたが、
確かにタナローンぐらいしなやかな布で作ったら、
シルエットももう少し柔らかな感じが出るのではないかと思われる。

ひょっとしたら縫ってるうちに強烈な色合いにも目が慣れるかも、
とほのかに期待したが、そんなことはもちろんなく、
出来上がったブツはやはりギンギラお日さまのままであった。
嗚呼、また(派手な)部屋着が1つ増えた・・・・・・(遠い目)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
コンシールファスナーならそんなに難しくないよーん(万年初心者より)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-23 13:14 | ソーイング(服) | Comments(20)
毛皮職人ことノラさんから素敵なお年玉をいただいてしまいました。

d0224762_18233312.jpg

先日のこと、「黒猫の遣いがそちらに参ります」というお知らせをいただき、
「???」となりつつ、文面から「ヘアターバンか何か下さるのかな?」と思っていたら、
開けてびっくり、中にはあの開運襟巻きが!

d0224762_18235789.jpg

表はプレゼント企画で希望に挙げたオリラグ、
裏はサイケな印象のリバティ(何ていう柄なのかちら?)
ラブリーでいて大人っぽくて、ノラさんらしいセンスに溢れた襟巻きに、
嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねてしまった(子どもか)
早速巻いてみると、毛皮がスリスリ気持ちいいだけでなく、
masakoさんがコメントされていたように、
これ1枚でおされさんに見える! しかも似合う!!(笑)

d0224762_18244518.jpg

さらに、焼き菓子とロデム氏お手製のフックもいただいちゃいました。
フックは今回新たに作ってくださったそうで、
針金の質感といい全体の完成度といい、まるで既製品のよう。
ノラさんもノラさんなら、ロデム氏もロデム氏だわ、
二人揃ってプロフェッショナルじゃん・・・・・・恐ろしい夫婦!(←誉めてます)

d0224762_1541956.jpg

本邦初公開、着画。
嘘です、すいません。
うちのカバ子も「気持ちええずら~おされずら~~~❤」と申しております。

クジに外れた私にまで素敵な贈り物をくださったノラさん、
本当にありがとうございました!
愛とやさしさとセンスの詰まった襟巻きが、私にも福を運んできてくれました。
大切に使わせていただきます。

***************

今年の初雪(つかドカ雪・・・汗)

d0224762_18254263.jpg

夕方、食料の買出しに行こうとしたら、ドアが開かなーい!
降り積もった雪を押しのけるべくドアに体当たりして(笑)
何とか外に出てみたら、雪で埋もれて階段がなくなっとるー!

明日の朝、外に出られるかしらん・・・・・・(戦々恐々)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
北欧のマダム・・・オーホッホッホ!(←すぐ調子にのる女)
ラ・セーヌの星はボタンホールが大変苦手です。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-14 18:40 | いろいろ | Comments(10)

ルームベスト

暮れにお出かけ用マタギベスト(違)を作ったのに続いて、
今度は室内用マタギベストを縫った。

d0224762_1662679.jpg

パターン: 「伊藤まさこの針仕事」 コットンでリバーシブルにもなるベスト
布: IKEA Bladvass(Designed by Michiko Nakata)
   C&S オリジナルコットンフリース ブルー
   ユザワヤ 接着キルト芯

裏がモコモコのルームベストは、これが2着目。
第1号は本家(?)Polka Dropsのパターンで、2年前に作った。
真っ赤なツルツルキルト地に白いボアという、
おめでたい組み合わせにするつもりが、
売り場に行ったらなぜか気が変わり、
禁断の毛足の長いベージュのボアを購入。
結果、どこに出しても恥ずかしい王道マタギベストが完成した。

d0224762_1618123.jpg

と言いつつしっかり写真は撮ってあったので(笑)
ちっこく載せてみる(注:クリックしても大きくなりません)

丈が長めなうえキルト×ボアなので暖かさは申し分なく、
何だかんだで愛用していたが、気がつけば裾のボアがお掃除モップと化し、
部屋中のチリだのホコリだのを吸着しまくっている・・・・・・(愕然)
いい加減くたびれてきたこともあり、去年の春先に処分したのだった。

今回のパターンは伊藤まさこさんの本に載っていたもので、
表布にIKEAのインテリアファブリックを使ったり、
前から見るとAライン、横から見るととんがりコーンみたいなシルエットだったり、
衿元が丸~くカーブしていたりと、デザインが気に入った。
布は「裏にC&Sのコットンフリースを使う」がまずありきだったため、
これに合う表布をあれこれ探した結果、
インテリアファブリックではなく、IKEAのベッドリネンを購入した。

ベッドリネンなので薄くてガーゼみたいな生地だが、
線画の青がフリースの微妙なブルーとぴったり合っていたのが決め手となった。
素材がポリエステル52%×綿48%の混紡だからだろうか、
150×200cmの掛け布団カバー、50×60cmの枕カバーがセットになって
¥699という驚きの安さ(定価¥799がさらにセールになっていた)
布団カバーは都合4mあるので、ざっと計算すると1mあたり¥180!?
120cm幅で1mあたり¥2770のコットンフリースと、どえらい差である。

d0224762_1674528.jpg

ペラッペラの激安表布は全面に中厚手のキルト芯を貼り、
これを型紙にフリースを裁断。
衿付きベスト用に70cmしか買ってなかったので、
ちゃんと取れるかハラハラしたが、
差し込みで耳まで入れて(こらこら)、ギリギリ何とか裁断できた。ホッ。

前回のメルトンフリースと違い、裁断するそばからボロボロ糸くずが出るので、
掃除機とコロコロは必需品。
悠長に作っていたら縫い代が消えてなくなりそうだったため、
裁断が終わると同時にミシンに着手し、脇目もふらず縫い続けた結果、
何とほぼ1日で完成した。快挙!

d0224762_10435042.jpg

フリースのくるみボタンを飾りにつけ、
スナップボタンで左右を留められるようにした。
写真撮ってて気がついたけど、ボタンの凸と凹を逆につけてしもうた(汗)
そういえば、着る時「何かはめにくいな~」と思ったけど・・・・・・きっと気のせいね!

d0224762_1685387.jpg

フリースは茄子紺のような青緑のような、何とも微妙な色合いで、
これに合う同系色の布を見つけるのはなかなか難しいのではと思うが、
単独で見ると上品でお高級な雰囲気があり、さすがC&Sという感じ。
コットン100%だからか、脱ぎ着の際に静電気が起きないのも嬉しいところ。
前回の衿付きベストがラブリーマタギなら、
今回のはマッダ~ムなゴージャスマタギといったところか。オーホホホ!

そのうち醤油だのソースだのケチャップだのがビチビチはねて、
シミだらけになっていく予感大だが、
汚れ切ったら今度はフリース側を表にして、せいぜい着倒すつもり。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致します♪
ラ、ラ、ラ・セーヌ~ ラ・セーヌの星~~♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-07 16:29 | ソーイング(服) | Comments(21)

謹賀新年2013

新年あけましておめでとうございます。

d0224762_10234857.jpg

日付が変わった直後、あちこちのサイト様が次々と更新されるのを見てびつくり。
今朝、慌てて写真を撮りました(←何も考えてなかったらしい)

相変わらずのマイペース(トロいともいう)ですが、
本年もよろしくお願い申し上げます(三つ指)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
上半身は平目体型なので、何でも来い!です(←いばれない)。昨年はいつも暖かいコメントを添えてくださり、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-01 10:28 | いろいろ | Comments(14)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie