Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スケートとは関係ないけど、内村航平選手ご結婚おめでとうございます♪
(komoさん&maitinさん、お祝い&ご心配いただいてありがとう!;笑)


*****************

連休は仙台でGPシリーズ最終戦、NHK杯を観てきました。

d0224762_12572835.jpg

紅白歌合戦並みに豪華な出場選手と熱心なスケートファンの応援で、
大盛り上がりだった今年のNHK杯。
個人的には、羽生結弦選手のSPとロス・マイナー選手のフリーが際立っていた。
特に羽生選手のSPは圧巻の出来で、
この日は関係者席の近くに座っていたのだが、
演技終了後は各国選手やコーチ、ジャッジらが一斉に立ち上がり、
半分呆れたような表情で拍手を送っていたのが印象的だった。
羽生選手を見ていると、観客を目で煽りブイブイ言わせながら滑っていた、
全盛期のプルシェンコ選手を思い出す。
月影先生なら、きっとこう言うだろう。「・・・・・・恐ろしい子!」

余談だが、男子フリー終了後、同じ敷地内にあるプール棟まで遠征し、
トイレの順番をぼんやり待っていたら、
羽生選手が目の前を通っていったのでびつくり。
以前から「日本人なのに8頭身」と評判だったが、
間近で見るとまさに「顔ちっちゃ!」「首細っ!」「足長っ!」(←ボキャ貧)
その場に居合わせた人々から期せずして拍手が起こると、
律儀にお辞儀を繰り返し、最後は深々と一礼して去っていった。
あのお行儀のよさと、試合での俺様ぶりと、ギャップがすごいよなぁ。
いや~~~それにしてもいいもん見たわ♪(ホクホク)
今回の会場は女子トイレがアンビリーバボーに少なく、
製氷時間のたびに特設トイレだ野外トイレだと右往左往していたが、
あの日あの時あのトイレを選んだ自分の判断を誉めてあげたい(笑)

ロス・マイナー選手は昨年に続いての3位。
優勝候補の1人だったハビエル・フェルナンデス選手がフリーで自滅する一方で、
試合で初めて4回転を成功させ、自力と運の両方で銅メダルを勝ち取った。
よほどNHK杯とは相性がいいらしい。
しかし、本人どんだけ喜んでいるかとネットでニュースを検索したが、
3位に入ったというのにほとんど言及なし。
どうゆうこっちゃーーー!
下位から順繰りに滑るはずのエキシビジョンでも、
第1部、それもフェルナンデス選手より前という、つれない扱いをされていた。
なんでやねーーーん!
ま、ものすごくいい人らしいので、本人は案外気にしてないかもだけど。

d0224762_1345727.jpg

フィギュアスケートの試合を観戦するのは久しぶり。
「高橋大輔選手はちょっとの助走で4回転跳ぶんだな~」とか、
「ふだんは好青年の高橋選手がリンクに立つと、セクスィ~部長ぶりが半端ない」とか、
「あんなチンピラみたいな衣装(っておい)が似合うのは、高橋選手ぐらいのもんだ」とか、
生で見るといろんな発見があって面白い。
スケートは毎度チケット争奪戦がえらいことになってるけど、
機会があったらまた見たいものである。

d0224762_12581056.jpg

仙台名物牛タン定食。
観戦中は「パン→お菓子→おにぎり」のローテーションで、
まともに食べに出る時間も場所もなく、
初日のお昼に食べたこれが唯一の外食だった(哀~)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
フグは10年に一度食べるからおいしいのです。フグよ、10年後にまた会おう!(笑)
若い頃の向田さんって、今井美樹似の美人さんですよね~
ウケていただけてこれ幸い♪ いつも拍手喝采ありがとうございます!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-11-28 13:09 | 御宅 | Comments(14)

山姥デビュー

すっかり出遅れてしまった感は否めないが、手持ちの包丁大公開。

d0224762_12144720.jpg

グローバルの包丁と、ベーグル買ったらオマケにくれたパン切りナイフ。
実質、包丁1本てことだな(少っ)
ま、サラシに巻きやすいからいいけど(何の話)

包丁は長年、学生時代に買ったスーパーブランド製(=安物)を使ってきたが、
経年劣化でプラスチックの柄部分にヒビが入り始め、
「何かの拍子に刃がすっぽ抜けて、眉間に突き刺さったらどうしよう」と思うと、
心配で夜も眠れなくなったため(違)
数年前に刃と柄が一体化したグローバルに新調した(そんな理由かい)

以来、たま~に写真の簡易包丁研ぎでギコギコ研いでいたが、
先月、急にその気になって「包丁の研ぎ方教室」に参加。
このたび砥石を購入し、これからは自分で研ぐことを心に誓った。

d0224762_12153840.jpg

上の中砥で刃の表裏を研ぎ、下の仕上げ砥で刃先のカエリをならす。
手前の小さいのは砥石を研ぐための砥石。
よく研ぐ場所がそこだけ凹んでくるので、これで全体を平らに保つのである。

d0224762_12155022.jpg

キラリ~ン☆(笑)

包丁研ぎなんて一生自分には関係ないと思っていたが、
ヘタクソでも研げばそれなりに切れ味が戻り、やってみると結構楽しい。
草木も眠る丑三つ時、シャーッシャーッと小気味良い音を響かせながら刃を研ぎ、
時折指の腹を刃に当てては研げ具合をためつすがめつしていると、
気分はすっかり山姥。

泣く子はいねが~~~(それはナマハゲ)

というような話を以前ノラさん宅でしたら、
「都内在住じゃん(笑)」と指摘された。確かに。
というわけで、これからはシティ山姥をめざすことにしたい。

d0224762_12165061.jpg

包丁研いだらキャベツの千切りでしょう、というわけで、
「向田邦子の手料理」から、もしゃもしゃサラダを作った。
ふだんの3割増し(3割減?)に細~く切ってみたけど、
研ぐのも切るのも鍛錬の余地大ありだな。

シティ山姥への道のりは、まだまだ険しく遠いのであった。シャーッシャーッ・・・・・・

***************

<乾麵・飛び込み隊! ~豪華食材(笑)で手抜き道編~>

d0224762_12204127.jpg

週末にフグ鍋を食べたので、おつゆの残りに飛び込んでみました。
大変飛び込み甲斐がありました(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
パリ旅行前半は怖くてレストランに入れず(子どもか)。ようやく慣れた頃に帰国、でした。
わ~~~こっちにもありがとう! いっぱい押してたもれ♪(笑)
・・・こ、告白ッ!? キャーキャー♪(照)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-11-20 12:25 | 食べもの | Comments(16)
junkoさん宅のコメント欄がきっかけで広がった、「乾麵・飛び込み隊!」の輪。
ちなみに「乾麵飛び込み」とは、
水分多めのソースにパスタを乾麵のまま放り込み、
茹で&味付けを一気に済まそうという、画期的な調理法のことである(違)
自分としては超手抜きメニューのつもりでいたのだが、
こだわりの食材で見るからにおいしそうな凝った一品を作る方、
「前からとっくにやってました」という方、
クリームの海にダイブする方などが続出。
今さらショボいトマト味のパスタは見せられん、ということで、
純和風・干し椎茸出汁の海に飛び込んでみました(渋っ)

d0224762_17592776.jpg

レシピはizumiさんの「干し椎茸の煮込みスパ」。
って、あら? オリジナルではパスタを別にゆでてるじゃん・・・・・・(驚愕)

d0224762_1802224.jpg

・・・・・・と、とにかく! 
干し椎茸をちぎっては投げ、ちぎっては投げ入れ、
煮立ったところに折ったパスタも投げ入れたら、蓋してグツグツ。
パスタが茹だったら、仕上げにむしった水菜(←あくまで包丁不使用)を散らす。
洗う手間を省くべく、土鍋で作るところも重要なポイントである。
手間も暇も省いた手抜き道バージョン、正統派(?)煮込みスパの完成~♪
(よゐ子のみんなはマネしないでね!;笑)

masako殿! わらわの煮込伊太利亜饂飩はいかがでおじゃるか~~~!?

ちょっと煮すぎてパスタがぐったりしてしまったが(そこがまたウマイんだけど♪)
元はといえばizumiさんのレシピなので、
干し椎茸のお出汁が麺にたっぷり浸み込んで、大変おいしゅうございました。

*****************

巻き寿司アーティスト「たまちゃん」のワークショップで
「ムンク!? こころの叫び寿司」を巻きました。

d0224762_1811364.jpg

目鼻立ちはゆがみ、逆に頬はふっくらして、
何だかおマヌケな叫びになってしまったが、
お手々だけは我ながら愛らしくできたわい、と自画自賛(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
彼の地はクロスステッチ関連商品がてんこ盛り。お好きな方にはパラダイスだと思います。
鏡の中の自分に向かって、心の中で「おい、鬼太郎!」とつぶやいてました(笑)。
た~~~くさんの拍手、どうもありがとうございました!(嬉♪)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-11-12 18:07 | 食べもの | Comments(20)
d0224762_14131693.jpg

パリのメルスリーは刺繍用品に編み物用品、
ボタン、リボン&テープなどが主力商品。
特にクロスステッチ関連の商品が充実していた。
お店によっては布も多少置いてあり、
街中ではインテリアファブリックの店もぽつぽつ見かけたが、
C&Sのように洋服用の生地が買いやすい値段で揃う店となると、
自分が見た限りではモンマルトルの布問屋街だけだった。


d0224762_14133328.jpgd0224762_14134667.jpg


















ボタン@バスティーユにあるクロスステッチ作家さんのメルスリー。
ボタンはどこの店でもかなり種類が多く、ありすぎてよく見なかったのだが、
ここはクロスステッチ関係のお店だけあって、
ボタンもクロスに縫い留める仕様のものが中心。
大きいボタンは真ん中だけクロスに留めれば普通のボタン、
周囲にもばってんを入れれば飾り用ボタン、というデザイン。
大中小とあり、全種類&たくさん欲しかったが、泣く泣く大を1個だけ購入
(この後財布をスラれる運命と知っていたら、しこたま買ったのに。キーーーッ!)

d0224762_14141469.jpg

この作家さんのクロスステッチ作品はとてもセンスがよく、
置いてある商品も1つ1つこだわりが感じられる。
裁縫箱ならぬ、裁縫ワゴン(?)なんてのもあった。
ドイツ製とのことだが、こんなの初めて見た。

d0224762_1414419.jpg

ニット作家ソフィ・ディガールのウールネックレス@オペラのメルスリー。
ずいぶん前にIENAのバーゲンで買い、
気に入って使っている赤いマッフリャーが、
最近になってこの人のものであることが判明。
メルスリーだけど店頭にストールがディスプレイされていて、
聞けば他にも在庫があるという。
ストール類はどれもため息が出るほど美しく凝った編み地で、
このネックレスにしても裏表で糸が変えてある。

d0224762_14145924.jpg

せっかくなのでストールをどれか1枚、と思ったが、
残念ながらどれも色使いが地味~で、
彫りの深いフランス人なら似合うのだろうが、ド日本人顔の私が巻くと、
体調不良のねずみ男が手ぬぐい巻いてるようにしか見えないのだった(無念・・・)
唯一キレイ色だったネックレスを、おもひでに購入。

d0224762_14151872.jpg

リバティのタナローンDoctor Tulloch@モンマルトルの布問屋。
これは今年の春夏柄で、いいなと思った時はどこも売り切れていたもの。
いつか再販されないかと淡い期待を抱いていたら、
思わぬところで、それも欲しかったネイビーに遭遇!
もう130cmしか残っていなかったが、
布幅が135cmあるので、何とか1着は作れる・・・かなぁ?
たぶん定価販売で、1mあたり€22.90。
質感は国産の方が上という気がするが、
お得に買えたからいいんだ~~~そろばんパチパチ♪(←masakoさんネタ借用)

d0224762_14154247.jpg

リバティを買ったお店は布問屋街でもお値段お高めのところで、
そのぶん落ち着いて買い物できる雰囲気だった。
2階にはソーイング本とパターンの閲覧コーナーがあり、
欲しいパターンを伝えるとカウンター後ろの棚から出してくれるシステム(たぶん)
このお店に限らず、ソーイング本を扱っているお店では、
どこも日本のソーイング本のフランス語版がずらり揃っていた。
パラパラ見た感じではそのまま翻訳しているようだったが、
あの人たちの体型で、日本人サイズの洋服が入るのだろうか???(余計なお世話)

d0224762_14161370.jpg

最後にどうでもいいネタ。
現地のトイレでは、たまにダイソンのハンドドライヤーが備えつけられていた。
「へー、珍しい」と上から手を差し入れると、
「掃除機か!?」ぐらいな突風がゴォオオオーーーッと吹き荒れ、
あっちゅう間にお手々が乾燥するので大助かりでした(笑)

というわけで、長々と旅行記におつきあいいただき、ありがとうございました!

*****************

d0224762_14163028.jpg

昔ソウルで買った帽子をカスタマイズ。
といっても、合皮のベルトをグログランリボンに替え、
継ぎ目にお花のブローチを留めただけ。
制作時間10分は自己最短記録である(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ミーハーと言われようが、パリはやっぱり楽すぃ~ところでした。いつか是非!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-11-05 14:24 | | Comments(17)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie