Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ドルマンパフブラウス

よそ様のブログで拝見することも多く、
「いつかは作らねばなるまいて」(←義務?)と考えていた、
ドルマンパフブラウスをようやく作った。

d0224762_13115135.jpg

パターン: Hooray! ドルマンパフブラウス
布: オカダヤのセールで買ったグレーストライプのサッカー地(たしか綿100%)

以前作ったフロントバックドレスもそうだが、
切り替えのあるパターンを見ると、「ここに切り替えがありますよ!」と
お知らせしたくなる(誰に)たちなので、袖部分は布を横目に裁断した。
衿は見返しorパイピング、袖はタックorパイピングから選ぶことができ、
今回は見返し&パイピングをチョイス。
随分と変わった形のパターンなので何となく作るのが面倒そうで、
買ってしばらく放置していたのだが、
実際取りかかったらむしろサクサク縫えた。
巨大なドルマン袖なので縫い合わせが楽で、
折伏せ縫いもいつになくスムーズにできた。

d0224762_1317174.jpg

作っている時から予想はしていたが、
この着丈でこのゆったりシルエット、自分が着るとどうもバランスが悪いので、
裾にゴムを入れてやや絞り、脇におリボンをつけた。
ちなみに、袖をタックではなくパイピングにしたのは、
腕を上げた時に中が丸見えにならないようにするためだったのだが、
やっぱりというか何というか、平目な女が着ると、
脇から向こう側の青空まで見渡せるよ・・・・・・アハハハハ(乾笑)
でもなぁ、せっかくゆとりがあるのにインナー着るのもなぁ。
衿ぐりの開きはちょうどいいから、なおさら惜しい気がする。
・・・・・・うーーーん、袖口を途中まで縫い止めちゃおうかなぁ(こらこら)

ちなみにこのブラウス、この夏御輿入りしたSPUR号による第1作である。
中表で縫うべきところ外表で縫っちゃった♪(またかい)、といった失敗はあったが、
「ミシンで縫う」部分に関してはほとんどやり直すことなく作業完了。
縫い代が重なってブ厚くなったところも、
「それが何か?」という感じでブィーーーンと縫い進み、
そのブ厚いところを何事もなかったかのように返し縫いするのには感心してしまった。
いつもテケトーにかけてる端ミシンも、
後で見たら崖っぷち(?)ぎりぎりを縫えていたのでびっくり。
職業用ミシンは、縫う速さからスポーツカーみたいなイメージがあったが、
動作が安定していて馬力があるところは、むしろ四輪駆動に近いかも。

d0224762_13133045.jpg

(業務連絡:ノラさん SPUR号の押さえは、手でも回せる大きめのネジで装着されてましたー。)

もう8月も終わりだけど、残暑が厳しすぎる(涙)お陰でしばらく着られそう。
いいんだか悪いんだか(暑いよぅ)

**************

d0224762_13134986.jpg

先日C&Sで買い物したら正方形のハギレで包んでくれたので、
ものは試し、SPUR号付属の三つ巻押さえで四方を縫ってみた。

d0224762_13141455.jpg

まだまだ要領を得ないため、あちこちおかしなことになっているが、
遠目の薄目で見れば、一応腐っても三つ巻縫いになっている!(驚愕)
頭で考えると絶対縫えそうもない細~い幅が、
押さえを使うと縫えてしまうという不思議。
もうちょっと精進すれば、ヲトメの嗜み❤ハンケチーフや、
淑女の定番❤スカァフなんかも縫えちゃったりして~♪ グフッグフッグフッ・・・・・・

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
梅干、完熟梅だったのもよかったみたいです。ビバ南高梅♪(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-28 13:31 | ソーイング(服) | Comments(10)
6月&7月にどどーんと(って2kgだけど)仕込んだらっきょうたちが、
いい具合に漬かってきました♪

d0224762_110387.jpg

手前はらっきょう&青梅シリーズ。右から甘酢漬け、醤油漬け、味噌漬け。
奥は定番のらっきょうonlyの甘酢漬けと、おまけの梅干。

鈴タツスイミーさんに教えていただいた、らっきょう&青梅のコラボは、
らっきょう独特の風味に梅のさわやかな酸味が加わって、新しい世界が広がった感じ。
漬け汁によって梅の食感が異なるところも面白く、
特に醤油漬けは梅がコリコリポリポリたくあんのようで、非常に気に入った。
飴色に漬かったらっきょうパリパリ→青梅ポリポリ→パリパリ→ポリポリ・・・・・・
と交互に食べてると、いつまでたっても止まらない(笑)
なお、鈴タツスイミーさんは「今初夏仕事」で
白ワイン&黒こしょう&ハチミツ&レモンで作る甘酢漬けを披露。
まだこんな隠し玉を持っていたとは・・・・・・恐ろしい子!

各種漬け汁を利用して作ったあれこれ。

d0224762_1131663.jpg

izumiさんの料理エッセイ本を読んでいたら、
「スライスしたゴーヤに好みの味噌を塗って、グリルで焼く」
というのが出ていておいしそうだったので、味噌漬けで作ってみた。
種もワタもそのままでOKの、メンドクサガリーノ推奨ウルトラ簡単レシピ。
苦くないかな?と思ったが、適度な苦みで味噌とよく合う。

d0224762_1132827.jpg

これもizumiさんのエッセイ本を参考に、
ちぎってゆでた厚揚げと焼いたピーマンを、
味噌漬け+おろししょうが&にんにくであえたもの。
ネギでぬた風にしてもおいしそう。

d0224762_1134743.jpg

トマト、セロリ、しそを醤油漬けであえてお蕎麦に乗っけ、
刻んだらっきょうと梅をトッピング。

d0224762_1135821.jpg

冷麺。付属のタレを水と甘酢漬けで薄めたスープをかけて。
具として乗っけたのは、カノウユミさんのレシピを参考に、
甘酒コチュジャンで作った小松菜のキムチ。

d0224762_1144473.jpg

イワシの南蛮漬け。
今の時期のイワシは、脂がのっているというかメタボというか。
はらわたなんて、「フォアグラ!?」というぐらい脂まみれ。
揚げる代わりにこんがり焼いて、甘酢漬け+醤油漬け+みりんの漬け汁にドボン。
南蛮漬けなんて初めて作ったが、これウマーーーイ!
(業務連絡:masakoさん イワシ4尾で甘酢90cc消費しました。ご参考までに♪)

d0224762_1151713.jpg

気に入ったので、今度はイワシの丸干しで。
今回はらっきょうonlyの甘酢漬けを使ったが、
青梅が入らないぶん甘みが強いので、醤油漬けをちょっと足しただけ。
いや~~~これいいわ。次はししゃもで作ろうっと。
(業務連絡:masakoさん さらに90cc消費しました♪)

d0224762_1154655.jpg

ところで、今年は梅干が会心の出来だった。
前回はこれでもかと干し過ぎて、塩吹きまくりのシワ寄りまくり、
出来たてなのにバァさんのような年季の入りようだったが、
軽く干すだけにとどめた今年の梅干は、梅そのものの質がよかったのか、
ふっくらジューシー、これぞ梅干というお味。

d0224762_116213.jpg

魚屋さんに教えてもらった、お酒と梅干だけで作るイワシの梅煮。
扱いが雑なせいか、尻尾が片方ちぎれちゃった・・・・・・

d0224762_116136.jpg

副産物の梅酢を使った一品(レシピは石黒智子さん)
千切りキュウリ、さっとゆでたもやし&しめじを、梅酢であえるだけ。
簡単だけど食材の組み合わせがベストマッチで、梅酢を使うところも秀逸だと思う。

らっきょうを愛してウン十年、今年は思いがけず同好の士まで得て、
「らっきょう倶楽部」も立ち上げられた。
一人じゃないって~素敵なことね~~~♪(←古すぎて誰もわからない?)
パリパリ感についてはかなり理想に近づいたと思うのだが、
定番中の定番である甘酢漬けの配合は、今年も完成形には至らず。
もはや記憶の中で美化されてる感のある「祖母のらっきょう」を再現すべく、
探求の道はこれからも続く(それもまた楽し♪)
らっきょうは永遠に不滅です!(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
メダリストパレード、50万分の1として観客に紛れこんでました(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-24 11:15 | 食べもの | Comments(14)

JUKI様❤降臨

わが家にSPUR号がやってきました♪

d0224762_140419.jpg

きっかけは、ひつじさんから届いた1通のメール。
長年のお友達、ふくろうボタンさんがミシンを新調され、
これまで使っていたミシンを譲ってくださるという。
譲っていただくには大物すぎて、正直はじめは腰が引けたのだが、
拙ブログを読んでくださったうえでのご指名と伺い、
ありがたく頂戴することにしたのだった。

d0224762_141241.jpg

遠路はるばるようこそ、のSPUR 90(TL-90型)。
エヴァ的にいえば、初号機?(意味わかんない人すんません)
大切に使われてきたことが窺える外観と、
オーバーホールほやほやでミシン屋さんお墨付きの働きっぷり。
つべこべ言わず黙々と仕事をこなす、
よくできた嫁っ子(婿殿?)を迎えたようなお得感がある(笑)

d0224762_1412748.jpg

で、さすが職業用ミシン、押さえがいろいろ♪
附属のファスナー押さえに三つ巻押さえのほか、
コンシールファスナー押さえ、初めて見たよのローラー押さえ、
それに、憧れの(笑)2mm押さえが入ってた~~~ワーイワーイ!

d0224762_1414339.jpg

さらに、こぎん刺しのくるみボタンのゴムと、
ふくろうボタンさんお手製のピンクッションも。
クロスステッチと、初めて聞いたがブラックワークという手法を用いて、
絹の手縫い糸1本取り(!)で丁寧に丁寧に刺されている。
ちなみに、裏側の生地にはキルトが施されていて、
これもふくろうボタンさんの手によるもの。
緻密で繊細な縫い目を眺めていると、「縫い物の求道者」という言葉が頭に浮かぶ。
世の中にはすごい人がいるもんだなぁ。

ちなみに、個人的に今回一番嬉しかったのは、
(ギャザーミシン用に)大きい縫い目が選べる」こと(そこかい)
うちの山崎号は旧式なので、縫い目は「ちっこい」「普通」「(ちょびっと)大きい」
の3つしかなく、ギャザー用のしつけには使えない。
なので、ギャザーを寄せる時はいつも手縫いでしつけをかけねばならず、
ただでさえ苦手なギャザー寄せがますます億劫になっていた。
しかしSPUR号なら、そんなしつけもあっという間。
今までギャザー周りだけで1日費やしていた(遅・・・)のが、
これからはサクサクできるかと思うと、笑いが止まらない。ワーイ!

オリンピックも終わり正気に返ったところで、試運転~♪(いそいそ)
と思いきや、何がいけないんだか、縫い目がぐちゃぐちゃになっちゃうよー(涙)
しばし格闘した挙句、ネットであれこれ調べてみたら、
「上糸をかけるときは、押さえレバーを上げておきましょう」の一文が。
どうやら、上糸はレバーを上げた状態でかけないと、
糸調子皿の隙間が開かず、お皿に糸がしっかりかからないらしい。
知~らなんだ知らなんだ~~~って、そういう大事なことは早く言ってくれよ!(逆上)
どうりで山崎号は糸調子がいま一つだった訳だ~と納得したが、もう遅い。
そもそも糸調子皿のどこ(お皿2枚の手前なのか、間なのか、後ろなのか)に
糸をかければいいのかもわかっていなかったので、
山崎号の時はその日の気分でテケトーにかけていた(こらこら)
どうりで山崎号は(以下略)
それにしても、10年かかってミシンの基本を知った自分って・・・・・・まあいいや。

そんなこんなで、思わぬドタバタはあったものの(自業自得)
糸をかけ直した後は絶好調。
スイスイのスーーーイと縫い進み、
縫い終わったらボタンを押せば「バチコーン★」と自動で糸を切ってくれるし、
膝のレバーを動かせば押さえレバーが「バッコン☆」と上がる。
うゎ~~~い、楽ちん楽ち~~~ん♪(キャッキャッキャッ)

とっても有能で働き者のSPUR号をお迎えし大喜びなのだが、1つだけ困ったことが。
今までは、都合が悪いことはすべて山崎号のせいにしてきたのに、
これからはもうその手が使えない。
・・・・・・うぬぅ(汗)
たたた頼んだぞ、SPUR号!(丸投げ)

というわけで、ふくろうボタンさん、
はなはだ心許ない使い手ではありますが、大切に使わせていただきますね。
どうもありがとうございました!

*************

東京都民の務めを果たすべく、
五輪メダリストパレードに行ってきました♪(仕事はどうした)

d0224762_13343592.jpg








d0224762_13192377.jpgd0224762_13202524.jpg








前方に選手たちを乗せたバスが見えたとたん、
うるうると熱いものがこみあげ、興奮クライマックス(子どもかよ)
内村選手が前を通った時はもはや何が何だか状態で、
後でカメラをチェックしたら、田中のお兄ちゃんが写ってたよ・・・(トホホ)
左写真右側に写ってる顔と、右写真左側に写ってる顔(金メダル持ってます)を合体させ、
真ん中に目と鼻と口を書き入れれば、内村選手が完成します(おい)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
黒のカットソー、なかなか使えるヤツでご満悦です♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-20 14:26 | ソーイング(その他) | Comments(16)

黒いカットソー

※追記:写真の明暗をいじってみました

熱帯夜が続いた、とある晩のこと。
仕事から帰ってきてマンションの踊り場に足を踏み入れたとたん、
ツヤツヤと黒光りする巨大なGに遭遇。それも2匹(ひぃい)
1匹は床を、もう1匹は壁を、カサコソ這い回っている。
あまりのおぞましい光景に身震いしながらも、
早くその場を去りたい一心で、
恐る恐る郵便受けに手を伸ばしたところ・・・・・・

ギャアッ、飛んだ~~~ッ!(絶叫)

なんと壁のGが、明らかにこちらめがけて飛んでくるではないか。
あわや顔面直撃か!と思われたその瞬間、
しかしそれまで硬直していた体が自然と反応し、
オリンピック選手もかくや、という素早い動きで横っ飛び(←一部脚色してます)
危うく難を逃れたのであった。ふぅ。

しかしびっくりしたなぁ、もう。
これがホントのG-SHOCK。なんちゃって。

・・・・・・という恐怖体験に背中を押されたわけではないが(されたら怖いわ)
ツヤツヤと黒いニットでカットソーを作った。

d0224762_11595082.jpg

パターン: 「カット&ホームソーイング」 Basic T-shirt 02-bと04を合体
布: オカダヤ 40スムース 黒
    HARU メッシュニットレース 黒

02-bは衿付きのポロシャツ風、04は袖が切りっぱなしのレース地、というデザイン。
最初は02-bをかのこ地でカジュアルに、04はスムース&レース地でドレッシーに、
と考えていたのだが、何せ作業がとろいので、
別々に作っていたら夏が終わってしまう可能性大である。
「んじゃ、2つ合わせりゃいいじゃん!」と思い至り、
カジュアルドレッシーな(ってどんなんだ)1枚を作ることにした次第。

d0224762_12123931.jpg

※白々~に明るくしてみたけれど、大して変わってないかも・・・(ショボーン)

スムースを縫うのはこれが3枚目。
布端がほつれず丸まらず、それこそスムースに縫える点はいいのだが、
天竺と同じ調子で作った過去2枚は、
全体のシルエットはずどーん&衿元はびろーんと広がり、
家の中でしか着られないブツとして闇に葬られた。
その苦い記憶があったので、今回は衿元も狭め狭めを心がけたところ、
やりすぎたのか、脱ぎ着のたびに「縫い目がはじけるんじゃ!?」
というぐらい窮屈に(えーん)
スムースのテンションってよくわからない・・・・・・
それに、衿の見返し部分が立っちゃったよ~~~
・・・・・・ま、こういうデザインだからいいけどね! 嘘だけど。

作る前は、衿付き&レース地の袖ってちぐはぐかなあ?と心配したが、
それほど変でもないので一安心。
お仕事用に着ようっと。

***************

1年で最も暑いこの時期に、友人&イタリア人パートナーがご成婚。

d0224762_1203140.jpg

ご馳走攻撃@ホームパーティのトリで登場した、お手製巨大ティラミス。
巨大すぎて、しゃもじで皿によそってました(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
をを、卓球少女だったのですね。女子団体銀メダルおめでとうございます、ばんざーい!
今後ブラウスを見るたびに、涙と笑いが同時にこみ上げてくる予感(笑)。
わ~い、文章も楽しんでくださって嬉しいです♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-14 12:09 | ソーイング(服) | Comments(8)

フロントバックドレス

オリンピックもたけなわである。
体操を見るため連日夜更かししていたら、可愛いお顔(誰)が激やつれ。
おまけに口内炎がどんどん悪化して、痛みのせいで口元が「アィーン」に。
今ならドブス度ウルトラG難度認定も確実かと思われる。

そんな熱戦のさなかに作った、おもひでの1枚(笑)

d0224762_13122058.jpg

パターン: mplサンプラ フロントバックドレス
布: C&S オリジナルストライプ カシス

これを作り始めたのはオリンピックの数日前。
身頃部分はさくさく進んだものの、袖つけで手こずり、
完成したのは7月31日深夜(というか8月1日未明?)
「あの」体操男子団体決勝の真っ最中である。

はじめは大人しく実況を聞いていたのだが(恐ろしすぎてテレビ画面を正視できず)
ただ聞いてるだけというのもそれはそれで耐えがたい。
「何かで気を紛らわせてないと吐きそう・・・」とミシンを引っ張り出し、
黙々と続きを縫っちゃアイロンをかけていたら、
日本チームの敗色が濃厚になるとともに完成したのだった(えぐえぐ)
さらに水洗いしてチャコを落とし、仕上げのアイロンをかける頃には、
金メダルはもはや絶望的になっていた(うぉーん)
ま、その時はまだ呑気にも「銀メダルかぁ・・・残念だけど仕方ないね」
ぐらいに考えていたわけだが(遠い目)
その後の紆余曲折は、今思い返しても・・・・・・めそめそ。

d0224762_1313081.jpg

というわけで、何ともおめでたくない記憶が刷り込まれた1枚となってしまったが、
2日後には個人総合で内村選手が悲願の金メダルを獲得。
浮かれついでに「祝★金メダル 紅白でおめでたいブラウス」に強制変換、
今日も何食わぬ顔して着ている次第である。

パターンのこととか布のこととか、
いつもならくどくど書いてるところだが、
まだ男女サッカーもあるし体操種目別の続きもあるし新体操もあるし、
何ちゅうか、半分心ここにあらずというか(苦笑)
ドブスの難易度がこれ以上上がらないように、口内炎が早く治るように、
おのれを叱咤激励しつつ、今夜も応援に励みたい(ほどほどにね)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
もちろん食べましたよ~♪ 高知に行ったらカツオのたたきを食べるのは、観光客の義務です!(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-06 13:30 | ソーイング(服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie