Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

椅子&ソファカバー

先日、ランタ茄子さん宅で椅子カバーの記事を読んだ。
聞けば、布を椅子に当てながら型紙を作成した、いわゆる「立体裁断」とか。
そういや昔、似たような方法でカバーを作ったっけ、とコメントに書いたら、
「実物見せてちょ」とリクエストをいただいた。
そこまで言われちゃ仕方ないな~(言われてないけど)、というわけで、
テケトーソーイング爆発の過去の遺物を大公開。
ランタ茄子さん、ネタ提供ありがとう!(笑)


d0224762_12303516.jpgd0224762_12305129.jpg
















d0224762_1231618.jpg


















最初に作った椅子カバー。
布はMUJIのリネンの古シーツを再利用。
すべて直線でマチもないので、布を椅子にかけ印をつけては裁断し、縫い合わせた。


d0224762_12313172.jpgd0224762_1331811.jpg

















古シーツゆえ、作る前からところどころ穴が開いていたが、気にしな~い。
右の写真は新品の布との比較。
MUJIのリネンは薄すぎず厚すぎず、色も黒っぽいベージュで非常に好みなのだが、
洗濯するうち割とすぐに色が抜けてしまうのが残念。


d0224762_1232417.jpgd0224762_12321586.jpg
















d0224762_1232303.jpg


















その数年後、満を持して(?)作ったソファカバー。
布は同じくMUJIのリネンシーツだが、こちらは新品を使用。
ついでに、ソファも昔MUJIで買ったもの。
もともと白いキャンバス地のカバーがついていたのだが、
経年変化でひじかけ部分に大きな穴がボコボコ開き、
カバー全体も洗濯を重ねるうちに縮んでしまった。
既製品で探したがこれといったものがなく、
しゃーない作るかと構想を練ること数年(というより面倒くさくて放置してた)
ついに重い腰を上げて制作に至ったもの。

こちらはカーブありマチありクッションカバーありで、ファスナーまでついている。
仕方がないので床に新聞紙を広げ、
その上にソファをバタンバタンと前・横・後ろに倒しては、
マジックで輪郭をなぞって型紙を作った。
ど素人の哀しさで、小さすぎて入らなかったらどうしようと不安なあまり、
実寸にかなり余裕をもたせて作ったので、
いざ完成してかぶせてみたらダブダブで、
「こっちを立てればあっちが立たず」みたいな状態に。
まあでも、おのれの力量を考えればこんなもんだろう。


d0224762_1303037.jpgd0224762_134202.jpg
















傷みやすいひじかけ部分を覆うべく、カバー布も作成。
けど、何年も使ううちやっぱり穴が開いてきた・・・・・・

d0224762_12341987.jpg

ファスナーは元々ついていたものを再利用。
ベージュのリネン地に白いファスナーが浮きまくっているが、気にしな~い。
ちなみに、布はベージュなのにミシン糸がピンクなのは、
別に意図があってそうしたわけではなく、
糸を交換するのが面倒だったから(おい)。
ソファカバーを作った当時、ミシンを使うのは1年に一度くらい。
毎度上糸のかけ方をすっかり忘れており、だけど説明書を見るのも面倒なので、
糸立てにかかっている糸をそのまま使うことが多かった。
これもそのパターンだったと思われる。

d0224762_12343670.jpg

の割には、白やベージュの糸で縫ってる部分もあったりして、我ながら謎である。
おまけに、縫い代はいちいちジグザグミシンをかけて割ってあるなど、
妙に手間暇かけているところも訳がわからない(自分の仕業とは思えん)
一体何を考えていたのであろうか(つか何も考えてなかったのかも)

山崎ミシンを買ったのは2000年のこと。
初めて洋服を作った2010年を自分的「ソーイング元年」とするならば、
それより前の10年はさしずめ紀元前、いや石器時代といったところか。
あの頃は「縫い始めは上下糸をそろえ手で押さえておく」ということも知らなかったので、
しょっちゅう糸がからまって布裏でダンゴ状態になり、「キーーーッ」となっていた。
縫ったら縫いっぱなしで、返し縫いも糸端を結ぶこともしなかったので、
使っているうち、端からよく縫い目がほどけてきたっけ。

今改めてこのカバーを見ると、石器時代の奮闘がしのばれて微笑ましいものがある。
いやむしろ、今となってはもうこんな七面倒くさいものは作れない気がする。
・・・・・・これって成長したんだろうか、退化したんだろうか。

※おまけ
古シーツの残りで、山崎号のカバーも作りました(笑)。
d0224762_12345996.jpg


拍手やコメント、いつもありがとうございます。
伸縮性の低いニット生地なら、家庭用ミシンでも十分縫えますよ~♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-27 13:10 | ソーイング(小物) | Comments(4)

接結ニットのカットソー

ある日のこと、C&Sの実店舗に行ったらば、
色合いといいフワフワの手触りといい、直球ど真ん中の接結ニットを発見。
見た瞬間、気に入ってずっと着ている接結ニットのカットソーが頭に浮かび、
「そうだ、あれの色違いを作ろう!」と思いついた。

d0224762_12403587.jpg

パターン: カット&ホームソーイング Basic T-shirt
布: C&S オリジナル接結無地 ネイビー

色は表が紺、裏が青緑(緑青?)で、どちらも好み。
あれこれ迷ったが、青緑を表にすることにした。
身頃と袖はパターン通り、
衿ぐり、裾、袖口は見本のカットソーを真似たデザインにし、
布端はすべて裁ちっぱなしに。

d0224762_1241547.jpg

衿ぐりはVネックで、身頃も見返しも裁ちっぱなし。
一体どう縫ったらいいんだか、「???」だったが、
見本を何度も確かめながら恐る恐る縫ってみたら、
一応それらしい感じに仕上がったのでホッとした。

d0224762_1241285.jpg

袖は手の甲にかかる長さで、手首のところに一部ゴムシャーリングが入るデザイン。
今回購入したのは130cm幅×1mのカットクロスで、
身頃は問題なくとれたが、袖は長さが少々足りなかった。
仕方ないので手首のところで布を継いだのだが、
ちょうどゴムシャーリングが入る部分なので、
継ぎ目もそんなに目立たない・・・はず。

ニットといえば、伸縮性1の天竺を縫うことがほとんどなのだが、
これは伸縮性2で、下手に引っ張るとびろ~んと伸びてしまう。
また、「今日は袖で~、明日は脇で~、最後に端の始末をして~」
てな具合にのんびり縫っていたら、
布端がクルンクルン丸まってくるわ、接結が端からはがれてくるわで、
なかなか手ごわい布だった。
次に縫うことがあったら、裁断するそばから布端の処理をした方がよさそうだ。

d0224762_12414430.jpg

こないだ作った剣道着(違)とコーディネート。
コットンだけど、接結なので空気を含んで暖かい。
もちろん、下には股・・・もとい、スパッツを重ねてます(笑)
縫う前後で2回洗ったが、こうして見ると斜行がすごいなぁ。
・・・・・・嫌いじゃないけど(好きと言え好きと)

見よう見まねで作ったが、イメージに近いものが出来たので、本人的には満足。
唯一気になるのは、衿ぐりの見返しの処理。
裾と袖口は布端にダブルステッチをかけたが、
衿ぐりは見本にならい、裁ちっぱなしのままステッチを入れていない。
しかしすでに布端がクルンクルン丸まってきて、どうも落ち着かない・・・・・・

そういえば以前、裾が裁ちっぱなしのコットンワンピースを買ったが、
着てるうちに布端が微妙にほつれてくるのが気になって気になって、
「もう我慢できん!」と、ぐるり一周ジグザグミシンをかけたことがあった。
これもそのうち、辛抱たまらずステッチを入れてしまうような気がする。
いや、入れるに違いない(ムズムズ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
気に入ったものをしぶとく使いながら、「元はとったぜ、イッヒッヒー」とほくそ笑んでます♪
私もダイロンで黒く染めたカットソーを、うっかり一緒に洗濯しては泣いてます・・・
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-22 12:55 | ソーイング(服) | Comments(6)

染め直し

d0224762_12101328.jpg

お気に入りの黒いキャンバストートを染め直した。
これで3回目。
黒い布は使い込むうちにうっすら白茶けて、テカった感じになる。
それも味といえば味だけど、私は気になるたちなので、
白っぽくなるたびに染め直してきた。

d0224762_1217235.jpg

このトート、エスパドリーユで人気のカスタニエールのもの。
とある洋服やさんで買ったのだが、同じものを他で見たことがなく、
「もしかしてレアものだったりして~~~♪」と、秘かに自慢の一品である。
なので、何度染め直そうと布がくたびれようと、
ブランドタグだけは絶対に外すまじ、と心に誓っている(笑)。
ま、タグは内ポケットについているので、本人以外わかりゃしないんだけど。

大きさも形も気に入って相当酷使してきたので、いい加減ヨレヨレなのだが、
せっかく真っ黒けっけ~に復活したので、まだしぶとく使い続ける予定。
あと何度の染め直しに耐えられるかなぁ。

d0224762_12113568.jpg

まっ黒つながりで(強引)、先日作った黒いおやつ。
黒ごま汁粉。レシピはあな吉さん
正月用に買ってまだ余っている餅を投入し、きなこをパラリ。
黒ごまペーストを使ったので、餅を焼いている間にもう完成。
見た目はエグいけど、お味はかなりイケる♪

d0224762_12115845.jpg

黒ときたら白だろう、というわけで、白ごまバージョンも作ってみた。
こちらの方がお上品な感じ。オホホホホ!←?
えーと、餅は残りあと5つか・・・・・・

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「決意表明」、しかと受け取りました! さあ、レッツトライ♪(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-17 12:18 | 雑貨 | Comments(8)
d0224762_15535446.jpg

塩麹がなくなったので、新しく仕込んだ。
いつもは近所のスーパーで売っている「みやここうじ」という製品を使っているが、
ナチュラルハウスに玄米こうじというのがあったので買ってみた。

d0224762_15435734.jpg

前からあったのか記憶にないが、気がつけば目立つ所にあちこち置かれていて、
これはやっぱり、最近の塩麹ブームを反映してのことではないかと思われる。

d0224762_15513768.jpg

塩麹@ハリハリ鍋。
塩麹で味付けした昆布だしで油揚げと水菜を煮ては食べ、煮ては食べする簡単鍋。
今回は水菜の代わりにサニーレタスを投入。
昼ごはんに蕎麦をゆでたので、残った蕎麦湯をだしに使ったら結構イケた。
これまで本や雑誌を参考に塩麹料理はいろいろ作ったが、
これはその中でも上位に入るレシピだと思う。

ちなみに、先日大玉のサニーレタスを4個もまとめ買いしたので、
ただいま絶賛サニーレタス祭り開催中。
写真右上は塩もみ大根のレモン醤油あえ(レシピはカノウユミさん)
これだけ食べてもおいしいが、サニーレタスで包んでボ~リボリ食べると一層うまい。
その横はいつもの塩麹@クミンきんぴら。
最近干し野菜がはやりらしいので、早速マネして半日干してみたら、
適度に水分が抜けてボ~リボリと歯ごたえがよくなった。

d0224762_15542464.jpg

塩麹@バーニャカウダ。
友人宅で食べた正統派バーニャカウダは、ニンニク、アンチョビ、オリーブ油に
生クリーム、バター、牛乳と、乳製品がこれでもか!と投入されていて、
それはそれでおいしいのだが、毎日食べるにはヘビーすぎる。
そこで、試しに水切りした豆腐を加えミキサーで撹拌してみたところ、
コクがあってソースのからみもよく、以来豆腐バージョンが定番に。
今回は雑誌のレシピを参考に、アンチョビの代わりに塩麹を使った。
ここまで改変すると、もはやバーニャカウダとは言えないんじゃ!?
という気がしないでもないが、おいしければ別に何でもいいじゃん、
とアバウトな日本人は思うのであった(イタリア人激怒!?)

d0224762_1545443.jpg

麹つながりで、もういっちょ。
ムック本を見て仕込んだ甘酒コチュジャン(レシピはなかじさん)
甘酒に塩と粉とうがらしを混ぜ、1カ月ねかせれば出来上がり。
市販の甘酒1袋分で作ったので、「使い切れるかな?」という量ができてしまったが、
なんちゃってナムルになんちゃってチゲなど、
あれこれ作っていたら、もう半分くらい消費してしまった。

今までコチュジャンを使うレシピは豆板醤で代用し、
「これは辛いコチュジャンなんだ」と自分に言い聞かせてきたが、
やっぱり韓国料理はコチュジャンじゃないとね!
と、急に宗旨替えした2012年の冬であった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ラムウールだと普通のウールより温かく、カシミアよりお値段抑えめにできるとか。
子ヒツジったらけなげ~♪(笑)
缶も箱もカゴも好き・・・あらかじめDNAに仕込まれてたとしか思えません(笑)。
ローザー買えるといいですね!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-13 16:00 | 食べもの | Comments(8)

はかまパンツ

1年で最も寒いであろうこの時期に、
見た目も涼しげな白いキュロットパンツを作った。

d0224762_1213781.jpg

布: C&S リネン混ダンガリー ホワイト
パターン: Beehive はかまパンツ

最近はやりの「洗いにかけた」感を狙って、仕上げのアイロンをかけなかったら、
単に「洗いっ放し」で終わったような・・・・・・ああ敗北感。

はかまパンツはこれが2枚目。
巨大なキュロットパンツをまず縫って、前後のタックを折りたたみ、
ベルト布を縫いつければ、はかまっぽいパンツが出来上がる。
元がどんだけ巨大かというと・・・・・・

d0224762_12134836.jpg

こんだけ巨大!(笑)

両脇にはシームポケットをつけた。
以前、ランタ茄子さんがベージュ地のパンツに赤い糸でかんぬき止めをされていて、
それがとってもおされだったので、まねっこしてみた。

d0224762_12141382.jpg

メンドクサガリーノのこの私が、わざわざここだけ糸を替え、
苦手なボタンホール機能を使って、かんぬき止め(もどき?)に果敢に挑戦。
・・・・・・そのマメさ・熱心さを、何か別のことに活かし(以下略)
先日ワンピースを縫った時はボタンホールで大苦戦したが、
それが今回役立ったわけで、失敗も芸(?)の肥やしになった~♪と、
本人大喜びである。

「とりあえず おリボンつけときゃ 間違いない」というわけで、またもおリボン登場♪
1枚目の時は適当にベルトループをつけてリボンベルトにしたが、
トイレの時に何かと煩わしいので、今回はリボンだけ作って後付けに。
トップスの裾からチラリと見える位置にその都度つけ変えられるよう、
縫いつけずに裏から安全ピンで留めてある(小学生かよ)
丈は1枚目より長くして、スケバン(←死語?)もびっくりのマキシ丈に。

ちなみに、1枚目を作ったのは2年前。
布は同じくリネン混ダンガリーのシックブルー。
はじめは春~夏に着ていたが、とあるブツを購入したことで、
1年中着られるお役立ちアイテムに大変身。
そのブツとは・・・・・・

d0224762_12163112.jpg

毛糸の股引。色はらくだ色とねずみ色だ。ガハハハハ!

・・・・・・じゃなくて!

ラムウールのスパッツ。お色はシャンパンとシャルボヌーですの。オホホホホ♪

d0224762_1216526.jpg

昨年、リゼッタでシャルボヌー(=ねずみ色)を購入、
はかまパンツの下に重ねてみたところ、これが温かい!
冬仕様のウールのロングパンツを1枚履くより、
この2つを組み合わせた方がむしろ温かく、私の中では真冬の最強コンビに。
で、2枚目のはかまパンツを白で作るにあたって、
今年、シャンパン(=らくだ色)を追加で購入。
この冬はいつにない寒さで震え上がっているが、
この2着(正確には4着)で何とか乗り切ろうという魂胆である。

リネン混ダンガリーで作った出来たてほやほやのパリッパリなので、
今はまだ「・・・・・・これから剣道のお稽古?」みたいなことになっているが、
着こむうちにクタクタッと柔らかくなっていくのは1枚目で証明済み。
春までには馴染ませるべく、この冬めいっぱい着ようと思う。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
おお、ヴァンティロをご存じの方が!(嬉) コートは今年も大活躍してます♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-08 12:31 | ソーイング(服) | Comments(8)

花椿ビスケット 赤缶

※おまけ画像追加しました。見てね♪(笑)

ブラウンの目覚まし時計
に続き、「やっと会えたね(はぁと)」シリーズ(笑)第2弾。

d0224762_1053088.jpg

資生堂パーラーの花椿ビスケット赤缶。
白缶は持ってるし、金缶と黒缶はいつでも買えるけど、これは限定品。
いつ発売されるかわからないので、時々サイトをチェックしていたが、
いい加減それも忘れていた先日のこと、
別の用件でサイトを覗いたら・・・・・・あるじゃん!
すぐさま銀座本店に買いに走った(友人が。←だって近くに行く用事があるっていうから~)

d0224762_10531385.jpg

赤缶&白缶。
紅白並べると、何だかおめでたい(笑)。

d0224762_10534091.jpg

おととし購入した白缶は、裁縫道具入れとして愛用中。
赤缶は・・・・・・何に使おうかなぁ。
やっぱりソーイング関係かな。

正直、限定品じゃなかったらここまで欲しいと思ったか微妙だが、
今回は資生堂の販売戦略にホイホイ乗ることにした(しょっちゅう乗ってるけど)
聞くところによると、同じサイズで限定の銀缶もあるらしい。
もし発売になったら・・・・・・また買ってしまうかも(ぼそ)

*************
<おまけ>

ランタ茄子さんからリクエストいただき、裁縫箱の中身を大公開~♪
まずは、どうでもいい実用優先(だけどなくては困る)のブツから。
※よく考えたら、めっちゃお世話になってる道具を「どうでもいい」呼ばわりしたら
 バチがあたるよね・・・と反省。訂正します。

d0224762_14313667.jpg

左上から反時計周りに
もめんの手縫い糸、クロバーの糸通しと目打ち、シャッペスパンの手縫い糸、
MUJIのメジャー、メーカー不明のリッパー、糸通し(どんだけ持ってるんだ)

お次は自慢の一品たち♪
d0224762_14315956.jpg

フェルト作家浦田由美子さんのピンクッション、
革作家華順さんの豆本型ニードルケース、
FISKARSのハサミ、MERCHANT & MILLSの糸通し、
komoさんのピンクッション&ビーズマチ針、fogのリネン糸。
ハサミは裁縫用のものか不明だが、サクサクよく切れて、
刃先をガードするケース付きなとこもお気に入り。

d0224762_13455171.jpg

ちなみに、この2つは観賞用。
日々のあれこれでヤサぐれた心も、これを見ると癒されます、ウフッ♪

*************

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
C&Sのリバティ予約、早速見に行きました。今回のはかなり好み~♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-02-03 10:59 | 雑貨 | Comments(12)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie