Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

品川てづくり市

※記事の一部を追加・訂正しました

JR品川駅エキュートで開催された、品川手づくり市に行ってきた。

d0224762_15241791.jpg

今回買ったもの。
「うさぎのハンカチやさん」のハンカチタオル。
昨年、代々木八幡宮の手づくり市で買ってみたら、
とても使い心地がよかったので、2枚目を購入。
今回はふわふわと温かみのあるオーガニックコットンのものを選んだ。

d0224762_15124252.jpg

パイピングのリバティはEloiseという柄で、C&S限定なんだそう。
「そういや前のは何だっけ?」と見てみたら、これまたEloiseだった。
・・・・・・どんだけEloise好き!(笑)
どちらもその場の「これ好き」という感覚で選んだのだが、
思わぬところで野生の勘が働いたんだな~と、我ながら感心してしまった。

d0224762_15125751.jpg

「中野下漆器店」の漆の豆皿。
この豆皿、木ではなく、皮を成型したものに漆を塗ってあるという。
といっても扱いは木の器と同じでよく、普通に水洗いしても全然問題ないそう。
表は漆たっぷり、裏は皮の風合いを生かしたあっさり仕上げで、
表裏で色合いも質感も異なるのがおもしろい。

***************
作り手である綿引千絵様から、工程のご説明をいただきました
(一部引用のうえ編集しています)。
綿引様、どうもありがとうございました!

<裏面>
漆を塗った上から輪島地の粉(わじまじのこ=輪島でしか採れない珪藻土の一種を
焼いたもの)を蒔きつけてある。
漆のベトベトが粉をくっつけて、写真のようなザラザラした質感が出る
(ただし、仕上げとして上から漆を染み込ませた後、研いで少しザラザラを取り、
 また漆を染み込ませて、なめらかな肌にしてある)。

<表面>
裏面と同じ下地を施した後、中塗、上塗と漆を重ねてある。
***************

d0224762_15131160.jpg

写真の三弁タイプのほか、四弁、梅の花を模した五弁があり、
非常に迷ったのだが、最終的に三弁を3色大人買い(大人万歳!)
これにした最大の理由は「いちばん気に入ったから」だけど、
もう1つの理由は「印つけに使うチャコみたいだから(特に裏側)」。
それぞれ漆を塗った日の日付シールが貼ってあって、
漆が定着するまで半年ほど置いてください、とのこと。
なので、4月になるまで熟成(?)中。
※汁物等でなければ、もう使えるそうです

品川手づくり市は、本来は北品川にある神社の境内で行わているのだが、
昨年3月の震災以来、開催が中止されたままになっている。
どうも建物だか土地だかに不具合があってのことらしいが、
またいつか神社で開催されたら、一度行ってみたいと思っている。
いや、一度行ったのだが、曜日を間違えてて・・・・・・アハハハハ(乾笑)

**************

3月の世界選手権に向けて、あちこちでフィギュアスケートの大会が目白押し。
冬だけ契約しているCSチャンネルのJ-Sportsは、
昨年まで全米選手権、欧州選手権、四大陸選手権、世界選手権をカバーしていたが、
今年はさらにロシア選手権とカナダ選手権まで放送するようになり、見る方は大忙しだ。

そして、昨日まで開催されていた全米選手権の女子シングルで、
なんとなんと、アシュリー・ワグナー選手が優勝!
ジャンプがすごいとか柔軟性が人間離れしてるとか表現力がピカ一とか、
何かが特別抜きん出ているわけではないけれど、なぜかずっと好きな選手。
日本選手は別として、現役女子選手の中では一番好きといっていい。
毎年新しいプログラムを見るのを楽しみにしていたが、
ここ数年は不調が続き、「このまま引退しちゃうかも・・・」と勝手に心配していた。
今期はグランプリシリーズで表彰台に上がったりしたものの、
正直、優勝するとはまったく思っていなかったので、そりゃもうびっくりした。
ファンのくせしてこの不明。本当に申し訳ない・・・・・・
いや~~~、これで世界選手権がさらに楽しみになったなぁ。

あ、布仲間ですね♪ この布、色合わせが結構難しいですよね・・・
ジーンズでカジュアルダウン・・・それいい! アドバイスありがとうございます♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-30 15:27 | 雑貨 | Comments(12)

別布使いのワンピース

私のソーイングにおけるモットーは
「ファスナーとボタンホールのある服は作らない(正確には「作れない」)」。
といいつつ、ファスナーは既にクリアしたが、ボタンホールの壁は高いまま。
必然的にかぶりタイプの服ばかり作ってきた。

そんな中、C&S「11月新しい布」で注文したピンクの布が届いた。
これがピンクというより、むしろ肌色に近かった。
自称「ピンクの似合う女」だけど、肌色はまったく似合わない。
しかし、ここでしまい込めば永遠の在庫布と化すこと必至である。
とっとと使ってしまうに限るので、はじめは簡単パターンで部屋着でも、と思ったが、
「どうせなら、普段やらないことをやったろうじゃん!」と殊勝にも考え、
ボタンホールのあるパターンに挑戦することにした。

d0224762_19264973.jpgd0224762_1927124.jpg
















布: C&S ダブルクロスミニヘリンボーン グレイッシュピンク
   C&S リバティ(名称不明。ランタ茄子さーーーん!←他力本願 Rubyでした)
パターン: コーディネート自在のワンピース+α 別布使いのウールワンピース

で、結論から先に言うと、見事玉砕。
初めてトライした短冊衿は、何がいけなかったのか左右が開きすぎて、
力技で無理矢理重ねてある(なので裏がエライことに)
苦手のギャザー寄せは、後ろ身頃は何とか様になったが、
前身頃はギャザーというより「・・・・・・シワ?」という感じ。
袖のギャザーは気まぐれで、寄ったり寄らなかったり。
つか自分で選んでおいて何だけど、
このパターン、ボタンホールがどうこういう以前に、
短冊衿、ギャザー、パイピング、くるみボタンと、面倒な仕様ばっかりじゃん!
どさくさに紛れて、シームポケットまでつけちゃったよ!(←自業自得)
d0224762_19275355.jpg


まあでも、クライマックスはやっぱりボタンホールだろうか。
接着芯を貼ったリバティの二枚重ねなので、縫いにくくはなかったが、
ボタンホールの中心線を短冊の左右センターに合わせることができず、
何度もほどいてやり直した。
お陰で、ボタンホールをほどくのがみるみる上達したことはいうまでもない(しくしく)
結局、確実なポイントが掴めぬまま、「何となくセンター」程度にごまかして終わり。
あーあ、やっぱりボタンホールは難しい!
d0224762_19281332.jpg


用尺は本では130cm幅×2.8mとあったが、
110cm幅×2.5mでも何とかぎりぎり取れた(←Sサイズ)
ぎりぎりすぎて、ハギレ程度の布しか残らなかったぐらい。
届いたときは「2.5mも買っちゃったよ・・・・・・」と途方に暮れたが、
下手に余らずきれいに使い切ることができて、結果オーライだった。

それにワンコインの布だったので、2.5mでも1250円というお安さ
(ちなみに、リバティは50cm×50cmのカットクロスだったので約700円。
 ・・・・・・パーツの方が豪勢じゃん!)

これがもし、とっておきのお高い布で作っていたら、
物理的・精神的ダメージは相当大きかったものと思われる。
おまけに完成して着てみたら、割烹着のような寝巻のような。
要するに、私には全然似合わなかった(無念)
練習のつもりでこの布とパターンを選んだのは、いろんな意味で正解だったようだ。

それにしても、こういう服を作るとおのれの技量のなさがモロに出るなぁ(しみじみ)
・・・・・・って、感心してる場合か!
残念ながら、ボタンホールに対する苦手意識は拭えずに終わったが、
大切なのは結果じゃない。
困難に挑戦する、その心が尊いのである。
と、ブログには書いておこう。トホホ。

あ、C&Sの布は色が似合わないというだけで、フッカフカの柔らかくて暖かい布でした~~~

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
渡辺力さん、初めて聞きました。リキ腕時計、かっこいいですね!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-24 19:38 | ソーイング(服) | Comments(6)

ブラウンの目覚まし時計

もうかれこれ1カ月ほど前になるが、有楽町ルミネに再び行った。
前回は5階まで見たところで力尽きたので、今回は6階と7階をパトロール。
雑貨中心のフロアでなかなか楽しい。

d0224762_18125918.jpg

スノードーム好きの友人へのプレゼント。
エンパイアステートビルを抱っこしたキングコングが素敵♪(笑)

d0224762_18932100.jpg

今回の目玉、ブラウンの目覚まし時計。
この時計、かなり以前から欲しいと思っていたのだが、
思った時にはすでに生産中止になっていた。
しばらくして再生産されたものの、なぜか白は作られず。
その間、蚤の市や古道具屋などでも探してみたが、みつからない。
妥協してグレーか黒にしようかなぁと思いつつ、決めかねて買わずにいたら、
ふらりと入ったお店で前からあったみたいに売られていたのでびっくり。

ネットで調べたら型番が前のと違っており、どうやら割と最近復刻されたらしい。
ネタが古くて恐縮だが、「やっと会えたね(はぁと)」って感じ?
「欲すぃ~~~」という怨念にも似た思いが、ブラウンに通じたのだろうか(違います)
しぶとく願い続ければたまにはかなうこともあるんだなぁ、
んでもって、かなう時はあっけなくかなうもんだなぁ、としみじみ。

d0224762_18131779.jpg

正月早々、床に落としてぶっ壊した壁掛け時計が、修理から戻ってきた。
近所の時計屋に持ち込んだところ部品が足りないと言われ
(たぶん歯車。部屋のどこかに転がっていると思われ)、
製造メーカーに送ってあったもの。
ずいぶん前に買ったので、とっくに保証期間は過ぎており、
もちろん有償修理だろうと思っていたら、中にお手紙が入っていて、
「弊社判断にて無償修理対応とさせていただきました」。
しかも送ったのは本体だけなのに、乾電池までついていた。
LEMNOS太っ腹! 国内メーカーの鑑!! ハラショー!!!

今年は時計を皮切りに何だかパッとしないことが続き、
何となく気分も落ち込み気味だったけど、
どうやら私にもツキが回ってきたようだ。ワーイワーイ!(単純)

拍手とコメント、いつもありがとうございます。
湯たんぽカバーは、セーターを購入してから洗濯機洗いで縮むまで、
4年の歳月をかけた大作です(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-20 18:16 | 雑貨 | Comments(6)

白菜の漬物

雑誌に「家庭で作れる白菜漬け」の記事が載っていた。
白菜以外の材料は塩、昆布、とうがらしと、家にあるものばかり。
ちょうど1/4カットの白菜が冷蔵庫にあったので、早速作ってみた(実験実験♪)

縦に裂いて半日ほど干した白菜に重量の3%の塩をふり、
昆布ととうがらしを足して(ついでに柚子も)重石を乗せる。
といっても重石なんてないので、家にあるもので代用。

d0224762_12553749.jpg

湯たんぽ。

陶器製なので元から重量があるうえ、水を入れればさらに重くなる。
しかも縦に乗せられる。
漬物石としては結構いい線いってるんじゃ!?と自画自賛。
唯一の欠点は、昼間白菜を干して夜漬けるので、
一晩湯たんぽが使えず、寒い思いをすることだろうか。

d0224762_12555147.jpg

漬けて5日目。
塩気がこなれ、歯ごたえもちょっと発酵したような匂いも、市販の白菜漬けと遜色ない。
以前、梅干しを漬けたことがあるが、あれと理屈(塩をふって水を上げる)は同じとみた。
仕込んでさえおけば、後は放っておいてもおいしく漬かるところが好感度大である。
年が明けたら野菜の値段が軒並み上がってしまったが、
白菜だけは大玉でも安く買えるので、
市販の白菜漬けよりかなりお得ではないだろうか。

d0224762_12561429.jpg

一応(?)ソーイングブログなので、数年前に作った湯たんぽカバーを載せてみる。
もとはウールのセーターだったのだが、
「ドライクリーニング以外厳禁」という注意書きを無視し
洗濯機でガンガン洗っていたら、見事に縮んで着られなくなってしまった。
色や質感は気に入っていたので、テケトーに切ってテケトーに縫ってみたら、
めでたいことにそれらしいものが出来上がった。
あらかじめ湯たんぽをセットしてから湯を入れられるよう、
真ん中開きのデザインにしたのがポイントである(←得意気)
って、今改めて見ると、ひもの縫いつけ位置がずれてるがな。ワハハ。

d0224762_12563087.jpg

ちなみに、これだけだと保温性が心もとないので、
湯たんぽにおまけでついてきた布袋と、古タオルで作ったマットを内側に入れてある。
・・・・・・しれっとマットなどと書いたが、
本当は2枚縫い合わせて袋状のカバーにするつもりで、これまたテケトーに作り始めたら、
ぴったりサイズすぎて「どこから出し入れするんだ!?」という事実に気がつき、
仕方なく縫い綴じて1枚にした、というだけの話である(柄ゆがんでるし)

d0224762_1383427.jpg

ついでに、セーターの袖部分で作ったアームカバー。
見りゃわかるわ!てなもんだが、ほどよく縮んでフェルト化した生地が暖かく、
腕へのフィット感も申し分ない(何せ元が袖だし)
意外やお役立ちで、毎冬愛用しているのであった(家の中限定ですが)

そんなこんなで、(たまたま)辻褄が合ったブツと合わなかったブツとで湯たんぽをくるみ、
夜な夜な爆睡する私であった。

拍手やコメントありがとうございました。
ポケットはなけなしの根気をかき集めて作りました。・・・燃え尽きました(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-16 13:12 | 食べもの | Comments(6)

ワイドパンツ

年が明け、世の中バーゲン真っ最中。
私はといえば、ジャケットを40%OFFでゲットした。
昨年、同シリーズのパンツを定価で買ったので、これでスーツとして着られる。
大きな声では言えないが、

21世紀になってスーツを買ったのは
これが初めてだ。


2012年はこのスーツを着倒して、明日の米代をせっせと稼ごうと思ふ。
さて、年末年始は部屋着用にゴムウエストのワイドパンツを作っていた。

d0224762_1292982.jpg

布: C&S 幅広起毛ヘリンボーン 杢ネイビー
パターン: LINNET N09 イージーパンツ

このパターンは前後がつながっていて脇縫いがなく、パーツはたったの1つ。
すぐ裁断できて手順も簡単と、まるで私のためにあるようなパターンである。
部屋着なので特に手を加えるつもりもなかったのだが、
ソーイングナチュリラの最新号を見ていたら、同じく脇縫いなしのパターンで
後ろポケット&脇ポケットがついたカーゴパンツが載っていた。
ポケットがつくと見栄えもよくなるし、確かに便利だよねと急にその気になり、
人生初のフラップつき脇ポケットに挑戦することにした
(後ろポケットは面倒なので省略。使わんし。って、こういうところがいかんのね)

d0224762_12154664.jpg

脇ポケットは工程が進むにつれ布が二重三重四重と厚くなり、
「縫えるのか!?」と肝を冷やしたが、予想外に山崎号が善戦。
手順も難しいところは特になく、初めての割にはスムーズにできた、と思う。
ただ、今まで縫ったことのあるパッチポケットやシームポケットに比べ、工程が多い。
作業はのろいが性格はせっかちなので、
まずは一発、パンツ本体をどりゃーーーーっと縫いたいのに、
ポケットの作業があるため本体までなかなか辿り着けず、悶々としてしまった。
出来には満足しているが、面倒くさいのでもうやんないかも(こらこら)
世の中にはファスナー開き&ポケットいっぱいのカーゴパンツを
さくっと縫ってしまう方がいるが、本当に尊敬してしまう。

ところで、この手のワイドパンツは布幅110cmだと片足ずつしか取れず、
用尺が2m以上は必要で、それでいて非常に無駄が多い(=ハギレがいっぱい出る)
布幅が130cm以上あれば1.1mで足りることがわかったので、
以前からパンツ用の布を物色していたところに、
C&Sの「11月新しい布」で144cm幅、¥600/mというお得なブツが出た。
「新しい布」はいつもボーッと眺めているうちに売り切れてしまい、
まともに買えたためしがないのだが、今回は私には珍しく速攻ポチリ。
しかし慣れないことして頭に血が上ってたのか、
布が届いてみたら2m注文していた・・・・・・って、幅広にした意味ないじゃん!

納品書を見た時はあまりのマヌケさに脱力したが、
まあでも最近は、こういう失敗も「ブログのネタになる」と、
前向きに受け止められるようになった。成長した証である(違うって)

d0224762_121639.jpg

ちなみに、ウエストリボンは後付け。
また、私の足が長すぎたのか(たぶん違う)、出来上がってみたら丈が短めだったので、
急遽裾に布を縫い足して、継ぎ目が隠れるようダブル仕様にした。
1日で縫えるシンプルな部屋着を作るつもりが、結果的にえらい手間をかけてしまった。
いっそ外出着にしてやろうかい。
そして、パンツを作ってもまだいっぱい余っていた布は、
ベストや小物などあれこれ裁断したことで、ようやくハギレ状態に。
めでたしめでたし。

今年も拍手やコメントありがとうございます。
「二頭身富士」という表現がツボでした。確かに~~~♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-10 12:18 | ソーイング(服) | Comments(8)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

d0224762_20481521.jpg

皆様、お正月はのんびりお過ごしでしょうか。
私は年明けも年明け、0:00ジャストに壁掛け時計を床に落とし
盛大にぶっ壊したり(時報に合わせようとしたら手が滑った・・・・・・不吉!?)
「箱根駅伝見るど~!」と張り切って早起きしたら全日本実業団駅伝だったり(うぞー)
2012年もこのお茶目な性格(違)は治りそうもありません。

d0224762_20482919.jpg
※龍の石けんはkomoさん作♪

本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は拍手やコメントありがとうございました。
旦那様にもどうぞよろしくお伝えください♪(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-01-01 20:58 | いろいろ | Comments(12)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie