Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ギンナンご飯

新聞にギンナンを使ったおいしそうな混ぜご飯が載っていたので作ってみた。

d0224762_12231872.jpg

レシピは渡辺有子さん。
昆布と酒、塩を入れて炊いたご飯に、ギンナン、塩ザケ、塩もみしたカブの葉を混ぜる。
塩ザケはおみやげにもらった、瓶詰めのサケのほぐし身を使用。

d0224762_1224248.jpg

当日の晩ごはん。
混ぜご飯、カブの酢の物、蒸しかぼちゃ、冷奴、ターサイともずくのおすまし。
・・・・・・メインディッシュがない(ご飯です)

d0224762_12243056.jpg

ギンナンを調理するのはこれが初めて。
「専用ばさみか金づちで割る」とあったが、どちらも持っていないので、
ペンチを使えば何とかなるさと軽~い気持ちでやってみたら、
粉々に砕けた殻と中身があちこちに飛び散った・・・・・・(く、臭いよー)
殻は固いけど中身は柔らかいので、力の入れ加減が難しい。
何度やってもうまくできず、崩れギンナンばかりが増えていくので、
途中から布巾に包みペンチの柄で叩いて割る方式に変更、
ようやくまともに割れるようになった。

ギンナンは殻を割るのも皮をむくのも予想以上に大変で、
やってる最中は「これが最初で最後だろうて」と思ったが、
出来上がってみたら大変おいしかったので苦労が報われた。
匂いがナニでアレだけど、時間と気力があったらまた買ってみる・・・かもしれない。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-11-28 12:33 | 食べもの | Comments(9)

クッションカバーその4

※写真追加しました

クッションカバーの第4弾はラブラブラブリーにしてみた。
だって・・・・・・女の子だもん!(誰がやねん)

d0224762_12154130.jpg

布: C&S リネン混シャンブレー(ピンク)
   ネットショップで買ったローン生地(白)

ピンクの布はブラウスを作った残り。
赤のようなピンクのような微妙な色合いで、控えめな光沢がかなり好み。
かなり薄手だけど張りがあって縫いやすい。

白い布はソーイングを始めたばかりの頃に作った、チュニックを解体したもの。
「直線断ちだから簡単!」という謳い文句につられて作ったが、
直線断ちだからか、ものすご~く着心地が悪く、2シーズン着たところで処分決定。
とはいえ、腐ってもそこは手作り服。
初心者なりに一生懸命作ったので、そのままポイと捨てるのは胸が痛む。
チュニックの裾はレース模様に沿ってハサミでちょきちょき切った根気の賜物で、
そこだけは気に入っているので、今回飾りとして再利用することにした。
これでチュニックも成仏してくれることだろう。

d0224762_12161266.jpg

4作目にしてわかったのは、座面とマチを縫い合わせる時、
座面側は余り気味・マチ側は伸ばし気味に合わせてから縫うようにすると、
クッションを入れた時マチに変なシワが寄らず、きれいに仕上がるということ。
これってひょっとして、袖つけでよく出てくる「いせを入れる」ってこと???(違うかも)
何にせよ、自力でコツを会得したぜ!ということで、
得意満面、小鼻をひくつかせる初心者であった(すぐ有頂天~♪)

<追記>
ランタ茄子さんからリクエストをいただいたと解釈し(笑)、
ブラウスとチュニックを載せてみました。うふっ。

d0224762_1014651.jpg

布: C&S リネン混シャンブレー
パターン: 好きな布地で好きな服 ヨークブラウス
特大ヨークが気に入って作ったものの、私が着ると幼稚園児のコスプレ風に(←犯罪?)
めげずに着てますが。
d0224762_10141721.jpg

写真がひどくて何が何だか(汗)。
めちゃくちゃ手間と時間がかかった割に、どえらい着心地が悪かった1着。
んで、着るとまんま「ドリフの聖歌隊」。
やはりクッションカバーに再生して正解だった。

************
前回の記事にちょっと補足。
例のパターンを写してくれた友人は、ミシンは持っているもののソーイングはしない人です。
なので、「写してあげるよ~」と言われた時は、「な、な、なんでそんな面倒なことをわざわざ!?」
とびっくり仰天した次第。
というわけで、私もふだんはひっそり縫っちゃ、一人反省会してますよ~
(17日に拍手欄にコメント下さった方、ありがとうございました♪)


楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-11-22 12:22 | ソーイング(小物) | Comments(6)
ちょっと、いやかなり出遅れたが、mplの新作(新作?)パターンでチュニックを作った。

d0224762_1434236.jpg

パターン: mpl オブロングネックフレアーブラウス
布: リバティ 名称不明(ご存じの方がいたら教えてください) Daisy Fields

パーツは前後身頃&見返しの4つのみ、
しかも「mpl史上最低の難易度(by ランタ茄子さん)」、
それでいて「着るとドレープが美しい」ともっぱらの評判。
こりゃいいわ!と張り切って作り始めたが、どえらい時間がかかってしまった。
なーぜーだー。

d0224762_14341735.jpg

丈はパターンより15cmほど長くし、
ランタ茄子さんの作品や手持ちの既製服のまねっこをして、
両脇に共布で作ったリボンを挟み込み、背中で結ぶようにした。
ベルトというより、飾り兼ボリューム調整用といったところ。

平置きすると結構なたっぷりサイズ、
そのうえチュニック丈とくれば、アッパッパー化の危険なかほりがプンプンするが、
なるほど、着ると裾がヒラヒラしていい感じ~♪
具体的にどういい感じなのかは、
ランタ茄子さんがリバティでブラウスを、リネンでワンピースを、
さらには私がモタモタしている間にニットでワンピースまで作られていて、
ステッキーなコーディネート例も着画も紹介されているので、
そちらを参照されたい(丸投げ)。←っておい!

d0224762_14404739.jpg

パターンそのものは大変気に入ったのだが、
あとちょっとで完成という段階になって、衝撃の事実が判明。
このリバティ、微妙ながら花の向きに方向性があり、
それなのに何も考えず裁断した結果、後ろ身頃の柄が上下逆になってしまった(あうー)
内容てんこ盛り&痒いところに手が届く仕様書が売りのmplだが、
さすがに「注意! リバティを裁断する際は柄の向きに気をつける。」
とは書いといてくれなんだ・・・・・・(無茶言うな)
※写真は正しい向きです。たぶん。

言わなければわからない(と思いたい)ぐらいの方向性で、
前身頃が逆とか、前も後ろも逆とか(そしたらむしろ気がつかなかったかも)
でなくてまだよかったとはいえ、
背中一面に下向いた花をしょっているのかと思うと、ジワジワとこみあげるものがある。
これ着て道を歩いたら、「やだ~あの人のブラウス、柄が逆さまよ~~~クスクス」と、
後ろ指さされたりしないだろうか(被害妄想)
いやしかし、面と向かって「もしもし、柄が逆になってますよ!」と指摘されるより、
100倍マシかもしれない。
・・・・・・ハァ(しょんぼり)

d0224762_14343796.jpg

気を取り直して。
このリバティは友人から誕生日祝いにもらったもの。
プレゼントに布、それもリバティをもらうのなんて初めてで、
以前なら考えたこともなかったが、今はかなり嬉しい。
この友人は、私がソーイングを始めるきっかけになった人物。
ある日、「ソーイングに興味はあるんだけど、『パターンを写す&布を裁断する』の壁が
どうしても越えられないんだよね~」という話を何気なくしたところ、
「じゃあ写してあげるよ」とさらっと言われ、
思わぬ展開に驚きつつも、「気が変わらないうちに!」と、
作る予定もないのになぜか買ってあったソーイングナチュリラNo.1を手渡したのだった。
あの時の友人の一言がなかったら、今でもきっと壁は越えられないままだっただろうし、
このブログを始めることもなかっただろう。
人生何にどうすっ転ぶかわからないものだ。
メンドクサガリーノな私の尻を押し上げてくれた友人には、密かに感謝している。

拍手やコメントありがとうございました。嬉しいです♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-11-15 14:58 | ソーイング(服) | Comments(2)

舶来品

この週末はmplのオブロングネックフレアーブラウスを作っていた。
キモノスリーブなので袖付けがなく、前後身頃と見返しを縫い合わせるだけ。
すぐできるもん♪と高をくくっていたが、見返しをつけたところで時間切れに。
・・・・・・トロい、トロすぎる!(自分が)

さて、有楽町西武の跡地にルミネが新装オープンしたので、
先日パトロール(←犬?)に行ってきた。
西武時代と違って百貨店ブランドはほとんどなく、セレクトショップが多い印象。
そのぶん価格設定は高めだけど、いろいろ見られるから楽しいかも。
オープン記念に洋服の1枚でも買ったろうかい、と鼻息も荒く乗り込んだが、
あふれんばかりの服や小物を見ていたら、
何だかもうどうでもよくなってしまい、見ただけで終わった。
山歩きはそれなりに頑張るが、街歩きはすぐヘコたれる私である。

d0224762_17503827.jpg

手ぶらで帰るのも何だかな~とウロウロしていたら、
ユナイテッドアローズトゥモローランドの雑貨コーナーで裁縫道具を売っていた。
リネンバードでも扱っているイギリスのMerchant & Millsというメーカーのもので、
糸通しやマチ針用のマグネットのほか、ソーイングセット、メジャー、はさみ等々、
日本製にはないおされなパッケージが購買意欲をそそる。
糸通しは持ってるし、マグネットは別にいらんけど、
ルミネ開店記念だし! 舶来品(死語?)だし! ということで、買ってしまった。
(ビーズマチ針はkomoさん作♪)

マグネットは500円硬貨くらいの大きさで、
商品名のロゴを刻印した厚紙が裏表に貼りつけてあるだけの、
いたってチープ、げふんげふん、シンプルな造り。
東急ハンズでマグネット買ってきて、牛乳瓶のフタをボンドでくっつければ、
自分でも作れそうだ(作らんけど)
クロバーあたりで出しているトレイ型のマグネットピンクッションの方が
圧倒的に使い勝手はよさそうだが、舶来品だからこれでいいんである(いいのか)
とりあえずこんな↓感じで使っているが、便利なのか何だかよくわからん。

d0224762_17512093.jpg

糸通しは持ち手が渋い黒で、あまり見かけない大きさ。
無骨な感じの材質もデザインも、気に入った。
さすが舶来品は違うわ~♪とありがたがっていたら、隅っこに「JAPAN」の文字が。

d0224762_17515299.jpg


・・・・・・日本製かい!

d0224762_1752334.jpg

以前買ったクロバーのもの(写真中央)は、糸の太さ別に2種類の糸通しがついている。
よく見かける糸通し(写真右)に比べ握りやすい点はいいのだが、
買って早々、太い糸を通そうと思い切り引っ張ったら、
金具がすっぽり抜けてしまった(涙)。
結局、この手の糸通しはデザインや持ちやすさがどうとかより、
金具が持ち手にどれだけ頑丈にくっつけてあるかがポイントとみた。
というわけで、イギリスのメーカーによる日本製品(ややこしいな)の、
お手並み拝見といったところである。

d0224762_1755539.jpg

ちなみに、パッケージの裏には商品の説明がつらつら書かれているのだが、
最後に「Super!」だの「Ingenious!」だの入っていて、
モノはどちらかというと地味なのに、
ここだけテレホンショッピングみたいに軽いノリなのが笑える。
イギリス人というと何となく「控えめ」「謙遜」「自虐的」といったイメージがあるが、
実は自分大好き自画自賛な国民性だったのか。
いや、これはイギリス人特有の皮肉なユーモアなのかもしれない。
しかし、これらがsuperでingeniousなら、
ソーイングセットやはさみには一体どんな形容詞が使われているのであろうか。
次に売り場に行くことがあったら見てみようっと♪(うきうき)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-11-07 18:10 | 雑貨 | Comments(4)

山歩き

この週末は上高地に行ってきた。
初日は河童橋から2時間ほど歩いたところにある山宿に泊まり、
翌日また2時間歩いて河童橋に戻り、土日で周辺一帯をうろちょろした。

d0224762_10563379.jpg

山登りではなく山歩き、いわば自然の中でウォーキングみたいなもんだが、
ふだんまったく体を動かしていない身には十分な運動量。
アウトドア経験が豊富で、足取りも軽く進む友人の傍らで、
慣れないバックパックを背負いハァハァいいながら歩く姿は、我ながら哀れを誘った。
あー疲れた。

d0224762_1102239.jpg

上高地はその昔、社員旅行で来たことがあるが、
帝国ホテルの喫茶コーナーで終日茶をしばいていたので(こらこら)
まともに歩くのは今回が初めてだ。
山宿はもちろんのこと、観光客がひしめく河童橋周辺も、ゴミはすべて持ち帰るルール。
お弁当を食べても鼻をかんでもいちいちゴミが出て、
それがどんどん溜まっていくという事実を、嫌でも意識させられた3日間だった。

d0224762_1015143.jpg

以前から山歩きに興味はあったが、
今年はもう少し積極的に出かけようと思い(ってもう11月だけど)
トレーニングは決してしないがアウトドア雑誌は熱心に読み込み、
お買い物リストをせっせと作ってきた。
今回のために買ったのは、バックパックとザックカバー、スタッフバッグ、
ソフトシェル、ゲイター、トレッキングパンツ、それに軽量ダウンベストとナノタオル。
しかし我ながら、見事に形(だけ)から入ってるなあ。感心(するな)
まあゲイター以外はふだんも使えそうだからいいけどさ……ブツブツ。

来年の目標は、「山歩き」のカテゴリーでブログ記事を書くことである。
なんつって(言ってみただけ~)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-11-01 11:01 | | Comments(4)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie