Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:食べもの( 32 )

パセリLOVE❤

パセリが好きだ。
すごくおいしいとは思わないが(え?)、なぜか好きだ。
付け合わせのパセリは必ず食べるし、時々は自分でパセリ料理も作る。

d0224762_12461265.jpg

といってもレパートリーは限られていて、以前はタブレ(クスクスとパセリのサラダ)ばっかり作っていた(写真は豆サラダですが)

d0224762_12462955.jpg

これはカノウユミコさんの「ベストヒット野菜料理」に載っていた、せん切りキャベツのパセリマリネ。

d0224762_12464216.jpg

何かの雑誌で見かけた、パセリ炒め。
山盛りパセリを気長に炒めて塩コショウするというものだが、久しぶりに作ってみたら「薬草を煎じました」感がすごかった(笑)

d0224762_12465535.jpg

パセリのドレッシング。
イモとか鶏肉とか、さっぱりした食材に合う。

d0224762_1247724.jpg

パセリのカレーは平松洋子さんのレシピ。
パセリのほろ苦さとスパイスの相性がぴったんこで、時々作る。

d0224762_1247308.jpg

パセリの白あえも平松洋子さんレシピ。
豆腐の水切りが面倒なので、チョキチョキ切った切干大根を投入して水を吸わせた(←いつもやる)

d0224762_1247461.jpg

最近のヒットは、クックパッドに載っていたパセリの塩昆布あえ。
さっと湯がいてザクザク切ったパセリを、塩昆布とごま油で和えるのだが、パセリの苦みと塩昆布&ごま油が意外に合う。
パセリ料理の何が面倒って、大量のパセリを洗って水気を切ったり細かく刻んだりすることなのだが、これはパセリを丸ごと湯がいてから切るので、思い立ったらすぐできる。
すばらしい! ハラショー!!(絶賛)

d0224762_12455154.jpg

他にも「これんまいよ」なパセリレシピがあったら教えてください。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-08-30 12:50 | 食べもの | Comments(10)

炊飯器

炊飯器で梅シロップを作りました。

d0224762_122223.jpg

とある方のインスタグラムで見かけた「炊飯器で梅シロップ」。
なんでも梅と砂糖を炊飯器に入れ半日ほど保温するだけで、梅シロップができるという。
今年はすでに日本酒梅シロップを仕込んだが、こんな面白そうなことを試さずにいられるだろうか。
早速スーパーに走り(←すぐ走る)、作ってみた次第である。

d0224762_1225207.jpg

仕込む前。梅は南高梅、お砂糖はてんさい糖を使用。

d0224762_12254795.jpg

保温開始11時間後。

d0224762_12261262.jpg

発芽玄米モード(=低温)に切り替えてさらに6時間経過後。
この時点で梅を食べてみるとまだ酸味があり、エキスが十分出切っていなさそうだったので、常温でさらに数日放置。

d0224762_12262976.jpg

梅がシワシワになったところで完成。

d0224762_12264391.jpg

この方法で漬けた梅は果肉が柔らかくジューシーなので、梅風味のお酢と梅味噌を仕込んでみた。
梅味噌は甘みと酸味のバランスがよく、今まで作った中で一番おいしく出来た。
お酢の方も梅の香りと甘みがほんのり移り、甘酢として使うのにちょうどいい塩梅だった。

ネットでいろいろ見ると、炊飯器で作る方法は青梅と氷砂糖で仕込むのが間違いないようだ。
面白かったので、来年またトライしてみようかな。

d0224762_12265619.jpg

ちなみに、最初に作った日本酒梅シロップは非常にさっぱりしていて、ロックかソーダ割にするとおいしく、すでにほとんど飲んでしまった。
またどうしてそうなるのかよくわからないが、この方法で漬けた梅はポリポリと漬物みたいな歯ごたえがあり、1個つまむとまた1個と、キリなく食べてしまうのだった。

d0224762_12271066.jpg

今年はなぜだかシロップづいていて、勢いでしそジュースも仕込んだ。
レシピはたくまたまえさん
きび糖ではなく梅シロップの残りのてんさい糖で作ったが、ちゃんときれいな赤紫色になった。
しそジュースは鍋でグツグツ煮るだけで作るのは簡単なのだが、下ごしらえのしそを洗って葉っぱをちぎって水気を切って、という一連の作業が超面倒くさい! キーーーッ!!
以前梅干しを漬けた際に経験済みだったのに、すっかり忘れていた。
こっちは来年はないな(断言)

d0224762_12272471.jpg

炊飯器を買ったのは4年前。
発芽玄米モードに惹かれて購入したのだが、玄米はその後購入した圧力鍋の方がモチモチに炊けるため、保温以外あまり活用していなかった。
しかし考えてみれば火を使わないスロークッカーみたいなもんで、猛暑が続く今の時期にぴったりの調理器具ではないか。
それに炊飯器だから白米も炊ける!(←最近気づいた)

d0224762_12301931.jpg

というわけで、遅ればせながら豚の角煮を作ったり、とうもころしご飯を炊いたりと活用中。

d0224762_12304599.jpg

甘酒も炊飯器なら放置プレイで完成~♪
うちの炊飯器はロック状態でないと保温モードにならず、測ってみたら70℃以上あるのでうまく発酵しないのではと思ったが、やってみると全然問題なく出来て、めっちゃ甘い!
増量も兼ねてにんじんやかぼちゃを入れたり、いろいろ試している。

8月に入って夏も本番、今年は炊飯器で乗り切るどー。

********************

うおがし銘茶の今年の紅茶は、宮崎県高千穂産「でき茶った」。

d0224762_12314537.jpg

うろ覚えなのだが、確か「みなみさやか」という品種で、蓮茶を思わせる花のような香りが特徴的である。
茶葉の撚りが大きく、お店の人が「烏龍茶ぽい」と言っていたが、まさにそんな感じだった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-08-02 12:44 | 食べもの | Comments(8)

梅仕事2017

梅シロップを仕込みました。

d0224762_14352334.jpg

今年のレシピは有元葉子さん。
メインは「叩いてつぶした青梅をメープルシロップに漬ける」というものだが、メープルシロップの代わりにハチミツと日本酒で作ってもおいしいという。

・・・・・・えっ、ハチミツと日本酒?
ハチミツ単独なら作ったことあるけど、日本酒を混ぜるの??
い、一体どんな味なんだろう???

メラメラメラ・・・・・・(←好奇心の炎が燃え上がる音)

d0224762_14314742.jpg

いつもはシーズンも終わる頃のんびり黄熟梅で作ることが多いが、今年は青梅を入手すべくすぐさまスーパーに走ったのだった。

d0224762_1432117.jpg

1キロ漬け終ったところ。
1週間後から飲めるそうだが、試しに3日目に飲んでみたら、甘さ控えめ、すっきりさわやか~なお味だった。

というわけで、今年の夏はこれで乗り切ります。

********************

サー・トーマス(←ここ重要)リプトンのTEASTINGアソートメントパックを買いました。

d0224762_14323050.jpg

このパックには5種類の紅茶がセットされており、ダージリン・アッサム・セイロンはわかるとして、ヌワラエリヤとディンブラも入っているというのが非常に珍しい。
BRUTUSの紅茶特集で見かけて以来、ずーーーっと探していたのだが、これがどこにも売ってない。

d0224762_14354257.jpg

たまたま帰省した折に近所のスーパーで発見、大喜びでまとめ買いしたものの、いざ飲もうとよく見たら、SELECTED 5という別の商品だった(なぬー)
結局、リプトンの直営店「サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ」まで出向いて、ようやく入手できたのだった。

で、肝心のお味の方はというと・・・・・・うーん、フツー?(え)
日東紅茶「4 Selection Pack」のウバがあまりにもすばらしかったので、それに比べるとフツーかなあ(←個人の感想です)
ま、10袋入って¥324だから文句言うな!って感じですが。
そもそもヌワラエリヤやディンブラの特徴をティーバッグで再現するのは難しいと思うので、いっそリプトンもウバを出せばガチンコ勝負になって面白いのに(私が)

リプトンは紅茶の移動販売車を走らせたり、TEASTINGシリーズでは専用のテイスティンググラスを作ったり、遊び心のある企画を打ち出していて、最近ちょっと注目している。
この勢いで是非ウバのティーバッグも作っていただけないものだろうか。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
by kuroyagie | 2017-06-07 14:44 | 食べもの | Comments(2)
駆け込みで、今年も何とからっきょうを漬けました。ハァハァ。

d0224762_12154681.jpg

今年は漬けないつもりでいたが(って毎年言っとるな)、うっかり(?)「梅酢とみりんで作るらっきょう漬け」というレシピを見てしまい、一体どんな味がするのか気になって気になって、結局重~い腰を上げてらっきょうを買いに行った次第。

d0224762_12155714.jpg

きっと梅酢とみりんの味がするのであろう(そりゃそうだ)

d0224762_1245246.jpg

らっきょうを漬けたら俄然やる気スイッチが入り、梅仕事も完了(←お約束)
1袋買ってジップロックに入るぶんだけ梅干を仕込み、残りは梅シロップにした。
ちなみに、下に敷いてあるのは京都の手作り市で買った梅干し柄の手ぬぐい。

d0224762_1271856.jpg

去年追加で仕込んだ山椒の醤油漬けで、ちりめん山椒も作った。
これはうまい! ごはんガツガツー♪(ほどほどにね)

d0224762_1285743.jpg

今年もハーコットの季節がやってきた~❤
ハーコットは信州特産の生食用あんずで、市場に出回る期間が2~3週間と短いため、見かけたら即買いがお約束。
そこそこお高いので「1日最大2個まで」と自分を律しながら、ちまちま食べてます(笑)

******************

日東紅茶 4 Selection Packをいちいち買いに行くのが面倒なので、大人買いしました。

d0224762_12201342.jpg

これでウバ25個(&その他75個・・・)確保~♪
と喜んでいた折、Japanese Black Teaを買いにスーパーへ行ったらば。

d0224762_1212974.jpg


日東紅茶×ダージリンコラボ、キターーーッ!!!


ネット情報によれば、「日東紅茶シングルエステートシリーズ」という企画が3月から始まり、5つのダージリン茶園のリーフを店舗限定で販売しているらしい。
商品は50g入りのリーフと、お試し2.5gティーバッグの2種類。
リーフは¥1000台と、ダージリンの単一茶園にしてはお求めやすい価格で、こういうところは大手の強みかも。
驚いたのはロゴ&パッケージ。
モノトーンのおされなデザインで、日東紅茶じゃないみたい!(失礼だな)

d0224762_12125939.jpg

とりあえずお試しティーバッグを2種類買ってみた。
これでおいしかったら困るなー(何でだ)、と思いながらシンブリ茶園を飲んでみたら、青々とした草のようなフレッシュな香り。
商品説明には「柑橘の花を想わせるトップノート」とある。
花はよくわかんないけど、柑橘というのはなるほどそうかも。
それも青柚子とかかぼすとかライムとか、黄熟してない柑橘系。
うーむ、うまいやんけ(感心)

「日東紅茶はウバが得意」と思っていたが、今年はダージリンが一押しなのだろうか。
いやでも、いつか同シリーズがセイロン系で展開されないとも限らない。
その日を楽しみに待つことにしよう。
つかその前に、今ある紅茶をせっせと飲まねば!(必死)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-07-06 12:24 | 食べもの | Comments(8)

国産紅茶2

相変わらず国産紅茶を毎日ガブガブ飲んでいる。

d0224762_1251619.jpg

以前は売っているお店も種類も限られていたが、最近はいろんなお店でいろんな国産紅茶が入手できるようになった。
お陰で、目下の悩みは「ありすぎて買い(飲み)切れない」。
それだけ市場が広がり、商売として成立しているなら、めでたいことである。

d0224762_1232233.jpg

D&Departmentのカフェには屋久島の紅茶も。

先日、駅ビル内にあるスーパーの紅茶売り場をパトロールしていたら。

d0224762_12405064.jpg

日東紅茶、キターーーッ!!!

ペットボトルの国産烏龍茶は見たことあるが、国内大手メーカーが国産紅茶のリーフそのものを製品化したのは、自分が知る限りこれが初めて。
国産紅茶もついにここまで来たか、と思うと感慨深い。
商品説明によると、緑茶品種の「やぶきた」と紅茶品種の「べにふうき」を7:3の割合でブレンドしたものだそう。

国産紅茶は味も香りも穏やかなものが多いが、べにふうきはどの茶園のものを飲んでもそれとわかるほど特徴がはっきりしている。
香り高くコクもあり、イメージとしては「国産紅茶のダージリン」。
初めて国産紅茶を飲む人にもわかりやすいので、最初の製品化にあたりべにふうきを選んだ日東紅茶は、なかなか目のつけどころがよい(←偉そう)
難点はべにふうき100%にするとお値段が高くなることで、生産量の多いやぶきたとブレンドしたのは価格を抑えるためかと思われる。
手軽なティーバッグにしたのも、その方が売れるからだろう。

で、早速飲んでみたところ・・・・・・うまいじゃん!(驚)
やぶきたベースのさっぱりした飲み口の中にも、べにふうきの独特な香りとコクがちゃんと感じられ、失礼ながら予想外においしかった。
それに、べにふうきはおいしいけれど毎日飲むには個性が強すぎるきらいがあり、やぶきたをブレンドすることで飲みやすくしたのは正解だったと思う。

d0224762_12331041.jpg

ティーバッグはメッシュタイプで、2煎目も十分イケる。
・・・・・・うーむ、やるな日東紅茶!(←上から目線)

d0224762_1234955.jpg

もう10年以上前だが、スーパーで日東紅茶のウバ50g入りアルミパックを見かけ、何となく買って飲んでみたところ、驚くほどおいしかったことがある。
飲み切っては買い飲み切っては買いとリピートしまくったが、定番商品というより「たまたまリーフの出来がよかったので大量に仕入れてみました」的なものだったらしく、在庫がはけるとともに販売も終了。
翌年同様の商品が出たが、味は全然違っていた。

d0224762_2119181.jpg

ちなみにその前の年だったか、MUJIでやはりアルミパックのウバが売られていて、こちらも非常においしかった。
あまり売れなかったのか、最後はアルミ缶入り100gパックが叩き売り状態になり、せっせと飲んでは買っていた自分の手元にはアルミ缶がいくつも残った(笑)
ひょっとして、あの2年間はウバの当たり年だったのだろうか。

それ以来、日東紅茶の動向(?)には何となく興味があったので、いち早く国産紅茶を売り出したのには妙に納得してしまった。
大手メーカーの参入にはメリットもデメリットもあるだろうが、少なくとも国産紅茶の認知度アップには貢献していると思う。
こういうよくできた商品を出してくれるなら、なおさらである。

d0224762_12505142.jpg

国産紅茶は1つの品種を茶園(生産農家)ごとまたは産地ごとに製品化したものが多く、今回のように産地は表示せず、やぶきたとべにふうきをブレンド(mixではなくblend)したケースはめずらしい。
というか、初めてじゃなかろうか。(追記:茶園単位だとブレンド製品も出ている模様。)
海外の大手紅茶メーカーの中には、リプトンの「青缶(Extra Quality)」やハロッズの「No.14(English Breakfast)」など、そのメーカーの顔となるブレンド製品を出しているところも多い。
今回は「純国産紅茶(Japanese Black Tea)」という、そのまんまな商品名がついているが、この先もっと国産紅茶が普及すれば、オリジナルの名前がついた定番のブレンド商品が出てくるかもしれない。
5年後、10年後はどんな展開になっているのか、楽しみである。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
中国のお子様はいまだにあのパンツを履いているのか。びつくり。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2016-03-23 12:52 | 食べもの | Comments(14)
今年漬けました(キリッ)

d0224762_1291024.jpg

毎度着手するまでが大騒ぎな(自分が)らっきょうの甘酢漬け
昨年はバタバタしているうちに機を逃し、今年も「うう、めんどくさい・・・・・・」と腰が引けていたが、ほぼ日刊イトイ新聞で見かけた
「6月13日(土)はみんなで漬けよう! ザ・らっきょう漬け中継。」
というイベントに触発され、同じ日に自分も漬けることにした(←単純)

指南役の料理家たくまたまえさんのアドバイスで興味深かったのが、「漬けるための調味料はどこのスーパーでも買えるような『すごくふつうのもの』を強くおすすめします」というくだり。
たくまさんによれば、最初は張り切ってこだわりのお酢やきび砂糖を使ったものの、何だかよくわからないものができてしまい、翌年ごく一般的な調味料で作ったら、ものすごくおいしくできたのだとか。

実は私も調味料ぐらいはいいものをと思い、これまでずっと自然食品のお店で売っているようなお酢や砂糖を使ってきた。
しかし目標とする祖母のらっきょうとは、決定的に何かが違う。
その理由として自分なりに薄々感じていたのは、
 ①らっきょうがデカい(祖母のは粒がかなり小さい)
 ②砂糖(甘さ)が足りない(祖母のは甘さの中に酸味がきいている感じ)
の2つと、もう1つが
 ③調味料が違う? (ばーちゃんちには白砂糖とグラニュー糖しかなかったような・・・)
ということだった。

祖母は毎年大量のらっきょうを漬けていたし、当時はオーガニックとか体にいい食材とか、発想自体がそもそもなかったように思う。
ゆえにお財布的にも思想的にも、そのへんに売っているごく普通のお酢や白砂糖を使っていたのではないだろうか。
そしておよそ保存食のレシピというのは、そういう普通の調味料を使う前提で配合が考られている気がする。

というわけで、今年は千鳥酢も玄米酢もてんさい糖も黒砂糖もやめにして、近所のスーパーで〇ツ〇ンのお酢とカップ印の白砂糖を購入した。
このときはつい習慣で米酢を選んでしまったが、後から追加でお酢を買った際は、勇気を出して(?)さらにお安い穀物酢にした。
お陰で材料費の安かったこと(笑)
いやほんと、これでおいしく漬かったら笑えるなぁ。

d0224762_1211031.jpg

甘酢がちょっと余ったので、みょうがたけと玉ねぎの甘酢漬けも作った。
見えないけれど、玉ねぎの下にきゅうりが突っ込んであります(テケトー)

d0224762_12111794.jpg

玉ねぎの甘酢漬けは、みるまゆさんのレシピを参考に、切干大根、ごま油、すりごまと和えてみた。
シャキシャキ玉ねぎとポリポリ切干大根の食感が楽しく、箸休めにいい感じ。

d0224762_1212843.jpg

らっきょうついでに、梅仕事も完了。
今年は梅シロップを仕込んだ。
写真右はいただきもののしょうが糖に漬けたもの、左は余った白砂糖に漬けたもの、真ん中は白砂糖+家にあったてんさい糖の2種混合。
後者2つはらっきょう漬けで余ったお酢もドボドボ注ぎ、バーモント梅シロップにしました(超テケトー)

らっきょうは午前中に作業を始めてお昼までに1キロ漬け終ったので、午後からさらに1キロ購入、合計2キロ仕込んだ。
食べ頃になるのは1カ月後。
はたしてスーパーブランドが吉と出るか、興味津々である。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-06-22 12:17 | 食べもの | Comments(6)

ここのところバタバタしていて、全然ミシンに触れていない。
というわけで、今週は小ネタのみ。

d0224762_12594437.jpg

先日作った「らっきょうのクリームチーズ和え」。
昨年仕込んだらっきょうは、
ワインや粒こしょう、レモンなどが入る洋風レシピで、
やはりというか、カレーやシチューなど洋風料理と相性がいい。

これは〇売新聞の集金時にもらえる料理冊子に載っていたレシピで、
刻んだらっきょうとクリームチーズ、スプラウトを和えたもの。
濃厚なチーズと甘酸っぱいらっきょうの組み合わせは、
自分じゃ思いつかないけど結構いける。
・・・・・・ハァ(←意味なくため息)

これからしばらくは更新したりしなかったりになるかと思いますが、
よろしければおつき合いください。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
ゴラァ、石田さんちを優先するんじゃなーい!(笑)
それは「まっちー」と「ハマチ」と「(まっちーに)ハマる」をかけた親父ギャグですか!? 
・・・・・・恐ろしい親父!
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2014-04-11 13:01 | 食べもの | Comments(10)

塩麹2013

塩麹ブームもすっかり定着したらしく、
近所に2つあるスーパーのどちらも、みやここうじが定番商品に。
最近ではご当地米麹やこだわり米麹など品揃えも豊富になったが、
みやここうじのように板状の麹にモケモケした何か(菌糸?)
が生えているタイプは、今のところ見かけない。
あのモケモケのお陰か、適当に仕込んでも発酵がスムーズに進むので、
何となくみやここうじを愛用している私であった。

d0224762_14213564.jpg

完成品はプラ容器に小分け。
とあるアンテナショップで売られているのを見て、
「これは便利!」と買おうとしたら、
ちっこいサイズのくせに¥600もしたので、
東急ハンズで空容器を買ってきて自分で詰めた。
冷蔵庫から取り出して中身を出すまで、
ほぼワンアクションで済むところが好感度大。
ただ、冷蔵庫に入れた後も発酵は進むらしく、
容器いっぱいに詰めていたら爆発(?)して、中身が何度か溢れてしまった。
入れる量はせいぜい8分目にして、使用後はフタ周りの空気を抜くのがコツらしい。

d0224762_14215880.jpg

塩麹入りおから(レシピはおのみささん)
「おからに塩麹を混ぜ冷蔵庫で数日寝かせると、チーズのような味わいに」
と書かれているのを読んで、いても立ってもいられなくなり(笑)
スーパーにおからを買いに走った。

d0224762_14221280.jpg

まあ、うまいっちゃうまいけど、おからって飽きるよね・・・・・・

d0224762_14222073.jpg

というわけで、最後は小麦粉を足してお好み焼きを作り、
何とか食べ切った(必殺★余った時のお好み焼き)

d0224762_14223436.jpg

LEEの料理頁で見たんだったか、薄切りきゅうりを塩麹であえて、
冷や奴にたっぷり載せるレシピ。
なかなかおいしゅうございました。

d0224762_14224839.jpg

アボカドの新玉ねぎの塩麹和えのっけ(みるまゆさん)。
あらかじめ新玉ねぎを塩麹と酢で和えておいて、
しんなりしたところをアボカドに乗せる。
新玉ねぎのシャクシャク感が、
ねっとりしたアボガドとよく合う(って今じゃもう冬ですが)

d0224762_14235178.jpg

塩麹であえたしいたけを春菊と一緒にソテーして、パスタに乗っけたもの。
何かの料理本で見たのだが、
しいたけをソテーして塩麹で味つけするのではなく、
あらかじめあえておいてからソテーすると、
うまみがギュッと凝縮されてステーキみたいな味わいになるんだとか。
最近ステーキを食べてないのでよくわかんないけど(笑)
これはこれでうまい。

d0224762_14312310.jpg

なんちゃって金山寺味噌。
子どもの頃、ふだんは大して料理しなさそうな親戚の叔母さんが、
正月だけ金山寺味噌を大量に仕込み、皆にふるまっていた。
もろきゅうの味噌よりもっとクセがあって、
ダメな人は全然ダメだと思うが、自分はなぜか大好物で、
お正月にこれを食べるのが毎年楽しみだった。
ネットで見るとそれ専用の麹があり、
ナスだのかぼちゃだの入れるのがお約束らしいが、
今回はにんじん・れんこん・ごぼうで作ってみた。
テケトーに作ったのでそれほど強烈なクセは出ず。物足らん。

d0224762_14243438.jpg

厚揚げの塩麹にんにくダレ焼き。
どなたのレシピか失念してしまったが、
オリジナルでは「すりおろしにんにく+塩」のタレを
油揚げに塗ってこんがり焼き、
たしか黒コショウをたっぷり挽いていたような記憶が。
要するに、にんにく塩味のきつね焼きなのだが、
すごーく簡単に作れる割にかなーりおいしい。
今回は油揚げを厚揚げに、塩を塩麹に変更。
カリッとしたのが好きなら油揚げ、食べごたえなら厚揚げ、といったところか。

*****************

d0224762_14244853.jpg

晩ご飯はほうとう~♪ 
食後のデザートは桔梗信玄餅~♪♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「・・・平目板? アテクシの上半身のこと??」と思ったら、ヒラメイターッ!(笑)
おおきに~❤(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-11-27 14:34 | 食べもの | Comments(16)

白米レシピその3

まだまだ白米が残っているので、
前回に引き続き、野菜丸ごと飛び込みご飯を作った。

まずはmasakoさん推奨、里芋で。

d0224762_14561569.jpg

甘みを出すため、チョキチョキ切った切干大根も投入。
塩麹で薄めに味つけし、食べる時に柚子胡椒を添えた。

d0224762_14562580.jpg

当日の晩ご飯。
おかずは紫芋とコーンと玉ねぎのポタージュスープ、筑前煮、
ブロッコリーのたらこあえ、セロリときゅうりの山椒醤油漬け。

里芋ご飯、予想以上にうまし!
ご飯を炊くついでにラップに包んだサツマイモを乗っけておくと、
びっくりするほど甘くておいしいふかし芋が出来るが、
あれと原理は同じとみた。
皮をむくのが面倒だけど、むいただけの甲斐はあったというものだ。

続いて、にんじんにトライ。

d0224762_14563876.jpg

以前、藤井恵さんのレシピですりおろしにんじんと梅肉の混ぜご飯を作ったので、
自家製梅干し(&梅酢で作った紅ショウガの残り)を入れてみた。
・・・・・・が。
これは今ひとつ(いやふたつかも)だった。
にんじんに火は通っているものの、
炊飯時間25分では甘みが出るところまでいかなかったのが敗因と思われる。
小ぶりのにんじんを使うか、
油揚げでも入れればよかったかなぁ(それよりにんじん刻めって)
むしろ加熱時間の長い玄米の方が、おいしくできるかもしれない。

今のところ丸投げにお勧めなのは、
とうもろこし、玉ねぎ、トマト、里芋あたり(ごぼうはささがきにした方がおいしいらしい)
どなたか、「これはうまかった」という丸投げ食材があったら教えてください。

***************

今年もお魚教室でフグをさばいた。

d0224762_1457503.jpg

教室では、肝と内臓を取り除いた身欠きフグが1人1尾配られる。
内容は身と頭、くちばし、カエル骨、ヒレ、皮4枚。
今回は皮だけお持ち帰りで煮こごりにした以外は、
その場で唐揚げ、てっさ、雑炊を作って完食した(月賦~♪)

フグの身は、丸みがあってかなりの筋肉質。
魚というより動物をさばいている感じだが(ネズミとか。さばいたことないけど)、
それだけに加熱するとプリップリでうまい。
特に唐揚げが大層美味であった。
どうか来年も食べられますように(なむなむ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
拍手1つとってもキャラが出るねー(爆笑)。しかしえらい早い時間に風呂入っとるな!
言われてみれば、割とコンパクトな造りですよね。私は平目体型なので大丈夫でした(喜ぶべきなのか)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-10-31 15:05 | 食べもの | Comments(8)

白米レシピ2

今年も読●新聞購読のお礼に白米をもらったので、
せっせと炊き込みご飯を作った。

d0224762_144225100.jpg

とうもろこしの塩ごはん(みるまゆさん)。
とうもろこし1本丸ごと放り込んで炊くだけの簡単レシピ。
聞くところによると芯からいいダシが出るそうで、
試しに作ってみたら、とうもろこしの甘みと適度な塩気が絶妙だった。

d0224762_14445414.jpg

当日の晩ご飯。
右は南蛮漬けもどき by らっきょう漬け汁再利用。
今回はかじきをムニエルにして漬けてみた。
左は切り干し大根とワカメの白あえ。
そして真ん中は、黒い動物の大好物❤「(刺身抜きの)刺身のつま」(笑)
ランチにお刺身定食を食べたら、つまがパサパサで不完全燃焼だったので、
サラダッコでせっせとスライスした。
やっぱり刺身のつまはうまいな~♪(&安上がりだな~)

d0224762_14452253.jpg

そらまめご飯。
そらまめって食べるところより捨てるところの方が多いよね・・・・・・

d0224762_14453595.jpg

タコめし。
タコは最初から入れたけど、炊き上がりに入れてもよかった気が。

d0224762_14455798.jpg

ショウガご飯。
たっぷりの新ショウガを塩味で。

d0224762_14462949.jpg

ショウガご飯にカツオのたたきをのせ、さらにショウガをのっけた、
ショウガこれでもか丼。

d0224762_14471181.jpg

丸ごとトマトの炊き込みピラフ(izumiさん)。
とうもろこしの塩ごはんや新玉丸ごと炊き込みピラフなど、
野菜を丸ごとドカンと入れる炊き込みごはんは、
ウルトラ簡単だけどおいしくて、
メンドクサガリーノには重宝なレシピである。
今回はトマトを投入。
ちょっと水分多めでリゾットみたいになったけど、これはこれでうまし。

d0224762_14481470.jpg

ブロッコリーの丸ごとジンジャーピラフ(izumiさん)。
こちらはブロッコリーを投入。でかッ!
ほかにもカリフラワーとかにんじんとか、いろいろできそうだけど、
だんだんエスカレートしそうで怖い(笑)

**********************

ちょっと前にお魚教室でアジ7尾、イカ1杯、サザエ1個をさばいたので、
再びいろいろお料理。

d0224762_14512283.jpg

お刺身となめろう、アジのトマト煮、塩ゆでサザエ、
じゃがいもとイカゲソとワタのホイル焼き。
とろとろのワタがじゃがいもにからんで、おいしゅうございました♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
同じソーイングでも、ニットは布帛とはまた違う楽しさがありますね♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-09-26 14:58 | 食べもの | Comments(22)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie