Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:いろいろ( 22 )

続・嗚呼昭和

d0224762_16113546.jpg

昨年実家の昭和ローム層を発掘したのだが、
その時探しても見つからなかったブツが、ひょっこり出土した。

d0224762_16132772.jpg

たしか中学生の時に作ったランチョンマット。
刺繍部分は左から
「くまのパディントン」「だるまちゃんとかみなりちゃん」「ちいさいモモちゃん」
のイラストを写したもの。
記憶の中では精巧な刺繍を施したつもりでいたが(笑)
こうして実物を見たら、中学生なりの出来ばえだった。

d0224762_16142916.jpg

だるまちゃんはボディを刺繍で埋めてあるのに、
パディントンは輪郭だけ、というところが、
おのれの力量(とやる気)の限界を感じさせる。
とはいえ、今の自分にはないマメさは意外でもあった。
・・・・・・嗚呼、一体どこで人格が入れ替わ(以下略)

ランチョンマットは完成後使うことなくしまわれたきりで、
イラストを写した際のチャコがそのまま残り(そもそもどうやって写したんだか?)
布のあちこちにシミや汚れが浮き出ていたので、一度洗って漂白した。
表地は四角い布を4枚はぎ合わせてあり、
大きな四角い布1枚に刺繍すればいいものを、
なんでわざわざ4枚にしたのか意味不明。

d0224762_1615195.jpg

裏地はケイト・グリーナウェイのイラスト入り。
自分で選んだはずだが、いつどこで買ったのかまったく記憶がない。

マットは表地と裏地の間にキルト芯をはさんでステッチがかけてある。
返し縫いしてあるところを見ると、ミシンをかけたのは母親だっけ?

というわけで、自分で刺繍をしたことだけは覚えているが、
それ以外はほとんど記憶がない一品であった(大丈夫か自分)

******************

<春の衝動買い>

d0224762_16153546.jpg

ブリキにペイントしたと思われる、昭和の古いちりとり。
キレイなブルーとコンパクトなサイズが気に入って購入。
以前買ったハンドメイドのミニほうきと一緒に職場に置いて、
机まわりの掃除に使っている。
ちなみに、ほうきは何かの草(何だっけ?)を束ねたもので、
見た目は気に入っているのだが、掃くたびに細かい枝が散って、
掃除してるんだか新たなゴミを生んでるんだか、よくわからないのだった(笑)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
確かに手仕事率高し、かもです。「やっつけ手仕事」ですが(泣笑)。
例えて言うなら「軽装で山に入った無謀な登山者」。お陰様で無事下山できました~。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-04-03 16:23 | いろいろ | Comments(9)

お陰さまで2周年

<業務連絡>
mpl本「手の女」のパターンでシャツを作ろう!という楽しい企画が、
「ピノとソーイング」のakiさんの発案で立ち上がりました。
興味のある方は、「『手の女』シャツ展(仮題)準備室!」をぜひご覧ください。
不肖黒やぎも参加します♪(照)

*********************

先月から「制服」ことカシュクールワンピースを絶賛制作中。
懸命に作ってはいるのだが、いまだ完成せず(しくしく)
もうすぐブログ開設2周年なので、
うさをとうさこのゴージャスな新作お衣装でも作ったるか!と思っていたが、
自分の衣装を作るのに手一杯でそれどころではなく(涙)
というわけで、急遽こんなん↓を作った次第。

d0224762_1473424.jpg

ひなまつり用の三色ひし餅かまぼこバージョンを色別にスライスし、
クッキーの抜き型でせっせと抜いて並べてみた。
・・・・・・ヒマなのか自分!?

何はともあれ、いつも遊びに来てくださる皆様、どうもありがとうございます♪ 

d0224762_1475176.jpg

サンキュー!(ベタですんません・・・・・・)

これからも拙ブログをよろしくお願い致します(ぺこり)

**********************

おでんを作った残りで乾麵!飛び込み隊。
何度も煮返した結果、おでんというよりお煮しめになってしまったので、
おつゆを足して無理矢理飛び込んだ。

d0224762_1482852.jpg

人生初のちくわぶは、1本はちくわぶストローに挑戦。
yukarixさん曰く「ちくわ半分ナナメきりが器と顔の角度にぴったり」とのことだが、
私が買ったちくわぶは「1本もの(©yukarixさん)」を真横にカットしてあり、
器と顔の角度に合わないせいか、非常にチューしにくかった。
で、もう1本には乾麵を投入。
ちくわ(の穴)を見ると、キュウリやチーズを詰めたくなる性分(?)なので。

d0224762_14244622.jpg

炭水化物 on(in?) 炭水化物で、味は微妙~でした(ヒマなのか!?)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
私も緑茶は上手に淹れられなくて熱湯ジャーッの紅茶専門ですが、お祖父様お祖母様とは急須談義で盛り上がりそうです(笑)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-03-06 14:27 | いろいろ | Comments(22)

衝動買い2013冬

先日、すご~く久しぶりにショッピングに繰り出したので(除く鹿児島)
戦利品の数々を時系列で(笑)ご紹介します。

d0224762_11594371.jpg

竹の洗濯バサミ。
アルミやステンレス、木の洗濯バサミは見かけるが、竹製は珍しくてつい購入。
機能性は金属に劣るが、まあこんなもんじゃないかと。
商品説明には「耐荷重目安:ハンカチ1枚程度」とある。少なっ!


d0224762_120144.jpgd0224762_1201231.jpg



















昔懐かし、エキプモンのシルクブラウス。
色鮮やかなエキプモンのシルクブラウスが流行ったのはいつ頃だったか。
もはや消えたブランドと思っていたが、
本国フランスではしぶとく(?)生き残っていたらしく、日本にも再上陸。
円が強くなったのか、昔より若干お安くなったような気がするが、
そこは腐ってもシルク、それなりのお値段だった(清水ぷちジャ~ンプ♪)

d0224762_1203864.jpg

一見水玉、実は水滴柄なところや、くっきり鮮やかな水色がお気に入り。
パターン的には自分でも作れなくはない・・・ような気がしないでもないが(どっちなんだ)
こういうとろとろシルクがどんだけ縫いにくいか経験済みなだけに、
丁寧な縫製や細かいところまで小技が効いてる点には感心する。

d0224762_1281090.jpg

旧ソ連時代に使われていたという、サモワール用のお盆。
さんざん使い込まれてキズだらけ、ところどころ緑青が吹いているほどだが、
銀色と金色の中間のような微妙な色合いと、
何より鍵穴みたいな独特の形がツボだった。

d0224762_1213051.jpg

立てて置くとまさに鍵穴。
んで、水平に置くと何かに似てるような・・・・・・えーと、何だっけ何だっけ?(悶々)


d0224762_1215318.jpgd0224762_122991.jpg



















そうだ、仁徳天皇陵の前方後円墳だー!(ハ~すっきり♪)

d0224762_1224090.jpg

さかいあつしさんの茶匙。
茶匙はすでに複数持っているし、
そもそも普段は計量スプーンを使っているので、今さらいらないのだが、
真ん中がカクッと折れてセミを思わせる形状が気に入り、買ってしまった。
んで、完全に気のせいだと思うが、これで茶葉をすくってお茶を淹れると、
何だかめちゃくちゃおいしい気がするのだった(ズバリ気のせいです)

****************

d0224762_123415.jpg

この冬のバーゲン唯一の戦利品、リベコのリネンワイドパンツ。
パジャマ用のズボンがくたびれてヨレヨレになってきたので、
ちょっと贅沢だけど新調~♪と購入したのだが、
何だかもったいなさすぎて、いまだにヨレヨレのズボンを履いている、
ボンビー症の私であった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
お茶の生産量が3番目とは知りませんでした。おいしい紅茶もありそうですね♪(うずうず)
えーーー恵方巻きも!? ラ・セーヌは看板だけだから、びっくらたまげた!
すみません、どのブラウスのことでしょうか??? でもお役に立てたなら嬉しいです♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-02-20 12:15 | いろいろ | Comments(18)

嗚呼昭和

d0224762_12173467.jpg

昨年、ノラさんが「赤毛のアンの手作り絵本&お料理ノート」を紹介されていた。
私は「不思議な国のアリス」のお料理本を持っていたのだが、
実家に横たわる「昭和ローム層」を発掘したところ(笑)、出てきました!

d0224762_12262081.jpg

モノトーンの地味~な本ながら、本文には薄いグレーの用紙が使われ、
「ずいぶん制作費かけてるなぁ」という印象。
今見るとそうでもないが、
「クリームオブターター(酒石酸)」だの「スエット(牛の腎臓や腰の脂肪)」だの、
当時は「???」な食材を使ったレシピも多く、
この本から実際に何かを作った記憶はない。
そもそも特に原作ファンというわけでもないのに、
なんで買ったんだろう(知らんがな)

d0224762_12183074.jpg

ついでに、ケイト・グリーナウェイの本も出土。
確か、「マザーグースに挿絵をつけた本」ということで買ったのが最初だったような。
マザーグース3巻本はいずれも後半がちょっとした読み物頁になっていて、
これがヲトメの妄想をかきたてる面白い内容だった。

d0224762_12184717.jpg

なかでも「マザーグースをモチーフにした海外ミステリー」の特集は、
アガサ・クリスティやヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなど、
いわゆる古典とよばれる海外本格ミステリにハマるきっかけになった。
お陰で、「パタリロ!」にクック・ロビン音頭が登場した時も、
元ネタがすぐにわかったぐらいである(笑)
追記: 歩く昭和史ことmasakoさんによれば、元ネタは「ポーの一族」だとか。
     ・・・・・・メモしといた方がいいかちら?(笑)


d0224762_12192638.jpg

どさくさ紛れで珍品も。
高校時代、家庭科の宿題で提出した工作(←家庭科?)
材料は、ジャパンタイムズ社が中高生向けに出していた(今でも刊行されてる模様)
「Student Times」という英字新聞の表紙イラスト。
お名前は憶えていないのだが、すべて同じイラストレーターが描かれたものだと思う。
あれは工作の本だったか、「新聞や広告などのイラストにニスを塗ると、
独特の味わいが出る」という記事を読み、
気に入って表紙だけ取ってあったイラストにニスを塗り、
チョキチョキ切り抜いて、色画用紙に貼りつけてある。
これを見ると、当時からすでにトリ好きだったことがわかる(笑)

d0224762_12195540.jpg

珍品その2。
中学の手芸クラブ(!)で作った、パッチワークの巾着。
キットだったのか自分で裁断したのかまったく記憶がないが、
四角いパーツをちくちく手縫いで縫い合わせ、
防水布みたいな裏地をつけてキルトミシンをかけてある。
パーツを縫い合わせたのは覚えているが、
ミシンをかけたのは自分だったか母親だったか(はて?)
いずれにしても、我ながらずいぶんマメなことやってたんだな~。
このままいってりゃハンドメイドの腕もそこそこ上達しただろうに、
一体どこで人格が入れ替わったのか。

d0224762_12202011.jpg

確かこの頃、クロスステッチのクッションカバーのキットに手を出して、
途中まで熱心に刺したものの、
「ばってんは決まった順序で刺すべし」というルールがあることを知り
(右上だったり左上だったり、デタラメに刺していた)
にわかにやる気が失せて放置プレイ。
以来、ハンドメイドとはとんとご縁のない人生を送り、
長い長い眠りからようやく目覚めたのは、
21世紀も最初の10年が過ぎた頃であった(まわる~まわる~よ時代はまわる~♪)

・・・・・・って、何の話してたんだっけ(おい)

そのほか、今回の発掘で最終的に残した(=思い入れがある)本。

d0224762_1221981.jpg

 ・「大草原の小さな家」などインガルス一家の物語シリーズ
 ・「くまのパディントン」シリーズ
 ・ジュール・ベルヌの「海底二万海里」と「神秘の島」

Book offやヤフオクのお陰で最近は本も気軽に処分できるようになったが、
これらの本はとりあえず墓場まで持っていく予定(入らんから)

************
<業務連絡 ノラさん>
アラジンのストーブはすでに処分されてました・・・・・・


拍手やコメント、いつもありがとうございます。
あ、ここにもA.F.O.のファンが!(笑) 世界進出めざしてがんばります♪
確かに冬は全体的に地味~になりがちですよね。冬に作って正解だったかも、です。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-29 12:32 | いろいろ | Comments(42)
毛皮職人ことノラさんから素敵なお年玉をいただいてしまいました。

d0224762_18233312.jpg

先日のこと、「黒猫の遣いがそちらに参ります」というお知らせをいただき、
「???」となりつつ、文面から「ヘアターバンか何か下さるのかな?」と思っていたら、
開けてびっくり、中にはあの開運襟巻きが!

d0224762_18235789.jpg

表はプレゼント企画で希望に挙げたオリラグ、
裏はサイケな印象のリバティ(何ていう柄なのかちら?)
ラブリーでいて大人っぽくて、ノラさんらしいセンスに溢れた襟巻きに、
嬉しくてぴょんぴょん飛び跳ねてしまった(子どもか)
早速巻いてみると、毛皮がスリスリ気持ちいいだけでなく、
masakoさんがコメントされていたように、
これ1枚でおされさんに見える! しかも似合う!!(笑)

d0224762_18244518.jpg

さらに、焼き菓子とロデム氏お手製のフックもいただいちゃいました。
フックは今回新たに作ってくださったそうで、
針金の質感といい全体の完成度といい、まるで既製品のよう。
ノラさんもノラさんなら、ロデム氏もロデム氏だわ、
二人揃ってプロフェッショナルじゃん・・・・・・恐ろしい夫婦!(←誉めてます)

d0224762_1541956.jpg

本邦初公開、着画。
嘘です、すいません。
うちのカバ子も「気持ちええずら~おされずら~~~❤」と申しております。

クジに外れた私にまで素敵な贈り物をくださったノラさん、
本当にありがとうございました!
愛とやさしさとセンスの詰まった襟巻きが、私にも福を運んできてくれました。
大切に使わせていただきます。

***************

今年の初雪(つかドカ雪・・・汗)

d0224762_18254263.jpg

夕方、食料の買出しに行こうとしたら、ドアが開かなーい!
降り積もった雪を押しのけるべくドアに体当たりして(笑)
何とか外に出てみたら、雪で埋もれて階段がなくなっとるー!

明日の朝、外に出られるかしらん・・・・・・(戦々恐々)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
北欧のマダム・・・オーホッホッホ!(←すぐ調子にのる女)
ラ・セーヌの星はボタンホールが大変苦手です。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-14 18:40 | いろいろ | Comments(10)

謹賀新年2013

新年あけましておめでとうございます。

d0224762_10234857.jpg

日付が変わった直後、あちこちのサイト様が次々と更新されるのを見てびつくり。
今朝、慌てて写真を撮りました(←何も考えてなかったらしい)

相変わらずのマイペース(トロいともいう)ですが、
本年もよろしくお願い申し上げます(三つ指)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
上半身は平目体型なので、何でも来い!です(←いばれない)。昨年はいつも暖かいコメントを添えてくださり、ありがとうございました。今年もどうぞよろしくお願いします。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-01-01 10:28 | いろいろ | Comments(14)

取り急ぎ

d0224762_2119158.jpg

無事帰国しました。
ヨレヨレですが元気です。
ドタバタな日々についてはまたいずれ。

d0224762_21191458.jpg

納豆サイコー!(笑)
[PR]
by kuroyagie | 2012-10-18 21:20 | いろいろ | Comments(18)

ナチュラル服の罠

何年か前、ナチュリラやリンネルが創刊された時、
「いい年した(?)大人でも、カジュアルな格好していいんだ!」と、
ずいぶん嬉しかった記憶がある。
その後しばらくしてソーイングを始めたので、作る服もいわゆる「ナチュラル系」、
体のラインを拾わずウエストを隠してくれるチュニックやワンピースが多い。
上半身は平目だけど、腹はキューピーという体型なので、
昨今の流行は非常にありがたいのだが、
同好の士の中には「電車で席を譲られた」という方もいるようで、
私も注意せねば(電車の中では腹を引っ込めて立つ、とか)と思っていた。

先日、とあるお店で買い物した時のこと。
レジへ向かいながら、接客してくれた感じのいい店員さんが満面の笑みで私に言った。

「おめでたですか~?」


d0224762_125355100.jpgd0224762_12541016.jpg

















ギャーーーッス、ついに言われてもうたーーーー!!!(号泣)

ちなみに当日着ていたのは、私にとって記念すべきソーイング第1号である、
カシュクールワンピース(着後なのでヨレヨレです)
パターンも布もまんまソーイングナチュリラ vol.1から。

・・・・・・これは服のせいなのか腹のせいなのか(たぶん両方)

**************
<おまけ: 春のプチ戦利品>

d0224762_12543828.jpg

大江戸骨董市@国際フォーラムで購入した、洗濯ピンチ。
デッドストックと思われるが、さびれた金物屋さんとかで、
今でも埃をかぶりつつひっそり売られてそう。
いかにも「昭和!」なパッケージと、
ちっこいおぢさんが座っているような形が気に入った(横から見るとガニ股だし)

d0224762_12545464.jpg

はたらくおぢさん(という教育番組が昔々ありましたとさ・・・)の図。
ちなみに、パッケージには
「竿にかけたハンガーや物干器具が、どんな強風にも絶対に片よらず落ちません」
と自信満々な謳い文句が書かれている。
「絶対」と言われると「本当だなー!」と突っ込みたくなるお年頃なので、
今後のおぢさんの働きぶりにせいぜい注目したい。がんばれおぢさん!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「お洋服買ったった」に爆笑。そうそう、たまには爆発しないと!
ひまわりのブローチ、私も「いいなーいいなー素敵♪」と眺めてました。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-04-18 13:04 | いろいろ | Comments(8)

ミシン女子会

ロックミシンを買いました。

d0224762_137287.jpg

ウソです(今日は4月4日~)
ブログでいつも仲良くしていただいている、
ひつじさんのロックミシンで縫いました。

先日のこと、ひつじさんのお宅にkaori0731さんとお邪魔した。
実はとってもシャイなので(え)、お会いするまではめちゃめちゃ緊張していたが、
初めて伺った人様のお家で、気がつけばすっかりくつろいでいる自分がいた(おい)
うさぎのぽよちゃんを抱っこさせてもらい(ぎこちない抱っこに耐えてくれてありがとう!)
いいまつがいの若き帝王、こぐま君にも会うことができた(心の中で羽交い締めハグ♪)

「ミシン自由に使ってくださいね~」と声をかけていただき、
職業用ミシン(=JUKI様)とロックミシンを初体験。
いや~~~、プロ仕様ってすばらしい。
縫い代にロックミシンをかけさせてもらおうと、
パンツ用の布を裁断して持って行ったものの、
何せ初めてだし、モタモタして全部は縫い切れまいと思っていたのだが、
動作がとてもスムーズで、おしゃべりしながらスイスイ縫えて、
めでたく前後左右4パーツ、縫い代の始末ができちゃった♪
うちの山崎号が全力投球でかけるジグザグミシンとは、えらい違いだ。
これで縫い合わせも兼ねてニットを縫ったら、
一体どんだけ早く出来上がるのか・・・・・・恐ろしい子!(誰)

d0224762_1374981.jpg

ひつじさんとkaori0731さんからいただいたもの。
お二人とも作家さんとして活躍されている腕前の方なので、
仕上がりの美しさは言うまでもなく。
それにしても、なんでこんなにキレイに縫えるのか。ハァ・・・(感嘆)

d0224762_138513.jpg

ひつじさん作のポーチの布は、うさぎプリントを改めて染めたもの。
正面顔と斜め顔と、一番いい表情が楽しめるところで布を裁断してある。
kaori0731さん作のバッグは、リバティとリネンのリバーシブル。
リバティはkaori0731さんのハンカチタオルがきっかけでお気に入りになったエロイーズ、
リネンは大好物(笑)のピンク色。
2つともまだ使うのがもったいなくて、テーブルの上に並べてあるのだが、
眺めるたびにニマニマしてしまう。グフフフフ。

ここのところずっとバタバタしていて、落ち着かない毎日を送っていたが、
この日だけはのんびりまったり縫い物談義。楽しかったなぁ。
お招きくださったひつじさん、ご一緒いただいたkaori0731さん、
どうもありがとうございました~~~!

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
言われてみれば、山頂に雪は積もっても、草は生えないはず(汗)。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-04-04 13:21 | いろいろ | Comments(13)

富士山せんべい

d0224762_1212090.jpg

富士山せんべいの春バージョンを発見。

d0224762_12125620.jpg

春富士は緑の抹茶味。
夏バージョンや秋バージョンもあるのかな、と思っていたら、
後日別のお店で、四季の富士山せんべいの詰め合わせパックを発見。
季節が巡ってきたら、また改めて買おうっと(すぐ巡ってきそう・・・)。

*************

図書館の新刊コーナーで目にとまり、思わず借りてしまった1冊。

d0224762_12131416.jpg

ヤギといえば、父方の祖父は戦後すぐの食糧難の時代、
近所の農家からヤギのお乳を分けてもらっては、
自分だけ飲んでいたそうだ(それってどうよ)。
「だからお祖父さんは、歯が丈夫だった」と、
祖父の葬儀の日、子どもたち(おじさん&おばさん)が口々に話していた。
なるほど、火葬場で対面した祖父のお骨は、
80歳を過ぎていたにもかかわらず、上下左右見事なまでに歯がそろい、
そのまま標本にできそうなぐらいだった。

件の本に「ヤギのミルクはおいしくて体に優しいスグレモノ」と書かれていたが、
ヤギのお乳は歯にもいいんだな~(ってそういう話じゃないから)。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「布を使い切る」「食べものを食べ切る」ことにやたら達成感を覚える性質らしいです(笑)。
私の中でこの時食べたものは、既に「なかったこと」になってます(笑)。
ワイヤー細工は関昌生さんという作家さんのものです。ファンなのです♪
スズメって餌付けできるんですか!? 家にちょっと立ち寄ってくれたら楽しいですね~
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-03-28 12:19 | いろいろ | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie