Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:ソーイング(その他)( 14 )

天然生活

先日、オカダヤで布を見ようと新宿に行ったら、
あちこちのお店で早くもバーゲンが始まっていた。

・・・・・・これから布を探して夏服を作ろうとしている私にどうしろと!?

気を取り直し、そういや服のバーゲンはあっても生地のバーゲンってないよね、
まああったらついいろいろ買っちゃって大変だからいいけどさー、
などと思いながらオカダヤに行くと、折しもバーゲンの真っ最中だった。

ギャー、やめてーーー!

どうなることかと思ったが、大量の生地を見ていたら
何かもうどうでもよくなってしまい、結局何も買わずに店を出た。
これって勝ったのか負けたのか(勝負じゃないし)。
その後、C&Sで定価で布を買いました。ちゃんちゃん。
でも週末からリバティのセールがあるらしい・・・・・・うーんうーんうー(以下略)

ちょっと前のものですが、朝ごはん食べながら大いにウケた、朝刊の一面広告。

d0224762_1115458.jpg

天然生活のその先には、ねんきん生活が待っている。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-06-27 11:20 | ソーイング(その他) | Comments(0)

amazonからの手紙

amazonからお手紙(メール)が来た。

  「黒やぎ様
  手芸の本のカテゴリで何かお探しですか?
  次のような商品はいかがでしょうか」

お勧めされたのはC&Sのシリーズやロブルージュ、香田あおいさんの本などなど。
過去に内容をチェックしたものもあれば、していないものもあるが、
共通しているのは、いかにも私が好みそうな本ばかりということだ。
ちなみに、amazonでソーイング本を購入したことは一度もない。

……なぜ知っているamazon。
もしや、あんな趣味こんな趣味もバレバレとか!?
あぅーーーー
d0224762_15404879.jpg


話は変わるが、私はフィギュアスケートと体操のファンである。
今年は東京で両方の世界選手権が開催されるという、
盆と正月がいっぺんに来たような1年になるはずだった。
残念ながらスケートはモスクワで代替開催され、
10月に予定されている体操も開催が危ぶまれていた。
どうなることかと気をもんでいたが、5月下旬になってようやく正式開催が決定、
先日チケットも無事購入できた。

スケートほどではないが、体操のチケットも結構なお値段である。
両方開催されていたら、チケット代だけでエライことになっていただろう。
お財布的にはよかったと言えなくもないが、
ファンとしてはビンボーになってもいい、両方見たかった……というのが正直な気もち。

人気という点ではスケートにすっかり水をあけられた感のある体操だが、
男子は団体・個人いずれも表彰台(の真ん中)が十分狙えるし、
女子も上位に食い込むチャンスありと、実力的には大いに期待できる。
一抹の不安材料はテレビ放送がスケートと同じ某局なこと。
まさか実況は同じアナじゃないよね、どうか違いますように!
と、神様仏様に祈る日々である。

というわけで、うっかり(?)これを読んでしまった皆様、
10月の世界体操@東京をどうぞよろしくお願い致します♪(よろしくされても)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-06-17 15:48 | ソーイング(その他) | Comments(4)

お直し

今日も暑くなりそうだ。
そんな日に暑苦しい話題もどうかと思うが、ウールのコートのお直しについて。

d0224762_10273275.jpg

このコートは10年以上前、今はもう日本から撤退してしまった
アルマン・ヴァンティロのお店で購入した。
結構なお値段だっただけあって、毎冬ガンガン着ても毛玉1つできず、
表地はいまだにきれいなまま。
しかしさすがに裏地は袖口や裾にほころびが出てきたため、
思い切って総張り替えすることにした。

フード部分にチラッと見えるのが元々の裏地で、コート本体が新しい裏地。
裏地はオカダヤで購入したものを持ち込んだが、
実際に仕上がってみるとコート生地となじんでいたのでホッとした。
驚いたのは、ブランドタグと洗濯表示タグもちゃんと付け直してあったこと。
いや~、芸が細かいなー。

d0224762_10275077.jpg

このコートは比翼仕立てで、前立ての内側にも裏地が張られ、
その上からボタンホールがかがってある。
なので、張り替えにあたってはいったんボタンホールの糸をすべてほどき、
裏地を張り直したうえで、改めてボタンホールをかがらなければならない。
ソーイングを始めて以来、しょっちゅう間違えるお陰で、
縫い目をほどくのだけは上達した私だが(それもどうかと)、
ボタンホールの縫い目を1つ1つほどくなんて、考えただけで気が遠くなる。
それが仕事とはいえ、職人さんの根気と技術には感心するばかりだ。

そんな七面倒くさい作業も込みなので、
お直し代はコートが1着買えるかも、というくらいかかってしまったが、
見違えるほどきれいになって戻ってきたので大満足。
これであと10年は着られそうだ。つか着てやる。
はるか極東の地で自社製品をしぶとく着倒す人間がいると知ったら、
おフランスのヴァンティロ氏もきっと喜んでくれるだろう(ないない)。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-09 10:32 | ソーイング(その他) | Comments(7)

さらしの謎

もう何年も前にユザワヤで買ったさらし。
ほとんどがフキンになったが、
長さが10メートルもあるので、作っても作ってもまだ残っている。

d0224762_1604958.jpg

買った時から気になっているのが、ビニール袋に印刷されている宣伝文句。

d0224762_15555297.jpg

肌さわりのよい衛生的「の」


・・・・・・「の」って何! 
それを言うなら、衛生的「な」だろう!
と、袋を見るたび突っ込まずにはいられない。

ネットで見ると、今でも売られているようである。
もちろん「の」のままで。
何か深い理由があるのだろうか。
・・・・・・案外、ただの誤植だったりして(ぼそっ)。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-12 16:02 | ソーイング(その他) | Comments(0)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie