Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:ソーイング(その他)( 14 )

いただきもの

いつも元気でパワフル、やさしくて時々天然なjunkoさんから、
愛のハンドメイド詰め合わせ便が届きました。

d0224762_1337574.jpg

いろいろ作っているのはブログやインスタで知っていたけど、
「フリマ用かな?」と思っていたので、まさか自分がもらえるとは(嬉)
希望を聞かれて「ペンケースかぺたんこポーチが保水~」と伝えたら、
両方入っていたうえに、なべつかみやコースターなど可愛い小物がてんこ盛り♪
しかし本当にキレイに縫ってあるなぁ・・・・・・(ジィイイイ←凝視)

d0224762_1334112.jpg

特に感心したのはペンケース。
コンパクトサイズにもかかわらず、ちゃんとマチがついている! 芸細かっ!!
ちょうどこんなサイズのペンケースが欲しかったので、早速愛用している。

・・・・・・で、その後お仕事で行く機会があったので、
お礼参り(違)も兼ねて、junkoさんとつかの間の逢瀬を楽しんできた。

d0224762_1334477.jpg

時間がなくてドタバタだったけど、あんな話こんな話に大笑いして気分は爽快。
反動で帰りの飛行機ではほとんど気を失っていた(笑)
junkoさん、いろいろありがとう~~~❤

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
「。」
逝ってこい・・・片道オンリーということは、お袖は一体どうなるんでしょーか。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2015-05-25 13:39 | ソーイング(その他) | Comments(4)

お仕立て

シンガポール旅行の際にオーダーしたパンツがようやく完成した。

d0224762_12501018.jpg

旅行前、現地在住の友人に「そちらにも仕立て屋さんってあるの?」と聞いたら、
知り合いのお針子さんが内職でオーダーを受けていて、
友人もサンドレスなど何着かお願いしたという。
ちょうど長年履き続け、ヨレヨレになってきたお気に入りのパンツがあったので、
2着分の布とファスナーとボタンを日本から持参し、
同じサイズ・デザインで作ってもらうことにしたのだった。

d0224762_12504939.jpg

布はリネンやの「リネン&コットン silky」ゴールデンイエローとネイビー。
このパンツは脇の切り替えあり、ダーツの入ったフラップ付きポケットありと
なかなか凝ったデザインなのだが、
お針子さんが提示した仕立て代は一瞬耳を疑うほどお安く、速攻で商談成立(笑)
実際には後から泣きが入り、若干追加料金を払ったが、
それでも布代よりはるかに安く済んだ。

で、3月にはいったん完成したのだが、
見本に渡したパンツよりウエストが細く仕立てられており、
試着したら腹がつかえてボタンが留められない(涙目)
その後、友人やそのまた友人の手を煩わせながら、
日本~シンガポール間でブツをやり取りし、
7月になってようやく修正品が手元に届いたのだった。

d0224762_12512522.jpg

もともと「結構粗いところもあるよ」と友人から聞いていたので、
ベルト布のコバステッチが時々ズッコケてるのは想定内。

d0224762_12515959.jpg

ベルトとフラップの接着芯が浮いているのも、「ま、仕方ないね」。

d0224762_12521196.jpg

また、布とボタンの組み合わせ、裾の処理などについては、
オーダーする際に口頭で細かく説明し、紙にも書いて渡したのだが、
ことごとくスルーされ、大変マイウェイに作ってあった(苦笑)
ボタンに至っては、紺地には指定と逆のものがつけてあるし、
黄色地にはなぜか渡したボタンは使わずに、
キンキンキラキラのボタンがつけてあった。

・・・・・・なんでやねーん!

何だか金運が上がりそうなボタンだけど、全部つけ直しました。

d0224762_12524261.jpg

裏側などはお値段相応の出来といえなくもないが、
さすがに表側のステッチは気をつけて縫ったのだろう、ビシッと決まっていて、
その使い分けが他人事とは思えず、妙に親近感を覚えてしまった(笑)
何より今回最大のお題だった「履いた時のラインがオリジナルと同じ」
はほぼクリアしていたので、自分的には満足である。

それにしてもパンツ2本でえらい騒ぎだったな~。

*******************

シンガポールから帰国する際、
友人がおみやげに持たせてくれたインスタントのラクサ
これが妙にハマる味で、「また食べたいなあ」と探してみたら、カルディで売っていた。

d0224762_12525630.jpg

うーん、満足♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
あれからまた熱帯夜になったりしたので、お寝巻はいまだに活躍してます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2014-09-08 12:54 | ソーイング(その他) | Comments(10)

ミシン糸収納2

ソーイングボックスからハミ出たミシン糸は、四角い箱にしまいませう♪」と、
よさげな箱を気長に探すつもりでいたら、
思いがけないところで木の引き出しを発見!

d0224762_1218331.jpg

買ったのは、お仕事で行った弘前にあるお店。
1階が雑貨&洋服、2階が古道具&アンティークという構成で、
「弘前在住だったら入り浸る!(迷惑)」というぐらい、
商品のセレクトがおされだった。

d0224762_12191837.jpg

木の引き出しは昔から欲しいと思っていたが、
大きさも材質もデザインもバリエーションがありすぎて1つに絞れず、
結局今日まで買わずに(買えずに)きた。

d0224762_12201489.jpg

この引き出しはサイズや木の色合いも気に入ったが、
何より引き出しの前面がガラス板、というところがツボだった。

d0224762_12203487.jpg

深め・普通×2・浅めの4つの引き出しがついていて、
「ボビンを連結した状態で立ててしまえるのは深めだけだろうな~」
とは思ったが(実際そうだった)、何だかもうガラス板が気に入りすぎて、
ほぼ即決で買ってしまった。

d0224762_12222869.jpg

小さめサイズながらミシン糸は結構入るので、
当分引き出し1段で間に合いそう。
他の引き出しには、とりあえず見せてもOKなブツをいろいろ収納した。

d0224762_12232227.jpg

同じお店で、どさくさに紛れて飾り棚(風木箱?)も購入。
はるばる弘前から大きな紙袋を両手に提げ、手荷物で帰ってきた次第である。
・・・・・・この熱心さを仕事に生かし(以下略)

**********************

さて、弘前といえば青森、青森といえばりんごである(←決めつけ再び)
なかでも弘前はりんごの生産量日本一だそうで、
市内のあちこちにアップルパイのお店やカフェがあり、
45店舗を網羅したアップルパイマップまで用意されている。

d0224762_12242567.jpg

私は2箇所しか行けなかったが、うち1箇所では、
6つのお店のアップルパイを週替わりで食べ比べできるセットがあり、
都合7店舗ぶん食べたことに。
・・・・・・このお店に2カ月通ったら、全店舗制覇だな(←やる気はあるらしい)

d0224762_12243761.jpg

りんご関連のおみやげあれこれ。

d0224762_12245036.jpg

津軽漆塗りをモチーフにしたポチ袋。
左から桜・りんご・岩木山。

d0224762_1225050.jpg

空港の売店で思わず買ってしまったかまぼこ。
「プレーン」と「なまこサラダ入り」の2種類あったのだが、
エビでもタコでもイカでもなく、なぜ「なまこ」!?
つか、なまこ「サラダ」って何!?
売店で一人、声なき突っ込みを入れたことは言うまでもない。
家に帰って食べてみたら、かまぼこの中になまことおぼしき黒い粒々と、
それにチーズが入っていて、両者合わせてサラダということらしい。
なかなかおいしゅうございました(はむはむ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
サイズ以外は気に入ってるだけに、涙が、涙がとまりません・・・・・・ううっ。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-07-31 12:30 | ソーイング(その他) | Comments(20)

ミシン糸収納

以前、ぐぐたすソーイング部でjunkoさんが披露していた、ミシン糸の収納方法。
自分も便乗してみました。

d0224762_12143393.jpg

今のところミシン糸は、
自称「形から入る大王」がソーイングを始めて間もなく買いに走った、
シェーカーのオーバルボックスに収納している
(「ニット」とか「下」とかの書き込みはお気になさらず~;笑)

d0224762_12151690.jpg

このソーイングボックスはもう何年も前、
とある洋服屋さんで見かけたのと同じもの。
中に糸立てがセットされているところがツボに入り、
思わず買いそうになったが、
「そもそもミシン糸持ってないじゃん」と、その時は却下。
晴れて(?)ミシン糸を使う身の上になったので、改めてネットで探して購入した。

d0224762_121519.jpg

収納性という点では、ミシン糸にボビンキャッチャーでボビンを連結させ、
四角い入れ物に収める方が効率がいいとわかっちゃいるが、
無駄な空間が出てもいい、これが欲しいんじゃー!という、
おのれの欲望には勝てなかった(←すぐ負ける女)

d0224762_12154694.jpg

ソーイングを始めて3年、少しずつミシン糸も増えてきて、今まさに飽和状態。
増えることはあっても減ることはないと思われるので、
今後ハミ出た分は、真っ当に(?)四角い箱に収納するつもり。

*******************

週末、お魚教室でアジ5尾、イカ3杯、アワビ1個をさばいたので、
お持ち帰りのアジとイカでいろいろお料理。

d0224762_1216461.jpg

お刺身、イカじゃが、アジの南蛮漬け、イカとキウィとセロリのフェ。
先週は血中ナットウキナーゼ値が過去最高だったが(たぶん)
今週はDHAとEPAが血管をゴーゴー流れてる気がする(頭よくなったかも~♪)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
私もふだんは納豆(のみ)かけご飯です。どう食べてもおいしい納豆バンザーイ!(笑)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2013-07-03 12:20 | ソーイング(その他) | Comments(18)

うちの布山

d0224762_13335696.jpg

黒やぎ御殿に点在する、在庫布とハギレのすべてを集めてみました。

d0224762_1334469.jpg

布帛のお部屋。
ここに入っているのは手つかずの在庫布で、
洋服が作れるぐらい用尺のある布とカットクロスと、半々くらい。
数は少ないけど、リバティもありますから!(←ここ重要)

d0224762_1336787.jpg

ニットのお部屋。
こちらは在庫布に加え、ハギレも収納。
なんせニットはかさばるので。
それにしても、半端に残ったニットってどうすりゃいいのかちら。

d0224762_13361894.jpg

制作中のもの、裁断済みのもの、買ったばかりの布などを
一時的に入れておく、仮設部屋。
一時的なはずが、もう1年近く入ったままのものも・・・・・・(遠い目)

d0224762_13363784.jpg

洋服を作った残りを入れておく、ハギレのお部屋。
ソーイングを始めてしばらくは、
この箱に在庫もハギレも布帛もニットもすべて収まっていたのだが、
今やハギレだけでぎゅうぎゅうで、
手で押さえつけないと収納場所に入らないように(涙)
でも、箱の数は今ある4個で打ち止めにして、
これ以上は絶対増やさないぞー!(と自分に言い聞かせてみる)

junkoさんの布山が富士山で、yukarixさんが学校の裏山なら、
うちはさしずめ・・・・・・盛り土?
在庫の量は少ない方だと思うのだが、リバティを除けばその多くが
「買ったはいいけどイメージと違っててお蔵入り」したもの。
制作のモチベーションがなかなか湧かないところが問題なのだった
(akiさんの華麗なリバティ山がうらやまじぃ~)
嗚呼、ネットで布買いって難しいわ・・・・・・

というわけで、来年の抱負は
「在庫布をとっとと片づける」と「布はよくよく考えてから買う」です。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
をを、予約も新着も!? ビバ太っ腹!(笑) 私もいい加減ソーイング頑張ります・・・
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-12-12 13:45 | ソーイング(その他) | Comments(24)

熱闘★三つ巻縫い甲子園

SPUR号付属の三つ巻押さえは、
自力じゃ到底不可能な細~い三つ巻縫いができるスグレもの。
ただし前回初めてトライした時は加減がまったくわからず、
何だかな~な出来に終わった。
その後ネットでいろいろ調べ、参考になる情報も得られたが、
やはり実際にたくさん縫って慣れるしかないと思われる。
ここのところあれこれ服を縫い散らかし、ハギレ山脈が高さを増してきたので、
布の整理も兼ねて三つ巻縫いの練習をすることにした。

いざ、鬼の自主トレ@汗と涙の千本ノック(嘘)に挑戦だ!

d0224762_12293241.jpg

超合金(違)三つ巻押さえ装着!(ラジャー!)
SPUR号発進!!(行きまーす!)

d0224762_12294672.jpg

1本目・・・・・・このヘタクソがぁあ!(あうっ)

d0224762_12295666.jpg

100本目・・・・・・まだまだーーー!(エーンエーン)

d0224762_1230851.jpg

500本目・・・・・・オラオラ立たんかーい!(ギャー)

d0224762_12301671.jpg

1000本目! ・・・・・・ハァハァ・・・・・・・・・バタッ。←倒れた

d0224762_12302817.jpg

ま、実際縫ったのは31と1枚(C&Sでまたハギレをもらった)だったわけだが(少っ)
それでも同じ作業を繰り返していると、
押さえへの布のかませ具合に関しては、要領がつかめてきた気がする。

最後まで手こずったのは角の処理。
角から角に方向転換する際、縫い始めがどうしても立ち往生してしまう。
角を折る順番を変えてみたり、一辺縫うごとに糸を切ったり、
いろいろ試してみたが、うまくいく時もあればいかない時もあり(ほとんど後者)

縫い始めと縫い終わりは布を押さえからはずし、
普通に三つ折してから縫っているので、
三つ巻き縫い部分に比べ、両端の幅がぶっとくなるのも美しくない。
上手な人なら糸を切らずに方向転換し、細~く美し~く縫えるのだろうが、
初心者に毛が3本生えた程度の自分には、まだまだ越えるべきハードルは高いようだ。

d0224762_12303789.jpg

縫った布は重ねたうつわの緩衝材として使用中。
過去にさらしなどでちょこちょこ作ったりもしたのだが、
四隅に厚みが出るため小さい器だと重ねにくく、
結局は薄紙や発泡シートをかませたりしていた。
いつかは薄手の布で作ろうと、構想だけは以前から練っていたので、
今回はまとめて作るいい機会になった。

布山が目に見えて低くなったわけではないが、
何となくとってあった中途半端な大きさのハギレが片づいて、嗚呼すっきり。
三つ巻縫いの技術もほんのちびっとだが上がったし、
これでヲトメのハンケチーフ計画@リバティにまた一歩近づいたというものだ。
グフッグフッグフッ・・・・・・

**************

d0224762_12304822.jpg

正方形の布を見ると三つ巻縫いモードのスイッチが入る今日この頃、
C&Sから「9月新しい布」が届き、
50cm×50cmのカットクロスがおまけに入っていたので、
早速いそいそと(笑)縫った次第。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
カット済みパターンを初めて買った時は感動しました。ビバ小人さん!(違)
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-09-25 12:40 | ソーイング(その他) | Comments(16)

なんちゃって洋裁用文鎮

デパートの古道具市で買った、鉄製の何か。

d0224762_15543012.jpg

大きさと形が洋裁用の文鎮を連想させ、手に持ってみるとずっしり重い。
お店の人によると何かの重りらしいが、何の重りだろう?
同じ大きさ&重さで2つ揃っているところを見ると、分胴とか??
店頭で見た時は錆び錆びで、「使いものになるかなぁ」と思ったが、
収納バー(?)みたいなのにセットされているところが気に入って購入。
ちなみに、後ろに写っている文化学園ショップの文鎮は1つ360gで、
それでいくとこれは500gくらい???

d0224762_15545175.jpg

よくよく錆を洗い落して乾かした後、布が汚れないよう底に紙を裏打ち。
で、実際に裁断に使ってみたところ・・・・・・いいじゃんこれ!
今まで4個だったのが6個に増えたので、
ワンピースなど面積の大きいパターンでも、要所要所に置いたまま裁断できる。
また、重さが十分あるので、布をしっかり押さえてくれてズレる心配がない。
使えそうになければオブジェとして飾っとくか~と考えていたが、
予想に反してお役立ちだったので、何だか嬉しくなってしまった。

d0224762_1555384.jpg

文化学園のカラフルな文鎮は、使っていて楽しい気分にさせてくれるが、
こちらはいかにも渋く、でもまあこれはこれで楽しかったりするのだった。
私にとってパターンを写すのと布を裁断するのは最も面倒な作業で、
毎回床に這いつくばりながら「あー面倒くさ。もーやだやだ」とボヤいていたが、
これで少しはテンション上がるかな。

***************
<業務連絡:ノラさん>

私も買っちゃいました、エヘ。

d0224762_15573799.jpg

お店でサンプルを試着したら、似合っちゃったので(笑)
いつか(いつだよ)作ります♪

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
このシャツの衿、学生服の詰め衿を連想させます。シャツ衿より簡単ですけど、ちょっと変わって見えるので気に入ってます♪
覗いてくださってありがとうございます。また遊びに来てくださいね♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-09-18 16:00 | ソーイング(その他) | Comments(21)

JUKI様❤降臨

わが家にSPUR号がやってきました♪

d0224762_140419.jpg

きっかけは、ひつじさんから届いた1通のメール。
長年のお友達、ふくろうボタンさんがミシンを新調され、
これまで使っていたミシンを譲ってくださるという。
譲っていただくには大物すぎて、正直はじめは腰が引けたのだが、
拙ブログを読んでくださったうえでのご指名と伺い、
ありがたく頂戴することにしたのだった。

d0224762_141241.jpg

遠路はるばるようこそ、のSPUR 90(TL-90型)。
エヴァ的にいえば、初号機?(意味わかんない人すんません)
大切に使われてきたことが窺える外観と、
オーバーホールほやほやでミシン屋さんお墨付きの働きっぷり。
つべこべ言わず黙々と仕事をこなす、
よくできた嫁っ子(婿殿?)を迎えたようなお得感がある(笑)

d0224762_1412748.jpg

で、さすが職業用ミシン、押さえがいろいろ♪
附属のファスナー押さえに三つ巻押さえのほか、
コンシールファスナー押さえ、初めて見たよのローラー押さえ、
それに、憧れの(笑)2mm押さえが入ってた~~~ワーイワーイ!

d0224762_1414339.jpg

さらに、こぎん刺しのくるみボタンのゴムと、
ふくろうボタンさんお手製のピンクッションも。
クロスステッチと、初めて聞いたがブラックワークという手法を用いて、
絹の手縫い糸1本取り(!)で丁寧に丁寧に刺されている。
ちなみに、裏側の生地にはキルトが施されていて、
これもふくろうボタンさんの手によるもの。
緻密で繊細な縫い目を眺めていると、「縫い物の求道者」という言葉が頭に浮かぶ。
世の中にはすごい人がいるもんだなぁ。

ちなみに、個人的に今回一番嬉しかったのは、
(ギャザーミシン用に)大きい縫い目が選べる」こと(そこかい)
うちの山崎号は旧式なので、縫い目は「ちっこい」「普通」「(ちょびっと)大きい」
の3つしかなく、ギャザー用のしつけには使えない。
なので、ギャザーを寄せる時はいつも手縫いでしつけをかけねばならず、
ただでさえ苦手なギャザー寄せがますます億劫になっていた。
しかしSPUR号なら、そんなしつけもあっという間。
今までギャザー周りだけで1日費やしていた(遅・・・)のが、
これからはサクサクできるかと思うと、笑いが止まらない。ワーイ!

オリンピックも終わり正気に返ったところで、試運転~♪(いそいそ)
と思いきや、何がいけないんだか、縫い目がぐちゃぐちゃになっちゃうよー(涙)
しばし格闘した挙句、ネットであれこれ調べてみたら、
「上糸をかけるときは、押さえレバーを上げておきましょう」の一文が。
どうやら、上糸はレバーを上げた状態でかけないと、
糸調子皿の隙間が開かず、お皿に糸がしっかりかからないらしい。
知~らなんだ知らなんだ~~~って、そういう大事なことは早く言ってくれよ!(逆上)
どうりで山崎号は糸調子がいま一つだった訳だ~と納得したが、もう遅い。
そもそも糸調子皿のどこ(お皿2枚の手前なのか、間なのか、後ろなのか)に
糸をかければいいのかもわかっていなかったので、
山崎号の時はその日の気分でテケトーにかけていた(こらこら)
どうりで山崎号は(以下略)
それにしても、10年かかってミシンの基本を知った自分って・・・・・・まあいいや。

そんなこんなで、思わぬドタバタはあったものの(自業自得)
糸をかけ直した後は絶好調。
スイスイのスーーーイと縫い進み、
縫い終わったらボタンを押せば「バチコーン★」と自動で糸を切ってくれるし、
膝のレバーを動かせば押さえレバーが「バッコン☆」と上がる。
うゎ~~~い、楽ちん楽ち~~~ん♪(キャッキャッキャッ)

とっても有能で働き者のSPUR号をお迎えし大喜びなのだが、1つだけ困ったことが。
今までは、都合が悪いことはすべて山崎号のせいにしてきたのに、
これからはもうその手が使えない。
・・・・・・うぬぅ(汗)
たたた頼んだぞ、SPUR号!(丸投げ)

というわけで、ふくろうボタンさん、
はなはだ心許ない使い手ではありますが、大切に使わせていただきますね。
どうもありがとうございました!

*************

東京都民の務めを果たすべく、
五輪メダリストパレードに行ってきました♪(仕事はどうした)

d0224762_13343592.jpg








d0224762_13192377.jpgd0224762_13202524.jpg








前方に選手たちを乗せたバスが見えたとたん、
うるうると熱いものがこみあげ、興奮クライマックス(子どもかよ)
内村選手が前を通った時はもはや何が何だか状態で、
後でカメラをチェックしたら、田中のお兄ちゃんが写ってたよ・・・(トホホ)
左写真右側に写ってる顔と、右写真左側に写ってる顔(金メダル持ってます)を合体させ、
真ん中に目と鼻と口を書き入れれば、内村選手が完成します(おい)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
黒のカットソー、なかなか使えるヤツでご満悦です♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2012-08-20 14:26 | ソーイング(その他) | Comments(16)

いただきもの

「編み縫い備忘録」のランタ茄子さんから、嬉しいいただきものが届いた。
d0224762_1475911.jpg

お嬢さんのために作られた上履き入れの記事を拝見して、
もの欲しげにしていたら、何と同じものを作ってくださることになったのだ。
ブログで見たとき最も心惹かれたのは、コロンとしたしずくのような形。
大人が持っても可愛いだろうなぁ~と思っていたが、
実物が届いてみたら、想像していた以上にキュートだった。
カ、カワユス……!!(倒)


d0224762_1482888.jpgd0224762_1484514.jpg














布はブログと同じニームのキャンバスボーターで、タグもニーム。
ちょうどいいのが手元になかったからと、
共布でわざわざ作ってくださった持ち手は、マチと同じ幅広サイズ。
このぶっとい持ち手、めちゃくちゃ気に入った。
持ち手に等間隔に入れられたステッチは、最初見たとき「あ、柔道着の帯みたい♪」。
和裁っぽいというか、どことなく刺し子を連想させて、これまたお気に入り。


d0224762_149988.jpgd0224762_1492195.jpg














さりげなく赤が効いているのもこのバッグのポイント。
入れ口の面ファスナーのあざやかな赤に呼応するように、
ぐるりと一周赤い糸でハンドステッチが施され、
持ち手には赤いラインの入ったリックラックテープが巻いてある。
オリジナルデザインはC&Sだが、これらはすべてランタ茄子さんのアレンジ。
ほぅほぅ、おされじゃのうぅ~~~~(爺さんか)

d0224762_1493859.jpg

さらに、これは持ち主だけが知るお楽しみ、
内側の縫い代はリバティでパイピングされているのだった。
そっと覗くとリバティが手を振っているのが見え、思わず笑いがこみ上げる(嬉しくて)。

発送のご連絡をいただいた際、ランタ茄子さんがあまりに謙遜されるので、
届いてから表はもちろん、裏までひっくり返して隅々まで舐めるように見たが(おい)、
このまま商品としてお店で売られていてもおかしくないような完成度。
何より、ブログで見て想像していた以上の可愛さ、
丁寧に作ってくださったことが伝わる仕上がりの美しさに、
嬉しいのを通り越して、何だかホロリとしてしまった。

d0224762_1495542.jpg

……実は、いただいたのはこれだけではなく。
開けてる最中から「何かいい匂いがする?」と思ったら、
中にリバティのサシェが3つもしのばせてあった。
ラベンダーのような、でももう少し穏やかな香りで、
中身はハーブ? ビーズみたいなもの? いや、ハーブとビーズのミックス??
さらに、いろんなタグやテープのセットまで入っていた。
バッグだけでもありがたいのに、おまけまで……黒やぎの目にも涙である。

もともとは上履きを入れるためのバッグなのだが、私はこれ↓を入れている。
d0224762_14101736.jpg

3月の震災以降、少しずつ揃えた防災グッズ@主に電気関係。
ラジオ、懐中電灯、ヘッドランプ、乾電池、キャンドル、ホイッスル、その他細々したものたち。


d0224762_1420241.jpgd0224762_14203431.jpg














懐中電灯はさっと取り出せるようサイドポケットに入れ、
リックラックテープにホイッスルを結びつけた。
所定の位置はキッチンの収納ラックの横。
キッチンは黒やぎ御殿(笑)の真ん中にあって、
家の中で使うにも外に避難するにも手に取りやすい、というのがその理由。

誰かが自分のために手作りしてくれるなんて、いつ以来だろう。
出来上がるのを待っている間のワクワク感、
完成したものを手にした時の嬉しさを、久しぶりに味わった。
心が温かくなるような素敵なバッグを作ってくださったランタ茄子さん、
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
どうもありがとうございました!(深々)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-09-05 14:25 | ソーイング(その他) | Comments(12)

ミシン糸見本帳

夏服増産計画その4は裁断まで進んだ。
さあ縫うぞ!とミシンを出したら、布に合う糸がないことが判明(むぅ)
翌日ユザワヤに買いに行ったら、シャッペスパンが今月末までセールだとかで、
160円で買えちゃった♪ ワーイワーイ!(クルクルクル~~~)
今日も気分がいい。

というわけで、お見せするブツもないので、こんなものを。
d0224762_1571011.jpg

シャッペスパンとレジロンの色見本帳。
ある日突然欲しくてたまらなくなり、ネットで購入してしまった。
それまでは裁断後にハギレを手芸店に持って行って、
備えつけの見本帳と見比べては、あーでもないこーでもないと選んでいた。
しょっちゅう買うわけじゃないので、その都度お店で選んでも別に構わないのだが、
商品棚の前にどっかり座り込み、見本帳をガン見したまま動かない客がいたら、
お店の方も何かと迷惑であろう。
まだ元をとるほど使っていないが、家で落ち着いてゆっくり選べるので、
買ってよかったなあと思っている。

さあ、これで準備は整った。
あとは縫うだけだ。
行け、山崎号!(って自分で縫うんだけど)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-07-29 15:17 | ソーイング(その他) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie