Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:ソーイング(小物)( 44 )

作ったもの4

d0224762_13423180.jpg

布: オカダヤ リネンダンガリー ネイビー
   FUTURA Westfalenstoffe(blue)
   松村商店 綿サークルレース ベージュ
パターン: chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー

小物は苦手とかいう割に、パターンは結構持っていたりする。
これもいつ作るかわからないままに、発売間もない頃つい購入してしまった。
今回作ったのはハヤカワのポケミスサイズ(つまり新書版)。
お気に入りでずっと使っている文庫本カバーをマネて、
表布は2種類の布の切り替えにした。

d0224762_13393469.jpg

後ろ見返し押さえにはリネンレース、
しおりにはLINNETで購入したリネン紐を使用。
しおりの先っちょに結びつけたのは、
たしか海外旅行のおみやげにもらったペンダントトップ。

d0224762_13394879.jpg

裁断も縫製も直線で、布合わせや資材選びはかなり楽しい作業。
そのままスムーズに完成していたら言うことなしだったのに、
表も裏も厚めの布を使ったせいか、いざ本を入れようとしたら入らない!
本来は縫い代1センチのところを5ミリ(いや5ミリ以下かも)に縫い直して、
何とか使えるように。ふぅ。
……何だか私の作るものって、そんなのばっかだな(ぼそっ)。
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-30 13:43 | ソーイング(小物) | Comments(0)

作ったもの3

d0224762_142048100.jpg

布: HARU ロシアンリネン ブルーステッチ
パターン: 適当に自作

昨年秋、エコポイントが減額になる直前に駆け込みで液晶テレビを購入。
22型と決して大きくないが、
それまで見ていたのが87年製の14型ブラウン管テレビだったせいか、
ずいぶん立派というか、横幅長っ!という印象が強い。
部屋の中で存在感がありすぎるので、カバーをかけることにした。

パターンというほどのものでもないが、
前が長くて後ろが短いマチ付きの袋を作り、
これをテレビの上からすっぽりかぶせる形にした。
縫い代は袋縫いにしたのだが、マチ部分をどう縫えばいいのやら、
私の文系頭ではいくら考えてもわからない。
出たとこ勝負で縫ってみたところ、
3回ほどやり直す羽目になったが(トホホ)、最後は何とか辻褄が合った。
最後まで辻褄が合わないこともままあるので、私にしてはよくやった方だ。

飾りにつけたレースのドイリーは京都のLINNETで購入したもの。
手が込んでいるのでさぞかし高いだろうと値札を見たら、
見間違いかと思うほどお手頃価格だった。

エコポイントでテレビを買い替えた人の中には、
長年お世話になった古いテレビにお酒をかけ、お礼を言った、
なんていう人もいたらしい。
私はというと、設置工事に来たおじさんにあっさり引き渡しておしまい。
後から「しまったーーー」と思ったがもう遅い。
まあでも、モノを手放すってそんなものかも(と考えておこう)。
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-29 14:21 | ソーイング(小物) | Comments(0)

作ったもの2

この2週間作ったのは小物ばかり。
細々とした作業が苦手で今まであまり手が出なかったが、
思い立ったらさっと取りかかることができて場所をとらず、
比較的短時間で完成するので達成感も大きい。
何となく落ち着かない今の自分には合っていたようだ。

d0224762_1403825.jpg

C&Sのキットからカラフルバナーを作った。
4種類×4、合計16枚の布を順につなげる作業は単調だけど、
淡々とやっていたらいつのまにかできていた。

興が乗って、キットの余った布に手持ちのハギレを足し、2つめも制作。
1つは玄関に、1つは仕事場に飾ったが、
運動会とかお誕生日会とか、心浮き立つイベントを連想させて、
見ていると元気が出る。
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-28 14:03 | ソーイング(小物) | Comments(4)

作ったもの1

震災から2週間が過ぎた。
私は当日こそ職場から自宅まで歩いて帰ったが、
その後は日常生活に特に支障をきたすことなく過ごせている。
そしてそれはかなり恵まれた状況であることが、だんだんわかってきた。

仕事が終わったらまっすぐ帰宅する毎日。
必然的に家で過ごす時間が長くなる。
家にこもってテレビやネットをずっと見ていると、
被害の甚大さ・悲惨さ、原発事故の深刻さに落ち込んだり不安になったりする。
そんな自分に精神安定剤的役割を果たしてくれたのがソーイングだった。
この非常時にのんきに縫いものしてていいのか、と思わなくもないが、
黙々と布を裁断したり縫ったりすることで、私の場合は気持ちがずいぶん落ち着いた。

d0224762_11102244.jpg

はじめに仕上げたのが刺し子のふきん。
もう何年も前にホビーラホビーレでキットを購入し、
亀の歩みでようやく3分の2ぐらいまでできていたもの。
計画停電が実施されたら、ローソクつけて刺し子していようと思い、
久しぶりに押入れの奥から引っぱり出してきた。
今までのところ停電は実施されず、先に刺し子の方が完成した。
実はキットは2つ買ってあったので、現在2枚目をちんたら刺している最中である。

d0224762_11105089.jpg

これが出来上がった時、被災地は、日本は、どんな状況になっているんだろう。
願わくば今よりずっとずっとよくなっていますように。
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-26 21:50 | ソーイング(小物) | Comments(0)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie