Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:ソーイング(小物)( 44 )

ソーイングは楽しいけれど、残ったハギレをどうするかはなかなか悩ましい問題だ。
この夏、調子こいて次々と服を作っていたら、
収納用の箱からハギレがあふれんばかりになってきた(つか既にあふれてる)。
で、少しでもハギレを消費するべく、ランチョンバッグを作ってみた。

d0224762_17173647.jpg
d0224762_1431457.jpg















パターン: C&S リバーシブルランチョンバッグ(おまけレシピ)
布: C&S リバティClementain パープル
   Wildberry ラミーグレー

リバティはスモックワンピースを、リネンはプルオーバーを作った残り。
このバッグ、用尺が各50cmなので、ハギレといえど結構な布がいる。
リバティの方は耳まで入れて何とか取れたが、
リネンはそのままではむろんのこと、2分割しても無理。
一度はあきらめて新しく布を買おうかと思ったが、
4分割すれば何とか取れることがわかり、縫い合わせて1枚にした。
執念の勝利である(ケチともいう)。
ただ、そのままではいかにも「継いでます」という感じなので、
継ぎ目に沿ってステッチを入れてみた。
d0224762_14334399.jpg


今回の難所はひも作り。
幅5mmのひもにコバステッチなんて、あ~り~え~な~い~。
端から縫おうとするとどうしても布が針板に落ち込んでしまうので、
ひもの途中から両端に向かって縫うようにした。
糸の始末がプチプチ目立つけど、いいんだ自分のだから(開き直り)。
そういえば前にひもを作った時は、指定より長~いひもを縫って、後から切ったっけ。
……いったい皆様はどうやって縫っているのでせう。

d0224762_1718811.jpg
d0224762_14342174.jpg















ふだんランチは外食だけど、
おかずをドカンと作りすぎた時はお弁当にして持って行くこともあるので、
こういうのが1枚あると便利かも。
なんせ今までポリ袋に入れてたし(こらこら)。
めでたくリネンもリバティもほぼ片づいて、なかなかいい気分。
その割に布かさはほとんど減っていないが、千里の道も一歩から、である。
これからせっせとハギレ消費に励むどー!

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-08-29 14:42 | ソーイング(小物) | Comments(8)

単行本カバー

夏服増産計画その4は、一昨日布が届いて水通ししたところ。
……いつ完成するかちら。
なので、合い間に作った単行本カバーをご紹介。

d0224762_10355524.jpgd0224762_10361852.jpg














パターン: chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー
布: LIFE AND BOOKSで買ったハギレ+100 IDEEで買ったカットクロス
   HARU ロシアンリネン ブルーステッチ
   LINNET(ひも)、Wildberry(チャーム)、オカダヤ(幅広ゴム)

布は北欧雑貨のお店で買った、ヴィンテージ生地のハギレパックに入っていたもの。
たぶん名前がついていると思うのだが、わからじ。
天地は単行本カバーと同じぐらいあったけど、
左右が全然足りなかったので、間に別の布をはさんだ。

d0224762_10363560.jpgd0224762_10365165.jpg














単行本は厚みがあってカバーが外れやすいので、
布テープではなく幅広ゴムを縫いつけてみた。
ひもの先につけたチャームは「ろうやの鍵束」という品名(くすっ)
実際のところ、チャームは机などに置くたびガンガン当たってうるさかったりする。
よくあるペラッとした栞紐だけの方が、しおりとしては機能的だと自分でも思う。
……だけど……ねぇ?(誰に聞いてる)
副資材を選ぶのもお楽しみの1つなので、機能より見た目優先である。

このパターンで作るのはもう5つめだ。私にしてはよく作ったなあ。
本に手帳にノートにと、あらかたカバーを作ってしまったので、
もうカバーかけるものないよー、と思っていたら、
A5判の本がまだあった~~~♪ ワーイ!(嬉しいらしい)
というわけで、6つめはA5判サイズのカバーを作るつもり。

*追記
震災のため休止中だったNOOTIE*AGOGOが営業を再開されたそう。
おめでとうございます。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-07-27 10:41 | ソーイング(小物) | Comments(4)

直線裁ち

昨日は暑かった……
いきなりの真夏日&熱帯夜はかなり堪える。
おととい慌てて扇風機を出し、昨晩はアイスノン1号が出動。
できるだけクーラーは使わないようにしたいけど、いつまでもつことやら。
これから約2カ月、戦いの日々である(大げさ)。

ティッシュケース募金の第3弾。
d0224762_1045119.jpg


これだけ同じものをくり返し作っているとさすがに要領がよくなり、
アイロンをかける手順にしても「こうすればキレイに仕上がる」
というポイントがわかってくる。いいことだ。
d0224762_10451585.jpg


ところで、これは型紙なしで布を直線断ちしているのだが、
直線断ちって難しい……といつも思う。
以前、「直線断ちで型紙いらずなので初心者にも簡単!」
といううたい文句につられ、チュニックを作ったことがあるが、
布目に沿って直角に布を裁断するのに大苦戦。
自分ではまっすぐ線を引いたつもりでも、
縦横を結んでみると微妙に(いやかなり)台形になっていて、
いいかげん「キーーーーーーッッッ」とヒステリーを起こしそうになった。

型紙の場合は「こんなもんかな~」と適当に置いてジョキジョキ裁断してるけど、
直線に裁つとなると却っていろいろ気になって、なかなか裁断まで至らない。
えいっ!と思い切って裁ってみれば、見事にゆがんでるし。ちっ。
誰か、布目が飛び出して見える3Dメガネでも開発してくれないものだろうか。
ロータリーカッター買おうかなあ……(ブツブツ)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-06-23 10:48 | ソーイング(小物) | Comments(6)

ノートカバー

まだまだ作るぞブックカバー、というわけでシリーズ(?)第4弾。
今回はノートにカバーをつけた。

d0224762_1175195.jpgd0224762_118543.jpg














パターン: chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー
布: C&S HANATORISU カーキベージュ
   ベージュのリネン(はぎれ)
   chikuchikuhappy(カラーゴム)

HANATORISUは合わせる布(色)によって印象がさまざま変わるので、
小物に使っても楽しい布だと思う。
ベージュのリネンと合わせたら、かなり渋~い感じに。
ほかにブラウンと木いちごも買ったので、つらつら布合わせを考えようっと。
こういうのを考えている時が一番楽しいかも。

ところで明後日から旅行で北京に行くのだが、
週間天気予報を見たら最高気温37℃って、何かの冗談ですかい!?
紫外線指数は連日レベル9になってるし(最高レベルは13)。
黒焦げのヨレヨレになって帰国、という図が今から目に浮かぶ……

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-31 11:17 | ソーイング(小物) | Comments(4)

手帳カバー

ブックカバーシリーズ(?)第3弾。
今回はシステム手帳(A5判)のカバーを作った。

d0224762_1102241.jpg

パターン: chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー
布: C&S リネン混ダンガリー シックブルー
        リネン混HANATORISU シックブルー
   HARU ロシアンリネン ブルーステッチ
   LINNET(ひも)、Wildberry(チャーム)、chikuchikuhappy(カラーゴム)

HANATORISUは綿麻ボイルfairy flowerの柄違いバージョン?
その名の通り、花とリスが描かれ、さらにトリもいる♪
店頭で見た時はトリ好きの血が騒いだものだ。
今回新たにブックカバーを作るべく手持ちの布をあさっていて、
いちばんしっくりきたのが、この布とリネン混ダンガリーとの組み合わせ。
それもそのはず、後で調べたら両方ともシックブルーという色だった。

d0224762_1111522.jpg

ソーイング好き人間の手帳ということで、ミシンのチャームをつけてみた。
本人しか意味わかんないけど。

d0224762_1113338.jpg

このパターンは返し口を手縫いでかがる必要がなく、
手順を覚えればサクッと作ることができる。
何より布の組み合わせを考えたり、副資材を選ぶのが楽しい。
すっかりハマッてしまい、他に何かカバーできるブツはないか、只今あれこれ物色中。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-12 11:03 | ソーイング(小物) | Comments(0)

文庫本カバー

新書版に続いて、文庫本サイズのブックカバーを作った。

d0224762_14292882.jpg

パターン: chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー
布: C&S 海のブロード スモークエメラルド
   HARU 80ローン セリア ブルーパープル
   LINNET(ひも)、Wildberry(チャーム)

d0224762_14282449.jpg

2枚目ということもあり、裁断を始めて3時間で完成。
ただし、仕上げのアイロンを力一杯かけすぎて、
裏地のサークルレースの模様が表にうっすら浮き出てしまった……反省。
これは友人用なので、次に洗濯する時は気をつけるよう言っておこう(他力本願)。
オマケとして、C&Sのカラフルバナーの残り布でラベンダーサシェを作った。

季節柄なのか、ソーイング本の新刊が続いている。
茅木真知子さんの新刊「かんたんなのにGood Looking」を見ていたら、
以前作ったジャケットと同じ布が使われているのを発見。
本のは巻きスカートだったから、「組み合わせたらスーツになるじゃん!」
などと勝手に妄想を膨らませ、書店で一人悦に入る怪しい女。
これもまたソーイングの楽しみといえよう(違)。

話は変わって。
1カ月遅れで代替開催された世界フィギュアでは、
ロシア側の配慮で日本で観戦しやすい時間帯に男女シングルが行われたらしい。
私もありがたくリアルタイム観戦させてもらった。
男子シングルはスポーツ漫画でもこれはないだろう、というほど劇的な展開。
「殿ザヤック! 大ちゃんネジ取れたー!! こずこずパーフェクト!!!」
と、見てるこっちも5分刻みで下がったり上がったり。
終わった時はどっと疲れた。
何はともあれ、小塚選手おめでとう~~~
女子は(以下略) 
安藤選手おめでとう~~~
今大会をふり返って思うのは、織田選手が現役を続ける限りは応援したいということと、
真央ちゃんのSPの衣装は微妙だったということだ(そこかい)。
余計なお世話だろうが、メリル・デービス選手あたりに
スタイリストを紹介してもらってはどうだろうか。
つか是非そうしていただきたい。
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-02 14:50 | ソーイング(小物) | Comments(2)

ティッシュケース

ティッシュケース募金」の第2弾を作成。
今回はブログで紹介されていた、リバーシブル仕様のレシピで。
BBSの書き込みを参考に、裏地が少し見えるようにしたり、
ニット地で作ってみたりした。

d0224762_1541443.jpg

毎回何かやらかすので、「今度こそは!」と気合を入れたつもりが、
「中表に縫う」と書いてあるのに、いざ縫ってみれば堂々の外表。
……大丈夫か私。
おのれの国語読解力に不安を覚えた日曜の午後であった。

少し前、公共広告機構の「A~C~」が癇に障ると槍玉に上がっていたが、
私的には「みんなでやれば 大きな力に」の方がよほど気になる。
「みんなでやれば」のところで、つい「怖くない」と答えてしまうのだ。
かつての漫才ブームを知っている世代特有の反応だろうか。
「A~C~」は不評につきカットされたが(最近また復活?)、
「みんなでやれば」は著名人による新バージョンまで作成された。
お陰で、今日もうっかり「怖くない~」と答えてしまう私である。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-11 15:43 | ソーイング(小物) | Comments(0)

トリのなべつかみ

小物作り魂(?)に火がついたのか、先週末はなべつかみの制作に没頭。
ずいぶん前にレシピをダウンロードして以来、なかなか手がつかずにいたが、
布の組み合わせが決まったら意外とすんなり作ることができた。

d0224762_17175137.jpg

布: FUTURA Westfalenstoffe(blue & red)
   オカダヤ(紺のリネン)
   リゼッタ(だったかも。赤とベージュのリネン)
   ユザワヤ(キルト布)
パターン: studio clip 鳥のなべつかみ(無料レシピ)

d0224762_1718725.jpg

自覚はないけれど、友人に言わせると私は「トリ好き」らしい。
実際、これもトリの形にトリ柄の布とトリ尽くしだ。
深層心理に何かあるのだろうか(前世はトリだったとか)。

丁寧に作ったつもりだったけど、
しっぽのテープを縫いつける手順を間違えるという痛恨のミス。
腹を綴じて洗濯してアイロンかけて、
さぁできた!という段になって気がついた。
……またやってしもうたー(涙)。

仕方がないのでテープは後付け。
いつか気が向いたら縫い直そう(いやしないだろう)。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-06 17:23 | ソーイング(小物) | Comments(2)

作ったもの6

布やパターンのネットショップBellyButtonのオーナーさんらが
今回の震災にあたり「ティッシュケース募金」という活動を開始された。
ハンドメイドのティッシュケースと募金箱を有志のお店に設置、
売上(募金)を被災地への義捐金にあてる、という趣旨。

ブログでティッシュケース募集の記事を読み、
ティッシュケースならば以前作って要領もわかっているし、
私の腕前でもできるかなと思い、週末にまとめて作ってみた。

d0224762_14273198.jpg

パターン: polka drops 移動ポケット(無料配信パターン)
布: いろいろ

予定ではキリよく10枚作るつもりが、
裁断ミス(同じサイズを余分に裁ってしまった)で12枚に。
まあ減ったわけじゃないし、結果オーライだ。
今回は仮にも人様に差し上げるものなので、いつになく丁寧に作った。
いや、ふだんから丁寧に作りゃいいのにって話ですが。

d0224762_14293657.jpg

震災の後とりあえずしたことは募金や節電ぐらい。
ハンドメイドで自分に何かできるとは思わなかった。
「自分の気が済む」という側面もあるのだろうけど、
まったくの趣味でやっていたことが何かの役に立つのであれば、
それはやっぱり嬉しい。
特にこんな時には。
きっかけと場を作ってくださったオーナーさん達に感謝したい。

今日から4月。
偶然か必然か、今までパッタリ止まっていた仕事が今日を境に動き始めた。
またせっせと働いて、私も経済を回していくんだ。
新しい布も買うどーーー!

[PR]
by kuroyagie | 2011-04-01 14:36 | ソーイング(小物) | Comments(0)

作ったもの5

ブックカバーを作った勢いに乗って、
無料レシピとして公開されていた糸きりはさみケースを作った。

d0224762_13292756.jpg

布: C&S カラフルバナーのキットに入っていたリバティの余り
   どこのか不明 ベージュのリネン(はぎれ)
パターン: chikuchikuhappy 糸きりはさみケース(無料レシピ)

表に返すのが大変だったが、手の遅い私でも2時間くらいで完成。
レシピをマネて、はさみの持ち手に裁断した残りの布を巻いてみた。
今回はかなり満足な出来。
簡単でおされ、しかも無料という太っ腹なレシピに感謝である。

ところで、以前の記事で「計画停電になったらローソクつけて、
ふきんに刺し子してるつもり」と書いた。
幸いまだ停電にはなっていないが、実際のところ可能なのか。
ふと疑問に思い、ある晩電気を消してやってみたところ、
・・・・・・できました。
手元がおぼつかなく縫い目がヨレ気味だが、できないことはない。
慣れれば結構サクサク縫えるのではないか。
何だか妙に安心した。
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-31 13:32 | ソーイング(小物) | Comments(0)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie