Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

カテゴリ:ソーイング(服)( 87 )

リバティLOVE?

ソーイング愛好者の例に漏れず、私もリバティ教(?)の信者である。
リバティプリントというだけで好ましく思え、
新柄や復刻柄、さらには限定柄が出るたびに物欲と理性の間で悶々とする。
もはや修行に近い。
といっても入信してまだ1年足らず、お布施の額も大したことないので、
せいぜい下っ端信者にすぎないが。
ソーイングを始めるまでは特に興味もなかったのだから、
人間変われば変わるものだと感慨深い。

初めて作ったリバティ服はこちら。

d0224762_1563890.jpgd0224762_1565535.jpg

















布: C&S Clementain パープル
パターン: C&S 布屋のてづくり案内 スモックワンピース

正直、私にとってタナローンは薄くて縫いづらい布。
特に布端のジグザグミシンは悲惨な出来で、決して人様には見せられない。
何食わぬ顔して着てるけど、脱ぎ着のたびに目に入りトホホな気分になるので、
2枚目は折伏せ縫いに挑戦してみた。

d0224762_1572299.jpgd0224762_1573874.jpg

















布: Bernadette Small Susanna ブルー
パターン: C&S みんなのてづくり ブラウジングワンピース

折伏せ縫いは初心者には敷居が高そうな気がしていたが、
実際にやってみるとジグザグミシンをかけるのとさほど手間は変わらず、
それでいて仕上がりは断然きれい。
なんだー、最初からそうすればよかったなあ。

折伏せ縫いにすると一方の縫い代を半分切り落とすことになり、
テープ状の端切れがたくさん出る。
リバティのお値段を考えると、捨てるにはもったいなさすぎるので(そんな理由かい)、
ハンガーに巻いてこのワンピース専用に使っている。
d0224762_1583584.jpg


カットクロスを除けば、現在の在庫布は1枚。
今のところ理性がやや勝っているとはいえ、これからもリバティの誘惑は続く。
心を強くもって立ち向かわねば!と、決意を新たにした次第である(大げさ)。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-27 15:20 | ソーイング(服) | Comments(2)

ネイビーのはおりもの

リネンとリバティという、ソーイング愛好者の二大好物(?)を使って、
リバーシブルのはおりものを作った。

d0224762_12484842.jpg

パターン: かわいい大人服 ネイビーのはおりもの
布: C&S リバティ Puff ブルー
   Wildberry シャツリネン ネイビー

リバティのPuffを初めて見たときは特に何とも思わず、それどころか、
「単色なのだから、そのぶん安くならないものか」などと、
セコいことを考えていた。
それがいろいろな方の作品を拝見するにつれ、
「ちょっといいかも」→「結構いいかも」→「かなりいいかも」
と好感度がぐんぐん高まり、それとともに物欲も急上昇。
再販を機に買いに走ったことはいうまでもない。
当初はブラックリネンと黒のPuffにするつもりだったが、
来店と在庫のタイミングが合わず、結局ブルー系でまとめることに。

身頃と袖が一続きになったシンプルなパターンで、
トロトロ作っても2日で完成。
ジャケットというよりはボレロという感じ。
早速着ているが、衿元のあきが好みで他の服とも合わせやすい。
リネンもリバティもさらさらしていて軽いので、
今の時期にはおるものとしてはぴったりだった。

d0224762_12493464.jpg

Puffはさすがリバティという発色の美しさ。
入道雲がもくもく湧いているような、薔薇か牡丹がぱあっと咲いたような、
なにしろステッキーな布である。
だけどなぜだろう私が着ると、くりからもんもんというか唐草模様というか、

陽気なドロボー

みたいに見えるよ・・・・・・(呆然)

1つの模様が結構大きいので、
ワンピースぐらい面積があった方が全体像がはっきりして、
この布のよさが活きるのかもしれない。
ついでに、「ひょっとして左右で柄合わせすべきだった???」
ということに、完成してから気がついた(遅)。

そんなこんなで、今のところリネンを表に着て、
リバティはチラ見せするにとどめている。
チラリと見えるぶんには人々の反応も好評だ。
しかし、下に合わせるものを工夫すればドロボー色も薄まるのでは、
と一縷の望みを捨て切れないでいる。
・・・・・・がんばれ私!(何を)

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-23 12:55 | ソーイング(服) | Comments(3)

イージーTシャツ

渋い水色の天竺ニットでワンピースを作った。

d0224762_10532877.jpg

パターン: NOOTIE*AGOGO イージーTシャツ
布: Wildberry 20/-ユーズド天竺 ホグブルー

このパターンで作るのは3枚目。
Tの字みたいな前後身頃を縫い合わせるだけなので、
その名の通り初心者でもイージーに作ることができる。
にもかかわらず着るとラインがきれいで、かなり気に入っている。
ちなみに1枚目はこちら。

d0224762_10534763.jpg

布は同じくWildberryの40/2度詰天竺ボーダー ジェイブルー。
これは40双糸、今回は20単糸なので、
結果的に布の厚みや質感は同じようなものになる。
ということも、ソーイングするようになって初めてわかった。
何か楽しい。
なお、スムースで作った2枚目はびろーんと伸びてしまい、ムームー風に。
着てるけど。

本来は半袖のパターンだが、リバティのムック本を見ていたら
大橋利枝子さんデザインで同じようなパターンの七分袖ワンピースが載っていたので、
まねっこしてみた。
幅180センチの布に前後身頃を横に並べて、
五分袖にできるかできないか、といったところだったので、
太めのカフスを別に付けて長さを稼いだ。
考えてみれば、ふつうに身頃と袖を別々に取れば済む話なのだが、
このパターンで袖を伸ばしたバージョンを作ってみたかったのだ。
だからいいのだ。
でも次に作るときはやっぱり半袖にしようっと(なんやねん)。

NOOTIE*AGOGOは初心者の背中を優しく押してくれるような、
シンプルできれいなラインのパターンが揃っているネットショップ。
オーナーさんは福島在住で、現在は避難されているとのこと。
いつかお店が再開されたら、是非またお買い物したい。

楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→web拍手を送る
[PR]
by kuroyagie | 2011-05-19 10:59 | ソーイング(服) | Comments(0)

マチ付きプルオーバー

久しぶりに洋服を縫った。
小物作りとはまた違った楽しさ、達成感がある。
またぼちぼち作っていこうと思う。

d0224762_1547378.jpg
d0224762_15471746.jpg

パターン: Maille マチ付きプルオーバー
布: Wildberry ラミーグレー

このパターンの特徴は袖下にマチが付いていること。
手順も独特で、ひし形のマチを中心にまず袖を仕上げ、身頃はその後。
初めてのことだらけで「???」だったが、
あまり深く考えず言われた通りに縫っていくと、
アラ不思議、マチ部分ができちゃった♪という感じ。

d0224762_1622643.jpg

パターンはロックミシン前提で縫い代7ミリ込みとなっているが、
あいにくうちは家庭用ミシン(山崎号)のみ。
そんな微妙な幅で縫える自信もないので、縫い代1センチで裁断した。
最近は縫い代はできるだけ折伏せ縫いにしているのだが、
これはマチを付ける関係でジグザグミシンで処理。
幸い、目の詰まった張りのある布だったので、結構きれいに縫えた。
色みは「薄い藤色のような、グレーっぽいような、微妙な色」
とshopサイトで紹介されていた通り。
薄すぎず厚すぎずで、とても縫いやすい布だった。

慣れない手順の連続で仕様書をじっくり見ながら作ったせいか、
私にはめずらしく特に失敗もなく完成。
衿ぐり始末のバイアステープも幅1センチと前人未到(当社比)の狭さだったが、
終わってみればそれなりに縫えていた。
・・・・・・やればできる子!
根拠のない自信がモリモリついた気がするが、よかったんだろうか。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-25 16:08 | ソーイング(服) | Comments(0)

つぶつぶウール

ウールもの駆け込みお披露目第2弾。
昨年:表地、今年:裏地と、年をまたいで作ったもの。

d0224762_14114643.jpg

布: BellyButton つぶつぶウール ジェイブルー
   C&S 海のブロード スモークエメラルド
パターン: はじめてぬう。毎日着る。 ノーカラージャケット

いつもは「作りたいパターンがある→布を探す」ことが多いが、
これは布に一目惚れして、とりあえず買っちゃえ!と購入。
後から作るものを決めた。
d0224762_13122388.jpg


当初はC&S「みんなのてづくり」に載っていたノーカラーのコートにしようか、
と考えていたが、お店の人に聞いたら「ラグラン袖のデザインなので、
ウールで作ると肩のシルエットが変わってくるかも」とのこと。
洋裁本をいろいろ見比べた結果、
Quoi?Quoi?デザインのショートジャケットを作ることに。
本来は見返し仕様の1枚仕立てだが、
C&Sのソーイングレッスンを参考にリバーシブル仕様にして、
ウールの方だけポケットもつけた。

d0224762_14144239.jpg

リバーシブルといっても、同じものを2枚作り、
縫い合わせて引っくり返すだけ。
縫い代の始末を気にしなくていいぶん、
家庭用ミシンしか持っておらず、絶望的にジグザグミシンがヘタな
私のような初心者にはかえって向いているかも。

飾りでくるみボタンを付けた。
仕様書では30ミリとあったが、オカダヤもユザワヤも27ミリが最大。
いろいろ探しまわって、100円ショップで32ミリのものを発見。
布にもよるのだろうが、この生地にはこれくらい大きい方がかわいい気がする。

ここしばらく机の上で作業できる小物ばかり作っていたが、
昨日は久しぶりに布を購入。
徐々に服作りの意欲がわいてきたみたいだ。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-15 14:17 | ソーイング(服) | Comments(0)

ランダムスカート

ここ数日、まるで初夏のようなお天気。
すっかり出遅れた感が否めないが、
年明けに作ったウールのスカートを駆け込みでお披露目。

d0224762_15591412.jpg

パターン: ソーイングナチュリラNo.5 ランダムスカート
布: HARU ベネシアン(ウール) ネイビー

私のソーイング第1号はソーイングナチュリラNo.1のカシュクールワンピースである。
なので、ソーイングナチュリラには勝手に恩義を感じている。
そのNo.5で目を引いたのがランダムスカート。
4つの異なるパターンをはぎ合わせ、さらにタックを2箇所入れることで、
独特のシルエットが生まれるというデザイン。
ただしこのパターン、コンシールファスナー付けがある。
今まで「ボタンとファスナーのある服は作らない」をモットー(?)にしてきたが、
デザインが気に入ったので、果敢に挑戦することに。

いや~、ウールは難しい。
厚みが出るのを承知で、縫い代の始末は得意(?)の折伏せ縫いにしたが、
私のヘタレな腕ではまっすぐピシッと縫えず、縫い目がヨレヨレ。
ついでに写真もヨレヨレだ。うう。
裾も本来は端ミシンをかけて二つ折りにし、手縫いでまつるのだが、
そんな悠長なことをやっていたらいつまでたっても終わりそうにないので、
三つ折して直線ミシンでガーッ(こらこら)。
結果、何だかもっさ~とした仕上がりになってしまい、
「手まつりには理由があるんだな~」と納得した次第(遅いよ)。
しかし実際のところ、ミシンですら気が遠くなるほど縫う距離が長く、
もし2枚目を作るとしてもやっぱりミシンで縫うと思われ。
こういう詰めの甘さが上達しない理由なんだろう。
でもやんないけど。

アタタな失敗がいろいろ重なり、途中からヤサぐれかけたが何とか完成。
でも着てみるとこれが意外といい感じだったので、まあ良しとしよう。
ほとんど黒に近いネイビーなので、
ヨレヨレの縫い目も言わなきゃわからないはず(たぶん)。

ちなみに、コンシールファスナーは思いのほかサクッとできた。
100円程度のおもちゃみたいなファスナー押さえを使うだけで、
ミシンが勝手にムシのきわを縫ってくれる。
誰だか知らないけど、これを考えた人は偉い。
今まで「ファスナー付けがあるから」という理由で端から除外していたパターンも、
これからはどんと来いだ!(←強気)と思うと、何だか嬉しい。
[PR]
by kuroyagie | 2011-04-14 16:01 | ソーイング(服) | Comments(2)
d0224762_11272342.jpg
布:C&S フレンチコーデュロイ ブルーグレー
パターン:conori ボリューミィプル

C&Sのフレンチコーデュロイ、実店舗で手に取った時は特に何とも思わなかったのに、
いろんな方の作品を拝見するうちにどんどん好ましく見えてきて(よくあるパターン)、
ブルーグレーが補充されたのを機に購入。
評判通りとても縫いやすく、控えめな光沢が美しい布だった。

d0224762_112864.jpg

ボリューミィプルは、デフォルトでは「これでもか!」というほど
パフった袖withカフスのデザイン。
自分で着るにはこっ恥ずかしいので、アレンジ例を参考に5分袖withゴムに変更した。
しかしその昔「手長猿」の異名をとった私が着ると、
寸足らずで何だか腕がちょうちんブルマー履いてるみたい(汗)。
仕方なくもともとは三つ折だった袖口の縫い目をほどき、見返しにリバティを足して、
何とか数センチほど長さを出した。
着丈ももう少し長めが好みだったので、これまた裾をほどき、布を継いで修正。

d0224762_11283690.jpg

スクエアネックは前身頃・後ろ身頃とも、左右で1センチずつ(計4センチ)詰めた。
頭が通らないと悲劇なので、新聞紙で作った型紙を貼り合わせ、
ちゃんと着られるか事前に実験済み(笑)。
見返しはリバティSmall Susannaのブルー。
仕様書にはなかったけれど、接着芯を貼ってみた……が、なくても大丈夫だったかも。

このパターンは苦手なギャザー寄せがてんこ盛り。
うちのミシン(山崎号)は旧式なので、粗ミシンに相当する直線縫いがなく、
ギャザー寄せのしつけは手縫い。
それを前後身頃、左右袖の4カ所でやったのだから、自分で自分をほめてあげたい。
このマメさを何か他のことに活かせないものだろうか。

アームホールに余裕があるので、重ね着していてもストレスがなく、
この冬は結構な頻度で着ている。
とはいえ、私が着るとドリフの聖歌隊のように見えなくもないのがツライところである。

コーデュロイを縫ったのは今回が初めて。
ちょうどよそ様のブログで「逆毛」と「順毛」があるという記事を読んでいたので、
毛並みを確認しながら慎重に裁断した。
独学の初心者には、こういう情報は本当にありがたい。
また1つ知恵がついた(メモメモ)。

そういえば、コーデュロイのこと昔は「コール天」って呼んでたなあ。
ベルベット(ベロア)は「別珍」だったし。
……死語!?
[PR]
by kuroyagie | 2011-03-11 11:00 | ソーイング(服) | Comments(0)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie