Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

中骨が見えないVネックのブラウスを作りました。

d0224762_12134756.jpg

パターン:MPL Vネック2シルエットブラウス
布:C&S コットンパピエ ホワイト

このパターンは後ろも浅いVネックになっていて、そのぶん前身頃のVが深すぎず、またVの幅が狭いので鎖骨も見えにくい、というデザイン。
深いVネックを着ると鎖骨どころか中骨あばらまで見えかねない平目体型の女には、うってつけのパターンである。

d0224762_12144220.jpg

はじめはC&Sの海のブロードで作ろうと思っていたが、お店に行ったらコットンパピエも置いてあって、見ればパリパリ&シャカシャカ&シワシワと、まるで「こういうのが好きなんだろ?」と言われてるような質感。
予定をコロッと変更して、パピエを購入したことはいうまでもない。

d0224762_1215472.jpg

パターンは袖あり・袖なしでシルエットが違い、袖ありバージョンは「Aラインで丈長め&裾はまっすぐ」だが、袖なしバージョンを参考に「ストレートラインで丈短め&ラウンド裾」に変更した。

d0224762_12153696.jpg

今回の「やっちまった」箇所は前身頃側のVネック。
かなり鋭角なVで、切り込みが足りなかったのか、Vの先端から裾にかけて変な攣れが入ってしまう。
仕方がないので攣れがシワに埋没するよう、お洗濯後ネジネジねじってなんちゃってワッシャー加工を施した。
少々やりすぎてプリーツプリーズみたいになってしまったが、もともとシワシワだから別に変じゃないし!

逆に今回よかった点は、先日作ったスカートと布は違うが質感や色は似ているので、セットで着ても違和感ないところ。
またコットン100%だからか、同じパリシャカ布でもカサコソ音がしない。
Vが浅いのでかがんでも中身が見えにくく、衿元が詰まったババシャツでなければ背中側のチラ見えも心配なし。立派な鎖骨も隠れます。
身頃に適度なゆとりがあるシルエットもいい感じ。
なかなか気に入ったので、また作るとしたらVネック部分をもっと精進せねばだな。

d0224762_1217134.jpg

上下セットで着た時用に、スカートの余り布でまわしサッシュベルトを作った(写真は改造後の完成図)。

参考にしたのはmany dropsのおまけレシピ「イージーサッシュベルト」。
最初はレシピ通りに作ろうとしたのだが、幅12cm(×2)、全長2m超と結構な用尺が必要で、全然足りないため取れるだけの長さに変更、それでも足りなかったため、一部ブラウスの余り布も継ぎ足して、何とかそれらしきものが完成した。
しかし巻いてみたら短すぎてちょうちょ結びはできず、幅広の布をぎゅぅと結んだ様はまさにお相撲さんのまわしそのもの。

d0224762_12253512.jpg

仕方がないので手持ちのサッシュベルトを参考に、リボン部分の幅を細くし先端を斜めにカットしたら、何とか見られるものになったのだった。ふぅ。

d0224762_122431100.jpg

脇に通し口があって、ベルトをねじらず巻ける仕組み。ここ気に入った!
せっかく作ったので、どうかサッシュベルトの流行がしばらく続きますように(なむなむ)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
アジア方面は突っ込みどころが多すぎて、写真ネタには事欠かない(笑)。えーーー、お江戸はSelected 5も見かけないよ~。もしや中部・北陸地方限定!?
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2017-06-21 12:29 | ソーイング(服) | Comments(10)

梅仕事2017

梅シロップを仕込みました。

d0224762_14352334.jpg

今年のレシピは有元葉子さん。
メインは「叩いてつぶした青梅をメープルシロップに漬ける」というものだが、メープルシロップの代わりにハチミツと日本酒で作ってもおいしいという。

・・・・・・えっ、ハチミツと日本酒?
ハチミツ単独なら作ったことあるけど、日本酒を混ぜるの??
い、一体どんな味なんだろう???

メラメラメラ・・・・・・(←好奇心の炎が燃え上がる音)

d0224762_14314742.jpg

いつもはシーズンも終わる頃のんびり黄熟梅で作ることが多いが、今年は青梅を入手すべくすぐさまスーパーに走ったのだった。

d0224762_1432117.jpg

1キロ漬け終ったところ。
1週間後から飲めるそうだが、試しに3日目に飲んでみたら、甘さ控えめ、すっきりさわやか~なお味だった。

というわけで、今年の夏はこれで乗り切ります。

********************

サー・トーマス(←ここ重要)リプトンのTEASTINGアソートメントパックを買いました。

d0224762_14323050.jpg

このパックには5種類の紅茶がセットされており、ダージリン・アッサム・セイロンはわかるとして、ヌワラエリヤとディンブラも入っているというのが非常に珍しい。
BRUTUSの紅茶特集で見かけて以来、ずーーーっと探していたのだが、これがどこにも売ってない。

d0224762_14354257.jpg

たまたま帰省した折に近所のスーパーで発見、大喜びでまとめ買いしたものの、いざ飲もうとよく見たら、SELECTED 5という別の商品だった(なぬー)
結局、リプトンの直営店「サー・トーマス・リプトン ティーハウス ギンザ」まで出向いて、ようやく入手できたのだった。

で、肝心のお味の方はというと・・・・・・うーん、フツー?(え)
日東紅茶「4 Selection Pack」のウバがあまりにもすばらしかったので、それに比べるとフツーかなあ(←個人の感想です)
ま、10袋入って¥324だから文句言うな!って感じですが。
そもそもヌワラエリヤやディンブラの特徴をティーバッグで再現するのは難しいと思うので、いっそリプトンもウバを出せばガチンコ勝負になって面白いのに(私が)

リプトンは紅茶の移動販売車を走らせたり、TEASTINGシリーズでは専用のテイスティンググラスを作ったり、遊び心のある企画を打ち出していて、最近ちょっと注目している。
この勢いで是非ウバのティーバッグも作っていただけないものだろうか。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2017-06-07 14:44 | 食べもの | Comments(2)

ロングバイヤススカート

スケバン丈のフレアスカートを作りました。

パターン:MPL ロングバイヤススカート
布:表地 生地の森 コットンナイロンウェザークロス スーパーホワイト
  裏地 ユザワヤ オデッサ 白

d0224762_12413347.jpg

バイアス断ち&4枚はぎのセミフレアスカートで、パターン通りに作ってくるぶしが隠れるくらいの丈。
左脇(右脇にあらず)のコンシールファスナーつけがあるものの、スカート本体だけなら割とサクサク縫えると思う。
ただ今回は透け防止に裏地をつけたので、そちらの作業がなかなか面倒だった。

オリジナルは裏地なしだったため、本体スカートのパターンをベースにして、yuca先生のブログを参考に、裾まわりの分量を減らした裏地パターンを作った。
といっても、ウエストからヒップまではフィットした造りなので、ブログにある通りウエストから裾までフレアをたたむと腹が入らない可能性大なため、ウエスト~ヒップはそのまま&ヒップの下~裾をたたむ、という変則技(?)で調整した。
また、MPLの仕様書には「バイヤス地の目なのでストレッチ素材でなくても自然にフィットしてくれる」とあり、「んじゃ、裏地はどうすれば???」と問い合わせたところ、裏地もやっぱりバイアスでとるのがお勧めです、とのことだった。

d0224762_12425766.jpg

というわけで、テケトーに作ったパターンで裏地をバイアス断ちし(わで前後1枚ずつ)、5ミリのきせをかけて縫い合わせ、ファスナーあき部分はテケトーに手でまつりつけて、何とか完成させた次第である。
「こんなんでいいのかな~」と思わなくもないが、すでに何度か着用して特に問題なく履けているので、これでいいのであろう(たぶん)

布はコットン70×ナイロン30の混紡。
パリパリ&シャカシャカ張りがあり、シワ加工が施されていて、紙のようなドライな質感の布である。
とろみのある布で作った方がフレアはきれいに出るだろうと思われ、どちらにするか迷ったが、「シワシワ好き」の血には抗えず、パリパリ布を選択。
結果、ふんわり柔らかなフレアではなく、カキンコキンと直線的で硬質なフレアになったが、まあこれはこれでいいんじゃないでしょーか。

d0224762_12433570.jpg

硬質ついでに、はぎあわせ部分にステッチを入れてみました。

このパターンは数年前、MPLの終了品番再販売企画で購入した4つのうちの、最後の1つ。
最近、販売終了パターン関連企画でまた新たに4つ買ってしまったので(エンドレス・・・)、何とか先に片づけることができてホッとした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2017-05-24 12:49 | ソーイング(服) | Comments(15)

削り直し

削り直しに出していたまな板が戻ってきました。

d0224762_12352381.jpg

このまな板は12年前、松本にある陶片木というお店で買ったもの。
気がつけばあちこち傷だらけ、黒ずみも目立つようになり、以前から「そろそろ削り直しに出さねば」と思っていた。
最近お仕事で松本に行く機会があったので、ついでにお店までまな板を持参した次第である。

d0224762_12361447.jpg

しかし店主さんによれば、私が買ったまな板は通常より薄い規格外の商品で、本来削り直しには対応しておらず、それでもいいという人にのみお安く売っていたのだとか。

・・・・・・そういや購入時にそんなようなこと言われたっけ(←今思い出した)

まさかの削り直し不可という展開に倒れかけたが、最終的に「完全にきれいにするのは無理だけど、できる範囲でよいのであればやってみましょう」と言ってもらえたので、「今よりマシになるなら御の字」と一も二もなくお願いすることにした。
てなわけで、あまり期待もせず待つこと約3週間、届いたブツを開封してみると。

・・・・・・十分きれいじゃん!

d0224762_12363432.jpg

いちばん深い包丁跡がうっすら残る以外は、目を凝らさないとわからないくらいスベスベになっている。

d0224762_1237075.jpg

特に驚いたのが、三日月のくぼみ部分。
水が溜まりやすいため黒ずみがひどかったのだが、思った以上にきれいになっていた。

d0224762_12371619.jpg

経年劣化で自立しなくなっていた大サイズも、削り直したらまた立つように。
立った立った、まな板が立った~~~♪(嬉)
削り直したことで檜の香りが復活したのも、使っていて嬉しい点である。

d0224762_12402541.jpg

所定の収納場所はシンク上の水切り棚(の下)。
くぼみ部分があるお陰で、このスペースにちょうどピッタリ収まるのが毎回快感です(笑)

いや~~~、思い切ってお願いしてよかったなぁ。
すでに元は十分取ったけど、さらにあと10年は使って使って使い倒す所存である(え?)

******************

d0224762_12383262.jpg

春の御宅活動でフィギュアスケート国別対抗戦に行ってきました。

d0224762_12391788.jpg

世界選手権後ということもあり、男子選手が総じてお疲れ気味だったのに対し、女子の皆さんはタフだった。
特にすばらしかったのが樋口新葉選手。
ぐいぐいスピードを上げながら跳ぶジャンプはキレッキレで、最後まで集中が途切れず、SP・フリーとも会心の演技をしてみせた。
以前からジャンプには定評のある選手だったが、昨シーズンあたりから体の使い方に緩急がついて、プログラム全体の質が上がってきた。
遠く2階席から見ていても、思わず知らず目が引きつけられる選手である。

今季は浅田真央選手に続いて村上佳菜子選手も引退を表明。
それでも宮原知子選手から本田真凜選手まで、強い選手がひしめく状況は変わらず、平昌五輪の2枠を一体誰が勝ち取るのか、まったく予想がつかない。
来季は本当にすごい争いになりそうだ(震)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2017-05-10 12:54 | 雑貨 | Comments(10)

キッチンクロス

ハギレいろいろでキッチンクロスを作りました。

d0224762_12311210.jpg

以前、雑貨屋さんできれい色リネンのキッチンクロスを買いかけたことがある。
しかし、いざレジに持って行く段になってふと思った。

「リネンなら家にいっぱいあるじゃん」

洋服を作った残りの、そこそこ面積はあるけれどもう1着洋服を作るには全然足りないハギレのあれこれが、もう何年も眠っていることを思い出したのだった。

d0224762_12312474.jpg

そこでさらに思い出したのが、昔IKEAで買った1枚¥79の激安キッチンクロス。
値段が値段だけに文句は言えないが、これがもう笑っちゃうほど水を吸わなかった。
「洗いをかける」以前に「一度も洗ってないだろ」と突っ込みたくなるよな吸水性のなさで、たぶん仕入れた布をそのまま裁断&縫製したのではないかと思われる。
いわゆる「客が育てろ育てる」タイプの商品なのであろう。

あまりに水を吸わないので、使うたびに「今度こそ捨ててやる~」と毒づいていたが、しぶとく使い続けていたら、ある時から急に水を吸うようになった。
以来かれこれ3、4年は使っているが、もとが丈夫なのか今でもしっかり現役だ。

というわけで、結局キッチンクロスを買うのはやめにして、その代わり家にあるハギレをテケトーに縫って、気長にお洗濯をくり返すことにした次第である。

d0224762_12315867.jpg

ハギレはリネンのほか、水を吸いやすそうなコットンも使った。
どれも長方形という点は共通だが、縦横のバランスは布によってまちまち。
一応まっすぐに裁断したつもりだったが、そこはテケトー大王ゆえ、完成後たたんでみたら微妙に台形だったものもある。
ま、そういうデザインですから~(違います)

縫う方も最初こそアイロンで三つ折りしてから縫っていたが、途中から面倒になって指アイロンに変更。
角だけは額縁縫いにしたが、対角線を縫う本格的なものではなく、角を折り込んで縫うなんちゃって版である。

d0224762_12322156.jpg

ネットを見ながら「こんなかな~」とテケトーにやったので最初は角部分でコケまくったが、さすがに何回も縫っていたらだんだんコツがつかめてきて、これはまあまあキレイに縫えた数少ないやつです(笑)

完成品はまず何回か洗濯だけして、その後は実際に使っては洗うことをくり返した。
結果、リネン or コットンを問わず、もともと洗いのかかった布(例:C&S洗いざらしのハーフリネンダンガリー)はなじむのが早かった。
一方、リネンでも洗い加工してなさそうなもの(例:C&Sやさしいリネン)は、「洗濯のみ10回+使って洗う10回」ぐらいは工程をくり返して、やっと水を吸うようになった。
市販品はこの20回込みで売られているんだな~、と納得した次第である(除くIKEAの¥79)

キッチンクロスを作った残り、ハギレ中のハギレはウェスにして、これで完璧に使い切ったどー!
いつか小物でも作ろうといつまでも塩漬けになっていたハギレが片づいたので、大変気分がよい。

******************

以前、お若いお嬢さん向けのお店で買った、ラメラメシルバー×キンキラゴールドのリバーシブルトートバッグ
ヘビロテしていたら持ち手の内側(ゴールド側)がベロベロに剥げてきたため(ちっ)、ネットで見つけたシルバー合皮テープでつけ直した。

d0224762_12371136.jpg

テープはマットなシルバーで幅もオリジナルより若干太めだったが、テケトーに直した割には意外と違和感なく収まった。

d0224762_1553658.jpg

元々お安かったとはいえ買って1年も経ってないので、また使えるようになって一安心。
真に元を取るその日まで、使って使って使い倒す所存である(怖)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
# by kuroyagie | 2017-04-19 12:41 | ソーイング(小物) | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie