Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

削り直し

削り直しに出していたまな板が戻ってきました。

d0224762_12352381.jpg

このまな板は12年前、松本にある陶片木というお店で買ったもの。
気がつけばあちこち傷だらけ、黒ずみも目立つようになり、以前から「そろそろ削り直しに出さねば」と思っていた。
最近お仕事で松本に行く機会があったので、ついでにお店までまな板を持参した次第である。

d0224762_12361447.jpg

しかし店主さんによれば、私が買ったまな板は通常より薄い規格外の商品で、本来削り直しには対応しておらず、それでもいいという人にのみお安く売っていたのだとか。

・・・・・・そういや購入時にそんなようなこと言われたっけ(←今思い出した)

まさかの削り直し不可という展開に倒れかけたが、最終的に「完全にきれいにするのは無理だけど、できる範囲でよいのであればやってみましょう」と言ってもらえたので、「今よりマシになるなら御の字」と一も二もなくお願いすることにした。
てなわけで、あまり期待もせず待つこと約3週間、届いたブツを開封してみると。

・・・・・・十分きれいじゃん!

d0224762_12363432.jpg

いちばん深い包丁跡がうっすら残る以外は、目を凝らさないとわからないくらいスベスベになっている。

d0224762_1237075.jpg

特に驚いたのが、三日月のくぼみ部分。
水が溜まりやすいため黒ずみがひどかったのだが、思った以上にきれいになっていた。

d0224762_12371619.jpg

経年劣化で自立しなくなっていた大サイズも、削り直したらまた立つように。
立った立った、まな板が立った~~~♪(嬉)
削り直したことで檜の香りが復活したのも、使っていて嬉しい点である。

d0224762_12402541.jpg

所定の収納場所はシンク上の水切り棚(の下)。
くぼみ部分があるお陰で、このスペースにちょうどピッタリ収まるのが毎回快感です(笑)

いや~~~、思い切ってお願いしてよかったなぁ。
すでに元は十分取ったけど、さらにあと10年は使って使って使い倒す所存である(え?)

******************

d0224762_12383262.jpg

春の御宅活動でフィギュアスケート国別対抗戦に行ってきました。

d0224762_12391788.jpg

世界選手権後ということもあり、男子選手が総じてお疲れ気味だったのに対し、女子の皆さんはタフだった。
特にすばらしかったのが樋口新葉選手。
ぐいぐいスピードを上げながら跳ぶジャンプはキレッキレで、最後まで集中が途切れず、SP・フリーとも会心の演技をしてみせた。
以前からジャンプには定評のある選手だったが、昨シーズンあたりから体の使い方に緩急がついて、プログラム全体の質が上がってきた。
遠く2階席から見ていても、思わず知らず目が引きつけられる選手である。

今季は浅田真央選手に続いて村上佳菜子選手も引退を表明。
それでも宮原知子選手から本田真凜選手まで、強い選手がひしめく状況は変わらず、平昌五輪の2枠を一体誰が勝ち取るのか、まったく予想がつかない。
来季は本当にすごい争いになりそうだ(震)

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
Commented by chocotto-san at 2017-05-10 15:46
うわぁ〜、なにこれ!!こんな可愛いまな板があるんですねー!!もー、お洒落だなぁ、黒やぎさん♪ いつも、お洋服も、こだわりポイントが、こそっとあるものを作られているから、お洒落な方だなぁとは思っていたけど、まさかの、まな板まで!?!?こだわりを感じますねー! こんな可愛いまな板がキッチンにあったら、お料理も楽しくなりそう!(と、一応、言ってみる。)
12年使って、さらに、お直しに持ち込まれるのもいいなぁ。職人さん、泣いて喜んだかと思う〜。
松本って、クラフトのイメージ、確かにありましたが、ますます、こういうものをみちゃうと、クラフトのイメージ、定着です!

うふふ。お宅活動も活発ですねー。
もう、新しい人の名前とか覚えられません・・・。ボランティアガイドの2020年は、すぐそこですね!!

バナナに目が釘付けになりました(笑)。バナナにもってこいの場所ですね!!
Commented by kuroyagie at 2017-05-10 17:34
chocottoさん、こんにちは~

丸いまな板は時々見かけるけど、これはくぼみがあるのがミソなんだよねー。自立させるためかと思ってたけど、店主さん曰く「くぼみ部分から切った食材をこぼさず移せる」そうで。12年間知らずに使ってたよ(笑)。こうして改めて写真見ると、お直し前のは相当ヨレヨレだね・・・ここまでキレイになるとは思ってなかったので、店主さんと職人さんには感謝感謝です。でもお直し受けてくれることになって、喜びのあまり「あと10年は使います!」と宣言したら、店主さんがビミョ~な顔してた(笑)。

そうそう、これS字フックに引っかけた、なんちゃってバナナツリー。ただし夏場は熟成が進みやすいので要注意。夜中にバナナが根元からちぎれて落下、シンクに激突した音で叩き起こされたことがあります(笑)。

考えてみれば、来年平昌五輪が終わったら、次はいよいよ東京五輪だもんねえ。早いわ~~~。何か焦る・・・・・・
Commented by Freni at 2017-05-10 22:59 x
黒やぎさん、こんばんは〜♪

もう、黒やぎさんの所にお嫁入りする子たちはなんて幸福ものよ!!これだけ大事にお使いだと、道具たちも応えてくれるでしょうね〜♪それから、作り手さんの顔を知ればこそ、より大事に使おうと思いますものね!削り直すと木の香り復活も嬉しいオマケで(笑)。

かつてフィギュアは共産圏やヨーロッパ勢で占めていたのに、最近は日本人やアジア系がひしめいていますねー。町田くん引退していたとは…結構好きでした(何の告白w)。
Commented by kuroyagie at 2017-05-11 14:23
フレーニさん、こんにちは~

買ったもののあまり使われることなく断捨離されるブツも結構あるんですよ~(反省)。これは形と大きさが絶妙なうえ軽いので、気に入って使い続けるうち12年も経ってしまいました。そうそう、木の香り復活は嬉しいオマケでした。そういえばこれ檜だったんだ~と、久しぶりに思い出しましたYO!

ほんとほんと、かつては共産圏とヨーロッパ勢がメダル独占してましたよねえ。欧州選手権なんて、事実上の世界選手権だったし。今じゃ男子シングルは、フェルナンデス選手を除けば北米勢も含めてアジア系ばっかりですもんね。技術もさることながら、見た目や体型もむしろアジア系の方が見栄えがいいというのが不思議というか感慨深いというか。あとメンタルも、アジア系の方が根性ありそう(例外はロシア女子)。いろいろ隔世の感がありすぎて、そりゃ私も年をとるはずだ~と納得です(笑)。

え、タトゥ~キ・マチィ~ダの引退を知らなかったと!? 今やアイスショーで芸術を爆発させてますがな。私も現役時代の「エデンの東」とか、結構好きでした。
Commented by aki at 2017-05-12 08:26 x
黒やぎさんの生活用品は、いつも機能性とデザインが兼ね備えてて、セレクトがすごいなー!
まな板まで素敵なんて、黒い御殿の奥深さに感心だわ!
私、こういうなの超テケトーに買っちゃう。
松本まで、まな板を持っていく黒やぎさんにちょっとだけ笑った(あくまで少しよ)
カバン開けたらまな板、、、、。
Commented by uteomma at 2017-05-12 09:55
おお~、松本までいらしたのねっ。って、ご近所みたいに言うけど、ここから3~4時間かかるって(笑)夏にサッカーの遠征があって、高速で行くのか、安房峠を越えて下道でいくのか、軽く紛糾してるので反応してしまったー(関係ない話でめんご)
ほんと、ほんと↑akiさんのおっしゃるとおりだわ~。
大丸の催事場で「黒やぎさんの暮らしと器展」見てみたい(笑)なんで大丸かよくわからんけど。
えー、私もタトゥ~キ・マチィーダの引退しらなんだ!言動とか風貌とか(笑)、マニア(あたしのことw)にはグッとくる感じだったよー。そうなんだぁ。
Commented by kuroyagie at 2017-05-12 14:47
akiさんこんにちは、こっちにもコメントありがトン♪

私もこのまな板買うまでは、学生時代に買った超テケトーなまな板を延々使ってたよー。これはくぼみ部分がいいお仕事してるんだよね。狭い調理台にボウルや食器が出しっぱなしになってても、くぼみの丸がボウルのカーブに収まって場所をとらないので、いちいち片づけなくてもそのまま作業できるの。くぼみがぴったり収まるたびに嗚呼快感(笑)。

> 松本までまな板を持っていく黒い動物に大笑い(←ちょっと盛ってみた)
うん、自分でも笑えた~。これがヒコーキだったら、手荷物検査でドン引きされるね。傷だらけだし。わざわざ持って行っただけに、削り直し不可という話になった時は「これをまた持って帰るのか・・・」と目の前が真っ暗になったよ。引き受けてくれて心底ホッとしました。
Commented by kuroyagie at 2017-05-12 15:07
ウテオンマさん、こんにちは~

以前、富山のクルクル寿司に行った時、実は長野から食べにくるお客さんがめちゃ多いという話を聞いたけど、それの逆パターンだね! 車があれば双方のおいしいものを食べに行けていいなあ。裏山水~。

ギャハハ、黒い動物の暮らしと器展て! それも大丸!! ヒ~~~、腹痛い。思わずらっきょう漬けるガラス瓶とか、古いマッフリャーで作った湯たんぽカバーとか、出典する品々をあれこれ想像してしまった。会場はやっぱり9階とかにある特別催事場だよねぇ(笑)。

タトゥ~キ・マチィ~ダは2014年暮れの全日本で突然の引退宣言をして(某お台場TV局の放送終了直後)、スケオタ界が大騒ぎになりましたがな。マニアにグッとくる感じ、わかるわ~。ご本人もマニアックぽいけど、ファンの皆様も相当ディープ(?)な方が多い印象。去年のアイスショーは聖子ちゃんの曲で滑ってたよ。我が道を行く感じが見ていて面白いです。
Commented by まるちゃん at 2017-05-15 08:11 x
大事に物を使われるんですねえ♪ 見習わなくては^^
いつでも何でも買える時代に、本当に素晴らしいことですね。
それと、私もこの形にびっくり!
大きな物、小さな物を切るときに使い分けているということですね?
形に機能性と遊び心がありますね^^
松本市も何度も旅行しています。いつかアートクラフトフェスの時期に合わせて行きたいなあ、と思っていますよ。

黒やぎさんの数々のこだわりの品々を一度どーんと拝見したいです♪ また機会を作ってぜひぜひ^^
Commented by kuroyagie at 2017-05-15 13:13
まるちゃんさん、こんにちは~

まな板の削り直しって今回初めて出したのですが、キレイになるもんですね~。数年前からすでに傷だらけだったので、もっと早く出せばよかったー! 金継ぎとか削り直しとか、日本にはいろんなお直し文化が残っているので、そういうのをうまく利用しながら、お気に入りのモノを長く使い続けていきたいな~と思いました。
そうそう、初めてお店で見た時は、この三日月型と大小サイズ違いというのがツボで❤ ちっこい方はちょこっと何か切ったりする時に、さっと取り出して使えるのが便利です。

松本は独特の文化のかほりがあって楽しいですよね~。一時期、クラフトフェア目当てで毎年行ってました。そういえば、今年ももうすぐですね! 期間中は街中でイベントが開催されるので、レンタル自転車で駈けずり回るのが楽しくてお勧めです♪

また何かよさげ(?)なブツがあったら載せちゃいますので、見てやってください。
by kuroyagie | 2017-05-10 12:54 | 雑貨 | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie