Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

平日台湾~其壱~

台湾に行ってきました。

d0224762_13201173.jpg

台北の気温は20℃前後、くもりの日が多かったものの雨に降られることはなく、観光には理想的な気候だった。
しかし現地の人にしてみれば冬の気候らしく、ダウンやコートを着込み、マフラーをぐるぐる巻きにしている人も。

d0224762_13213437.jpg

そのくせ地下鉄の中は冷房が効いているのだからよくわからない。
どっちにしてもダウンは暑いだろ!と、シャツ1枚で汗をかいている女は思うのだった。

わからないといえば、駅の地図も謎だった。
目的地に着いて出口を確認しようと地図を見ると・・・・・・あれ、さっきガイドブックで見たのと何か違う???

d0224762_13215263.jpg

この地図、北が下になってるじゃん!
割と早い段階で気がついたからよかったものの、そうじゃなかったら真逆の方向に行くところだった。
あぶないあぶない。
・・・・・・って、ここは南半球か!

d0224762_13283393.jpg

その後、注意して見てみると、普通に北が上の地図もあったが、

d0224762_13285323.jpg

左向きのもあれば、

d0224762_1329448.jpg

右向きのもある。
・・・・・・って、何でもありか!

ちなみに、上の左右2枚の地図は同じ駅に設置されていた看板の表と裏。
なぜ片面は左でもう片面は右なのか。
つか、なぜそもそも上じゃないのか。
ひょっとして何か深い理由でもあるのだろうか(風水とか)
・・・・・・もしやテケトーに決めてたりして(ぼそ)。

行く先々で向きがバラバラな地図を見るたび、「これは何かの挑戦状だろうか」と、超がつく方向音痴の女は思うのだった。

d0224762_13294717.jpg

そんなこんなで駅の地図に翻弄されつつ、布屋さんもパトロールしてきた。

d0224762_13321316.jpg

迪化街にある永楽市場は、2階全部が布屋さん、3階は仕立て屋さんが入っている。

d0224762_13221959.jpg

市場の周りにも副資材のお店や高級ブランドの布屋さんなどが集まっていて、日暮里繊維街を思わせるようなエリアだった。

d0224762_13295956.jpg

「チュールレースでスカートを作ろう!」コーナー。

d0224762_133095.jpg

台湾のキャスキッドソン(?)、花布のバッグ。

d0224762_13301822.jpg

シーチングでチャイナブラウス試作中。

d0224762_13312939.jpg

パターンを引いている(修正している?)おねいさん。

d0224762_1435581.jpg

布の・・・・・・店?

迪化街は北に行けばドライフルーツやからすみなど乾物を扱うお店が並び、合間におされな雑貨屋さんやカフェなどが点在し、ローカルな食堂や甘味のお店など食べるところにも事欠かない。
食っちゃ店見て食っちゃ店見て食(以下略)とやってるうちに1日が暮れる、大変楽しい場所だった。

もし台北に住むことがあったら、1日中ここに入り浸ってるんじゃなかろうか。
おされショップもじわじわ増えているようだし、機会があったら是非また行きたいものである。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
耳より紅茶情報、また教えてくださいね~♪
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
Commented by chocotto-san at 2016-12-14 21:25
わ〜、マルセイユだと思っていたら、迪化街だったのねー!!!(で、インスタを覗きに行ったら、美味しいものレポも!!)インスタが美味しいものシリーズなら、こちらは、地図から導入とは・・・。恐れ入りました。やっぱり、ただ者ではない黒やぎさん。方向音痴とか書いていらっしゃるけれど、私、その台湾式の不可思議な地図(北が上にない・・・)の存在に気がつきませんでした(汗)。地図すら読もうとしないダメダメ旅行者でしたー。
で。迪化街!2階に布屋さんがあったんですねー!知らんかったー。可愛いリボン屋さんとか、ボタン屋さんとかしか見つけられなくて「どこが繊維街なの?」「こんなもんかな」なんて、テキトーに自分に折り合いをつけていたのでありました。恥ずかしーー。

うふふ〜。「もし台北に住むことがあったなら」っていう文言!!前に、シンガポールかどこかに行ってらっしゃった時も、「もしここに住むなら」って妄想されてませんでした???(笑)。私も、そういうことします!!
「其の1」ってあるから、まだまだシリーズとして続くんですね!楽しみにしています!!
Commented by kuroyagie at 2016-12-15 12:55
chocottoさん、こんにちは~

マルセイユないない(笑)。今回、羽田~松山ルートで行ったんだけど、アクセスいいわ飛行時間短いわで気分は国内旅行。いや~~~台湾近くて便利!
超方向音痴だから、よくよく地図見ないととんでもない方向に行っちゃうのよー。地図見てもしょっちゅうまつがってるけど(ダメじゃん)。そんな私があのフリーダムな地図を前に、どんだけ混乱したことか。台北の地下通路で右に左に体をクネらせてる怪しい女がいたら、それ私ですから(笑)。

え、永楽市場の2階に行きそびれた!? そ、そりはショックかも・・・「近くにいながら知らず行きそびれ、後から知って地団太」は海外旅行あるあるだよね。私もよく「知ってたら行ったのに! キーーーッ!!」となってる。でも台湾は近いからきっとまた行けるよ!

そうそう、シンガポールとチェンマイとサンフランシスコとパリは、もし住むことになっても現地調達でハンドメイド生活できそうなことがわかったよ。特にアジア圏はお安くお仕立てもできそうだから、お気に入りのパターンとか持ち込んであれこれオーダーしてみたい(妄想)。
Commented by uteomma at 2016-12-15 13:32
冒頭の鼻血看板にノックアウトだわー。なんじゃこりゃ(笑)
いや、私のような地図の読めない女からすると、北があっちゃこっちゃの方が、目的地に着けそうと思った。(きっと私のような人が作ったに違いないw)

わ~、台湾にもこんな手芸問屋街あるんだねー。
ソウル東大門総合市場を懐かしく思い出しまする。
さすが、お国情緒出てるわ~。色使いとか。なんちゃってキャスキッドソンうけるー(笑)
そうか、私の行ったソウルバージョンも、上の方にお針子さんがいたのかも。最後のおねいさんの型紙?生地?マックの袋なのか。
黒やぎさん、あちこち行かれるから、世界の布屋街レポ今後も期待しております。というか、黒やぎさんもインスタされてるんだぁ。なになに、美味しいモンシリーズ?探してみよ~。
Commented by kuroyagie at 2016-12-15 15:05
ウテオンマさん、こんにちは~

ほんと、この鼻血看板なんだろねー。もしや芸術なのか!?(たぶん違)
思うに、直感やイメージが先行する右脳タイプの人は、この地図見ても違和感ないんじゃないかなあ。私は「地図は北が上」という思い込みがあったから、最初見た時は「★※▽■*☆!!!」でした。

永楽市場とその周辺はまさに台北の日暮里繊維街、布好きのワンダーランドだったよー。特に副資材のお店がなかなかいいの。次に行ったら1日じっくりパトロールしたい!
ソウルに行った頃はまだソーイングやってなかったから、今行ったらめっちゃ楽しいだろうなあ。アジアの布屋さんはどこもカオスな雰囲気で楽しいよねえ。

花布トート、遠目で見たらキャスそっくりだよ。んで、台北市内にはキャスのお店もあるの。値段は1桁くらい違いそうですが。
おねいさんは既存の型紙にカーブ定規当てて、補正(?)してる風でした。マックの紙袋を再利用したのかな。言われてみれば、型紙によさそうだよね。

ソーイング始めてから、旅先で布屋さん巡りをする楽しみができました♪ 店先にゴツい工業用Brotherミシンとかあるのを見ると、「よぅ兄弟!」と挨拶したくなる。インスタはちょっと前から始めたの。今のところ、食べものネタと御宅ネタしかありません(笑)。
Commented by Freni at 2016-12-18 17:47 x
こんにちは〜!台湾にご旅行されてたのですね!!最近はNHK『2度目の旅 おこづかい○万円で充実旅』を観て、海外に行った気分になっていまーす(悲)。私もアジア圏はご多聞にもれず、ヨンさまブーム(ぎゃ〜!!)の時にソウルに行ったのみです。食、マッサージ、ショッピング、くぅ〜、たまりませんね♪♪コピー商品は笑ってしまうのもありますが、精巧に作られているものは本当に凄いですよねー。

年明けになりますが、遠藤周作原作の映画『沈黙 silence』のロケ地が日本だとコストが高く付くので、なんと!台湾なんですっ!!アップされている看板の名前(こちらは観光客用かも?)からしても、随所に植民地時代の日本の名残がありますものね…。ロケハン、良いところに目をつけたなぁって。
Commented by kuroyagie at 2016-12-19 11:08
フレーニさん、こんにちは~

>『おこづかい○万円で充実旅』を観てなりきり海外旅行
ワハハ、それ私もやります。イメトレ大事。旅は妄想から始まるのです(ホントか)。
台湾はずいぶん前に一度行ったのですが、鼎泰豊で小籠包を食べたのと、ドライシャンプー(?)をしたことぐらいしか覚えてない・・・今や女子(含む自分←え?)に大人気の旅行先らしく、ガイドブックを買いに本屋さんに行ったら、あまりにもいろいろあって眩暈がしました。
ヨンさまブーム、懐かすぃ~(笑)。今行ったら、ウテオンマさんもお勧めされているソウル東大門総合市場に入り浸ってそうです。アジアはお気楽に旅できるのがいいですよね。

>『沈黙 silence』のロケ地が台湾
へええええ、そうなんですか。植民地時代の工場や倉庫、ビルをおされにリノベしたアートスポットや複合ショップなんかがぽつぽつ出来ていて、古いものを再生しようという動きが盛んらしいです。今や日本より日本らしい風景が残っているのかもしれません。ほんと、ロケハンはいいところに目をつけましたね!
by kuroyagie | 2016-12-14 13:48 | | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie