Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

椅子カバー

1年越しの懸案だった椅子カバーをやっとこさ作りました。

d0224762_1834513.jpg

布: トマト本店 11号シャンブレー帆布
   雑貨屋さんで買ったインテリアファブリック
   安田商店三丁目店 グランジウォッシュリネン

昨年、MUJIのソファカバーを作り直した際、ついでに椅子カバーも作るつもりでいたのだが、いざ縫おうとしたら座面部分だけ布が足りないことが判明。
同じ布を買い足すか全然別の布にするか、つらつら考えているうちに1年経ってしまったが、腐っても帆布、裁断済みの布が場所をとるので、ようやく重い腰を上げた次第である。

不足分の布はいろいろ検討した結果、ずいぶん前に雑貨屋さんで買った、ヴィンテージファブリック(というより単なる古布?)のハギレセットに入っていたものを使うことにした。
ただし、一番負荷がかかる座面部分に使うには少々薄手で、用尺も足りないので、座面部分と背もたれの一部に帆布を使い、古布は背もたれの下側、のれんみたいな部分に足すことにした。

d0224762_185960.jpg

ソファカバーと違い、椅子カバーはパーツがすべて直線という簡易版なので、すぐ縫えるだろうとたかを括っていたが、案の定(?)問題発生。
今回はきちんと寸法を測って布を裁断したのだが、背もたれの両脇に厚みがあることを失念していたため、そのまま縫うと左右幅が足らず、背もたれにかぶせられない。

d0224762_1853086.jpg

仕方がないので急遽ハギレでマチを作成し、何とか辻褄を合わせたのだった。
ったく、簡易版で十分用をなすはずが、なんでわざわざこんな面倒なことを・・・・・・メンドクサガリーノなのにッ!

d0224762_1855792.jpg

のれん部分の下側には、アクセントになるかな~とリネンのハギレを付け足した。

d0224762_1884516.jpg

マチ問題で予想外に手間取ったが、かさばる帆布が片づいたので、ま、結果オーライかな。
古布はパイナポーとスイカの絵柄が気に入って買ったものの、サイズが中途半端で長年塩漬けになっていたので、これまた使い切ることができて満足である。

めでたしめでたし。

**********************

以前、ウテオンマさんに「カバー芸」と褒められた(←勘違い)のに気をよくし、大昔に作ったブツをご紹介。

d0224762_1862260.jpg

読〇新聞は集金の際、古新聞を入れておく紙袋をくれる。
そのまま回収に出せて便利なのだが、収集場所まで抱えて持って行くのは大変なので、紙袋がすっぽり収まる持ち手付きのカバーを作成した。
布はむか~し茅木真知子さんのお店Pindotで買った、デニム(?)のカットクロス。

d0224762_18115462.jpg

そこに赤い糸でステッチを入れたらよろしかろうと、オカダヤで赤いシャッペスパンを買った記憶がある。
今じゃ何でもかんでも#60で縫っている自分だが(リバティも#60~♪←こらこら)、この時はちゃんと#30を選んでいて、我ながら感心した。
やればできるじゃん!(自画自賛)

ウルトラ初心者時代に作った割に、今でも活躍しているブツです。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
お店情報ありがとうございます。今度行ってみようっと♪ 999はサビの「なんちゃらかんちゃら999がどうのこうの~♪(←英語がわからない)」というところが好きです❤
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
Commented by chocotto-san at 2016-11-03 20:28
黒やぎさん、こんばんは〜!!まずは、NAOTのお返事の件、ありがとうございまーす!あはは。5足ね・・・!四つ足動物だから、4の公倍数(6足×左右分=12)にちがいない・・と、思ったの!(← うそです)

黒やぎさん、またまたすごいのを作られたんですねー。こうなってくると、洋裁、っていうより、DIYの世界ですねー。ソファもピンクで、椅子カバーもピンク、なんて、とってもラブリーなお部屋を想像しちゃいました! ほんわか、くつろげそうでいいですね〜。 女子力高そうです!
このマチ部分は、確かに、失念してしまいそう・・・。マチのパターンとか起こすことなど考えただけで頭が痛くなりそうです(苦笑)。これでカバー芸も、また一つ記録を打ち立てたのではないでしょうか。
お気に入りのPPAPじゃなくて、パイナポー&スイカの生地もいつも目に入るところに使うことができてよかったですね!!

シャッペスパン30番!
私も、今回、使いましたー。ミシン針に糸を通すの、結構、難儀しませんでしたかぁ? あら、老眼かしら?と、何度も頭をよぎりましたー。
Commented by kuroyagie at 2016-11-03 22:05
chocottoさん、こんにちは~
あ、そっかー、四つ足動物だからねー、うんうん♪ ・・・って、んなわけあるかーい!(笑)

本来は直線縫い合わせるだけの、至ってシンプルなカバーなんだけどねー。発想が平面だから(平目だけに)、マチの存在が頭から抜けておった・・・つか、これっていわゆる立体裁断かなあ?(違います)
作る前は「ソファも椅子もピンクじゃ、ラブラブラブリーすぎてくどいやろ」と思ったけど、もう目が慣れちゃって何も感じない(笑)。でもきっと、本人と足して2で割ったらちょうどいい女子力になると思われます。

パイナポー&スイカは柄が気に入っていたので、切らずに済んだ&いつも目に入るのがよかったな~と自分でも思うよー。家にある布ですべて事足りたのもポイント高し。ワーイ!(←単純)

#30で縫ったのはまだお目目がよく見えていた頃だから(笑)、特に難儀しなかったよ。最近は糸もそうだけど、針(#9とか)もつらいわー。
Commented by uteomma at 2016-11-04 10:06
このときは、ちゃんと#30番手選んでたらしい・・に悶絶だわーww 私の#30でも針は#11に似てる・・ 洋裁趣味長くなるにつれ、こういうところの勤勉さがなくなるよねぇ。
わ~、黒やぎさんの理系女芸!こういう空間把握能力、わけていただきたいわー。
ヴィンテージファブリックが気になる(笑)
そそ、カバー芸よ!カバーできるのはやっぱり、算数できるからだと思うよ~。カバーで思い出した、昔、実家の黒電話にカバーかかってなかった?あれも黒やぎさんなら余裕で作れるような気がする。
こういうカバー、つい、市販のもの探して来ようになるんだけど、せっかくミシンやってるんだから作るべし、だよね。最近息子のパンツがどうにもサイズ合わず苦労するんだが、市販のパターンで合うものを探すより、黒やぎさんのカバー芸みたいに、ぴったりのものを作ってやればいいんだよねぇ。
Commented by masako at 2016-11-04 15:38 x
こういうのを芸域が広がった、って言うのよね。
お客さんのリクエストに応じて切り絵をする芸人さんの画が頭に浮かんでしょーがないです。
Commented by kuroyagie at 2016-11-04 15:49
ウテオンマさん、こんにちは~

わかるわかる、針替えるの面倒くさいよね~。アテクシ、リバティも#11針×#60糸で縫ってるもん(←自慢?)。それを言うならニットも(以下略)

いやいやいや、空間把握能力がないから、無理矢理マチを後付けする羽目になるという。平目の世界では何でもぺっちゃんこに見えるから、巾着の袋布もブラウスの衿も1枚しか裁断せず、いざ縫う段になって慌てたこと数知れず(←実話)。

黒電話のカバーって、電話の形をしたカバー? ダイアル回すところが丸くくり抜いてあるとか??(あと受話器置く突起部分) ひえ~、めっちゃ複雑そうですやん。私はそこまで変態じゃない(笑)。

私のカバー芸は計算してるわけじゃなく(足し算まつがっとるし)、布を直接ブツに当てて線引いてるだけです。・・・ハッ! これっていわゆるオートクチュール!?(違うだろ) でも椅子をトルソーに置き換えて考えれば、洋服も一種のカバー芸といえるかも。息子君のボディは椅子より複雑そうだけど、うまくカバーできたらぴったりの1枚になりますね。ささっ、ウテオンマさんもレッツカバー♪
Commented by kuroyagie at 2016-11-04 16:10
あっ、masakoさん! 今某所で話題になってるYO! お元気で何より~。

お客さんのリクエストっちゅうか、自分で自分にリクエストしたわけですが(しかも否応なしに)。ま、計算ミスも芸の肥やしになるといういい見本だね(違います)。これからもますます芸域を広げるべく精進します♪
Commented by chocotto-san at 2016-11-04 16:21
わー、ちょっと、すみませんっ!#30糸の時って針も変えるんですか?!同じ#11とか、下手したら#9とかでやってしまったよー。
Commented by kuroyagie at 2016-11-04 16:51
ええっ、#9針で#30糸を!? 勇者・・・つか、#9の針穴に#30の糸って通せるの? いや、別に#9針でも縫えるとは思うけど、#30糸使う時って布もそこそこ厚みがあったりするから、折れそうで怖いずらー。けなげに縫うchocottoさんちの#9さんを想像すると、何だかこみあげるものが(笑)。
そもそも使い分けてない私が言っても説得力ないけど、#30糸は#14針のイメージかなあ。布の厚みによっては#11も可? あ、ネットにこんなん↓出てたよ~。
http://www.sawazaki.net/misin/joho/tukau/haritonuno.html
Commented by idyll_idyll at 2016-11-07 14:03
黒やぎさんーーーご無沙汰しています。
実は、今、インスタでまいちんから、
黒やぎさんがnaotの靴に詳しいと聞きまして・・・。
・・・・と思ったら、chocottoさんも質問してた!!
ちょっと教えてください。
私、外反母趾ぎみなので、親指の付け根のところの
足幅が広く、そして、平べったい足なのです。
いまは、ビルケンしかはいていません。
しかも普通幅38サイズ。(一般にメンズとされている・・・)
こんなわたしでも、naotの靴が合うでしょうか~??
お忙しいところすみません!
いつでもいいですので、教えてください~。
よろしくお願いします!idyll(覚えてますか~?)
Commented by kuroyagie at 2016-11-07 17:26
idyllさん、お久しぶりです~~~もちろん覚えてますよー!

NAOTに詳しいっちゅうか、気がついたら増えてたというか(笑)。NAOTのインソールもコルクでビルケンと似ているので、ビルケンが合うならNAOTも履き心地はそんなに変わらないかと。ちなみにソールは取り外しできるので、雨に濡れたら外して乾かしたり、下にもう1枚足して嵩増ししたり、ヘタってきたら交換できます。
あと、NAOTのサイトに幅広さんのサイズ選びの記事があるので、ご参考までに。
http://naot.jp/blog/c/littlestory/024

ただ、chocottoさんへのお返事にも書いたように、サイズ選びも含め実際に履いてみた方が確実だと思いますよー。外反母趾ぎみとのことなので、デザイン(木型)によって合う合わないがあるかもしれませんし。
ネットで調べたら、広島にあるFRASCOというお店でNAOTを扱っているようなので(DANSKOも)、一度覗いてみては?
http://note.frasco-net.com/
http://frasco-net.com/?tid=3&mode=f2

足にぴったり合うNAOTがみつかるといいですね! NAOTの回し者(嘘)より。
Commented by idyll_idyll at 2016-11-07 19:16
黒やぎさん!ありがとうございます!!
私も、実際にはいてみたいな~と思っていたのですが、
広島で、扱っているところはないとあきらめてました!
あるんですね!!
さっそく調べて、行ってみます!
いま、気になっているのは、「アイリス」と「オルガ」です。
本当にありがとうございました~!
Commented by kuroyagie at 2016-11-08 12:18
idyllさん、お役に立ててよかったです~♪

ふらっと入ったお店でNAOT発見、ということが何度かあったので、意外と扱ってるお店があるのかもしれませんね。
アイリスは1st NAOTにお勧めですよー。色バリエも豊富なので、選ぶのが楽しいです。オルガは厚手ソックスと相性よさそう。いろいろ試してみてくださいね~。
Commented at 2016-11-11 08:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kuroyagie at 2016-11-11 12:14
鍵コメさん、コメントありがとうございます。

そうですか、それはよかったよかった! 結果、財布のヒモがゆるんだと(笑)。ワハハ、お仲間ですね~♪
インスタはほぼ「食べものの記録」になってるような・・・私の方もフォローさせてくださいね!
by kuroyagie | 2016-11-03 18:12 | ソーイング(小物) | Comments(14)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie