Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

シャツジャケット

夏用のジャケットを作りました(遅っ)

d0224762_12243333.jpg

パターン:MPL シャツジャケット
布:安田商店3丁目店 40グランジウォッシュ天日干しリネン ネイビー?
  ホビーラホビーレ リバティタナローン ザンジーサンビーム

これは「難易度の高いパターンを、気が向いたらちょこちょこ縫って、のんびり完成させる」シリーズ(長っ)の第3弾である。
綿ブロード相当の薄手シャツ地で作るテーラードカラージャケット、というコンセプトが気に入って購入したものの、塩漬けしたまま2回夏が過ぎ、ようやく今年の7月になって着手した。

d0224762_12252088.jpg

今回何が大変だったって、裁断と芯貼りである。
パターンはなんと、自分史上最多の15パーツ!(ゲロゲロ)
実際には袖のカフスを省略したので13パーツだが、ふだん4パーツ程度の服しか縫わない人間にしてみれば、13も15も「めちゃ多い」という点では同じである。
おまけに衿や前立て&裾見返し、さらにはポケットと、芯貼りが9箇所もある!!(ギャーーーッス)
そのうえ肩や衿ぐり、裾、ポケット口には、伸び止めテープや力芯を貼らねばならない(エーンエーン)
切った&貼ったなしには先に進まないので仕方なくやったけど、まだ1ミリも縫ってないうちからすでに疲れ果てていた私であった(早っ)

肝心の本体はというと、衿の縫い方が仕様書を見ても「???」で解読に手間取ったものの、他は「縫い合わせる→ステッチかける」の繰り返しがほとんどだった。
例によって途中でいろいろ力尽きて、最後は何ともワイルドな仕上がりになってしまったが(衿回りのステッチとか・・・)、作りかけのまま来夏まで持ち越すのだけは避けたかったので、ぎりぎり間に合ってよかったよかった♪(間に合ってないけど)

d0224762_12262079.jpg

ちなみに、縫い代の始末は手持ちの既製服を参考に、「上側の縫い代のみジグザグ始末→下側の縫い代を半分にカット→上側でくるんで端っこを直線ミシン→片倒し(→表からコバステッチ)」にした。
ジグザグ始末用に、今回もスプレーのりが大活躍。ほんと使えるわー。

d0224762_12265293.jpg

背抜きとポケット裏はリバティで。

d0224762_1227988.jpg

また、袖ぐりの縫い代だけはバイアステープで処理した。
んで、ボタン&ボタンホールは省略した(え?)

d0224762_12275673.jpg

夏は暑すぎて到底ジャケットを着る気になれず、仕事でどうしても必要な時は、昔シビラで買った七分袖の開衿ブラウスを「これはジャケットですから!」とはおっていた。
なので、夏仕様のきちんと系ジャケットが1枚加わったのはよかったな~と思う。
汚れたら洗濯機で洗えるし、布がアイロンいらずなところもポイント高し。
しかし、きちんと系だけに二枚袖&身頃切り替えありとパーツが多く、がっつり芯貼りもするので、そのぶん布の重なりや厚みは増える。
涼しさという点では、簡単な造りのペラペラなはおりものの方がむしろ上かも・・・と、作りながら思った次第である。
あと、推奨より厚めのリネンにしたのも一因かと。
お店には同じ色で1ランク薄手のリネンもあったので、そちらで作ったらまた違ったかもしれない。
いやどうだろう。うーむ。

デザインは気に入ったので、「薄手のコットンとかきれい色リネンで2枚目を」と思わないでもないが、裁断と芯貼りがなぁあああ。
夜中に小人さんが裁断して芯貼りまでやっといてくれたら、あとは自分でやるんだけど(無理)

ちなみにこのパターン、MPLの終了品番再販売企画で購入したうちの3つめ。
あと1つあるのだが、のんびりしてたら次の廃盤キャンペーンが始まってしまったので、残る1つもできるだけ早めに作ろうと思う。
自分がんばれー!(一応言ってみる)

********************

d0224762_12283828.jpg

週末ことりっぷで水郷のまち佐原に行きました。

d0224762_12285154.jpg

小野川をめぐるお舟に乗ってのんびり観光中、前方に白い物体発見。

d0224762_1229160.jpg

ずいぶんデカいカモだな~と思ったら・・・・・・え、白鳥!?(唖然)

冬場、皇居のお堀にいるのは見たことあるけど、この時期こんな温暖そうな土地に、それも観光船がバンバン行き交う細い川にいるのは初めて見た。
白鳥といえば「寒冷地に生息する渡り鳥」のイメージがあるが、船頭さんの話ではここ佐原の白鳥はどこへ渡るでもなく1年中ずーーーっといて、今や5羽くらいまで増えたとか。
エサをもらえるそうだから、「(ちと暑いけど)この地で生きていく」と心に決めたのだろうか。
それとも風の吹くまま気の向くまま、流れに身を任せるタイプなのか(何の話)

当日は30℃近くまで気温が上がって日差しも強く、汗だくの観光客のすぐ脇を羽毛100%な白鳥がブイブイ優雅に泳ぎ回る様は、なかなかシュールな眺めであった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
コメントありがとうございます♪(嬉) うおがし銘茶、偶然ですね! ティーバッグもあったので、今年はたくさん生産できたようです。機会があったらお試しくださいね。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る


Instagram気まぐれ更新中♪
[PR]
Commented by junko-hirotsu at 2016-09-29 03:36
黒さま・おつでーす!月曜に更新してくれんと気づかんやん!←じぶん都合!笑!
すごいねー大物ね~♪Libertyで締め!って気持ちいいね♪
廃盤キャンペーン、、、どする?
おお!?すぐ次いくの???
がんがれーーー(^_-)-☆

んで・白鳥が留鳥!?マジかい!!笑!
Commented by chocotto-san at 2016-09-29 09:10
黒やぎさーん!素敵!!!!(黄色い声)。これ、もう、プロの作品ですよ!!リネンのくったり具合といい、墨色っぽいネイビーといい(おそらく、黒やぎさんがもう1ランク薄い天日干しのリネンがあった・・・と書いてあるその生地、在庫布で我が家にあります、笑。いい色ですよね!)好みです!(ちょうだい❤︎)
思わず、MPLさんのところを探そうかと思ったけど、もう廃盤なんですね?!こんなに素敵なパターンがどうして廃盤なんだか?永久不滅に使える形に見えるんですけど・・・
しかも、しかも、このリバティの色との組み合わせもいいですね!あまり主張しすぎないところが嬉しい❤︎。
パーツが多いと、私も、裁断と接着芯でかなりバテます・・・。そして、肝心のミシン作業では、もう「早く終わってくれ」としか思えなくなった苦〜い経験があります(笑)。でもでも、今回、私も、この「難易度の高いパターン(以下省略)」シリーズに挑戦中なのですが、今回は、あまりに難しそうなので、接着芯すらも、楽しむことにしてます(解読シーンを遠ざけたい顕れ)(笑)。まだまだ蒸し暑い日もあるし、アイロンいらずのこのジャケットがあれば、カバンの中に無造作に突っ込んでおけるし(?)使えそうですね!! いやぁ。本当にいいものを見させていただきました。
私も、引き続き、解読(&イメトレ)でもします!
そうそう、黒やぎさんのところでは、もはや当たり前になったポケットの周りをリバティで囲む・・・の絵も、やっぱり、うっとり❤︎。
Commented by uteomma at 2016-09-29 09:11
黒やぎセンセ、おはようございます。
うお~、大作できてる!!
しかも、個人的に今年熱くなってるジャケットだわ~。
一重のね。裏地付ける元気はなし(笑)
いやー、今年の夏、Mさんのクロプトジャケットだったかな
C&Sホリディで作ったのがすごく使えて、洗い替え欲しいと
思って今日に至る・・だったよ。
パターン物色してたのに、まさかの灯台下暗し。これがあったよねぇ。
つか、知らない間に、廃盤祭り第二弾とな!?

さすがの折伏せ組合長、今回もぶれませんなぁ。
我が家の洋裁百科に、↑折り伏せ縫い(3)くらいで、このやり方が出てます。
後ろ姿のステッチが3本ビシっと決まってかっこいいなぁ。
パッチポケットも、昨日がっくり来たとこだったので、↑とってもまぶしいわ・・

そうか、好みがナチュラルテイスト寄りじゃないので、リネンはあんまり食指が動かない方けど
リネンのジャケットってなんかほんといいねぇ。ナチュラルな人じゃないけど、ジャケットだけは
リネンで、な人(なんじゃそりゃ)になってみたくなりました。
これぐらいの厚みだと、まだしばらく行けそうだね。
冬のリネンジャケット、ご提案してみたいなー。誰に?(笑)
Commented by kuroyagie at 2016-09-29 15:10
junkoさんこんにちは~、って何ちゅう時間! 夜更かしなの? それとも早起きなの??

既製品で背抜きにリバティ、というのを見たことがあって、いっぺんやってみたかったんだ~。ハギレも使い切れたので気分がいいわ、ヒャッハー♪

廃盤キャンペーンは来年3月まで様子をみようかな、と。それまでに新作出そうだし、今すぐ買ってもどうせ塩漬けになりそうだし(笑)。その前に、今あるパターンを何とかせねば!

留鳥って初めて聞いた・・・勉強になるわ~(メモメモ♪)。そうそう、佐原の白鳥さん、渡り鳥やめるってよ。しかし真夏とか暑くないのかしら。夜中に背中のチャックから、ステテコ一丁のおぢさんが出てきたりして(んなわけない)。
Commented by kuroyagie at 2016-09-29 15:45
chocottoさんこんにちは、黄色い声援ありがとー!

キャー、プロの作品だなんて、そんなぁ❤(←まんざらでもないらしい) いやでも、実物見たら沈黙すると思うよ、違う意味で(笑)。あ、chocottoさんも同色リネン持ってるの? そうそうこれ、何ともいえない微妙なニュアンスのある墨色ネイビーだよねー。グランジウォッシュの風合いも味があって、この布で作ったお陰で当社比3割増しによく見える気がする。もとからシワシワだからアイロンいらずとか、いろいろ素晴らしすぎる。このシリーズすっごく気に入ったので、また何か作りたいな~。

これは初期の頃のパターンらしいけど、実際着てみて特に古臭い感じはしないので、廃盤にしなくてもよかったのにと思ったよ。裏地なし&シャツ地で作るジャケットってあまり見かけないもんねぇ。「カバンの中に無造作に突っ込んでおける」、まさにその通り!

えっ、chocottoさんも「難髙パターン(さらに省略)」に挑戦中なの? 何かすら。chocottoさんは作業が丁寧だから、きっと仕上がりもキレイだろうな。ひゃー、「接着芯すらも楽しむ」て! 深い、深いわ~~~(感心)。まさか「工夫された接着芯の貼り方」の本とか買ってないよね?(笑) 完成するの楽しみにしてるねー♪

Commented by kuroyagie at 2016-09-29 16:16
ウテオンマさん、こんにちは~

毎冬1枚コートを縫うウテオンマさんには及ぶべくもないけど、なけなしの根性をかき集めて頑張りました! ・・・・・・と、鼻の穴膨らませて言おうと思ったけど、ウテオンマさんのクロプトスイングジャケットの記事見たら穴がしぼみましたわ(笑)。なんじゃこりゃー!(←誉め言葉) めっちゃ難しそうですやん。ボタンホールもあるし(そこ!?)。 うーむ、レベルが違いすぎるわ~。

このパターンは2年前に廃盤になったんだか廃盤だったのが期間限定再販されたんだか、もう販売はされてないかと。んで廃盤祭り第二弾は、例の5000円以上お買い上げで云々、のやつです。わかりにくくてすんません。

え、これも折伏せ縫いの一種なんだ!? ほんとはフツーの折伏せ縫いにしたかったけど、コバステッチ指定だったので、あれこれ悩んだ末にこうしたの。ブラウスと違ってしょっちゅう洗濯するわけじゃないから、ジグザグでもそんなにほつれてこないかな~と。いや、ポケットはね~(汗)、写真では巧妙に隠してるけど、裏地のリバティが横からビミョ~にハミ出てるの。ま、こういう荒っぽさが私のウリですな(違)。

言われてみれば、このジャケット七分袖だしそこそこ厚みがあるし、まだ着られるね!(←今気づいた) 早速「リネンで、な人」になるよー!! あんがとー❤
Commented by masako at 2016-09-29 18:03 x
黒様、乙curry〜!
凄いの縫ったねー。口開けて見てた。
このパターンが廃盤とは不思議だし残念!
こんなのが縫えたら素敵!って思える定番服なのにねー。
切った貼ったって面白い。
バイオレンスなパターンなのね。どちどち。

そして私は、この素敵な布をいつか買う事でしょう。ちょーこのみ。
Commented by aki at 2016-09-29 18:44 x
おー!!すごいの作ってる!
そうそう、裁断と接着芯張りで疲れてはてるよねー。
でも、縫うときはアドレナリン出ない?えっ私だけ?
面倒なぶん、お気に入りが出来て嬉しよね。
あー、私もMっ気のあるの縫いたいなぁ。
mさん、コートパターンは買うのを決めてるんだけど、あと一つ追加して、更にコートパターンをもらうかどうか、思案中、、、、。
黒やぎさん、何かかう?今年は一緒に冬コート作らない?裏地がつくと、端処理しなくていいから、意外といけるよ、どうどう?(絶賛勧誘中)
Commented by kuroyagie at 2016-09-29 21:23
masakoさん、こんにちは~

いや~~~、今回は歴代カレーの中でも特に激辛だったわー。切った貼ったの作業がスパイシーすぎて、ヒーヒー言ってた。気もちがどんどんヤサぐれてくるから、確かにバイオレンスなパターンだと言えるでせう。作業中近づくな危険!て感じ。

普通のジャケットに比べて軽いから、冬にコートの下に着る想定で作るのも、肩が凝らなくてよさそうだよ。これってさー、接着芯なしで作ったらどうなるんだろ? 形が決まらないのかなあ。ねーねー、そこんとこどうなの??(聞かれても)

このリネン、きっとmasakoさんも気に入ると思うよ。綿麻シーチングのリネン版、みたいな感じなの。今度日暮里行ったら、レッツ・チェキラ♪
Commented by kuroyagie at 2016-09-29 21:56
akiさん、こんにちは~

MPLのコートを作ったakiさんは、DMな裁断&芯貼り作業をすでに経験済みなのねん。このジャケットはそんなに本格的な造りじゃないけど、それでも十分疲れ果てたから、裏地付きのコートなんて作った日にはブチ切れそう(笑)。縫う時はアドレナリン・・・あるかも~。「やっと縫えるー!」って嬉しくて、途中まではいそいそ縫ってた記憶が(途中まで、ね)。

> 私もMっ気のあるの縫いたい
・・・ハァ!? こないだ作ってた袖口フリルのブラウスだって、Mっ気十分じゃん! DMがエスカレートして、ちょっとやそっとの刺激じゃ物足りなくなってるのでわ? これだからコートのボタンホールを手縫いした人は困るわー(ブツブツ)。

私はとりあえず、ヘソまであるワイドパンツ(ミニマムフレアーパンツだろ)の5号は買うつもり。あとはどれにしようかな~。・・・え、akiさんまたコートパターン買うの?(呆) アンタも好きね~❤(by加トちゃん) いや勧誘されても、アテクシいたってノーマルなんで・・・(後ずさり)
Commented by まるちゃん at 2016-10-03 23:07 x
うわー、すごい! 頑張りましたね!
それにしても、パーツ数を聞いただけでも腰が引けます(苦笑)
芯貼りは苦行ですよねえ…。そうですよねえ…。
縫うまでにどれだけ時間がかかることか。ジャケットやコートはぞっとしますよね。スタートラインが遠いです。
頑張られたことだけでもすごいけど、完成した作品はその甲斐あって素晴らしい♪
大人っぽく見えますね、とても。
私は見た目がゆるゆるタイプなので、このテーラードの形がほんっとに似合わないんです。あー、悲しい。
このデザインを選ぶ段階からして羨ましい♪

リネンの色もすごく好みです^^ 
私もまたいつか縫ってみたいです♪
Commented by kuroyagie at 2016-10-04 12:29
まるちゃんさん、こんにちは~

はい、頑張りました! 特に裁断と芯貼りを(笑)。あ、まるちゃんさんでも15パーツは腰が引けますか。ですよねですよねー!(←急に強気) これでフラップポケットとかベンツとか裏地とか本格的な造りのジャケットになったら、どんだけパーツ数あるんだか。考えただけで疲れます。

芯貼りはほんと苦行ですよね。1つ2つ貼るのだって面倒なのに9つもあって、「一体何のプレイだ・・・」と思いながら貼ってました。「スタートラインが遠い」、まさに! そのぶん、やっとミシンで縫い始めた時は「わ~~~い♪」って感じでした。

このリネンの色、いいですよねー❤ 店頭で見た時は「ちょっと地味かな?」と思ったけど、布の質感と相まってすごく味わいがあって、作ってるうちにどんどん気に入っちゃいました。布のお陰で、大人っぽい感じに仕上がった気がします。同じ色バリエでやや薄手のシリーズもあって、そちらはシャツなどによさそうでした。まるちゃんさんだったらどんなお洋服に仕立てるのかな~。機会があったら是非♪

by kuroyagie | 2016-09-28 12:39 | ソーイング(服) | Comments(12)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie