Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

ギャザースリーブシャツ

白じゃないシャツを一枚、縫ってみました。

d0224762_14125122.jpg

パターン:「白いシャツを一枚、縫ってみませんか?」 ギャザースリーブシャツ
布:Rick Rack タイプライタークロス ラベンダー

伊藤まさこさんの新刊で、まっ先に目を引いたのがこのパターン。
一見難しそうだけど、基本は身頃と袖が一続きになったシンプルなシャツで、後ろ身頃の肩~袖にギャザーを寄せ、前身頃と縫い合わせる仕様になっている。
ドルマンスリーブのシンプルなシャツはよく見かけるし自分でも作ったが、袖の構造を利用してギャザーを寄せるという発想はなかった。
やっぱり伊藤まさこさんは目のつけどころが違うなあ(感心)

布はセールで買った桃やぎ色のタイプライター。
リボンのブラウスを作るつもりで購入したが、届いてみたら布幅が141cmあり、中途半端に布が余るのが嫌でしばらく寝かせてあったもの。
タイプライターといっても割と薄手、ローンとブロードの中間ぐらいの質感で、縫いやすい布だった。

このパターンの肩~袖の縫い合わせはちょっと変わっていて、ギャザーを寄せた後ろ身頃を前身頃の上に2cm重ね、真ん中1cmのところを縫う、というもの。
後ろ身頃の縫い代が表に出るので、あらかじめ端から5mmのところに捨てミシンをかけてある。
仕様書を読んだ時は「フンフン、なるほどね~」と軽く考えていたが、いざ縫い合わせる段になって、「ミシンの針板のガイド線が、布で隠れて見えないじゃん!」ということに気がついた。
そもそも布を2cm重ねるところからして「・・・・・・どうやって?」。
これについては、前身頃の布端から2cmのところにチャコで線を引くことで解決したが、問題は縫い合わせである。

d0224762_1413272.jpg

ギャザーがぎゅうぎゅう寄っているところにチャコで縫い合わせ線を引くのは難しく、適当なステッチ押さえももっていない。
こうなったら、0.8cmと1.2cmのところに入れたギャザーミシンの縫い目をガイドラインにするしかなさそうだ。
しかし「どうせ後から抜くんだし~♪」とテケトーにかけたので(おい)、縫い目がヨロヨロ曲がっており、これをガイドラインにしたら縫い合わせまでヨロヨロしそう。
仕方がないので、一応ギャザーミシンの縫い目を目安にはするが全面的には信用しないようにして(ってどんなんだ)、1cmとおぼしき辺りをそろりそろりと縫っていったのだった。
・・・・・・ふぅ(額汗)

次に作る時のために、未来の自分へ覚え書き。
 ①捨てミシンはもう少し細かい縫い目で、できるだけ端っこを縫いましょう
 ②前身頃2cmのところにあらかじめ線を引いておきましょう
 ③ギャザーミシンはまじめにかけましょう(小学生か)

昔も今もギャザーは大の苦手だが、今回は端から端までぎゅうぎゅうにギャザーを寄せる方式で、布もタイプライターだったため、まあまあ出来た方だと自分では思う。
あとから見たら、下(前身頃)側でところどころ布を噛んでいる箇所があったが、これもデザインの一部なので(違うけど)気にしない~♪

d0224762_14142062.jpg

袖下~脇は、何となく気が向いて袋縫いにした。
はじめは縫い代を1.5cmとり、5mm→1cmで縫ったのだが、カーブがきつすぎてツレまくり。
「この急カーブに袋縫いって無謀!?」と思いつつ、1cmで縫って7mm切り落とし、5mmで縫ったところ、何とか許容範囲に収まった。
・・・・・・ふぅ(脇汗)

d0224762_14144092.jpg

ハンガーにかけたところ。自然にお袖がくるり~ん。
「この形状、何かに似とる・・・・・・」と思ったら、餃子でした(笑)
ギョーザとギャザーと、発音も似とるし(似てません)
そしてこのギョーザ(違)のヒダが、桃やぎ色だと思いのほか目立ち、何だか着るのがこっぱずかしかったりするのだった(照❤)。着るけど。

ハンガーにかかっている時はギョーザのようだった袖も、腕を通せばまっすぐに。
体型によるのかもしれないが、私(カレイ目ヒラメ科)が着るとギャザーがちゃんと肩線にきて、手首まですんなりつながる(←エンガワ?)
うまいことできてるな~、とまた感心。

袖のギャザーはそれなりに手間だが、パターンは前後2つですぐ裁断できるし、袖が縫えればほぼ出来たようなものなので、意外と気楽に作れる1着だと思う。
次は王道の白で作りたい。

********************

久しぶりに日暮里繊維街へ。

d0224762_1415359.jpg

あちこち見てたら頭に血がのぼり、いつになくいろいろ買ってしまった。
下からグランジウォッシュリネン、ミニ裏毛、桃やぎリネン❤、そしてお約束の接着芯(笑)
このうち1枚ぐらいは、何とか今年中に形にしたいものである(え?)

d0224762_1416054.jpg

クロバーのアイロン定規は横長で、長い距離はもちろん、袖口など細いところの折り返しに便利。
長年使っている従来品に比べ薄手で、誤差が出にくいところもグッ。
こんなの前から売ってたっけ??? 
なかなかよいお買い物でした。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by uteomma at 2016-07-21 09:11
黒やぎセンセ、おっは~。
はー、今回も一気に読んだわ。黒やぎレポは最初だーっとリズムを楽しみ(笑)
次に細部をじっくり味わうという醍醐味がございます。
ぎょうざって!!(爆)
このギャザー面白いね~。佐藤かなさん本の表紙のギャザーを後付けしたんじゃなくて
最初からギャザーで縫い合わせちゃうのか。(袖ギャザーって流行なのか??)
そして、黒やぎさんのギャザー寄せとか袖付けのときの、マチ針芸(笑)
圧巻です~。私も、結構これくらいの感覚で付けるので、なんだか親近感が。
こないだギャザーで撃沈したとこですが、桃やぎさんのお約束3箇条守れば私にもできっかな?

お洋服の形はオブロングっぽいね~。
まさこさんの新刊はまだ拝見してなかったけど、俄然気になってきたわ~。
ギャザー攻略のためのこの夏の宿題にしようかしらん。
やっぱりタイプライターの質感って好き好き。こちらのは薄手なんだね。
しかし、えんがわって(爆)
今回も楽しませていただきましたわー。
しっかり日暮里詣でもされてるし。
Commented by kuroyagie at 2016-07-21 15:27
ウテオンマさん、こんにちはー!

わーい、スルメのように味わってくれて嬉水~♪ そうそう、これ白で作ったらもろ餃子になると思われ(笑)。あ、焼き餃子じゃなくて水餃子の方ね(どうでもいい)。
言われてみれば、佐藤かなさんのも袖ギャザー(というかフリル?)ですね。これは最初からギャザーで縫い合わせるんだけど、中表じゃないところが目新しくも難しかったです。そうと知っていたら(って仕様書に書いてあるけど)、もっとまじめにギャザーミシンかけたのに!(人のせい) お陰でマチ針打ちまくりですわ。自分の腕前はアレ(何)だし、マチ針しか頼れるものがない(笑)。これからはソーイング界の鍼灸師と呼んでください❤

確かにオブロングに似てるかも~。こっちの方が裾の広がりは控えめです。あと、衿ぐりはデフォルトより若干詰めた・・・っけ?(←よく覚えてない) ウテオンマさんも書かれていたけど、ほんの少しギャザーとか一部ギャザーとかって難しいですよね! これは端から端までぎゅうぎゅうにギャザーを寄せるので、十分攻略可だと思いますよー。んでお約束3箇条の、特に3番目をお忘れなく。・・・って、そんなの私だけ?

> エンガワ
お袖の外側にピラピラがびっしり並んだデザインを平目女が着ると、まるでエンガワのようだなあ、と鏡を見て思ったことでした。そこだけこってりしてるとこも似てるし(意味不明)。
Commented by chocotto-san at 2016-07-21 17:41
黒やぎさん、こんにちは!次作る服も、絶対、普通服では飽き足りないのでは?と勝手に予想していたので、こうきたか!という感じです(笑)。
これ、本で見た時、私も、佐藤かなさんの変形バージョンだと思いました。しかも、難易度が高そうだから、絶対、私は無理!って思ったやつだー。 
こういうちょっと捻りのある服って、オシャレですよね!
さすが、これに目をつけるなんて、素敵!!

で。読んでいて、思わず「おお!」と思ったのが、ミシンのガイドラインが見えない!って箇所。。ホントですね。これ、あの本の作り方のページだけじゃあ、予測しないかも。突然降って湧いてくる難問ですね。 もし作ることがあったら、黒やぎさんのここの記事に戻ってくるかと思います・・・。(でも、難しそうだから、作らないと思う・・・苦笑)。

あと、本の少しのギャザーとか、一部ギャザー、本当に、難しいです!!思わず、うんうん、ってうなずきました。

お袖がハンガーにかけたら、くるりん、ってなるのは、可愛いですね!ギャザーに餃子、覚えておきます!
Commented by kuroyagie at 2016-07-22 11:58
chocottoさん、こんにちは~

えええーーー普通服では飽き足らないって、いやこれ普通服だから!(笑) ・・・まあね、確かに「どーなってんの!?」みたいなパターンに釣られやすいことは否めないけどさ(ぼそ)。基本的にはシンプルなパターンなので、ギャザーが得意な人だったらあっちゅう間に縫えると思うよ。私の場合は、難しいというより面倒くさかった(笑)。本の通り、白で作るのがこのパターンのよさが一番活きる気がします。

そうそう、本には何食わぬ顔して書いてあったけど、ガイドラインが見えないと縫い代1cmとか言われても困るよねー。そうと知っていたら、もっとまじめに(以下略) 実際のところ、どうやって縫うのがいいのかしらん。ステッチ定規とか使うのかな?

chocottoさん、C&Sのあじさいのブラウスは縫ったことあったっけ? 身頃に一部ギャザーを寄せるんだけど、そりゃもう悲惨な出来だったなあ(遠い目)。袖とかのほんの少しギャザーなんて、いせに失敗したようにしか見えないし。やっぱギャザーはぎゅうぎゅう寄せて何ぼですな(違)。

> ギャザーと餃子
今度テストに出すから!(笑)
Commented by まるちゃん at 2016-07-24 00:50 x
こんばんはー♪ お久しぶりです。
このブラウス、私もこの本の中で気になっています。勿論、作る予定ですよ^^

そうですか、肩の縫い合わせがややこしいのですね。
丁寧に説明して下さってるのに、何度か繰り返し読んで想像していました(苦笑)
ハンガーに掛けた姿の例えもサイコーです(笑)
で、これはお洗濯の後に畳みやすいのでしょうかねえ?
素朴な疑問…。すみません。

この脇下から袖口にかけてのキューンっと曲がったラインも何度か縫った経験がありますが、引きつった記憶が…。
色々考えると、なかなか難しいブラウスのようです。
でも作ってみたい! 私も夏が終わるまでに、秋口に着られるように頑張ってみます。

細かいレポートをありがとうございます。参考になります♪
Commented by kuroyagie at 2016-07-24 18:03
まるちゃんさん、こんにちは~。作品展が終わってホッと一息?と思っていたら、お船で北海道上陸ですか! 楽しそう~。

あ、まるちゃんさんもこのパターン気になってましたか。そうそう、肩の縫い合わせがややこしいんです。いざ縫うまでてっきり中表かと思ってたので、鳩が豆鉄砲喰らった気分でした。そうと知っていたら(もうええて)
平置きだと普通のドルマンスリーブブラウスでぺったんこなので、問題なく畳めると思いますよー。ハンガーにかけた時だけ餃子になります(笑)。

身頃と袖がひと続きのパターンは、毎回縫い代の処理に悩みます・・・特にブロードとかタイプライターは、引っ張っても(引っ張るな)伸びないし。ジグザグかロックで処理して片倒し、が一番いいんだろうなぁ。

まるちゃんさんの腕だったら、ギャザーも縫い合わせも美しく仕上がるのではないかと。天使のリネンあたりで作るのもよさそう・・・私のレポを反面教師にして(笑)、是非作ってみてくださいねー!
by kuroyagie | 2016-07-20 14:23 | ソーイング(桃やぎ服) | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie