Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

ソファカバー

少し前ですが、ソファカバーを作り直しました。

d0224762_16242025.jpg

布: トマト本店 11号シャンブレー帆布

MUJIのソファを買ったのははるか昔、20世紀のことである。
もともと生成りのキャンバス地のカバーがかかっていたのだが、肘かけ部分がすぐ汚れ洗濯をくり返していたら、そこだけ生地が薄くなり、さらには全体的に布が縮んでサイズも小さくなってしまった。
で、意を決してMUJIのリネンシーツでカバーを自作したのが、確か10年ほど前だったと思う。

d0224762_1649161.jpg

これがキャンバス地より傷むのが早く、数年後にはポツポツ穴が開き始め、「そろそろ作り替えねば」と思いつつ放置していたら、もはや修復不可能なほどズタボロに。
飛雄馬(誰)もびっくりの貧乏臭を漂わせるようになり、さすがのメンドクサガリーノも再び重い腰を上げたのだった。

d0224762_1630625.jpg

型紙は今回も読〇新聞を利用。
前回は「入らなかったらどうしよう」と不安なあまり大きく作りすぎ、何ともフィット感の悪いブツになってしまったので、実寸+縫い代1cm+ゆとり0.5cmのサイズで型紙を作成した。
これらをチョキチョキ切り抜いて床にずらりと並べ、メジャー&電卓片手に用尺を割り出した。

・・・・・・ふぅ。(←すでに疲れている)

布はどうするべ~とネットでもいろいろ探したが、現物を見ないと色も質感もわからないし、大物だけに外すと悲惨なので、5月の連休時(っていつの話よ)に日暮里繊維街に行ってきた。

d0224762_163031100.jpg

帝都在住ウン十年の割に、実は日暮里繊維街に行くのは今回が初めて。
「せっかく行くなら隅々まで全部見なくては! フガー!!」
と自分で勝手にハードルを上げて気が重くなり、ずっと行かずじまいだったが、実際には新宿のオカダヤに行くのと時間も交通費もそれほど変わらず、それでいて品揃え豊富だしお値段安いし、まさに布買いのワンダーランドだった。
いや~~~楽しかったなぁ❤(うっとり)

d0224762_16305256.jpg

最終的に、昔から名前だけは知っていたトマト本店で、ピンクの帆布をお買い上げ。
安田商店3丁目店で見たリネンインディゴにも心惹かれたが、「色落ちするのでソファカバーには向かない」と言われ、あきらめた。

d0224762_1631461.jpg

パターンは例によってテケトーに測りテケトーに起こした代物ゆえ、いざパーツ同士縫い合わせたら長さが違ってたりするんだろうな~と思っていたが、驚いたことに、両端とも測ったように(測ったけど)ぴったんこ一致。

・・・・・・うそーん。

d0224762_1632449.jpg

しかも、形になってきたところでソファにかぶせてみると、変なシワも入らずぴったりフィットしているではないか。

・・・・・・ばーかーなー。

d0224762_1635741.jpg

微妙なカーブがある座面底部分は別として、出たとこ勝負で縫ったら辻褄が合っちゃった、というミラクルな展開に、作った本人もびっくり仰天。
果たしてこれは偶然なのか才能なのか(偶然でしょう)

d0224762_16333284.jpg

その一方で、クッションカバーは若干ダブつき気味に。
・・・・・・ま、いいけどさ。
ファスナーは長さ1mのものが黒と白しか見つからなかったため、結局オリジナルのものを再々利用した。

前回は裾もやたら長くした結果、床を引きずってはホコリを巻き込むお掃除モップと化したため、今回はキャスターが隠れる程度に長さを調整した。
やっぱり寸法をきちんと測ると仕上がりが違うね!と、当たり前のことを今さら思う自分。

しかし、前回同様ついでに椅子カバーも作ろうと、用尺をきちんと計算して(本人談)布を買ったのに、裁断したらなぜか座面部分だけ布が足りず、そちらはいまだ頓挫中である。
もしもこの先、みたびカバーを作り直すようなことがあったら、その時にはきちんと測れてきちんと計算できる人になっていたい(願望)

ちなみに、前回記事を見たらカテゴリーが「ソーイング 小物」になっていて、「小物じゃないだろ!」と自分で自分に突っ込んだ次第である。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ふくろうボタン at 2015-08-08 00:53 x
おーーっ、すごーい!
型紙もいい味出してますね。
えっとね、ジョニー・デップの映画で、冒頭で、タイトル思えい出せないけど、主人公がボロッボロのガウンを来て家の中でウロウロしているのがあってね、あー、こういう肌に馴染んだボロッボロのくつろぎ感ってあるなぁって感動したのね。
そんなこんなで、ズタボロのカバーにも愛を感じるわぁ。
Commented by kuroyagie at 2015-08-08 20:08
ふくろうボタンさん、こんにちは~。クンストレースがすごすぎて、眩暈起こしてます・・・

何だかんだで読〇新聞製パターンが増えてきた今日この頃(笑)。直線ばかりで面積が大きいブツは、コピクイーン使うのがもったいなくて(←ドケチ)。後から見ると作った時期がわかって便利です(そこ!?)。

ジョニー・デップの映画? ボロッボロのガウン?? 「シザーハンズ」と「パイレーツオブカリビアン」ぐらいしか思いつかない・・・うーむ、どれだろう。
ズタボロカバーは、自分的には星家の破れ障子(んなシーンあったっけ)を連想させて、何となく辛気臭くなってましたが、なるほどそこに愛を感じると。まあ確かに、これでもかというほど座りまくったからなぁ。もはや精根尽き果てたって感じでした(笑)。
Commented by chocotto-san at 2015-08-08 21:15
す、すごい・・・。すごすぎるっ!新聞紙のコロコロパターンをしている姿を想像するだに泣かせますが、オリジナルのファスナーを再利用している箇所も泣かせました・・・・。
こういうソファのカバー作りとかって、一瞬、やろうかなーって頭に浮かんでも、やりませんですよー、ふつうの人は・・・・。
こんなのが、出来ちゃうなんて、もう、何も怖くないですね!なんかこう、日曜大工とかにも手を出しちゃいそうです、黒やぎさん♡・
あ、それから、再び「ずたぼら」の図を拝見させていただいたら、「くくく・・・」と忍び笑いしてしまいました。ここまで何度もリメイクしているのだから、ソファさんも、ずたぼら時代をきっと許してくれると思います。

‘‘小物じゃないだろっ’’のつっこみ、「んだんだ」と言ってしまいましたー。
Commented by junko-hirotsu at 2015-08-08 21:58
すっごーーーいっ!!!
ぴったりいいねーソファちゃんもよろこんでるよ!
大物カテ・つくらんの?????
わたしも自作パターンは新聞紙よん♪
垂直わかるし❤←パターン紙は無地利用なヒト。

ソファまわり・本棚?気になる~
御殿の全貌もみてみたいがぁー♪
Commented by ひつj at 2015-08-08 23:07 x
おおー、美しい。
直線のものやカバーリングって、
シンプルなものほど難しく
奥が深いよね。
黒やぎさん、第三の目・開眼ね!

日暮里行きたい。
てか、行かなきゃ…
Commented by aki at 2015-08-09 09:10 x
黒やぎさん、すごい!!!
ぴったり!買ったみたい!
私も、ソファカバー作らなきゃなーって、数年前に布をC&S新着(安い)で10m買ったのが、重くって(重量も気持ち的にも)3シーターは無理かな、、、、。
日暮里繊維街、お初っていうのもびっくり!
もちろん、私も行った事ないけど、そこへはソーイングする人と一緒に行かなきゃ、何買えばいいか分からなくなりそう。
ということで、東京に遊びに行くときは、一緒に行って下さいませ。
しかし、暑いね。
この暑さの中、もうどこにも出掛けたくないよ。
日暮里行っだったのが5月で納得、、、、。
Commented by kuroyagie at 2015-08-09 21:09
chocottoさん、こんにちは~

ファスナーも新品に取り換えるつもりだったんだけど、ピンク色で長さ1mというブツが売ってなくてねぇ。でも、オリジナルはさすがに布部分はヨレヨレだったけど、金具部分は特に問題なかったよ。さすが、日本が誇る世界のYKK!

・・・え、ふつうの人はカバー作らないの? んじゃ、作った私は・・・異常? いや違った、変態だね、うんうん(納得←え?)。いや、一応作らずに済む方法をいろいろ考えてはみたのよ。大きな布かけようかとか、通販でフィットカバー買おうかとか。でもこのサイズと形状に合うものがなくて、仕方なく作ったという。今回は帆布なので、いくら何でも破れ障子にはならんやろ、と期待してます。つか、これでもう打ち止めにしたい(笑)。

ほんと、「えらいデカい小物だな!」って、自分で自分に突っ込んじゃったよー。
Commented by kuroyagie at 2015-08-09 21:10
junkoさん、こんにちは~

大物カテて(笑)。いやいや、作らんし! つか、「小物」じゃなくて「雑貨」とかにしとけばよかったな。ま、いいか(いいのか)。

え、junkoさんも新聞紙派? 意外だわ~。そうそう、新聞紙は罫線や段落が目安になるから、直線断ちのパターン起こすときは結構便利だよねー。私はコピクィーンも罫線入りのを使ってるけど、折り畳んであるのを広げるのが面倒で、つい新聞紙に手が伸びちゃう(ってどんだけ面倒くさがり)。

うん、これ本棚。・・・え、御殿の全貌が見たい? いや~~~広大すぎて写真に納まりきらないと思うよ(嘘つけ)。
Commented by kuroyagie at 2015-08-09 21:10
ひつじさん、こんにちは~。私は敗戦校の球児がアルプススタンド前で涙をこらえながらお辞儀してる姿を見ちゃ、もらい泣きしてます(何の話)。

だ、第三の目!? えーとえーと(今調べた)、あ、なるほろなるほろ~。いやいやいや、そんな大層なものでは~♪(照←満更でもないらしい) よくソーイング本で「直線断ちだから簡単」とあるけど、直線の方がむしろ難しい気がする。普通に洋服作ってる方がお気楽じゃ~。

日暮里にはひつじさんご贔屓のお店とかありそうだね。お店の人とお客さんの会話聞いてても何だかプロっぽいし、初心者は若干キョドってました(笑)。
Commented by kuroyagie at 2015-08-09 21:14
akiさん、こんにちは~。

今回は予想以上にぴったりな出来で、本人が一番驚いてる(笑)。やっぱりきちんと測るって大事だね~(まだ言ってる)。ええっ、akiさんはカバー用に布を10m買ったの!? そ、そりはさぞかし場所をとるでせうね・・・でも、3シーターは確かにハードル高そうだなぁ。全長何m縫うことになるのかしらん。ちなみに私の場合、本体より縫い代のジグザグ処理がひたすら面倒だった。あれだけで丸1日つぶれた!

そうなの、今回が日暮里繊維街デビューだったの。1つ1つ見ようと思うと1日じゃ足りないくらいだけど、パキラ・トマト・安田商店の3つだけでも相当楽しめるよ。特に安田商店はakiさんも気に入るのではないかと。次回帝都上陸の際はご検討を♪

金曜日の夜は帰宅したら室温が39℃で、「記録更新だ、ワーイ!(←壊れた)」と倒れかけたけど、この週末は涼しくて(つっても32℃)、クーラーなしで過ごせたよ。何だか年々暑さに耐性ができてる自分が怖い(笑)。これって生物学的進化かね?(違)
Commented by masako at 2015-08-10 12:11 x
黒様天才!
まるで誂えたよう(誂えたよね)ですねー。
こんなに複雑な形のものが縫えちゃうなんて凄い。
私には、何が何やらさっぱりんこ。
縫う順番も、清々しい程わかりません。

黒様って地図も読めるし凄いなぁ。
私とは頭の内容物が違いすぎるわ(尊)。
YKK(やっぱり黒様切れ者)!
Commented by uteomma at 2015-08-10 12:53
わー、ここにもリケジョ発見!
空間把握能力、こればっかりは持って生まれた能力みたいで、ソーイング趣味長くなっても、おいそれとは食いつけない領域なんだぁ~。
通販で、伸縮素材のソファカバー(付けたらビンボ臭くなるやつ)ポチっとしようとしてたけど、私もがんばってみるかなー。(ウソ!)
帝都にお住まい(笑)なのに、日暮里繊維街デビューだったんだぁ。私も来月、日帰り帝都予定してて、昼間待ち合わせの前に、1時間日暮里か、C&Sさんか激しく悩んでおります。黒やぎさんの記事見たら、私も日暮里でソファカバー生地買いに傾いてきた!?
Commented at 2015-08-10 15:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kuroyagie at 2015-08-10 16:00
masakoさんごきげんよう、天災黒やぎです(違)。

そうそう、まるで誂えたよう・・・って誂えたんじゃぁあ!(←お約束)
いやいや、これそんなに複雑じゃないよ。アーム部分に2カ所カーブがあるけど、それ以外は直線の長方形だもん。縫う順番も上から下に縫い合わせていったら、何となく完成したずら。やっぱりアームの形状が、初心者にも手作り可能か否かの分かれ道かな。もっと凝った形してたら、手が出なかったと思われ。

ノンノン、地図読めないし、どえらい方向音痴ですから! 友人と旅行に行った時は、ナビは完全にお任せだもん(=信用されてない)。一人旅の時はしょっちゅう道に迷ってるし。きっとmasakoさんも私も、レベル低すぎて目糞鼻く・・・げふんげふん。

YKK(やっぱり今日もクソ暑い)!
Commented by kuroyagie at 2015-08-10 16:01
ウテオンマさん、こんにちは~

リケジョちゃうちゃう、生まれる前から(?)超文系! 空間把握能力どころか、二次元に生きてるようなもんですって。平目体型だし(関係ない)。

付けたらビンボ臭くなるやつ(笑)。コラーーーッ、ほんとのこと言ったらあかん!(おい) いやでも、確かにあれ付けると、違う意味で貧乏臭が・・・おっといけない。といいつつ、結構真剣に通販雑誌も見たけど、幸か不幸かアーム部分が合うタイプがなくてあきらめました。あ、伸縮素材というなら、ニットで作るという手もありかも?

むか~しクロワッサンの綴じ込み別冊で日暮里繊維街を特集してて、その切り抜きをずいぶん長いこと持ってたなぁ・・・当時すでにトマトも安田商店も載ってた記憶が。ついにお店に行った時は「ここがそうかぁ~」と感慨深いものがありました。
ええっ、日帰り帝都ツアー!? あ、でも、北陸新幹線が開通したから以前より余裕かな。C&Sはほれ、ネットでも見られるけど、日暮里は・・・ねぇ?(何) ちなみに、帆布はトマト本館4階が種類が豊富で、1階の麻コーナーにもリネン帆布やキャンバスがありました。あと、トマトセレクト館や安田商店にもよさげな布がちらほら。さあさあ、ウテオンマさんもレッツトライ♪(地獄へ道連れ;笑)
Commented by kuroyagie at 2015-08-10 16:07
鍵コメさん、どうもありがとう~♪

きっと糸巻き1本分使い切っちゃう勢いだよ(笑)。フットコントローラー踏みすぎて、足攣ったりして(ザ・運動不足)。
by kuroyagie | 2015-08-07 16:47 | ソーイング(小物) | Comments(16)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie