Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

らっきょう倶楽部活動報告2015

今年漬けました(キリッ)

d0224762_1291024.jpg

毎度着手するまでが大騒ぎな(自分が)らっきょうの甘酢漬け
昨年はバタバタしているうちに機を逃し、今年も「うう、めんどくさい・・・・・・」と腰が引けていたが、ほぼ日刊イトイ新聞で見かけた
「6月13日(土)はみんなで漬けよう! ザ・らっきょう漬け中継。」
というイベントに触発され、同じ日に自分も漬けることにした(←単純)

指南役の料理家たくまたまえさんのアドバイスで興味深かったのが、「漬けるための調味料はどこのスーパーでも買えるような『すごくふつうのもの』を強くおすすめします」というくだり。
たくまさんによれば、最初は張り切ってこだわりのお酢やきび砂糖を使ったものの、何だかよくわからないものができてしまい、翌年ごく一般的な調味料で作ったら、ものすごくおいしくできたのだとか。

実は私も調味料ぐらいはいいものをと思い、これまでずっと自然食品のお店で売っているようなお酢や砂糖を使ってきた。
しかし目標とする祖母のらっきょうとは、決定的に何かが違う。
その理由として自分なりに薄々感じていたのは、
 ①らっきょうがデカい(祖母のは粒がかなり小さい)
 ②砂糖(甘さ)が足りない(祖母のは甘さの中に酸味がきいている感じ)
の2つと、もう1つが
 ③調味料が違う? (ばーちゃんちには白砂糖とグラニュー糖しかなかったような・・・)
ということだった。

祖母は毎年大量のらっきょうを漬けていたし、当時はオーガニックとか体にいい食材とか、発想自体がそもそもなかったように思う。
ゆえにお財布的にも思想的にも、そのへんに売っているごく普通のお酢や白砂糖を使っていたのではないだろうか。
そしておよそ保存食のレシピというのは、そういう普通の調味料を使う前提で配合が考られている気がする。

というわけで、今年は千鳥酢も玄米酢もてんさい糖も黒砂糖もやめにして、近所のスーパーで〇ツ〇ンのお酢とカップ印の白砂糖を購入した。
このときはつい習慣で米酢を選んでしまったが、後から追加でお酢を買った際は、勇気を出して(?)さらにお安い穀物酢にした。
お陰で材料費の安かったこと(笑)
いやほんと、これでおいしく漬かったら笑えるなぁ。

d0224762_1211031.jpg

甘酢がちょっと余ったので、みょうがたけと玉ねぎの甘酢漬けも作った。
見えないけれど、玉ねぎの下にきゅうりが突っ込んであります(テケトー)

d0224762_12111794.jpg

玉ねぎの甘酢漬けは、みるまゆさんのレシピを参考に、切干大根、ごま油、すりごまと和えてみた。
シャキシャキ玉ねぎとポリポリ切干大根の食感が楽しく、箸休めにいい感じ。

d0224762_1212843.jpg

らっきょうついでに、梅仕事も完了。
今年は梅シロップを仕込んだ。
写真右はいただきもののしょうが糖に漬けたもの、左は余った白砂糖に漬けたもの、真ん中は白砂糖+家にあったてんさい糖の2種混合。
後者2つはらっきょう漬けで余ったお酢もドボドボ注ぎ、バーモント梅シロップにしました(超テケトー)

らっきょうは午前中に作業を始めてお昼までに1キロ漬け終ったので、午後からさらに1キロ購入、合計2キロ仕込んだ。
食べ頃になるのは1カ月後。
はたしてスーパーブランドが吉と出るか、興味津々である。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by masako at 2015-06-23 09:59 x
部長がらっきょうを2キロも仕込んだから、私はやらなくてもいいような気がしてきた・・・いいよね?

おばあちゃんの味。
まろやかな酸味だの、優しい甘さだのとは無縁のおばあちゃんの味。
時間が経つほどに暴力的に美味しくなるんだよねー。
昔ながらの調味料の配合で、昔とは違う調味料を使っても同じ味にはならないって事だよね?
ちょっとそれ座布団10枚!
黒やぎ部長、いい事言った!
すごいねすごいね、握手して下さいっ!
Commented by kuroyagie at 2015-06-23 12:46
masakoさん、こんぬつは~

うん、masakoさんの分まで部長が食べとくから無理しないで(笑)。かくいう部長も、ほぼ日のイベントがなかったら危うかった・・・でも、前より剥くのは早くなったかな。「薄皮1枚に命かける!」からは卒業したので(意味不明)。

今回は妥協して(?)、塩とみりんは家にあったこだわりの何とかというのを使ったけど、ばーちゃんの現役時代は専売公社の精製塩使ってたと思うんだよね。ああいう普及品をもとに割り出したレシピをこだわりの調味料で漬けたら、そりゃ味が違ってもおかしくないよな~と、10年以上漬けてきて今さら思い至った次第。しかしこれでめっちゃおいしく漬かったら、アテクシのこれまでの努力は一体・・・(乾笑)

・・・え、握手? 蹄だけどいいかしら?(照)
Commented by aki at 2015-06-23 19:01 x
待ってましたー!
久しぶりのらっきょう活動!
あれから、一度も漬けてないけど、黒やぎさんの記事を読むとその気になるから不思議。さすが、会長です。
梅シロップが出来上がってビンが空いたからやってみようかなー。
しかし、こだわり調味料より一般的なものの方が良いかも?って、なんとなく納得できるかもだねー。あ、私は元からなんにもこだわり調味料なんて使ってませんけどね、エッヘン(笑)
玉ねぎも、真似してみたい!
Commented by kuroyagie at 2015-06-24 11:37
akiさん、こんにちは~。お、梅シロップは仕込んだのねん。

らっきょうはすごーく久しぶりに漬けた気がする。って2年ぶりだから実際久しぶりか。
調味料問題は今までの認識を根底から覆される出来事で、ある意味トホホだったけど、腑に落ちる部分も多かったなあ。どう考えても、うちのばーちゃんがオーガニックを知っていたとは思えない(笑)。まだ食べてないから結果はわからないけど、今までより甘みが前面に出て、そのぶん酸味はまろやかになるんじゃないかな?という気がしてます。結構期待大♪

私もふだんの料理ではそんなに調味料に凝る方ではないけど、らっきょうは思い入れが強いせいか、ついいいものを使ってしまったよ。嗚呼、それが裏目に出ていたとは・・・(遠い目) akiさんみたいに素直に作った方が、おいしいものが出来るのかも。

ほぼ日に載ってた甘酢のレシピは割と塩が効いてて、作ってすぐ食べるピクルスとかにぴったりな印象。こないだ晩ご飯に鮭のムニエルを作ったんだけど、きのこを一緒に炒めて、最後に玉ねぎの甘酢漬けたっぷりと漬け汁ちょびっとを加えて軽く煮詰めるようにしたら、なんちゃって南蛮漬け風でおいしかったー! ごはんガツガツー♪(ほどほどにね)
Commented by まいちん at 2015-06-26 09:18 x
あたし、生まれてこのかたスーパーで売ってるようならっきょうしか食べた記憶がないんだけど、自家製だとそんなに美味しいの?
手作りらっきょうを食べたことあったかなー?
…ないかも。
でも来月人生初の手作りらっきょうを食べることができるかもしれないなんて!わくわく❤

Commented by kuroyagie at 2015-06-26 13:17
まいちん、こんにちは~

私もそんなに食べたわけじゃないけど、市販のらっきょうは甘い(だけ)のが多い印象。ばーちゃんのは酸味も効いてたから、物足りないっす。あと、シャキシャキ感がない。これはたぶん、工程上いったん塩漬けしてから作っているのと、根元を気前よく切り落としてるためではないかと思われ。要するに、いろいろ気にくわない(笑)。という割に、薬味についてきたりメニューに載ってたりすると、ボリボリむさぼり食ってるけどね!(おい)

ばーちゃんの自家製はおいしかったよ。思い出の中で3割増しに美化されてる気もするけど。自分で作るのはシャキシャキ感はあるけど、そこまでおいしく漬かったことないなー。なので、今年は期待してるの♪

お釣りはないので、今から小銭をためておくように。
by kuroyagie | 2015-06-22 12:17 | 食べもの | Comments(6)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie