Face to Face

wombatstew.exblog.jp

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。

高知再訪

念ずれば通ず、前回からそれほど間をおかず再び高知へ。

d0224762_135876.jpg

今度こそお店巡りを!と張り切っていたのだが、
楽しみにしていたギャラリーM2も土佐茶カフェもPLATもruskも、
まさかの定休日。ばーかーなー。

d0224762_1352032.jpg

気を取り直して、はりまや橋近くのおみやげ屋さんへ。
いつもの「土佐の紅茶」のほか、
「香ル茶」と「べにふうき」、それに「紅茶大福」を購入した。
香ル茶は仁淀川上流の沢渡地区で作られている紅茶で、
緑茶用の品種であるやぶきたの二番茶を加工しているそうだが、
和紅茶というより紅茶に近いコクと香りが楽しめる。
以前、土佐茶カフェで飲んで気に入り、
調べてみたらMUJIでも取り扱っていることがわかり、
ふだんはそちらで購入しているが、
高知再訪を記念して(?)改めて買った次第。

一方のべにふうきは紅茶用の品種で、ラベルにも「和香茶」とあったので、
紅茶と信じて疑わなかったのだが、
よくよく見たら緑茶に加工した、しかも粉末のお茶だった。
・・・・・・ちっ(←緑茶にするとおいしくない)

d0224762_136551.jpg

ゆずポン酢ジュレとゆずふりかけ、それに四万十川産青さのりの佃煮。
個別包装のふりかけとのりの佃煮はお弁当用。

d0224762_1362399.jpg

四万十川流域のクスノキを使った防虫剤と、神戸のブランドmokonoのクネクネ靴下。
今回は前日に神戸でお仕事した後、高知に移動したのだが、
ふらっと入ったお店に思いがけず靴下があったので、つい買ってしまった(笑)

d0224762_1364139.jpg

C&Sのスタッフブログを見て行った喫茶店「ラ・メール」で、
あんぱん焼きサンドを注文。
マスカルポーネチーズを塗ったトーストにたっぷりのあんこ、
さらに抹茶パウダーをぱらりと振って、飾りにミントが添えてある。
名古屋の小倉あんトーストを上品にしたような一皿だった。

d0224762_1365369.jpg

「おいしい食べ物なら他にもあるだろう」と思いつつ、
高知に来ると毎度注文してしまうカツオのたたき。
それにしても、カツオの旬っていつなんでしょうか。

せっかく再訪できたのに、今回も不完全燃焼に終わった高知旅行(出張だけど)
空港へ向かうバスの中から開店前の店々を未練がましく眺めつつ、
次こそは!と心に誓ったのであった(←コピペ)

**********************

ひつじさんと行った大江戸骨董市で、ハンガーを買いました。

d0224762_1372466.jpg

「えもんかけ」と呼んだ方が似合いそうな籐のハンガーは、
店主さんによれば昭和20年代の製品で、
銭湯などで使われていたのでは、とのことだった。

拍手やコメント、いつもありがとうございます。
なぬーーー! 何ですかそのレア情報は!! 最近は私服もノースリーブが多いですね。
楽しんでいただけたらクリックを。励みになります→
web拍手を送る
[PR]
Commented by ひつじ at 2014-08-12 11:37 x
黒やぎさん、暑いのに毎年ありがとう!
無印良品から出られない?と思ったときの
心細さといったら…(笑)

あっ、原型は 文化の通販にあったわ。
それをトワル(試し布) でくみたてて、
ご自身にあうように補正するのが
近道かもしれない。
補正の迷宮へようこそ…
Commented by kuroyagie at 2014-08-12 12:31
ひつじさん、こんにちは~

こちらこそ先日はありがとう♪ もしかしてひつじさん、暑さに強い?(笑) それにしても、方向音痴なことでは私も人様に負けないと思ってたけど、ひつじさんには負けたわー(笑)。つか面白すぎる!

> 補正の迷宮へようこそ
さっきサイトを見に行ったけど、さっぱり意味がわからんぞー。解読できるまで3年ぐらいかかりそう・・・・・・(遅っ)
Commented by masako at 2014-08-14 11:05 x
黒やぎさん、おこんにち~。
これだけ買い物して、その合い間にお仕事までしちゃったのに、
不完全燃焼なのぉ?んもう、欲張りねぇ。

馬路村のふりかけって、ご飯が黄色に染まるってほんと?
そして、クネクネ靴下は私へのお土産だっていう噂はほんと?

うわぁ、子どもの頃、こんなハンガーが家にあったよ。
もはや骨董品なのね。うわぁ、うわぁ。
Commented by kuroyagie at 2014-08-14 12:40
masakoさん、おぼんです。今日は電車がガラガラで、電話も全然かかってこなくて、お陰でお仕事がはかどってはかどって♪ ワーイ!(負け惜しみ)

えーーー、だってこれ食べ物ばっかりじゃん。私は雑貨とか器が見たかったのにぃ。んで、土佐茶カフェで紅茶が飲みたかったのにぃ。神戸でも隙を見て昔お花のブローチを買ったお店に行ったけど、やっぱり定休日だったよ・・・(遠い目)

今日のランチでふりかけ食べたけど、黄色というより茶色かな(ゆず風味を加えたカツオ味なのだ)。意外とフツーの味ですわ(笑)。グレーのクネクネ靴下はもう履いちゃったー。毒汁がいっぱい染み込んでるから臭いよ(おい)。

うちにはこんなレトロおされなハンガーなかったなあ。言われてみれば、お父さんの背広(←死語?)とかしっくりきそうだね。子どもの頃、実家に籐の椅子があったけど、籐製品全般最近みかけないよねえ。
Commented by ふくろうボタン at 2014-08-14 22:11 x
黒やぎさん、おぼんです。
籐の長椅子で昼寝して、あまりに風通しが良すぎてお腹を壊し風邪まで引いたことがあるです。それ以来、せっかく古道具屋で買った長椅子は洗濯物置き場に成り果て、籐工芸に目覚めたという上司の奥様が褒めちぎるので豪邸に献上したという思い出があるです。衣紋掛けは素敵。黒やぎさんの審美眼にまたまた惚れ直しちゃいました。
Commented by ひつじ at 2014-08-15 10:05 x
黒やぎさん、ボタンちゃんも、ごきげんよう!

暑さに…強いかな?
家の中でうさぎ様の涼しい部屋にいるのに、
針をもつ手が汗ばむと なんかムッス〜としちゃうけど
戸外で汗をかくのは、気持ちいいね。
自分の加齢臭に、やや落ち込みつつ…www

ほうこうおんちね〜。
人口建造物は、だめなのよぅ。
ショッピングモールのWCとかライフゲージ下がるよ…
Commented by kuroyagie at 2014-08-15 12:22
ふくろうボタンさん、おぼんです。今日も電車がガラガラで、電話(以下略)

> 籐の長椅子でPちゃん事件
ワハハ、それっていつ頃の話ですか?(案外最近だったりして・・・ぼそ)。確かにあれは暑い時に座ってこそ、ですね。うちにあったのは一人掛けの小さい椅子でしたが、長椅子ともなると存在感ありそうだなあ。そういえば、エマニエル夫人も籐の椅子に座ってたような(だから何)。

えもんかけは肩のところのカーブと厚みがやたら気に入ってしまい、最初から「くれくれ光線」を発射しまくり、店主さんの言い値で買ってしまいました(笑)。昔はこんな感じのハエ叩きとかふとん叩きもあったような?
Commented by kuroyagie at 2014-08-15 12:24
ひつじさん、ごきげんよう~

戸外で汗をかくのは気持ちいいとか、人工建造物はだめとか、野生児か!(笑) ひつじさんを森に放牧(放牧言うな)したら、案外たくましく暮らしてたりして。アテクシにはとても無理だわ~~~クネクネ♪(←演技)
Commented by ふくろうボタン at 2014-08-15 13:20 x
あーあーあー、Pちゃん事件はかれこれ30年前のオハナシです。
エマニエル夫人の籐椅子のように背もたれは派手ではありませんでしたが、オットマンが座席の下から引き出せるようになっていました。
座らないとなると本当に厄介な大きさでした。
結婚したばかりの時、広すぎる(一時的なことであった)マンションに遊びに来た友人が「私ならマダムロンタンの家具なんかどばーっと入れちゃって素敵に暮らすのに」と言い出して、P事件を思いだし百面相しちゃったです。
私は籐製品は布団たたきで充分で....あ、オイタをして母に布団たたきでおしりを叩かれそうになって逃げたのを.....思い出しました。
籐製品は事件に満ちてるのかーー(違

ひつじさんの放牧.....うささんとのんびりな風景が目に浮かぶ~
Commented by kuroyagie at 2014-08-15 23:13
ふくろうボタンさん、こんにちは~

> オットマンが座席の下から引き出せる
一瞬「旦那さんが座敷の下から引き出せるとは!?」と、戦慄が走りました(江戸川乱歩風味)。ついでに、「マダムロンタンとは!?」とネット検索し、1つ賢くなりました(メモメモ♪)。ここならきっとエマニエル夫人の椅子もありますね!(だから何)
籐製品といえば、ゴミ箱とか枕なんかもあったような。今さらいろいろ思い出してます(笑)。

> ひつじさんとうささんとののんびりな風景
それはまさしく「ウフフ~でアハハ~」なメルヘンの森ですな(笑)。
by kuroyagie | 2014-08-11 13:12 | | Comments(10)

永遠のソーイング初心者 黒やぎが綴る、縫い物の記録&時々その他。夢は桃やぎ服量産。


by kuroyagie